久々にフランスです。バスクの文化と言語が息づく街、バイヨンヌ(街歩き編)

昨年10月2日に訪問したスペインとの国境に近いフランスのバイヨンヌです。

当日の夜にホテルで書いた日記を引用しますが、『10月2日、月曜日、曇り時々雨、気温は14度から23度でした。バスク地方は「実際の領域」ではなく、
バスク語をしゃべるバスク人たちがいる「歴史的な故国」を差します。その人数はスペイン側に50万人、フランス側に20万人』

さて、バイヨンヌは、アドゥール川を挟んで、グランバイヨンヌ、プチバイヨンヌと呼ばれます。
この写真の左側はグランバイヨンヌ、右側はプチバイヨンヌ。

b0291402_20024933.jpg



グランバイヨンヌからプチバイヨンヌを眺めました。
木の骨組みに漆喰が美しい家並みが並びます。

b0291402_20050207.jpg



プチバイヨンヌを散歩しながら、今度はグランバイヨンヌを眺めたところ。
真ん中の、赤いテントは「レストランTXOTX」、ここでランチ休憩しました。

b0291402_20055974.jpg



天井から生ハム用の肉がぶら下がる店内。これは肉を食べるしかないでしょう。

b0291402_20035084.jpg



生ハムは滞在中のホテルのブッフェで、毎朝食べてたので、慎重にメニューをチェックして、牛肉のカルパッチョをオーダーしました。
日本では2011年にユッケ、カルパッチョ、タルタルは禁止されましたが、ヨーロッパではOK。
ところが痛恨のミス!!、出てきたのは、カルパッチョでなくタルタル。真ん中の赤い部分です。
カルパッチョはヨーロッパで時々食べてるので安全と思ってますが、タルタルはちょっと・・・・
勇気を出して食べてみましたが、美味しい。そしてお腹をこわすことも無く安全でした。

b0291402_20051685.jpg



再び散歩を開始。グランバイヨンヌでは、無料バスが街中を走ります。

b0291402_20052652.jpg



この写真は10月2日にも掲載しましたが、バイヨンヌの、最もバイヨンヌらしい景色です。

b0291402_20043253.jpg


プチバイヨンヌでは、ワンちゃんがお出迎え。

b0291402_20044631.jpg



最後の写真だけは、スペイン側のバスクで、サン・セバスチャン。
バスターミナルの近くで、親子が真剣に会話中でした。

b0291402_20053677.jpg



独自の文化が色づく、フレンチバスクの町、バイヨンヌ、そして隣町のサン、セバスチャン。
バスク地方は、どこを歩いても絵になりますが、次回は、バイヨンヌのサント・マリー大聖堂、それから繁華街のお店をお届けします。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-21 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(3)

サバンナの動物たち(その5)(ママの狩りが成功して、お食事にありついたチーターの赤ちゃんたち)

ケニア、マサイマラで撮影した、サバンナの動物たち(その5)です。

10月6日は、前日に出会ったチーター親子が気になって、再びタンザニアの国境地帯を目指しました。
その途中で出会った、チビッコ象。

b0291402_08563700.jpg



そして、サイの花子とも会いました。
マサイマラで花子と会うのは、今回で4回目。この十数年間で子供を5頭も産んで育ててきた肝っ玉母さんです。

b0291402_08564731.jpg




国境近くで、仲間からの無線連絡を受けて駆け付けたら、前日のチーター親子が既に食事中。
でも良かった、良かった!!、ママの狩りが成功したようです。

b0291402_08571125.jpg



子供たちは、もう満腹したのか、あっちに行ったり、こっちに来たり。

b0291402_08572213.jpg



ママとの2ショット。

b0291402_08573205.jpg



そしてママに甘えたり。

b0291402_08574207.jpg



よくみたら、お腹が地面に付きそうなくらい膨らんでます。
多摩動物園のアイガー、ジョラス、クラリスの、大きなお腹は見たことありませんが、次はいつ狩りに成功するか分からないので、
野生のチーターは目一杯食べるんでしょうね。

b0291402_08575627.jpg



ママの合図で、川に水を飲みに行きます。

b0291402_08580782.jpg



そして日陰に入って、お昼寝モード。

b0291402_08581940.jpg



お腹も一杯で、きっとぐっすり眠れるでしょうね。

b0291402_08582949.jpg



餌にされてしまったトムソンガゼルはお気の毒ですが、これも弱肉強食のサバンナの掟。
こうやって、チーターの子供たちはママの狩りを見ながら成長していきます。
私たちは、ここでチーター親子と別れました。
次回に続きます。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-20 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

