鷲神社の「一の酉」は景気のよい手締めが、あちこちから聞こえます。

台東区千束3丁目の鷲神社は江戸時代から、「鳥の社(とりのやしろ)」または「御鳥(おとり)」といわれており、現在も「おとりさま」として親しまれています。

11月の例祭は現在は「酉の市」として広く知られていますが、正しくは「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれてました。


平成26年度の酉の市は、一の酉が11月10日、二の酉が11月22日の土曜日です。

11月10日の一の酉に、会社の帰りですが、すっ飛んで行くと鷲神社入口はこの大混雑。

b0291402_20051836.jpg

樋口一葉の「たけくらべ」にも「鷲神社の賑わひすさまじく、此処をかこつけに検査場の門より入り乱れ入る若人達の勢ひとては天柱くだけ
地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき」と書かれています。

b0291402_20081888.jpg

行列に並ぶのは諦めて、横道から拝殿の横に出ました。
ここで「商売繁盛・家内安全」を祈りますが、ちょっと横から祈らせていただきました。

b0291402_20054508.jpg

ここで売られる熊手御守は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。

b0291402_20074511.jpg

大きな縁起熊手は値段交渉するのが通例で、お客さんが「買った=勝った」、露店商が「負けた」とやりとりすれば交渉成立。
値切った金額をご祝儀として渡すのが、江戸っ子の粋と言われます。
銀座の高級クラブのママさん風もお買い上げ。

b0291402_20060041.jpg

いつも写真を撮らせていただく大黒さんです。今年も次から次へと売れてました。
ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!

b0291402_20063210.jpg

狭い境内は、熊手御守を見る人、値切る人、交渉がまとまり手締めをする人、熊手を持ち帰る人が行き交い、
その人出は毎年70万人から80万人。この日も30万人の人出があったとテレビで放送してました。

b0291402_20075895.jpg

毎年見に行きますが、まず一の酉で、ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!を聞くと、年末まであとわずか、
「頑張ろう」という気が湧いてきます。



by tabi-to-ryokou | 2014-11-13 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/23726354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaorunchoko at 2014-11-13 18:29
♥旅プラスさん こんばんは!
活気ある「おとりさま」の、手締めの音が聞こえてきそうですよ!
夜の暗さと、提灯の灯り、とても良い感じですね(^O^)
高級クラブの女性らしき方。着物姿で別嬪さんとあらば、
さぞかし値引きされたでしょうね(*^_^*)
負かした分を、ご祝儀なんて、やっぱ江戸っ子粋ですね(*゚▽゚*)

熊手のアップ、随分色々な物が付いているんですね(*゚▽゚*)
可愛いニャンコに目が行きました♥
今年も師走が、近付いて来ましたね!
Commented by tatuotoko0406 at 2014-11-13 18:58
こんばんは。
以前誰かの酉の市のブログ写真に、仕事仲間が偶然写ってました。
たぶん同じ時間帯にウチの息子が行っていたので、捜してみました。
まあ、世の中そんなに偶然があるもんじゃないですね。
二の酉を流しに行こうかな、と思ってます。
Commented by blue-lulubul at 2014-11-13 19:13
旅プラスさん。今晩は。凄い賑わいですね。「値切った金額をご祝儀として渡すのが、江戸っ子の粋と言われます。」やっぱりそうですか。値切って、「得した~(^^♪」とおもっているのかな~と(^◇^) やっぱり江戸っ子ですね。樋口一葉の「たけくらべ」の一節も入れて、見ごたえのある記事ですね。ご活躍、微笑ましく存じます。
Commented by ayayay0003 at 2014-11-13 20:30
こんばんは^^
鷲神社の「一の酉」ですか~(@_@)
30万の人出とはすご~い(>_<)
並んで御詣りする順番待ってたら帰って一杯する時間がなくなりますね(・。・;
横からでもお詣りされるところが旅プラスさんの素晴らしいところですね(*^^)v

「ヨ~~シャンシャンシャン!を聞くと、年末まであとわず
「頑張ろう」という気が湧いてきます」を読んで生まれも育ちも江戸っ子なんだなあ・・・と思いました♪
樋口一葉のくだりも素敵だし、理系男子とおっしゃいますが文学青年でもあったんだな・・・と想像しました(笑)
Commented by akira-ge at 2014-11-13 21:26
こんばんは♪
なんとも威勢いいお祭りに、お写真です。
まさしく画期に満ちた日本をぞくぞくと感じました。
「おとりさま」行ってみたいです!
いやー、日本を肌で感じる写真をみて、
今年の正月は正月らしい写真を本気で撮りたくなってきました♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-13 22:05
kaorunさん、こんばんは
>>活気ある「おとりさま」の、手締めの音が聞こえてきそうですよ!
同じ場所にいると、平均して1分に1回は、どこかから手締めの拍手が聞こえてきます。
それ~、とカメラを持って駆け付けても、手締めは終わっちゃってるので、
良く売れるお店の前での待ち伏せ作戦が、写真を撮る秘訣です。

