日本人によってケニアに建てられたムパタ・サファリ・クラブ。お楽しみはサファリ以外にもあって食事です。

ムパタ・サファリ・クラブは、日本を代表する建築家、鈴木エドワード氏により設計されました。
ケニアの木材を使用し、その枠組みは、優しく自然な曲線を描きます。
写真は、私が朝・昼・晩と食事をしたレストランです。

b0291402_07380466.jpg


朝食は朝のサファリから帰ってきてからなので、8時30分から。
なので、喉もカラカラ。この「TUSKER」というケニアのビールが美味しい。

b0291402_07382174.jpg


5種類のジュースから選択、フルーツ盛り合わせ、3種類のパンから選択、卵料理の選択。そして紅茶・コーヒー・ホットチョコレートからの選択になります。
私のメインはいつもハムとチーズのオムレツ、ベーコン添えでした。

b0291402_07383402.jpg


ランチは12時30分からで、スープ、メイン、デザートの3コース。
オテル・ドゥ・ミクニのオーナーシェフ、三国清三さんが、開業当初にプロデュースしたメニューということでフレンチです。
正確に言うと、日本人向けのフレンチですが、指導を受けたケニア人シェフが、その味を今も守っています。

b0291402_07384998.jpg


まさかケニアのマサイマラで、手作りのシュークリームを食べれるとは思いませんでした。
メインはビーフ・ブロシェットですが、シーフード・スパゲティを選ぶこともできました。

b0291402_07390094.jpg


ディナーは夕方のサファリから帰ってからなので19時30分から。
サラダ、スープ、メイン、デザートの4コースでした。
サラダに使う野菜は、クラブの敷地内で栽培しており、いつも新鮮でした。

b0291402_07393715.jpg


この日のメインはポークピカタでしたが、魚の日も、チキンの日もありました。

b0291402_07395797.jpg


そして印象に残ったのは、この日本風のリゾットが出された日。美味しくて感動しました。

b0291402_07391291.jpg



滞在中の食事を担当してくれたウェーターのフレッドです。
1日目は私だけ、2日目・3日目が3組だけと少なかったこともありますが、2日目からは、ビールはTUSKER、ワインは赤のハウスワインと、
オーダーしなくても、タイミングよく持ってきてくれました。

b0291402_07405288.jpg


ここからの情報は、ムパタ・サファリ・クラブに詳しい著名人のブログに記載されてましたが、このホテルのオーナーは「ソトコト」の編集長である小黒 一三氏。
小説「アフリカの王」にも書かれてるように、建設は紆余曲折の連続で、結局、完成には27億円もの資金がかかったとか。
伊集院静さん、坂本龍一さん、渡辺謙ご夫妻、藤原 紀香さん、鈴木 京香さん、中田英寿さん、高橋 尚子さんも訪れたと、ブログに書かれてました。

日常から離れて、1日2回のサファリと、3回の食事、そしてマサイマラの雄大なサバンナを眺めて過ごせば、ストレスも吹っ飛ぶでしょう。



by tabi-to-ryokou | 2016-05-17 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25806557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aaic5475 at 2016-05-17 17:01
う〜ん。。アフリカは行かなくても、このブログでイイ♪
と思っていましたが、このレストランの記事を見たら
行きたくなりました(笑)     でん母
Commented by ei5184 at 2016-05-17 17:17
何とアフリカのしかも秘境? ケニアで日本語のメニューがあるとは!
私は10年くらい前にエジプトへ旅行したのですが、
カイロは都会と思いましたが、あとは砂漠のイメージが!
写真を見る限り野生の王国とは思えない景色に、
これなら一度試しに訪ねて観たい様な・・・ほんの少しですが(笑)
Commented by aitoyuuki32 at 2016-05-17 19:55
暑いところに行くと美味しいものは難しいって思ってましたが
ここは素材も素晴らしく、とても美味そうです(^_^)v
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-17 20:32
でん母さん、こんばんは

