東京下町で一番早い夏祭りと言われ、千年以上の歴史がある下谷神社大祭は、今年が2年に1回の本祭でした。

5月8日、日曜日
待ちに待った今シーズン最初の下町のお祭りは下谷神社大祭です。
自宅からも近い下谷神社からの宮出し(神輿が神社の境内から出ること)が6時15分、宮入りが18時30分。
そんなに早くは行けないので、いつも神輿がどこらへんにいるか氏子区域である29の町内を探すのですが、昨日は松ヶ谷2丁目で発見。
探すのは担ぎ終わった人と、これから担ぐ人の流れで判断しますが、近くまで行くと祭りの音でわかります。

この辺りは遠くにスカイツリーが眺められます。

b0291402_07590905.jpg


狭い道を抜けて浅草通りに出ました。
通りが広くなると担ぎ手の皆さんも力が入ります。

b0291402_07592617.jpg


下谷神社の本社神輿は 鳥越神社の千貫神輿と並ぶ大神輿として知られています。
台輪4尺1寸(1.24m)、総高10尺1寸(3.06m)、屋根の四面には銀色の紋をつけ、四隅の蕨手には、やた烏を乗せています。大正15年に作られた神輿です。
時々、担ぎ棒を肩からはずし手で持ち上げますが、これは荒業です。

b0291402_07594888.jpg


神輿の最後尾には馬に乗った神官が続きます。いつもは男性の神官ですが、今年は女性でした。

b0291402_08000149.jpg


朝からずっと乗ってたのでしょうか、ここで男性の神官と交代となり馬から下ります。
ちょっとよろついてました。

b0291402_08001014.jpg


「あ~~疲れた」と、ストレッチ。お疲れさまでした。

b0291402_08002259.jpg


この神輿の台輪には四天棒が差し渡され男たちが四列になって担ぎます。
それにしても、この密集状態は凄いです。

b0291402_08004804.jpg


神輿の前にはおじいちゃんに抱っこされた女の子。スマホで撮ってるのはママさんみたいです。
下町の神輿は女性と子供が多いのも特徴です。

b0291402_08010086.jpg


下谷神社大祭の写真はまだ沢山あるので、あと1回後半があります。


by tabi-to-ryokou | 2016-05-09 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25774499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-05-09 16:40
お祭り男の旅プラスさん神輿を担ぎたくてウズウズ血が騒いだのでは?
ずい分大きな神輿ですがそれにしても担ぎ手が多すぎるように思えます。
流石下町ならではの光景でしょうか。
Commented by ayayay0003 at 2016-05-09 16:50
こんにちは^^
一枚目の御神輿さんとスカイツリーのコラボは
何度拝見してもイイですね~☆
女性の神官さん、お初で見たかもしれません(@_@)
馬に長時間は、お疲れのようですね!
しかし、このような時の馬は大人しいお馬さんを選ぶのかな?
ちょっとだけ気になりました!
最後の女の子の記念撮影が可愛いですね~
こういうお写真が下町のお祭りと言う感じで好きです♪
Commented by yocomilk at 2016-05-09 18:16
こんばんは♪
神妙なお顔でお馬さんに乗っていらっしゃいますが、お疲れになるのでしょうね。
貴重なオフショットまで、ありがとうございます。

最後の1枚が可愛くて!
はっぴ姿の女の子って可愛いですね~!!
お祭り、楽しそうでうらやましいです。
Commented by tatuotoko0406 at 2016-05-09 18:26
こんにちは。
今日、宮元町内の仕事に行きましたが、大概の地元連中は二日酔いで真っ青な顔で整理してました(笑)
青空抜きの神輿も良いですねえ♪ アリスさん同様、1枚目が良いなあ。

2枚目の辛子半纏は宮本の青年部なんですが、青年部って言っても50過ぎがほとんどだからなあ^^;

なんとか宮入りは行けたので、初神輿写真を撮れました。まだ現像をしてないのでアップ出来ませんが、いつまでたってもアップしなかったら「可哀想に全滅だったんだな〜〜」と催促しないでくださいねヽ(´ー`)ノ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-09 21:06
himeさん、こんばんは

いえいえ、こういう本格的な神輿は担げませんよ。
この間の外人さんたちが参加してた西新井大師の、ゆる~い神輿だったら、10分くらいはいけるかも(^。^)
でも写真が撮れなくなるから、やはりカメラマンに徹します。

担ぎ手は多いのですが、神輿の重量も相当あるので、担ぎ手の配置がバランス悪いと、右に左にと揺れます。
特に担ぎ手が交代して最初に持ち上げた時は、どちらかに傾くことがあるので危険です。

祭りの神輿、下町の夏はこれが無ければ始まりません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-09 21:17
アリスさん、こんばんは

やはり写真としては1枚目ですね。
この写真は横丁で待ち構えて、ピントも合わせて、神輿が来ると同時に連写で5・6枚撮りました。
そのうち4枚は、この写真にも写ってるおじさんの頭がでかくて失敗。
用意万端で待ってる時に限って、変なおじさんが真ん前を通るんですよね(笑)

