浅草寺の羽子板市、その年の話題の人を描いた「変わり羽子板」は羽生結弦君でした。

下町の年の瀬を飾る「羽子板市」が、昨日(12月17日)から浅草寺境内で始まりました。

新年の飾り物や正月用品を売る年末の市を「歳の市」と言いますが、江戸時代中期までは、「歳の市」は浅草に限られてましたから、江戸時代の浅草は権威がありました。
下町ではお酉さまと、羽子板市が終わると、正月の支度をして、新年は初詣と、七福神巡りに繰り出し帰りに一杯というのが年中行事でした。

今年も数十軒の露店が軒を連ねます。

b0291402_08552019.jpg


羽根つきは古くは室町時代から行われた遊びですが、羽子板は江戸時代に当時流行の歌舞伎役者の舞台姿の似顔絵を貼り付ける様になってから、爆発的な人気になりました。

b0291402_08553665.jpg


この露店は毎年、写真を撮らせてもらってるお店です。看板娘と看板親父がいます。

b0291402_08555209.jpg


親父さんが、頭の上に羽根飾りを付けてるのがご愛敬ですが、今年は撮り忘れたので、これは昨年撮った写真です。

b0291402_08580907.jpg


今年はどんな羽子板が出てるかというと歌舞伎役者の絵もありますが、こういう綺麗で華やかな羽子板も軒先を飾ってました。

b0291402_08560336.jpg


そしてその年の話題の人を描いた「変わり羽子板」は、当然この方です。

b0291402_08561371.jpg


昨年は錦織圭選手と、「アナ雪」でしたが、今年は何といっても羽生結弦君。
衣装は似てますが、顔は似てるような、似てないような(笑)

b0291402_08562214.jpg


私はここで羽子板を買ったことはありませんが、値段はピンからキリまで。
500円くらいの手軽に買えるものから、数千円、数万円、数十万円まであります。
まあ、個人が買い求める普通の羽子板であれば、5000円もあればいいのが買えます。

b0291402_08563260.jpg


そして最後の1枚は、1回だけ見ることができた「ヨ~~シャン・シャン・シャン」、でした。
お客さんが高い羽子板を買われたんでしょうね。

b0291402_08564000.jpg


羽子板市は12月17日から19日まで、9時頃にはじまって、21時頃には店じまいします。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-18 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25188915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonshi24 at 2015-12-18 16:15
こんにちは~。
年末の切り撮り、素敵ですね^^
羽子板市、活気がありますね~。
おじさんの頭に羽、思わず笑っちゃいました^^
やはり今年の主役は羽生君^^
素晴らしかったですものね~。
Commented by blue-lulubul at 2015-12-18 17:10
旅プラスさま、こんばんは。
今年も恒例の羽子板市が始まりましたね。
4枚目5枚目の写真好きです。
羽生結弦君も良いじゃないですか~??
こうして、伝統を受け継ぎながら新しいものを即取り入れるのが江戸っ子なのですね。
それと、旅プラスさまのように、上に立つものは、恒例を大切にしなければならないのですね。尊敬していますよ。座布団を何十枚差し上げても足りませんよ。
私は時々、息苦しくなります。それなのに31文字という枠のなかで悪あがきしていますがね。(^_-)-☆
Commented by bulanchan at 2015-12-18 17:16
旅プラスさん、こんばんは^^

羽子板市、素晴らしい日本文化ですよね^^
昨夜のTVで、ここの中継が流れてました♪
しかも羽子板の羽を頭に着けた親父さんも映ってました^^
お姐さんは、寒い中の店番、お尻の下に、カイロを~
つまりは椅子の上にカイロを2枚乗せて座ってましたね。

風情があっていいですね。

御徒町あたりも、こんな感じでしょうかね^^
Commented by katcat2121 at 2015-12-18 17:22
今年の「変わり羽子板」は 羽生結弦君...
そんな気がしていました!
しかも 仕事が早い! NHK杯って 終わったばっかりですよね?
で、確かに どこか歌舞伎役者風のルックスにも見えますね...
ひょっとして 差し替えたとか?
イヤですね... 夢のない言い方して スイマセン!(汗)