>>高級クラブの女性らしき方。着物姿で別嬪さんとあらば、さぞかし値引きされたでしょうね(*^_^*)
接客は頼り無さそうな、アルバイトのような男の子だったので、どうだったでしょうね。
僕が代わりに出て行って半額にしてあげたかった(笑)

>>熊手のアップ、随分色々な物が付いているんですね(*゚▽゚*)可愛いニャンコに目が行きました♥
本当だ。招き猫が熊手にいますね。これぐらいの熊手だと軽く1万円以上です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-13 22:14
オレさん、こんばんは
>>たぶん同じ時間帯にウチの息子が行っていたので、捜してみました。
え、たっちゃんも来てたんですか。たっちゃんなら顔見ればわかりますが、気付きませんでした。
僕はいつも大黒さんの前あたりでウロウロしてます。

>>二の酉を流しに行こうかな、と思ってます。
もしかして商売もされてるんで、でかい熊手を買われるとか。
手締めの写真を撮りにうかがいましょうか(笑)

ここで手締めの写真を撮っても、一般のお客さんが画面にはいってしまうので、ブログへの掲載が難しいです。
下から2枚目の写真は殆どが店の人で、3人がお客さんなんですが、モザイクかけるのに苦労しました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-13 22:30
blue-lulubulさん、こんばんは
>>「値切った金額をご祝儀として渡すのが、江戸っ子の粋と言われます。」
そうなんですよ。同じ下町でも「朝顔市」や「ほおずき市」では値切らずに、
熊手になると、思いっきり値切るのが習慣みたいです。
このへんは地元の ↑ ↑ オレさんのが詳しいと思います。

>>樋口一葉の「たけくらべ」の一節も入れて、見ごたえのある記事ですね
ありがとうございます。樋口一葉は、近くの竜泉で生まれ、この界隈に住んでたので、鷲神社に文学碑もあります。
樋口一葉記念館も、竜泉にあるんですよ。樋口一葉がお札になってからは、訪れる人が多いと聞きました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-13 22:46
アリスさん、こんばんは
>>30万の人出とはすご~い(>_<)並んで御詣りする順番待ってたら帰って一杯する時間がなくなりますね(・。・;
1枚目の写真の左に信号があって、そこから二つ先の信号まで行列が続いてました。この日は家で飲みましたよ。

>>横からでもお詣りされるところが旅プラスさんの素晴らしいところですね(*^^)v
よく数えてみたら、3年連続で、横から祈願してました。
横からでも「商売繁盛」を祈ってるところが図々しいですね。きっとご利益は少ないと思います(笑)

>>「頑張ろう」という気が湧いてきます」を読んで生まれも育ちも江戸っ子なんだなあ・・・と思いました♪
前職時代も、「部」とか「課」で、新年は神田明神、11月はお酉さまで、「販売目標達成」を祈願してました。

>>理系男子とおっしゃいますが文学青年でもあったんだな・・・と想像しました(笑)
ハ、ハ、ハ、正確に言うと、履歴書の学歴は理系で、本当の学歴は「麻雀学科」でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-13 22:58
akira-geさん、こんばんは
>>なんとも威勢いいお祭りに、お写真です。
狭い通りなのに、露店は100店舗以上出ていて、どこの店も熊手を売ってます。
30万人の人出ですから、1万本くらいの熊手が1日で売れてるかもしれません。

>>「おとりさま」行ってみたいです!
次は二の酉で、11月22日の土曜日です。
朝から夜まで賑わいは続いてます。

>>今年の正月は正月らしい写真を本気で撮りたくなってきました♪
今度のお正月は鹿児島ですか。今までと違う写真が撮れそうですね。
「芸術は爆発だ」のような迫力を期待してます。
Commented by hagukitchen at 2014-11-14 06:49
なんかいいですね~
こういうの見ると日本ていいなと思っちゃいます。
商売繁盛、海外ではこんな祈願あるんでようかね?
銀座のママさん?、またいいわ~^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-11-14 07:35
にこりさん、おはようございます
>>商売繁盛、海外ではこんな祈願あるんでようかね?
海外には日本の神社のようなものがないし、こういう祭りはみたことないです。
そもそも「商売繁盛」に相応しい英語も思いつきません(笑)
「商売が繁盛する」という英語ならありましたが、もう忘れました(笑)

やはり日本独特のものなんでしょうね。
熊手で、福や、財を掻き集めるというのも日本っぽいです。

水商売をされてる方が多くいらっしゃるのは、クラブや小料理店の開店前で、4時から6時頃。
銀座のママさん風は、毎年何人かみかけますが、露店もパッと華やかになります。
<< スペイン(街歩き編、世界遺産カ... 日本橋街歩き(すっかり変わって... >>