清少納言の枕草子に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバス

清少納言の枕草子に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバスは、 環境レッドリストの「絶滅危惧Ⅱ類」です。

多分、全国でもオニバスを見れる場所は少なくなってると思いますが、ここ葛飾区水元公園のオニバスが今年も咲きました。
例年7月末に開花するのですが、今年は6月29日に開花しました。1ヶ月早いです。

b0291402_20493163.jpg


オニバスは1年草で、直径1cmほどの種子から1年で大きな葉を広げます。
その葉を突き破って、トゲに包まれたつぼみから鮮やかな紫色の花が咲きます。

b0291402_20493911.jpg


私から見ると可愛いのですが、清少納言はこれを見て怖かったんですね。

b0291402_20494871.jpg


写真が3枚しかないので、同じ水元公園ですが、オニバスの「A18号池」に行く途中に咲いていた古代蓮です。
古代蓮も、今シーズンは最後の最後でしょう。
殆どの花弁が散ってしまい、残り少ない2株か3株に花が咲いてました。

b0291402_20495646.jpg


例年なら古代蓮が終り、オニバスが咲くと下町の夏も終わりなのですが、今年はまだ7月20日なので、夏も終わりとは言えません。

そうですね、個人的には8月16日の富岡八幡宮例祭、別名「水掛け祭」が終わらないと、下町の夏は終わりません。
8月16日は、びしょ濡れになっても構わない覚悟で、出陣します(笑)

撮影は7月19日、日曜日の午前中でした。



by tabi-to-ryokou | 2015-07-20 16:00 | | Trackback(1) | Comments(11)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/24705740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-07-20 16:56
タイトル : 水元公園の元少年たち
日が暮れるまでトンボを追いかけていたあの頃、 自分の中にもまだ、子供の心が確かにあった。 今はもう、失ってしまった何かが。水元公園で私の命を救ってくれた方が、オニバスの池まで案内してくれた。 そこには、トンボや蝶や虫、花を追いかける少年たちが毎日集まっているという。 朝に咲いて午後には閉じてしまうオニバスの花の池に集っていた少年たちを紹介された。 一人の少年は、バズーカ砲のようなカメラレンズを持っていた。 ニコンのレンズだったので、私にも心よく貸してくれた。 「覗いてごらん」 ...... more
Commented by kaorunchoko at 2015-07-20 18:21
❤旅プラスさん こんにちは!
三連休も今日で終わりですね・・・
暑い中、取材お疲れ様でしたm(__)m
オニバス!今年も見られて良かったです!
綺麗な紫とピンクなのに、そのトゲトゲの蕾と茎が。。。
パックリ口を開けた怪獣を連想させるような。。。
多分清少納言さんの時代は怪獣はいなかったと思いますので、
オニバスなだけに鬼でも連想したのでしょうかね?
葉っぱを破って出て来るのもコワいと言えば怖いか・・・

夏はこれから!暑くなりますよね(^_^;)
水掛け祭!はい!期待して待ってま~す♫
旅プラスさんは濡れると水も滴るイイ男ですが・・・カメラは大変ですね!
今年はカメラに合羽でも着せますか(*^^)vカメラ用の合羽とかあると良いいですね!
Commented by ayayay0003 at 2015-07-20 18:51
こんにちは^^
オニバス、夏の風物詩のようでいいですね(^^♪
清少納言の枕草子に登場してましたか?
いやはや旅プラスさんの博識には驚くばかりです☆
オニバスと、オオオニバスは違いますか?
愛媛では、今治の公演にオオオニバスがあり・・・
毎年新聞の記事に登場しています(*^_^*)
でも、私は見たことがなくて・・・
↑よく小学生が葉の上に乗っかってたりしますよ!

