清少納言の「枕草子」にも、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバスが、今年も咲きました

7月12日、土曜日、台風一過の好天気、東京の最高気温は34度でした。

清少納言の「枕草子」にも、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバスは、絶滅危惧Ⅱ類(環境省レッドリスト)に指定されています。
今年も水元公園で開花したので、早速18号池まで行ってきました。

b0291402_17534142.jpg


オニバスは、浮葉の下で成長し、花が咲くころには浮葉を突き破って顔を出します。

b0291402_17264177.jpg


ハート型の浮葉を見つけました。でも「浮葉」は、「不要」??ですよね。

b0291402_17314732.jpg


実は1週間早かったようで、まだ2輪しか咲いてなかったのです。
仕方なく前回来た日には公開してなかった、お隣のゴンパチ池に廻りました。
アサザは切れ込みのある丸い浮葉が特色で、びっしりと池を埋めます。

b0291402_1736775.jpg


よく見ると、浮葉と浮葉の間に黄色いアサザの花が見えます。

b0291402_1738548.jpg


ここで、「日本で一番美しいトンボ」とも言われる「チョウトンボ」を発見し、これを撮ろうとしばし格闘。
一番よく撮れたのが以下の2枚です。

b0291402_17425942.jpg


ヒラヒラと舞うチョウのように見えるのですが、 羽にブルーの色がついているからです。
飛ぶのは速いし、小さいし、じっとしていてはくれないし、これを撮るのは大変です。

b0291402_17474387.jpg


このあと、古代ハスと、ヒマワリをちょっと撮ってから帰りました。

自宅出発8時30分、帰宅12時、万歩計3,834歩、撮った写真は75枚でした。
by tabi-to-ryokou | 2014-07-12 17:58 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/22940800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nori_natural at 2014-07-12 21:28
こんばんは、
蝶トンボ、羽が綺麗ですね〜
バックが綺麗にボケて蝶トンボが浮き上がっていて
一層綺麗に見えます♪
Commented by mische at 2014-07-12 22:15
旅プラスさん、こんばんは♪
オニバスとの名前とは裏腹に
このハーロ型の葉は可愛らしいですよね^^
チョウトンボのシーズンですね~
鳥撮りに行ってもチョウトンボばかりが目に入ってきて
私も先日撮ってきたばかりです^^
トンボの中でもやっぱり一際美しいですね
Commented by umisanjin at 2014-07-12 22:57
チョウトンボ、、庭の上空に、群れで飛んできますよ。 ^^
なかなか、、枝にとまらないんですよね。
警戒心も、強いし、、 美しく撮られていますね。 お見事です!
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-12 23:13
noriさん、こんばんは
お褒めいただきありがとうございます。
蝶トンボの羽は光の当たり具合で、ブルーが変化するんですよ。
こんな小さなトンボを、300mmの望遠で追い回してもなかなか捉まらず、最後はよく止まる場所にピントを合わせて
待ち伏せして、ようやく撮ることができました。
背景ががボケてるのは300mmの望遠側で撮ってるからだと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-12 23:21
mischeさん、こんばんは
>オニバスとの名前とは裏腹に
確かに名前と形がミスマッチですね(笑)
沢山の浮葉の中でも、綺麗なハート型は、この浮葉だけでした。
あとは真ん丸が多かったです。

蝶なら遅いから撮りようもありますが、トンボは速いですね。
同じ場所で何人かが撮ってましたが、皆さん苦労されてたみたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-12 23:26
海山人さん、こんばんは
>なかなか、、枝にとまらないんですよね。警戒心も、強いし、、
おっしゃる通りです。
本当にミスショット連発でした。
こういうのは、止まる場所にピントを合わせて、待ち伏せがいいみたいですね。
なんとか今日は撮れましたが、もういいです(笑)
Commented by eamuu at 2014-07-13 07:05
おはようございます。
レッドリスト 年々増えていってますね。
このお花もそうでしたか。
貴重なお写真ありがとうございます。
チョウトンボ 美しいです。
パッと見、蝶みたいですもんね。
最近 こちらでもなかなか見かけない蜻蛉です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-13 08:25
えむさん、おはようございます
水元公園は東京都葛飾区にある都立公園なのですが、昔は水産試験場もあり、巨大な水郷公園です。
ここで時々取材をしてるのですが、「オニバス」「アサザ」「ガガブタ」などが、レッドリストに入ってます。

>最近 こちらでもなかなか見かけない蜻蛉です。
この間のカワニナを、コモチカワツボに変えた話は腹が立ちますね。
一方では黙々とレッドリストの植物を守る職員さんがいて、一方では自ら生態系を棄損する職員さんもいる。

チョウトンボは止まってくれると美しいのですが、落ち着きなく飛び回ってるので、素早い蝶々のように見えます。
写真を現像して、やっと形や色がわかりました。
Commented by bonbonniere0826 at 2014-07-13 09:37
恐ろしげなるもの!!
こんなモン2輪も咲いてりゃ十分。あそこにもここにもじゃ怖すぎますことよ^^:
オニバスのハートの浮葉も何だか不気味ですが、これ大きいんでしょうか。
Commented by cou-pic at 2014-07-13 15:54
オニバスの花を見たのは初めてです!
葉っぱはあるのですが…
一度拝んでみたいものですー。
トンボ、すっごく綺麗ですね!望遠で小さいものを追い掛け回すのって至難の業ですよね…
お見事です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-13 17:58
picoriさん、こんにちは
昔だったら「恐ろしげなるもの」 はさらに強調して「げに恐ろしげな・・・」なんて言ったんでしょうね。
花の部分だけなら可愛いのですが、トゲが沢山ついた茎の部分がなんとも、「げに恐ろしや」です。

ハートの浮葉は直径30cmくらいでしょうか。これが大きくなると直径1mになります。
この浮葉を採ってきて、おにぎりや、つまみを乗せて、宴会をしたらどうでしょうね。参加者半減かな(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-13 18:11
香さん、こんばんは
オニバスがもうちょっと小さくて可愛ければ、絶滅危惧種にはならなかったと思うのですが、
オニバスが育つことができる沼や池が、段々と減ってきてしまいました。
7月中旬から8月上旬までなら、咲いてますので、東京にいらっしゃる機会がありましたら、是非お越しください。

「とんぼのめがねは水いろめがね青いおそらをとんだから」 なんて幼稚園の頃に歌ったような記憶がありますが、
トンボは望遠レンズで追い掛け回すもんじゃあないですね(笑)
Commented by kipisces at 2014-07-13 18:44
こんばんは~
オニバス、初めて見ました。
自らを突っきって出てくるってすごいですね・・・

蝶トンボ、きれいですね~
これも初めて見ました。

動き回って大変そうなのに
さすが!です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-07-13 22:06
kipiさん、こんばんは
ちょっと遠いかもしれませんが、教室への提出作品が足りない時は水元公園は絶好の穴場です。
都会の雰囲気はありませんが、1年中ネタを提供してくれるんですよ。

オニバスが終わり、チョウトンボもいなくなると、アオサギ、コサギ、カワセミがつないでくれます。
寒くなるとメタセコイアの紅葉があり、これは美しいので今年も撮りに行きます。
もし女子会で、次回は水元公園という案が出たら、いつでもご案内させていただきます。
<< 東京探訪、さてこれは、その2 イスタンブールの観光御三家、そ... >>