江戸末期から始まる新ばし花柳界。新橋芸者がその「東をどり」を披露してくれるという「銀座柳まつり」です。

5月5日、子供の日。
でも、おじさんが待っていたのは「銀座柳まつり」の数多くのイベントの中で、新橋花柳界の文化をお披露目する新橋芸者さんの「東をどり」。
このPRポスターを見たら、行かないわけにはいきません(笑)

b0291402_13204057.jpg


西銀座通りの即席の舞台の袖で写真を撮らせていただきました。

b0291402_13193511.jpg


でも、別のイベントで、実際の事故をスタントマンが演技するという、「交通安全イベント」を先に見てから来たので、場所取りに失敗しました。
舞台の袖で、ほぼ真横。

b0291402_13194469.jpg


銀座柳まつりの一番大事なイベントなのに、寄り道をしてた自分がいけません。

b0291402_13195247.jpg


新橋芸者の始まりは安政4年、今の銀座金春通りが発祥の地だそうです。

b0291402_13200003.jpg


明治時代には新橋の花街が日本一の社交場と称されるほどの発展を遂げました。
新橋演舞場が建てられたのは大正14年。新ばし芸者衆の公演「東をどり」は、これを初回に歴史が始まりました。

b0291402_13200842.jpg


新橋芸者はそれぞれ置屋に所属し、料亭から声が掛かり宴席に赴きます。
芸事を身につけているから芸者で、「立方(たちかた)踊りをする人」、「地方(じかた)演奏をする人」に分かれます。

b0291402_13201793.jpg


街の始まりからはや150年、今は芸者と料亭がひとつになり、「東をどり」を伝えてくれます。
でもその料亭が、芥川賞・直木賞選考会場の「新喜楽」とか、あの有名な「金田中」と聞くと、私には敷居が高すぎて、行くことができません。

b0291402_13202519.jpg


普段見ることができない芸者さんの踊りが見れましたが、司会が紹介してくれた、芸者さん4人のお名前は全て忘れてしまい、
3曲の踊りのうち「奴さん」、以外の2曲の名前も忘れてしまいました。
艶やかな舞いをみて、一番舞い上がったのは自分でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-05-06 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25762986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-05-06 16:21
東をどりのポスターを見たからには行くしかないでしょうね。
いずれがアヤメかカキツバタか 丁度この季節にぴったりの例え通り美しい芸者さんばかりで目の保養が出来ました。
一番気に入った方の名前くらいは覚えておかなくては・・・それとも目移りがして決められなかったのでしょうか。
Commented by ayayay0003 at 2016-05-06 17:34
こんにちは^^
さすが、新橋の芸者さん、美しい方ばかりで、見れて嬉しいです~(^^♪
旅プラスさん、「2兎追うものは1兎をも得ず」まではいかなくてよかったあ~
横からでも美しく撮れてますよ(^_-)-☆
お向かいのおじさん(旅プラスさんの反対の横から撮ってる方)のような体勢でしたか(・・?
↑彼は、凄く無理な体勢のような?(笑)
笑っちゃいけないけど、こんな美人芸者さんの「東をどり」なので必死に撮ってるのだと想像したらかわいいです♪
ちょっとだけ、旅プラスさんの撮影風景を想像してみました(^。^)
お疲れ様でした^^
Commented by tatuotoko0406 at 2016-05-06 19:06
こんにちは。
2枚目の写真、あんまり悩まずに真ん中の女性♪
後半のピン写真を見ると今回は趣味が同じじゃないか?と普段よりスクロールが多かった今日このごろです^^
Commented by kaorunchoko at 2016-05-06 19:17
❤旅プラスさん こんばんは☆
超~~ご無沙汰しておりますm(__)m
過密スケジュールだったGWも無事終わりました。
幸い〇十肩も悪化せず、ホッとしてます(^_^;)
なんとか、今日から通常営業?に戻れそうかな…
また宜しくお願い致しますm(__)m

5日は私も東京にいましたが、銀座方面じゃ無くて残念(^_-)
お姐さん方ビシッと決まっていて、カッコいいですね~♫
足利の藤もとっても綺麗でした(*^。^*)八重の藤グラデーションが美しいですね!
豊洲移転前にもう一度築地行ってみたいなぁ・・・
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-06 20:21
himeさん、こんばんは