カワセミの後を追い不動池に移動すると、そこに彼女が・・・(葛飾区、水元公園)

タイトルは、「カワセミの後を追い不動池に移動すると、そこに彼女が・・・」ですが、現れたのは、私の彼女じゃないですよ(笑)、オスカワセミの彼女です。

先日アップした「再び登場、影カワセミ」の続きです。不動池に先に到着したオスカワセミ。
不動池の周囲は雑木林なので背景が綺麗です。

b0291402_20151553.jpg



そこに登場したのがメスカワセミ。この2羽は、この2・3年カップルを組んで子育てもしており、まんざらでもない関係。

b0291402_20152578.jpg



同じ枝に止まりました。巣作りや、子育ては2月からなので、まだ微妙な距離感があります。

b0291402_20153877.jpg



狩りもせず、しばらくしたらオスも、メスもいなくなってしまったので、再び修景池に戻りました。
先ほどのオスカワセミが狩りをしようと、ブロック石塀から水面を見つめています。
そこに登場したのはヒドリガモの団体さん。はっきりいって、邪魔です(笑)

b0291402_20155426.jpg



めげずに、ヒドリガモのいない方に移動。

b0291402_20160424.jpg



獲物が見つからず移動を繰り返します。

b0291402_20161396.jpg



そこにやってきたのは先ほどのまんざらでもないメスカワセミ(笑)
上がオス、真ん中がメス、一番下がメスの映り込み。

b0291402_20162459.jpg



こういうのを、ランデヴー飛行とでも言うのでしょうか。メスカワセミが、オスカワセミの気を引こうとしてるようにも見えます。

b0291402_20163341.jpg



メスのが速くて、再びどこかに行ってしまいました。

b0291402_20450237.jpg




束の間のランデブーでしたが、オスカワセミは「疲れたよ」、と元の位置に戻っていきました。

b0291402_20214108.jpg



水元公園のカワセミたちも、来月くらいから求愛活動が始まり、カップルが決まると、巣作り、産卵、子育てが始まります。
順当にいけば、このオスと、メスが、カップルを組むはずですが、そこにイケメンのオスや、若くて美しいメスが現れると、乗り換えもあり得ます。
今後も、このオスカワセミと、メスカワセミからは目が離せません(笑)



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-19 16:00 | | Trackback | Comments(20)

宮内庁の「皇居東御苑だより」では、梅が5割から8割の開花です

平成30年1月12日の「皇居東御苑だより」からの引用です。
梅林坂では八重寒紅や八重野梅が5割程度開花しています。咲き始めが一番早かった紅冬至は全体の8割程度開花していますが、
70本の梅が植栽されている梅林坂が紅白に色付くのはもう少し時間がかかりそうです。

都内に咲く花の、「開花ウォッチャー」を自称する私は、さっそく東御苑に出かけました(笑)

まずは8割開花の「紅冬至」

b0291402_08004855.jpg



可愛らしいピンクの花を咲かせます。

b0291402_08014438.jpg



冬至の頃に咲くことから名付けられた野梅の一種です。

b0291402_08015302.jpg



次は5割開花の「八重野梅」

b0291402_08005960.jpg



八重野梅は「やえやばい」と読むそうです。

b0291402_08021959.jpg



本来の開花は2月ですが、ここの八重野梅は早いです。

b0291402_08022858.jpg


5割開花の「八重寒紅」

b0291402_08010976.jpg



花は紅色の八重咲き。

b0291402_08025472.jpg



梅林坂でも、この紅色は一段と目立ってました。

b0291402_08030528.jpg



5割~8割の開花は、このくらいですが、真っ先に、東京の梅を観たいという方にはお薦めです。
そして綺麗に咲いてる花びらは多いので、写真はじゅうぶんに撮れると思います。
本格的な見頃に行きたいという方は、宮内庁の「皇居東御苑だより」を参考にお出かけ下さい。(撮影は1月17日でした)



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-18 16:00 | | Trackback | Comments(18)

