鷲神社の「三の酉」は景気のよい手締めが聞こえ、巨大な熊手も売れていきました。

「春を待つ 事のはじめや 酉の市」
平成27年度の酉の市は、一の酉が11月5日、二の酉が11月17日、三の酉が11月29日でした。
一の酉が11月の6日までにあると、酉の日が12日毎なので、三の酉まで行われます。

今年は旅行と、帰国後の風邪で、行けないかと諦めてましたが、幸いにも三の酉があったので、29日の16時頃に訪問しました。

三ノ輪から途切れることなく人が歩き、鷲神社まで続いてました。
入谷から歩く人は、もっと大勢いるので、神社入り口も、拝殿前もこの混雑です。

b0291402_05094973.jpg


樋口一葉の「たけくらべ」にも「鷲神社の賑わひすさまじく・・・」と、書かれてますが、ここで売られる熊手は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという
縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。

b0291402_05100050.jpg


今年も次から次へと売れてました。
ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!

b0291402_05101771.jpg


見てると、この巨大な熊手に買い手がついたようです。

b0291402_05102962.jpg


お客さんが「買った=勝った」、露店商が「負けた」とやりとりすれば交渉成立。
値切った金額をご祝儀として渡すのが、 江戸っ子の粋ですが、見えてしまった万札は少なくとも10枚はありましたね(笑)
盃で乾杯してから、ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!

b0291402_05104656.jpg


通りがかりのカメラマンにとっても気持ちがいいもんですね。
最後の1枚は、毎年写真を撮らせていただいてる大黒さん。
しばらくお客さんが買うのを待ってたのですが、残念ながら現れず、寒くなってきたので、ここで引き上げました。

b0291402_05105848.jpg


年末まであとわずか。
私の場合、ここで熊手を買っても飾る場所が無いので買ったことはありませんが、酉の市の「ヨ~~シャンシャンシャン」に出会うと、年末の元気がもらえます。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-05 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25150973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by katcat2121 at 2015-12-05 16:37
こんにちは~!
叔母が比較的近所に住んでいたのと 実家の商売柄 母が毎年 ここで熊手を買っていましたが
小さな可愛らしい熊手でした!
あ、だから ご利益がなかったのかしらん?
なんにせよ! イイですね! こーいう雰囲気大好きです! ウフッ!
Commented by a-ki_la at 2015-12-05 17:30
こんにちは!
どれも活気と賑わいが感じられるお写真ですね。
ワタシは同じ日の同じ時間帯に花園神社にいました^^
あちこちからシャンシャンシャンが聞こえてきて、その福にあやかろうと(=写真を撮ろうと)近づくと、
「見物の方も皆さまお手を拝借!」と催促されるので、一緒にシャンシャン。(笑)
写真はあまり撮れませんでした。
Commented by ayayay0003 at 2015-12-05 17:35
こんにちは^^
三の酉に間に合って何よりでした(^^♪
鷲神社の活気溢れる1枚目、イイですね~☆
提灯には、御寄附したところの名前が書いてあるのかな(・・?
樋口一葉の「たけくらべ」に登場するなんて、やっぱ文化の香りがぷんぷんしますね!
それにしても万札10枚の熊手で、かきこむ福運や財はどんだけかしら?(笑)
値切った分は御祝儀という粋な江戸っ子さんたちには、きつとたくさんの福運がありそうですね♪
「ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!」
↑雰囲気だけでも楽しめました、ありがとうございます♪
Commented by ei5184 at 2015-12-05 17:51
歳末の風物詩、毎年TVのニュースで拝見しています。
一度は実際に観てみたいものです!
最後の写真は 迫力がありますね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 20:07
k◎さん、こんばんは

ここで熊手を買うお客さんは結構、多いみたいです。
何故かというと熊手の露店だけでも150店以上。勿論、日本最大規模です。
それだけ買っていく方が多いんでしょうね。特に中小企業や飲食店の経営者が買っていくそうです。

母上が買われてたんですか。小さい熊手でもきっとご利益はありますよ。
この賑わいと、雰囲気は、樋口一葉の時代から続く下町の祭りですから、そりゃあ楽しいですよ。
来年はぜひ見学にいらっしゃって下さい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 20:21
a-ki_laさん、こんばんは

「見物の方も皆さまお手を拝借!」、なんてそんなのがあるんですか。笑いました(笑)
写真撮れないじゃないですか(^。^)

