嫁入りする娘と、送り出す母の物語を艶やかに舞います。でも主人公は狐さん(王子稲荷神社の奉納舞)

東京都北区の王子稲荷神社では2月に「凧市」が開催されます。
江戸時代から続く王子稲荷の「凧市」は、毎年2月の午の日(うまのひ)に催され、今年は初午(はつうま)の2月6日と、二の午(にのうま)の2月18日でした。

b0291402_08095634.jpg


たびたび大火事に見舞われた江戸時代に、王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧」としたのが凧市の始まりで、 熱風が大火につながることから、
風を切って揚がる凧を火事除けのお守りにしたといわれています。
凧市では奴凧を売ってました。値段は800円から1,000円です。

b0291402_08100491.jpg


会社の昼休みにすっ飛んで出かけていったのは、神楽殿で演じられる奉納舞を観たいから。
ちょうど始まるところでした。

b0291402_08142376.jpg



出演は着物ドリーマーズのお三方。

b0291402_08102863.jpg



嫁入りする娘と送り出す母の悲しい物語を舞います。タイトルは「狐母娘の舞い」

b0291402_08105392.jpg


粗筋もだいたい想像できる物語で、優雅な舞いを見せていただきました。

b0291402_08114687.jpg


凧市は有名ですが、奉納舞があることはあまり知られてなくて観てたのは15人ほど。
舞が終わると、舞台から降りてきてくれました。

b0291402_08110457.jpg


私、1人のために3人がポーズをとってくれました。
お礼を言うと、「お面もしましょか」とおっしゃるので、お願いしました。

b0291402_08111332.jpg


着物ドリーマーズの皆さん、ありがとうございました。
こういう舞いが観れるなら、いつでも飛んできます。
そしていつもの如く、昼休み時間中の撮影だったので、会社にすっ飛んで戻りました。



by tabi-to-ryokou | 2016-02-26 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25400538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-02-26 18:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayayay0003 at 2016-02-26 20:02
こんばんは^^
凧市というのは聞いたことがあるのですが
奉納舞があるとは素敵ですね~☆
衣装が娘狐さんは、花嫁衣装に、母狐さんは、黒トメ袖で、
なんだか豪華ですね~(^_-)-☆
今時は、ウエディングドレスが多いので白無垢は少なくて
この衣装が新鮮な感じがします(^-^)
着物ドリーマ―ズさん、練習なさってるのでしょうね!
お写真サービス、とても嬉しいですね(^^♪
Commented by yocomilk at 2016-02-26 20:18
有意義なお昼休みを過ごされましたね。
こんばんは!
こんなに素敵なお三方の舞を、15人ほどしか見ていないなんてもったいないですね。
でも旅プラスさんの取材で、たくさんの人が見られて良かったな、と思いました。
狐の嫁入り・・
天気雨は降りませんでしたか?(^_^.)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-26 21:24
1809鍵コメさん、こんばんは

私もこの奉納舞は初めてでした。
何人かは見物客がいましたが、一眼レフを持って写真を撮ってたのは、私だけなので、
着物ドリーマーズさんには、目立った存在だったかもしれません(^。^)

昼休みの取材は得意技。
まあ、2時間くらいで戻ってくるので、会社の皆さんにも目立ってないはず(??)
日記ネタがあれば、どこでも、いつでもです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-26 21:34
アリスさん、こんばんは

凧市の公式の案内には、何一つ奉納舞のことが書かれてなかったので、まだ奉納舞は市民権を得てないようでした。
でも神社の境内に雅楽殿があると、祭りの期間中に奉納舞がとりおこなわれるのは、よくあることみたいです。

花嫁の白無垢衣装は目立ってましたが、案内役の方のピンクの衣装も、母親の黒トメの花模様も華やかでした。
着物はドリームなんですね。さすがチームを引っ張る御三方はド派手で粋な和服姿でした。

いやあ写真タイムに撮ってるのは私だけなので、緊張しましたよ。
来年も出演されるようなら、この写真をA4にプリントして差し上げようと思ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-26 21:45
yocoさん、こんばんは

はい、普段の昼休みは、ゆっくり食べながら、グラスワインも1杯飲んで、
そのあとは、画廊を散歩しながらオフィスまで戻ってくるのですが、
取材がある日は、もう駆け足で出かけて、時には昼飯抜きで頑張ります。

本当に折角の舞いなのに、お客さんが少なくて気の毒でした。でも私がただ一人、一眼レフを持って
ど真ん中のセンターから撮ってたので、ちょっとは目立ったと思います(^。^)

この日は曇り空だったのですが、晴れず、雨も降らず、狐が行列するには似合わない天気でした。
この祭りが行われた北区王子には、今でも暗闇に提灯がゆらゆらと揺れるという七不思議があるそうですよ。
狐火とも呼ばれるそうですが、一度写真に撮ってみたいです。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-02-26 23:30
やはりダンディーな旅プラスさん、
着物美人さん達、カメラ目線バッチリ
ですね♪
お昼時休憩さいてのフットワーク
相変わらず、飛びはねてはりますね。