> 東をどりのポスターを見たからには行くしかないでしょうね。
はい、だいたい男って単純ですから。

目の保養はできたんですが、あとで気づいたら、誰一人として名前を覚えてなかったわけです(^。^)
実はこの「東をどり」が始まる前に和装の男性が出てきて、4人の名前と、踊りの3曲を発表したのですが、
舞台の袖に芸者衆がいたので、まるで聞いてなかった(^。^)
こんなこともよくあります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-06 20:37
アリスさん、こんばんは

横からでもなんとか撮れてますか。ありがとうございます。
私のブロ友さんで「eiさん」という京都の方がいらっしゃって、舞妓さんや、芸者さんをよく撮られるんですが、
妥協を許さない美しい写真を撮られます。後ろに看板なんて、絶対に写っていません。
http://ei88.exblog.jp/
それからすると、この写真は銀座の外堀通りということで、背景の看板や、見物客は見過ごして下さいね。

私の場合、イナバウアーでは撮りませんが、立ち位置、中腰、しゃがみとスクワットを繰り返してます(^。^)
いつも帰りにはマッサージ店に寄りたくなります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-06 20:51
オレさん、こんばんは

あれ、やはり真ん中の女性ですか。
4人の踊りでは手前から2人目で、踊りの時にはあまり写真が撮れなかったんです。

後半のピン写真は、踊りでは一番手前の女性。
私のポジションでは、この女性以外は撮りようがないという
ハンディキャップを背負ってました。
競馬で言うとフルゲートで18頭の、大外枠の18枠でした(^。^)

8日の本社神輿は行きまっせ。疲れちゃうので午前中で引き上げて、昼は自宅で一杯の予定です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-06 21:06
kaorunさん、久しぶりです。

東京は楽しめましたか。4日は大雨も降ったので心配してました。
三十肩??が悪化せず良かった!!、GWを無事に過ごせたなら一安心ですね。

GWは5月4日の雨の日を覗いて、毎日取材に出かけておりました。
埼玉県秩父、千葉県市川、浅草六区、栃木県足利、築地、銀座、そして今日が近所の舎人公園でした。

さすがに10連休は疲れます(^。^)
土日は近場の取材で英気を養って、月曜日からに備えます。
kaorunさんも通常営業を前にゆっくり休んで下さいね。
PCの前に座るのも、マイペースでゆるりとどうぞ。
Commented by fotoro at 2016-05-06 21:26
こんばんは

素晴らしいの一言です!
魅了されて撮ってみえる旅プラスさんの気持ちが伝わりました
見せて頂いてありがとうございます
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-06 23:35
fotoroさん、こんばんは

ありがとうございます。
こういう古い文化は大好きです。
もっと正直に言うと、女性の美しい踊りは大好きです(^。^)

芸者さん、舞妓さん、振袖さんと、芸に精進して、踊りを伝える女性たちは多いのですが、
なんせ舞台が料亭だと料金がお高くて、交際費が自由に使えるとかでないと、そう簡単には入れません。

そのてん、今回は誰でも鑑賞できる舞台なので良かったです。
まさに魅了されて、頭がボ~~ットしたまま、シャッターを押してました(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-05-07 14:02
お~大人の美しい舞ですね^^
柳まつりなんて、あるんですね
実際に見れるなんて、良いですね!
よこからでも、素敵に撮られてて、流石です♪
下から、2,3,4枚がお気に入り^^
芸者さんの日本の伝統の踊りと、今のビル群との融合♪
なかなか見れない素敵なショットです^^
これも、芸者さんたちの美しさがあるからこそのお写真ですよね
見せて頂いて、ありがとうございます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-07 22:21
umiさん、こんばんは

「柳まつり」という由来は、西条八十が作詞した「銀座の柳」からきたものだと思います。
2番のが、なんとなく覚えてるのですが、
巴里のマロニエ銀座の柳 西と東の恋の宿~
でした。
今も銀座には柳通りがあるし、マロニエ通りもあるんですよ。

本当、ビルを背景に芸者さんが踊るなんて機会は滅多にないでしょうね。
下から2,3,4枚ですね。ありがとうございます。
しゃがみに、中腰で腰が痛くなりながら撮った甲斐がありました。
きっと普通にはない、珍しい写真でしょうね。
<< 写真18枚でお届けする黒マグロ... 今が見頃、あしかがフラワーパー... >>