花園神社に行かれたんですか。来年は是非、鷲神社へ。
鷲神社の注意点は、シャンシャンシャンが多い店で待機すること。
そして1軒だけだと効率悪いので、向こう三軒両隣も、注意してカバーすること。
シャンシャンシャンの前の、「ヨ~~~」で、すっ飛んで行って、撮りやすい場所を確保すること。
やはり3・4年は修行を積まないとベテランにはなれません(笑)
Commented by A-HIMEKKO at 2015-12-05 20:31
クリスマスイルミなどのブログが多い中、
もう歳末感満載のログに
一気に年の瀬、感じますね。
それも11月末の・・・・びっくり^^
江戸っ子の心意気・・・・・諭吉10人とは@@
なんかパワーもらえますね♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 20:34
アリスさん、こんばんは

はい、提灯の名前は、寄附した個人や、法人の名前です。
宣伝もかねて、飲食店さんの名前が多いです。

この近辺には「一葉の碑」とか、「一葉記念館」とか、「一葉が住んだ家」とかが沢山あります。
引っ越しが多い作家だったようで、「一葉が住んだ家」というのは何軒もあるんですよ。

万札10枚って、すごいですよね。
私も初めて見ましたが、「ヨ~~、シャンシャンシャン」の前に、お酒を飲むというのも、初めてみました。
つい、前に出て「私も一杯」って、言いたくなりましたが、カメラの準備もすませてスタンバイ中だったので、
遠慮しました(笑)
その我慢したお陰で、下から2枚目の写真が撮れたわけです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 20:43
eiさん、こんばんは

熊手のお店だけで150店、露店・屋台を合わせると750店といいますから、下町でも大きなイベントです。
下町には浅草から入谷にかけて朝顔市、ほおずき市、羽子板市なんかもありますが、
やはりお酉さまが一番です。規模も、動くお金もダントツと思います。

京都の紅葉がいい時期と重なりますが、もしいらっしゃれるようなら案内しますので、おっしゃって下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 20:51
姫っこさん、こんばんは

そうなんです。東京下町の皆さんも、お酉さんが終わると一気に年末モードです。
私もこの撮影をして、日記をアップすると、そろそろ年賀状でも書こうかな、なんて気分になります(笑)

諭吉10人分が売れちゃうんですから驚きますよね。
他人の財布を覗いちゃいけませんが、私の場所からはお金を数えてるのが見えました。
少なくとも諭吉10人はいましたね。もしかしたらあと1人か2人はいたかもしれません(^。^)

気分だけでも、このお酉さまパワーを受け取って下さいね。
Commented by kaorunchoko at 2015-12-05 21:02
❤旅プラスさん こんばんは☆
酉の市へも行った事が無いんですよね~(^_^;)
下町の粋なはからい、昨年のブログで初めて知りました。
流石江戸っ子、カッコいいですよね~~!
確か昨年は着物姿の粋な姐さんの写真もありましたよね。
今年も賑わってるし、しかも大物が売れましたね~~!!!
やっぱ景気が良いんでしょうか???なんの会社なんでしょうね?個人か?
何処に飾るんでしょう!!!って、色々想像しちゃった(笑)
最後の写真良いですね~♫縁日の出店の灯りはやっぱりオレンジ色がイイですよね~♫
LEDじゃ味気ないもんね!って、もしかしたら電球色のLEDか???
あぁ~もう今年もあと少し。。。クリスマスに、年末年始、ちょこ亭は忙しいですわ(^_^;)
※コラージュ良いですね(*^^)v
Commented by haru2721 at 2015-12-05 21:19
こんばんは~
なんだか、景気のよさそうな
良いお写真ですね!(^^)!
最後の一枚は、迫力満点♥
元気に年をこせそうですね(*^_^*)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 22:42
kaorunさん、こんばんは

鷲神社の酉の市は、下町の人には身近な存在ですが、全国的には、どんな市なのか、まだ知られてないと思います。
たまたま11月に出張があって、その日が酉の日で、午後から年休が取れたりしたら、是非見に来て下さい(^。^)

今年は粋なお姐さんには出会わなかったです。日曜日だったからでしょうね。
多分、粋なお姐さん型は、出勤前にちょいと寄るので、平日の一の酉か、二の酉に出かけたんじゃないでしょうか。

ハ、ハ、ハ、その大物は、ちょっと儲かってる中小企業の社長室あたりに収まるんじゃないでしょうか(^。^)
最後の写真は電球ですよ。この大黒さんのディスプレイはいつも綺麗です。
毎年、すごく沢山売れてるんですが、私がいた時間はお客さんが来なくて、残念でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-05 22:53
haruさん、こんばんは