オニバスのトゲに包まれたつぼみは、ちょっとコワイ感じがしますが、美しい紫の花が綺麗ですね☆
美しい花には棘がある!の代表のような?
1か月も早く咲くとなんか調子が狂いますね!
「水掛け祭」は、今年も楽しみにしていますよ(^^♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-20 21:31
kirafuneさん、トラックバックありがとうございます。

2010年に、こんな素敵な写真を撮ってらしたということに驚きです。
元・少年たちは、昨日もたむろしてましたよ。かなり老けてましたけど(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-20 21:44
kaorunさん、こんばんは

よく見ると、可愛い花が咲くんですけどね。
葉っぱが大きいのと、葉の表や裏に生えるトゲが固いので、昔から嫌われることが多かったそうです。
まあ、名前に「オニ」と付くことが、嫌われてきた証拠でもありますね。

水も滴るイイ男ですか(^。^)。
増々自分の写ってる写真を公開できなくなります(笑)

雨の日はレジ袋をカメラに被せて、レンズだけ外に出してる方が多いです。
私は雨が降ると撮影を止めちゃうので、その必要も無かったのですが、次の水掛祭りは、
レジ袋を被せて頑張ります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-20 22:06
アリスさん、こんばんは

私の場合は博識でなく、「ムダ識」。
言ってみれば「トリビア」みたいなもんで、役に立たないムダ知識ばかり(^。^)

「オニバス」と「オオオニバス」は、兄弟みたいなもんです。
ただ、オオオニバスのが盥みたいに周囲がまくれた葉なので、子供が上に乗るのはこちらです。
私が写真を撮ってきたオニバスはトゲがあるし、多分子供が上に乗ると、あっという間に沈没するでしょう(笑)

美しい花には棘がありますね。
この間、「ボケ」の写真を撮っていて、「ボケ」にも棘があるのを見つけてびっくりしました。
渡る世間は、トゲばかり(^。^)
Commented by umitosora14 at 2015-07-20 23:33
今晩は^^
オニバス、たぶん初めて見ました
棘があるんですね
枕草子に出てくるんですね~
清少納言が「恐ろしげなるもの」ってしたの分かる気がします
棘がいっぱいって言うのもそうですけど、
葉を突き破って、花の芽がのびて花が咲くって、
なんか怖い感じがします
↑のアリスさんのコメントのオオオニバスに子どもが乗るってイベントは、
こちらの公園でも行われたりして、
メルヘンチックなんですけどね
水掛祭り、楽しみにしてます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-21 07:49
umiさん、おはようございます

昔はオニバスも、全国的に咲いていたと思われます。
オニバスが繁殖できるため池や、沼も、昔のが多かったでしょうからね。
なので、清少納言も見て、驚いたのでしょう。

オニバスの葉は、平均すると直径が1m、大きいのは直径2mにもなります。
なので、葉を突き破らないと、花を咲かせることができないのですが、なんか力強いですね。
そもそも棘のある茎と、咲いた紫色の花がミスマッチで、不思議な蓮です。

水掛祭りは8月16日です。
祭りは雨天中止が多いと思いますが、水掛祭りだけは雨天決行です(笑)
Commented by blue-lulubul at 2015-07-21 14:50
旅プラスさま、こんにちは。お暑いですがお元気そうですね。良かったです。

「オニバスが私から見ると可愛いのですが、清少納言はこれを見て怖かったんですね。」←葉を突き抜けて咲くのを見るのは初めてです。色彩は魅力的ですが、私も少し怖いです。清少納言もやはり女性ですね。男性は強いですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-21 15:53
blue-lulubulさん、こんにちは

暑い3連休は、
土曜日、千葉県佐倉市でひまわり、
日曜日、葛飾区水元公園でオニバス、
海の日、小石川後楽園でレンゲショウマ、(明日の日記予定)
と、取材ができました。
いずれも早めに自宅を出て、帰宅は12時半前後。
それほど体力も消耗せず元気に過ごせました。

マジマジと見つめても紫の花は可愛いと思うのですが、観ようによっては、鬼が口を開けたみたいな(笑)
毎年ご覧になれば、だんだん慣れてきて可愛く見えるかもしれませんね。
恐らく、来年の7月の日記にも掲載すると思います。
Commented by K◎ at 2015-07-22 13:03 x
こんにちは!
このニョキとした感じ! 自分もスキですよ!
が、確かに エーリアン的ではありますよね... アハッ!
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-07-22 21:10
K◎さん、こんばんは

この花は好みがわかれそうですね。
かなり独特なんで、好き、嫌い、きっと両方いるでしょう。

「ニョキ」ですよ。多分このオニバスの池だけで50本は、開花してたと思います。
ただプールなので、自分から1~2mというと、数本で、その中から見栄えがいいのを撮りました(^。^)
<< ギリシャの世界遺産(聖ヨハネ騎... アムステルダム国立ミュージアム... >>