寒い日が続きますが春遠からじ。春の色彩をイメージした「黄色」で今日の日記を届けます。

今日は色にこだわってみました。春を感じていただければ幸いです。

最初は、黄色というより、和色の分類では「黄金色」です。

b0291402_08225319.jpg


これなら黄色?、いえ、和色の分類では「若草色」でしょうか。

b0291402_08230227.jpg


こんなお庭はどうでしょうか。黄色を中心としたお庭です。
愛好家クラスの中で、最優秀賞を受賞したガーデンです。

b0291402_08233384.jpg


黄色に限らず色んな色を楽しめるお庭は、岐阜県立恵那農業高校です。
恵那からの出展かい、え~な~(笑)

b0291402_08234252.jpg


赤い服を着た王子さまがポインントの作品は、千葉県の大場蘭園さん。
恐らく「星の王子さま」をイメージした王子さまですが、ちょっとお顔が汚れてました。

b0291402_08240060.jpg


ここでプロが登場します。ケイ山田さんのオーキッドガーデン。

b0291402_08240742.jpg


申し訳ありません、説明できるほどの知識がないので、手前にあったパネルを貼り付けます。

b0291402_08241630.jpg


次は目が覚めるような鮮やかな作品。タイトルは「覚醒」です。
国際園芸さんの出展でした。

b0291402_08244330.jpg


つくば洋蘭会の作品は池を真ん中に配置し、沢山の種類の蘭を飾りました。
池には蘭の映り込みも見えます。

b0291402_08245505.jpg


最後の写真は本物の桜です。
もう場所はおわかりですね。東京ドームです。

b0291402_08250691.jpg


2016年らん展会場で、撮って来た写真ですが、春を感じていただけたでしょうか。
低気圧が通り過ぎるごとに、北海道や日本海側に大雪が降ってますが、冬着たりなば春遠からじ。
東京のソメイヨシノの開花予想は、今のところ3月24日、満開予想は4月1日だそうです。


by tabi-to-ryokou | 2016-03-02 16:00 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25437411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-03-02 16:32
蘭づくしの作品それぞれ個性がありお見事です。
好みとしては池のあるつくば洋蘭会の作品がいいですね。
あっと言う間に桜前線予報 日々を早く感じるのは私だけでしょうか。
Commented by 3740s at 2016-03-02 18:00
こんばんは

春満開、
あったかい気持ちに・・・・。

今日も寒い朝を迎えて、待ちどおしい春です。
Commented by yocomilk at 2016-03-02 19:14
こんばんは~♪
春、感じました♡
毎年ソメイヨシノの開花予想が出てくるとわくわくそわそわしてしまいます。
そして黄色はいいですね、明るい気持ちになります!
東京ドームのらん展には1度行ったことがあります。
蘭の種類がたくさんあって驚きました。
星の王子様、ちょっとメタボですね(*^。^*)
そして私も詳しくありませんがケイ山田さんのコーナーはやはり洗練されているように見えました。
Commented by ayayay0003 at 2016-03-02 19:38
こんばんは^^
最後は、蘭のお庭ですか(^。^)
黄色は、元気になる色、イイですね~(^_-)-☆
ケイ山田さん、知りませんでしたが、
イングリッシュガーデンは2012年にイギリスツアーで
たくさんのガーデンを巡りすっかりファンになりましたので
好きです♡
素敵なガーデン、ありがとうございます♪
Commented by berry0726 at 2016-03-02 20:50
こんばんは~
旅プラスさんとこで「恵那」の文字を目にするとは...
びっくりぽんでした!
恵那は実家から近いんですよ~
旅プラスさんもご存知なんですか?
すごいメジャーなイベントに出展しているんですね。
応援しなくっちゃ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-02 21:17
himeさん、こんにちは

それぞれの作品に個性あり、素晴らしいので、ここに来ると歩きながら、
1分に5回はシャッターを切ってしまいます。
かれこれ90分見学しましたが、撮った写真は500枚、なので家に帰ってから選ぶのが大変でした。
もう3回はここの写真で日記を書いたのですが、あと1回でようやく終わりそうです。

つくば洋蘭会さん、華やかで良かったですよ。
1991年から始まってるので、出展する皆さんも、毎年レベルアップしています。
もうあと3週間で桜も開花します。季節の移ろいはあっという間ですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-02 21:25
パテオナベさん、こんばんは

