スペイン(カテドラル編、アビラに残る世界遺産のカテドラル)

「アビラ旧市街と城壁外の教会群」 は1985年に世界遺産に指定されました。

その城壁はイスラム教徒から町を守るために、1090年から9年の年月をかけ築かれました。
全長2.5km、幅約3m、高さ12mの巨大な城壁で、上を歩くこともできます。


旅行中の2014年10月12日に、
世界遺産を巡る旅、(その15、世界遺産の旧市街と、美味しい牛肉が有名なアビラ)として、
旧市街や城壁を掲載したので、だいぶ遅くなりましたが今回は、アビラのカテドラルだけを掲載します。

このカテドラルは12世紀から14世紀の建造なので、様式としては「ロマネスク」から「ゴシック」への過渡期に建てられたことになります。
外観は窓が少なく、高さも無いので、ロマネスク様式のように見えます。

b0291402_07475408.jpg


今回、スペインで訪問したカテドラルの中では一番古いカテドラルです。
そして聖堂の後陣が城壁とくっついていて、城壁の塔を兼ね、砦の役割も果たしています。

b0291402_07480588.jpg


大聖堂のファサードのようなものはなく、外観は大聖堂なのか、城なのかが、わからない造りですが、城壁に登って眺めると、どんな建造物なのか一望できます。

b0291402_07481639.jpg


中に入ってみました。
入ってすぐの身廊に、アラバスターで造られた、ルネサンス様式の祭壇屏があります。

b0291402_07482490.jpg


キリストの生涯を描いた彫刻ですが、実に精緻にできてます。

b0291402_07483165.jpg


そして見上げると、ブルーのステンドグラスから、明かりを取り込む構造でした。
ステンドグラスのブルーは単一色のブルーではなく、微妙に違うブルーのガラスが何枚も組み合わされて、窓を構成しています。

b0291402_07483913.jpg


もうこの段階で、身体が震えるくらいの感動でした。
いくらヨーロッパに教会が沢山、残っているといっても、これだけ古いものは珍しく、こんなに素晴らしい彫刻や、美しいステンドグラスは、あまり見かけません。

しかも、ここはまだ身廊で、このアラバスターの祭壇屏から後方が内陣です。
奥に回り、内陣から中央祭壇を眺めました。

b0291402_07490307.jpg


そして横を見ると、ここに華麗な翼廊がありました。
柱に捩じり模様が入っていたり、壁に幾何学模様がありますが、イスラムの装飾が取り入れられてます。

b0291402_07491352.jpg


内陣の天井と窓です。
砂岩が用いられており、この赤い斑点入りの砂岩は非常に珍しいものだと「地球の歩き方」に書いてありました。
・・・と言っても、「地球の歩き方」のアビラの情報は、スペイン471ページ中で、僅か3ページしかありません。

b0291402_07493082.jpg



真下から天井を見上げて写真を撮ってみました。
あまりに素晴らしいカテドラルなので、隅から隅まで時間をかけて見学してきました。

b0291402_07494858.jpg

アビラはマドリッドから北西に1時間半の距離で、かつてはキリスト教徒とイスラム教徒が激戦を繰り広げた地です。
この地に、古いカテドラルが、建造され、現在に残ってるということに感謝したくなりました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-04 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/24198139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-03-04 18:07
こんにちは^^
アビラのカテドラル、いろいろなカテドラルを見て来られた
旅プラスさんが絶賛するだけの素晴らしい内部ですね!
なのに、地球の歩き方ではわずか3ページの掲載とは・・・
正に「百聞は一見にしかず」ですね(*^^)v
キリストの生涯を描いた彫刻は、厚みがあり、
表情に躍動感もありで力強い感じがします!
ブルーのグラデーションのステンドグラスは見たことがなく
お写真で拝見しただけでもその素晴らしさは伝わってきますが・・・
実際に目で見てみたいと思いました(*^^)v
なんか幻想的な感じがします☆
何時間でも眺めていたいような色です♪
Commented by 117nature at 2015-03-04 19:10
こんばんは