今まで馬に乗る神官は全員が男性でした。なので、この女性は今年が初めて。
馬は毎年同じ馬です。暴れるのを見たことがないくらいおとなしい馬です。

最後の女の子の写真は、ここにあと10秒いたら危ないというような神輿の進行方向。
こういう写真を撮るのも慣れてるんでしょうね、ささっと撮って、神輿の邪魔にならぬよう沿道に逃げてました。
こんな光景も下町らしいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-09 22:06
yocoさん、こんばんは

何時間で交代してるのかわかりませんが朝の6時15分に下谷神社を出発してますから、
ここまで乗ってきたなら4時間。
もし、彼女が乗馬が好きだとしても、きっと疲れたと思います(^。^)

最後の1枚は子供ショット、あと美女ショットも撮ったのですが、これは次回のお楽しみで、
オレさんのために絶賛秘蔵中(^。^)

祭りはでも、特に神輿は被写体が沢山あるので、楽しいです。
来週の金・土・日は浅草三社祭りなので、またまた出没予定です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-09 22:18
オレさん、こんばんは

宮元町は呑兵衛が多いんですね(^。^)、辛子半纏は彼らでしたか。
担いでる人よりも、前で司令塔をやってる人が多かったです。

1枚目は、毎回撮ってるかもしれません。神輿より5mくらい下がって撮らないと、構図におさまらないので、
待ち構えて神輿が来た瞬間に5・6枚撮りました。
こういう時に限って、カメラと神輿の間に、おっさんが出てきたりするんですよね(^。^)
どうしても消せない「頭」が前方・左真ん前に1人入ってしまいました。

宮入が撮れましたか。わかりました、催促はせずに静かに待ってます。
私の後半は2・3日後になると思いますが、オレさんのために8枚中、1枚は「神輿女子」です(^。^)
こちらは期待して待ってて下さい。
Commented by umitosora14 at 2016-05-09 23:37
こんばんは^^
もう夏祭りが始まったんですか@@
もう春が終わってしまった~なんて、思ってたら、
はやい夏がスタートしてたなんて(笑)
それにしても、東京は下町の文化が根強く息づいてるんですね
東京に、こんなにお祭りが多いって、知りませんでした
大事に守ってらっしゃる方々が、いればこそ・・・ですね^^
Commented by kaorunchoko at 2016-05-10 02:33
❤旅プラスさん こんばんは☆
迫力のお神輿写真今年も見られて嬉しいです!
こればっかりは、自分で観に行く自信無いですからね~(笑)
おっと上から目線の写真は、例の秘密の場所に腰かけての撮影ですか?
それは別のお祭り会場かな???
下から2枚目の真ん中の列は押しくらまんじゅう状態ですね!
下町の活気あるお祭り風景を見ると、ワクワクしちゃいます(*^^)v

神官の女性は大変そうでしたね。
何よりこの晴天の中日傘もささず馬上でじっと我慢!
UV対策はきっと念入りにされた事でしょうけどね(^_-)-☆
これからの取材は旅プラスさんもUV対策するのかな???
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-10 07:38
umiさん、おはようございます

はい、もう夏祭り。
下谷で始まって、次は三社です。
サミットの警備の関係とかで、三社が1週間早まったので、先週・今週と
下町の祭りは2連荘です。

下町は江戸時代・明治時代から100年続いてるという老舗が多いし、
江戸っ子は祭り好きですからね。未だに褌に法被だけ着て担いでる人が多いですよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-10 07:52
kaorunさん、おはようございます

例の秘密の場所に腰かけてというのは神田明神のお祭りです(^。^)
今回は神輿の追っかけで、90分くらい一緒に歩きました。
高い位置から撮ってるのは、ブラインド撮影といって、両手を上に伸ばし、ファインダーを覗かずに
撮るという、難易度の高い技です。難易度が高いだけに、ブレてたり、ピントがあってなかったり、
被写体が斜めだったり(^。^)、でもまあ、トリミングして角度や、構図は整えてから載せてます。

あの押しくらまんじゅうの中には入りたくないです、汗臭そう(^。^)
馬上の神官には、赤い和傘の傘持ちがついてて、ずっと上から、傘を差してくれます。
なので直射日光は避けられるのですが、照り返しもあって、暑いでしょうね。
私ですか、私は昔から対策無しですよ。一応熱射病対策で帽子は被ってます。
手や腕はもろに日焼けするし、夏が終わる頃には顔もコンガリ焼けてます(^。^)
Commented by 南清島町 at 2017-06-12 16:07 x
掲載の画像はすべて当町会、南清(なんせい)で宮元さんはうちの次に回る町会です。
映ってる辛子半纏も当町会の本社神輿係です。青年部というわけではありません。
宮元さんの青年部は下谷神社の氏子町会の中でも若者揃いの大所帯で、酒癖も悪くありません。
<< 歴代皇帝の夢の跡、フォロロマー... バ、バンバ、バンバンバ~ン♪♪... >>