寒風吹きすさぶ中に、この世界らん展だけは別世界でした。
この世界らん展を見学すると、もうじき春だと感じます。

聞いた話では、プロ野球が始まると、東京ドームが使えないので、らん展は2月に開催するそうです。
もう25年も続いてるので、東京の2月の風物詩ともいえますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-02 22:03
yocoさん、こんばんは

ソメイヨシノの開花が、3月24日らしいので、あと3週間ですよ。
私は気象庁の職員が靖国神社に来て、標準木の開花を確認してから
気象庁に「開花です」と伝える瞬間を見たことがあります。
携帯で、連絡してましたけどね(^。^)

らん展はもう25年もやってますが、25年前は蘭の花も、お高くて、まさに高嶺の花でした。
今はどこの花屋さんでも売ってるポピュラーな花になりましたが、それでも開店祝いというと、やはり蘭ですね。

ケイ山田さん、私も全然知らなかったのですが、それなりに凄い方みたいです。
蓼科高原に彼女が開園した「バラクライングリッシュガーデン」は良さそうですが、まだ行ったことありません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-02 22:15
アリスさん、こんばんは

黄色は華やかでいいですね。
蘭の花というと普通は白ですが、この会場では黄色が圧倒的に目立ってました。

ケイ山田さん、パネルのお顔を拝見すると、ご高齢に見えますが、昔から造園を手掛けてたみたいですね。
お花が好きなら、造園業という職業も一つの選択肢と思いますが、有名にならないと仕事は来ないと思うので、
成功するまでは大変でしょうね。

イギリスのイングリッシュガーデンは、どの家庭も自分たちで手入れしてます。
イギリス人の家って、玄関側の前面に庭があり、後ろ側にももう一つ庭があるのが一般的なので、
全面がイングリッシュガーデン、裏庭が野菜畑というのもよく見かけました。彼らは本当に庭の手入れをよくします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-02 22:28
berryさん、こんばんは

恵那が実家からお近くですか。
恵那って、兵庫県じゃなくて岐阜県ですよね。
ならばberryさんは、岐阜県育ちの、現在は兵庫県人ということですね。

恵那農業高校さんの展示は、プロの園芸会社ばかりの中で見劣りしてなかったですよ。
和風の建造物を入れて、屋根に工夫をこらしてました。
文中に、え~な~と書いたのは、お世辞でなくホンマ(^。^)

恐らく学校内の温室で蘭を育てているのだとおもいます。
私もこの学校は今年初めて知りましたが、来年も出展すると思うので、一緒に応援しましょう。
Commented by kaorunchoko at 2016-03-02 23:32
❤旅プラスさん こんばんは☆
なるほど!同じ色でも和色の名前は響きが綺麗ですね。
トンボ鉛筆の「色辞典」って言う色鉛筆があるんですけど、色の名前が素敵なんです。
川蝉色や臙脂色、撫子色、鴬色なんて言う色が沢山並んでいます。
フェリシモの「500色図鑑」って言う色鉛筆も、色の名前がめっちゃ素敵なんです。
「浅草の手焼きせんべい」とか「ナイチンゲールの歌声」とか…
絵も描けないくせに、そう言う物が大好きです(笑) 勿論買いませんでしたよ(笑)

蘭はやっぱり豪華ですね!
ドームの中に池を作ってしまった作品もあったんですね!!!
ケイ山田さん、初めて知りました。なるほど色々手がけていらっしゃるんですね。
そろそろ桜の開花予想も気になりますね(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-03 07:51
kaorunさん、おはようございます

500色というと、両隣の色とよく似てて、区別がつかないでしょうね。
私はパステル画を描いてた時代は、100色パステルを持ってました。
でも実際に使うのは、せいぜい15色くらいで、使うのはどんどん減るけど、使わないのは新品のまま(^。^)
ナイチンゲールの歌声なんて、どんな色なんでしょうね。
隣の色がナイチンゲールの笑い声で、その隣はナイチンゲールの泣き声だったりして(笑)

蘭のガーデンは工夫をこらした展示が多かったです。
池なんかは工事もかなり大変だったんじゃないでしょうか。
桜の開花も気になりますが、本日の花粉も気になって、毎朝天気予報を見てます(^。^)
<< 東京タワーから300m以内をぐ... 東京で一番小さな水族館では、ク... >>