↓池上梅園は370本の梅の木!!
見事ですね。
一度行ってみたいと思っていますが
花粉症で花が咲き誇っている所は
怖くて行かれません。

こちらは又素晴らしいですね。
これだけのカテドラルを全て見学するには
半日はかかりそうですね。
旅プラスさんの感動が伝わります。
Commented by u-tan1114 at 2015-03-04 19:11
写真を拝見しただけでも圧倒させられてしまい
ますから~実際見たらもっと物凄いんでしょうね。
単色のステンドグラスもいいですね。
Commented by blue-lulubul at 2015-03-04 19:37
旅プラスさま、今晩は。凄い★凄~い☆わたしこういうのが好きです。
Commented by kaorunchoko at 2015-03-04 19:45
❤旅プラスさん こんばんは☆
わぁ~い!!!久々スペイン記事の登場ですね(*^^)v
前回城壁で、カップルと出くわしちゃった所ですね!
アビラ牛のステーキと共に覚えていますよ~♫

城壁からの眺めも素晴らしいですね!本当に大きな建物ですよね!
祭壇屏の彫刻もすごい!ステンドグラスも!!!
ブルーのガラスから入る光はきっと美しいんでしょうね\(◎o◎)/!
そして、このカテドラルの中央祭壇!本当に圧巻ですね!
どこもかしこも、豪華で、素晴らしい細工で、なんとも言えません!!!
何時か必ずスペイン行くぞ~~って気持ちが、又、フツフツと沸いてきたぁ~~
そして、最後の写真!もう、そこで天井を見上げた気分でした!
Commented by failboxxx at 2015-03-04 20:38
こんばんはです。

もう、旅プラスさんのこうゆう場所のお写真は…
言葉が出なくって
コメントしようにも何を書いていいのかわからないのですよ。
素晴らしいの一言です。
圧倒されます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 20:48
アリスさん、こんばんは

このカテドラルは、出し渋ってたわけではないんですよ(笑)

ここで100枚以上も撮ったので、どの写真をどう説明しながら日記にしようかなんて、
考えてるうちに4ヶ月も経ってしまいました。

アリスさんが書かれた通り、アラバスターの彫刻と、ブルーのステンドグラスと、正面の中央祭壇が、
どれも見事でした。

マドリッドから確か1時間半なので、是非見に行って下さいね。
スペインって、なんでこんなに素晴らしい教会が多いんだろうと、あらためてびっくりされると思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 20:58
117natureさん、こんばんは

池上梅園きれいでしょう。
私もひどい花粉症ですが、マスクとメガネをかけて撮ってきました。

話が花粉のように飛びますが(笑)、私は今シーズンは2月27日の金曜日に発症しました。
その晩から、伝家の宝刀「アレグラ」を1日2回飲んでますが、症状はピタリとおさまってます。
耳鼻科の医者100人がお薦めする花粉症の薬の第一位が「アレグラ」です。
マツキヨに売ってますので、是非お試しください(笑)

このカテドラルは9月29日に訪問したら月曜日で休みで、10月11日に再訪して、やっと見ることができました。
日程を長く取ってたおかげで、ギリギリ帰国日の前日に、見ることができました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 21:07
u-tanさん、こんばんは

日本の木造建造物にも圧倒させられるものが多数ありますが、ヨーロッパの石で造られた建造物は、
600年とか、800年とか、中にはコロッセオのようにローマ時代の遺跡は2000年の歴史がありますから、
本当に、ただただ圧倒されます。

このカテドラルも900年近い歴史があるので、見てるだけで感動してしまいました。

青のステンドグラスは派手さはないけど、良かったですよ。旅行中なので望遠レンズなんかは無かったのですが、
できればもっと拡大して撮りたかったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 21:15
blue-lulubulさん、こんばんは