お気に入りは ラストから2番の+五重塔のカットです!
じー(チチ)が 修復工事に携わったコトがあったそうで
他界する前に 連れてきたコトを思い出しました
あの時は なにも考えずに見上げてましたが... イイものですね!
で、個人的に 浅草といえば フグ!
急に 食べたくなってしまいました!(わ)
Commented by ayayay0003 at 2015-12-18 18:34
こんばんは^^
12月恒例の羽子板市って風情がありますね(^^♪
去年もこの名物おじさま見たので印象に残ってます♫
↑こういう感覚って好きです☆
羽子板のモデルさんは歌舞伎役者さんだったんですね~(@_@)
そう言えば、そんなお顔していますね!
先日南座で歌舞伎を見たとこなので思い出しました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-18 20:18
かほさん、こんばんは

羽子板市は江戸時代から続く浅草の「歳の市」の一部ですから、お客さんは現代でも結構、いらっしゃいます。
江戸時代の女性たちは、ひいき役者の当たり狂言の羽子板を競って買い求めたので、
羽子板が当時の人気役者のバロメーターになったそうです。

現代なら嵐とか、エクザイルとか、マシャでしょうか(^。^)
でも残念ながら今の羽子板市では、嵐、エクザイル、マシャの羽子板は売ってないです(笑)

親父さんの頭の羽根は毎年なんですよ。とても愛想がいい親父です。
羽生君、やはりですね。でもあれは職人さんの手書きなので、売ってるとしても高そうです。
多分、十万円超じゃないでしょうか(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-18 20:29
blue-lulubulさん、こんばんは

4枚目・5枚目ですか。ありがとうございます。
ただ、シャッター・ボタンを押しただけなので、写真としてはどうってことないのですが、
下町の恒例の風物詩みたいに、ご覧いただければと思います。

こういうのは毎年、毎年、その時期になると必ずあるからいいんですよね(^。^)
「あ、またこの季節がきたな」と感じながら、私も写真を撮ってます。

いえ、いえ、私は下町のブロガーで、こういう行事は大切に撮ってますがblue-lulubulさんみたいに、
毎日、毎日31文字を、生み出すエネルギーは、私よりもっと力強く素晴らしいと思います。
これからも息苦しく思わずに、ずっと続けて下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-18 20:40
bulanさん、こんばんは

え~、テレビでやってたんですか。見逃しました。
私が撮ったのは昨日で17日でしたが、もしかしたら同じ日にテレビも取材に行ってたんですね。

え~、あの親父さんですか。それはびっくりです。
確かに私が見る限りでも、あの羽子板市の中では一番目立ってます。
そして看板娘のほうも出演しましたか。昨年はアップで撮らして貰ったので、日記にも載せましたが、
今年は全部が同じ写真になってしまうので、羽子板市の美女は省略しました。
確かに寒いですからね、カイロの2枚も必要でしょうね(^。^)

御徒町というのは、年末のアメ横を意味されてますか。
羽子板市に比べれば殺風景で、写真の絵にはなりにくいので、まだ撮ったことがないんです(^。^)
もし撮りにいくとしたら「カニ」が並んでる店先でしょうか。
でも札幌の人が見たら「あら、これだけ」とか、「まあ、高い」とかになりそうです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-18 20:56
K◎さん、こんばんは

羽生結弦君、そうですよね。
あの衣装は、つい最近のスポーツニュースで見たような記憶があったのですが、NHK杯だったんですね。
だとしたら、羽子板になってでてくるのは、早いですね。
いやはや、驚きました。誰か買う人がいるんでしょうかね(^。^)

五重塔の修復工事ですか、大変な仕事をされましたね。
あの境内に綺麗にぴったりおさまって、歴史が醸し出す重厚さは存在感があります。

浅草でフグですか。江戸時代から続く下町の最大の繁華街ですから、フグ以外にも色々ありますよ。
洋食(ぱいち、よしかみ)、うなぎ(色川)、駒形どぜう(飯田屋)、てんぷら(尾張屋)なんかもぜひどうぞ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-18 21:09
アリスさん、こんばんは

今年もやってきました、羽子板市の登場です。
12月になると、日記ごとに「今年も恒例の・・」と、書いてるような気がします(^。^)