お酉さまの写真を楽しんでいただけましたか。
大阪にも、酉の市はあると思うのですが、たしか通天閣のそばの今宮戎で「十日戎」というのがあったような。
でも熊手を買うという「市」は、関西より関東のが派手みたいですね。
大阪にいた頃に、飲食店で熊手を飾ってるのは、あまり見た記憶がありません。

最後の1枚は、大黒さんというお店なのですが、ここのディスプレイは見事です。
ここで毎年、写真も撮るので、翌年には撮った写真を届けたりもしてるんですよ(^。^)
Commented by arak_okano at 2015-12-06 06:20
往なせですね、アラックは全く粋がなく不調法、夜も苦手なんです。
江戸の夜をありがとうございます、バグースです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-06 07:39
アラックさん、おはようございます

SDカードが無事に帰還したんですね。
おめでとうございます。
戻ってきた経緯はわかりませんが、日本は安全・安心な、いい国だと、あらためて思います。

お酉さま、おっしゃる通り、粋で往なせ!!
下町には昔から伝わるいい文化や伝統があります。
若い頃は、あまり興味も無かったのですが、何十年と生きて、後半戦のが短くなってくると、
日本の歴史や文化にも興味がわいてきます。
下町の伝統行事は、今後も折を見てご紹介したいと思います。
Commented by blue-lulubul at 2015-12-06 09:48
旅プラスさま、おはようございます。
縁起物の「酉の市」をアップできておめでとうござりまする。??
終り良ければ全て良しですものね。(^^♪
私も元気を頂きましたよ!
有り難う御座います。m(__)m
Commented by umitosora14 at 2015-12-06 11:15
こんにちは^^
酉の市、こんな感じなんですね~
TVのニュースとかで、ちらっとは見たことがありますけど、
しっかり見せて頂いたのは、初めて♪
賑わいも伝わってくるお写真、
江戸っ子の年末年始の準備はこうして始まるんですね!
粋な風習、ずっと続いてほしいです^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-06 19:39
blue-lulubulさん、こんばんは

酉の市は、私が毎年取材して日記を書いてるので、「鉄板ネタ」。
他にも毎年取材するネタはありますが、本日の日記の「メタセコイア」も「鉄板ネタ」
あとは小石川後楽園の紅葉も毎年で、浅草の羽子板市も毎年。
こいいう毎年お届けするネタが、今年もなんとか果たせてよかったです。

ただ「鉄板ネタ」というのは、芸人が何度繰り返しても受ける
ネタという意味なので、
私の場合はまだ鉄板というより、「杉板ネタ」ぐらいでしょうか(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-06 19:51
umiさん、こんばんは

酉の市は東京下町では誰もが知る「市」なんですが、まだ全国的に有名ではありません。
多分、関西でも、中部地方でも、このように熊手を並べて、「買った」、「負けた」なんてやりとりは
あまり、ないんじゃないでしょうか。

下町のお店や、飲食店では、大小はありますが、店のどこかにこの熊手を飾ってる店が多いですよ。
熊手は、殆どの客が、毎年同じ店で買います。

上から3枚目のコラージュの写真の左側に「中村七之助」の「売約済」という札が見えますが、
七之助さんは、毎年この店で買うようです。
なんか、そんな札を見ながら歩くだけでも面白いんですよ。
次回の東京で、もし11月があったら是非どうぞ(^。^)
Commented by gummi-choco-pine at 2015-12-07 23:42
旅プラスさんこんばんは!!

あ~~~っ!!
あたしも3の酉行って来ましたよ~!!

どこかですれ違ってたかもですねっ( ̄m ̄)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-08 07:34
cinnamonさん、こんばんは

ええ~、いらしてたんですか。
お酉さまは毎年必ず日記を書いていて、私の「鉄板ネタ」(^。^)。
言ってくれれば案内しましたよ~(^。^)
・・・と言っても、混んでるので迷子にならないようにするだけでも大変ですけどね。

一番下の写真の「大黒」さんは、3年前か4年前に撮った写真が、カメラのキタムラのフォトコンテストに入選して
生まれて初めて賞金をゲットしたという記念のお店です。
その写真は「大黒」さんにも届けましたが、今でも私の自宅のPCデスクに飾ってます(^。^)
<< 生きた化石ともよばれるメタセコ... 「日比谷アカリテラス2015」... >>