昭和の匂いがプンプン、裏浅草の花やしき通りと、ホッピー通り

昭和の匂いがプンプンの裏浅草ですが、浅草寺からの道順に沿って案内させて下さい。
まず、浅草寺本堂から左手に向きをかえ、花やしきを目指します。屋台のお店が軒を連ね、いい匂いです。
湯気が上がる広島風お好み焼きは600円。

b0291402_08155247.jpg



そして、あゆ塩焼きも600円。

b0291402_08160570.jpg



西参道お祭り商店街が見えたら右折します。

b0291402_08162220.jpg



花やしき通りの芳野屋さん。昭和にタイムスリップしたようなお店です。

b0291402_08164658.jpg



本当はおじいちゃんもいるのですが、おばあちゃんが開店準備中。創業から60年の芳野屋さんは、焼きそば500円、煮込み400円、ラムネ200円。
名物はおじいちゃん自慢の絶品かき氷ですが、まだやってません。

b0291402_08163474.jpg




花やしき通りから、やはり昭和の匂いが漂う「ホッピー通り」に向かいました。冬の日差しが眩しい通りは、朝からご覧の賑わい。

b0291402_08170155.jpg



朝の9時半に堂々と、煮込みを食べ、ホッピーを呑めるのが嬉しい通りで、人によっては、この通りを「煮込み通り」と呼びます。

b0291402_08173234.jpg



お酒の配達も朝から忙しい。

b0291402_08174206.jpg



最近は雷門通りに向かって右側の店が頑張ってます。朝から樽酒は500円。

b0291402_08175760.jpg



同じく右側で、外人女性も興味津々の浅草もんじゃは「かのや」さん。明治4年の創業です。

b0291402_08181157.jpg



出汁は焼きあご、かつお節、サンマ節、さば節、昆布といったブレンド出汁8種類の海鮮系と鶏ガラを合わせているそうです。粉モンは出汁が決め手ですからね。
看板下の「いか墨と塩辛もんじゃ」は、強烈です。お値段は1280円、店の人が焼いてくれます。

b0291402_08193419.jpg



浅草演芸ホールの前までやってきました。昭和39年の開業で、今や六区のシンボルです。

b0291402_08401342.jpg



もっとディープな裏の、裏浅草もありますが、本日歩いたのは裏浅草の中でも明るい表通り。
朝から夜まで賑わう裏浅草、いかがでしょうか。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-17 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(16)

「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)

花の少ないお正月の縁起花として、抑制栽培で冬に開花させるのが冬牡丹。

1月14日の日曜日に訪問しましたが、今年も見事に咲き、ちょうど見頃でした。 上野東照宮ぼたん苑の入り口です。入苑料金は700円。
そういえば2009年から毎年、写真を撮りに来てるので、今年でちょうど10回目の訪問です。

b0291402_08293422.jpg



冬ぼたんが1月から2月、春ぼたんが4月から5月ですが、他の時期に観賞客が入ってるのをあまり見てないので、利益が出てるのかなんて、
余計な心配をしてましたが、2年前から和傘をディスプレイに使ったり、ぼたん以外の花を植えたりと工夫をこらし、段々と観賞客が増えてるように思います。

b0291402_08294781.jpg



毎年必ず撮る、楚々とした白い牡丹は「連鶴」という名前です。

b0291402_08300690.jpg



水鉢に浮かんだ花びらが、彩を添えてました。

b0291402_08301608.jpg



苑内には200株の冬牡丹が咲いてますが、この「藁ぼっち」に風情を感じます。

b0291402_08302630.jpg



牡丹以外の飾りや、ディスプレイも趣向がこらされ、ただのぼたん苑から、ぼたんも咲く庭園に衣替えしたようです。

b0291402_08303777.jpg



こんなに可愛い冬ぼたんが、既にいくつも咲いてるので、今が見頃といえるでしょう。

b0291402_08304828.jpg



ぼたん苑を出て左側には、1651年(慶安4年)造営の国指定重要文化財である上野東照宮の社殿と唐門が見えます。
社殿の拝観が500円、ぼたん苑が700円ですが、共通券を買うと1,100円で、100円のお得になります。

b0291402_08310081.jpg



公式HPにぼたん苑の開苑期間は、1月1日から2月25日までと書いてありますが、私の直観では、1月中のが、良さそうな気がします。
冬ぼたんの写真が多いので、日記はあと1回か2回続きます。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-16 16:00 | | Trackback | Comments(14)