名物親父が、毎年健在なので、羽子板市も楽しいです。
そして美人の看板娘さんにも毎年会えるので、この羽子板市はさぼるわけにはいきません(^。^)

そうなんです。歌舞伎役者を羽子板に書くようになってから爆発的に羽子板が売れて、「歳の市」は、
一時期「羽子板市」と呼ばれるようになったそうです。
なので、昔は羽子板を作る工場も、露店ももっと多かったと思われます。
テレビのCMでちょっと有名な「人形の久月」さんも、羽子板市に出店されてるんですよ。
Commented by kaorunchoko at 2015-12-19 00:08
❤旅プラスさん こんばんは☆
残業で行った羽子板市ですね(^_-)-☆
今年の残業は暖冬で、取材しやすかったのではないでしょうか(*^^)v
週末にかけ冷えるとの事ですが、週末は休日出勤ですから日中に終了ですね!
私も今週は日曜日、ちょこ家クリスマスパーティーなので・・・
土日と仕込みの手伝いです!頑張らねば(^_^;)

今年も羽子板市綺麗ですね~♫
そちらの「おいらは江戸っ子だい!」的なおじ様記憶にありましたよ(笑)
そのおじ様の下の羽子板は見事ですね~~本当に美しいです!
羽入君のは・・・確かに衣装は似てますね(笑)
お正月に羽根つきをした記憶がありますが、今の子供はしないですよね(^_^;)
いや、ゲームアプリとかでバーチャル羽根つきとかあったりして(笑)
Commented at 2015-12-19 00:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2015-12-19 05:05
TVでは 年の瀬のニュースとして毎年の様にありますが、
写真で拝見したのは 珍しいのかも?
親父さんの鉢巻の羽根! 微笑ましいですね~
江戸の年末の風物詩、 京都の歳末の風物詩とともに
此れからも受け継いでいって欲しいと 願います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-19 07:41
kaorunさん、おはようございます

はい、カメラを持った平日残業でイルミネーションや、プロジェクション・マッピングは取材してます。
日記ネタの補充にはちょうどいい残業なんですよ(^。^)

今日の休日出勤は、築地の年末お買い物風景でも撮れないかなと思ってるのですが、取り敢えず築地へ。
明日はまだ決めてませんが、朝早く出て暖かいうちに戻ります。
kaorunさんは仕込みですね、人気レストランのおかみさんも休みなしで大変ですね(^。^)
頑張って下さいね。

そういえば、近所でも羽根つき、凧揚げは見なくなりました。しっかりと残ってるのはお年玉くらいでしょうか(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-19 07:44
00:20鍵コメさん、おはようございます

そうでしたか。問題の根は深そうですね。
週明けにでも、いろいろと試してみて下さい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-19 07:55
eiさん、おはようございます

ニュースには、よく取り上げられてます。
年末らしい風景だし、羽子板も珍しくなってきましたから。
でも都心では羽根つきをやったことがないという子供が、最近は多いみたいです。

毎年、見に行くのですが、今年は外人の観光客が多かったです。
羽子板の露店の真ん前で、自撮り棒で、自分を撮ってますよ(^。^)

江戸の年末の風物詩ですが、景色は昔とかわってきました。
かわらないのは、親父さんの鉢巻の羽根くらいです(^。^)
Commented by hogecyan at 2015-12-19 23:01
わ、羽生くんの羽子板ですね。。。
この間丸ビルで羽入君の銅像と撮ってきましたーー^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-19 23:36
Keitoさん、こんばんは

羽生君の横に座って2ショットしたんですか。
呼んでいただければ、きちんと一眼レフで、もっと美しく撮りましたよ(^。^)

この間、私が昼休みに行った時には周囲に誰もいなくて、閑そうな係員が、親切にも「撮りましょうか」
と言ってくれました。
いえでも、丁重にお断りしましたよ。

私もシャイで、人見知りしますから・・・って、勿論嘘ですけど(笑)
おじさん一人が、羽生君と2ショットというのが照れくさいのでお断りました(^。^)
<< 東京スカイツリーのプロジェクシ... 「玉ボケ村」の紅葉とイルミネーション >>