エキサイトログ、完全復活と思いきや
パソコちゃんの機嫌
まだあかんわ(T_T)
他の人のログはサクサクちゃんやなのに、、、
スマホ投稿せなダメは
私だけかいな?
Commented by 3740s at 2016-02-26 23:56
こんばんは
tabitoさん

流石のルポです。
着物ドリーマーズのサービスも花を添え
楽しく拝見致しました。
Commented by umitosora14 at 2016-02-27 01:16
今晩は^^
素敵な舞いをご覧になられましたね
観客が少ないのがもったいない気もしますけど、
狐の舞いには、あまり賑やかなのは似合わない気もして^^
ただ、もうちょっとだけ、観客が多いほうが、
舞う方には張りがあるでしょうけど^^;
この3人の方々、綺麗ですね
衣装も狐のお面も、良い雰囲気ですね^^

狐の嫁入り、
あの黒澤明監督の「夢」っていう不思議な映画の中の映像が思い浮かびます
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-27 07:54
姫っこさん、おはようございます

一眼レフを持って写真を撮ってたのが、私だけだったので、着物美人の御三方も、敬意を表してくれたみたいです。
しかもスーツにネクタイですから、15人くらいの見物客の中では、明らかにういてました(^。^)

平日も1日記か、2日記は取材して、書くようにしてるんですよ。
細々と綱渡りですが、なんとか毎日の投稿を続けてます。

パソコちゃんが不調ですか。こちらは完全復活してるのですが、コメントを書き込んだという記録が残らない
という不具合が続いていて、それが唯一不便です。
現在もコメントが書き込めませんか。ダブルクリックすれば書き込めるのですが、その問題とは別ですか。
今日は昼はずっと出かけてますが、どんな症状か教えていただければ、夕方に返信できるかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-27 08:01
パテオナベさん、おはようございます

着物ドリーマーズさんの出演時間に合わせて行ったのですが、華やかな舞を楽しめました。
こういう昔から伝わる芸能は面白いです。

凧市は参道と言うんでしょうか。道路にずらりと店をひろげた屋台も面白そうだったのですが、
時間が無かったので、ここは写真も撮らずに素通りでした。
そうそう、「着物ドリーマーズ」さんで引くと、彼女たちのHPが見れますよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-27 08:11
umiさん、おはようございます

そうですよね。折角、華やかな着物で舞われてるので、もうちょっと見物客が多くても良さそうでしたが、
あまり、宣伝も告知もされてなかったようで、たまたま凧市に合わせて王子稲荷神社に来た方々が、
「お、なんかやってるぞ、ちょっと見てみよう」って、感じで見学してました。

黒澤明監督の「夢」っていう映画、残念!!、観てません。
ご自分の見た夢をもとに作った作品だそうですね。
黒澤作品って、映像も綺麗だから印象的な映画だったでしょうね。
テレビででもやってくれたら、録画してみてみます。
Commented by kaorunchoko at 2016-02-27 12:46
❤旅プラスさん こんにちは!
私、今日は土曜日だけど、勤務日なんです(>_<)
あぁ~ぁ…こんな良い天気の土曜日に仕事なんて…
旅プラスさんは取材ですよね~晴天で良かったです!お疲れ様です!

「凧市」初めて知りました。奴凧懐かしい~~(笑)
小さい頃は普通に凧揚げやってたのに、今じゃやってる姿さえ見かけませんよ!
田舎は電線も少ないのになぁ…って、大体において子供が外で遊んでいませんよね(^_^;)
家の中でゲームか…お外は危ないもんね(って、おいおい!猫か!?)

狐の嫁入りってあるけど、母親が出て来るのは初めてです!
なんで狐の嫁入りって、あちこちにあるんでしょう?不思議~~
綺麗なお嬢さん達と、おば様の着物姿良いですね~♫
そして、写真もバッチリ!お面&狐のポーズまで(^^)v
昼休みの取材とは思えない内容ですヽ(^。^)ノ
今夜は凧揚げじゃ無くて、揚げダコでもビールのつまみにしたいですね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-27 17:21
kaorunさん、こんばんは

出勤日なんですか。ご苦労様です。
今日は東京タワーを撮ってきました。
最近、エキブロで「ウメジロー」が流行してるので、「ウメタワー」も撮りました。
「ウメサワー」じゃないですよ(^。^)

東京でも凧揚げは、まず見かけなくなりました。
谷中の「夕焼け段々」の近くで、ベーゴマをやってる人は時々見かけますけど。

夜間の山野に怪しい火のようなものが連なって見えると、全国的に「狐の嫁入り」というそうです。
恐らくは武士や大名の提灯行列も周囲に明かりが無い時代は「狐の嫁入り」に見えたんでしょうね。
今夜は揚げダコ、いいですねえ。シメは「狐うどん」にしましょうか(^。^)
<< 東京都葛飾区の水元公園で時々見... 戦争で壊滅したのちに市民の力で... >>