このカテドラル、凄いですよね。
1回目に行った 9月29日には中に入れて貰えず、入り口から青いステンドグラスがちらりと見えただけでした。
もうがっかりしてしまいましたが、その後の日程が無事にこなせれば、帰国前日にもう一度行こうと、
リベンジを期してました(笑)

予定していた13世界遺産を順調に訪問できたので、アビラは2回目の訪問となったわけで、
ようやくカテドラルの内部を全部見ることができました。

もういつ死んでもいいです(冗談ですよ)
まだまだ、見に行きたいところが沢山ありますから(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 21:27
kaorunさん、こんばんは

>前回城壁で、カップルと出くわしちゃった所ですね!アビラ牛のステーキと共に覚えていますよ~♫
そうなんですよ、道幅が1mくらいの城壁の遊歩道で「ブチュ~~」としてて、道を塞ぐカップルがいました。
「ブチュ~~」が終わるまで、50m手前で、ずっと待ったのでよく覚えてます(笑)
もしかしたら、あそこでプロポーズでもしてたんでしょうか。
スペイン人の情熱は、日本人には到底理解できません。

ブルーで、しかも絵が描いてない単色のステンドグラスは珍しいのですが、あのカテドラルには合ってました。
そこから降り注ぐ明かりも、とても美しかったですよ。

天井を一緒に見上げてくれましたか。ありがとうございます(笑)
こちらのステンドグラスはヨーロッパらしい宗教画が描かれたものでしたが、高いところにあるので、
どんな絵なのかは確認できませんでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-04 21:37
のえさん、こんばんは

写真を評価いただき、ありがとうございます。
世界遺産を撮り続けて、うん十年。
教会も撮り続けて、うん十年。
長いこと写真を撮ってきた甲斐がありましたよ。

ヨーロッパで、こういう世界遺産やカテドラルを、この7年間くらいで、かなり頑張って廻ってきたので、
最近は次に行くところでいつも迷ってます。
まだ行ってないところは沢山あるのですが、それぞれが遠かったり、大都市から遠い辺鄙な場所だったり。

次の旅行は多分7月の上旬なのですが、BSの旅番組と、観光案内を睨めっこしながら、今検討中です。
Commented at 2015-03-05 01:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bbex162546 at 2015-03-05 03:29
何時も世界遺産を拝見して思うのですが、高いドームの天
井や奥行きの壁の色合い、ステンドグラスの色彩など、圧
倒的な映像表現力ですね。
今身震いしております。(風邪気味ですので悪寒かもしれません)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-05 10:35
鍵コメさん、おはようございます

ご丁寧なご挨拶をいただき恐縮です(笑)
こちらこそよろしくお願いします。

半端じゃ無い旅好きで、年に3回、合計30日は、海外を旅しています。
海外の教会はどこも出入り自由、撮影自由ですが、人気の教会は、拝観料を取るようになってきました。
「京都の真似すんなよ」と言いたいです。

今後、鍵コメさんのブログも訪問させていただきますね。
人気ブログとうかがってますが、拝観料は取らないでね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-05 10:47
三友写真部さん、おはようございます

身震いまでしていただき恐縮です(笑)

私がヨーロッパの大聖堂に、のめりこむきっかけとなったのは、ロンドン郊外のカンタベリー大聖堂でした。
大聖堂の中で、ちょうどミサが行われていたのですが、無宗教の私が、
何故か身震いするほど、その荘厳な美しさにうたれました。

以後、大聖堂と名の付く教会があれば、必ず訪れて、写真も撮るようになりました。
建物の構造、内部の装飾、絵画やステンドグラス、そのどれもにため息が出ます。
次は多分7月ですが、また大聖堂で身震いしてみたいと思ってます。
<< レディース・ランチセットを注文... 370本の梅が、丘陵斜面に咲き... >>