アフリカはエジプト、チュニジア、モロッコみたいに世界遺産が沢山ある観光国もありますが、
ケニアみたいにサファリのお客さんが殆どという、観光国もあります。
同じアフリカでも違うのですが、ケニアのサバンナに建つホテルは、欧米からのバカンス客が目当てなので、
豪華なリゾートホテルが多いわけです。

中でもムパタ・サファリ・ロッジは日本人客が多いので、食事も日本客向け、会話も日本語でOK。
過ごしやすいとこですが、体重増加には注意が必要です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-17 20:39
eiさん、こんばんは

はい、ここは秘境です(^。^)
ケニアの首都ナイロビから、さらに軽飛行機で40分です。
でも日本人がオーナーのホテルなので、メニューは日本語。図書室にも日本の本が沢山並んでました。

あまり宣伝をしてないホテルですが、口コミでは知られていて、文中には書けませんでしたが、
宮沢りえさん、薬師丸ひろ子さん、深津絵里さん、木村佳乃さのような美人女優も多数訪問してるホテルだそうです。
ほんの少しでも、試しに是非どうぞ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-17 20:47
aitoyuukiさん、こんばんは

私もケニアは赤道直下なので暑いと思ってましたが、元々の標高が1600mくらいあるので、
意外と涼しかったです。
朝6時半からのサファリでは、ホテルの女性はダウンジャケット、私はシャツ、長袖シャツ、ベスト、ジャケットの重ね着でした。
そういえば蚊とかハエも、高地なので、いなくて、蚊取り線香も必要無かったです。

レストランは最高でしたよ。いろいろと選択ができるので、3日間、厭きることは無かったです。
日本から遠いのが難点ですが、行ってしまえば、3食サファリ付き(^。^)ですから、いいとこです。
Commented by umitosora14 at 2016-05-17 22:29
今晩は^^
大自然の真っ只中を味わいながら、
極上のおもてなしと美食を楽しめるなんて、
なんて贅沢なんでしょう
諸所もろもろの事情が許せば(笑)、
わたしも行きたい~!
まずは、宝くじでも買いに行こうかしら? 笑
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-17 23:28
umiさん、こんばんは

確かにちょっと贅沢な別世界でした。
だって、時差は6時間ですが、2ヵ所で飛行機を乗り換えないといけないので、行くまでに時間がかかる。
ホテルは、3食、サファリ付き。
閑な時間は、バーも、図書コーナーもある。
夜10時30分を過ぎると、電気が止まるので、することがなく、グッスリ寝れます(笑)

このホテルに泊まるツアーも、いくつかあるようなので、機会がありましたらご検討下さい。
Commented by kaorunchoko at 2016-05-18 00:20
❤旅プラスさん こんばんは☆
いよっ!待ってました~♫グルメレポート(*^^)v
朝食セットの写真めっちゃ素敵です。そこでテーブルに向かっている様です!
やっぱビールは外せませんよね(笑)
ビーフ・ブロシェットは盛り付けや、野菜の切り方がお洒落ですね!美しいです。
手作りのシュークリームも美味しそう❤しかも3個も!
ディナーのサラダやデザートも綺麗だし、メインも充実ですね!!!
日本風のリゾット!?気になる~~出汁が効いてるのかな?下のソースはトマト?

前回の記事でも、美味しそう~♫
流石三国シェフ、きっと超~厳しく仕込んだんだろうな!って思ってました。
今回その全貌を見て!わぁーーこの食事内容で、ホテルもめっちゃ綺麗だし、
動物をあんなに間近に見られて、しかも、朝ご飯を草原の木の下で食べられるなんて!
昼間はプールサイドでお昼寝も出来そうだったし、スタッフも皆さん優しそ~ヽ(^。^)ノ
私もここへ行きたいよ~病になりそうです(笑)
いつか、本当に行けると良いけど。。。ちょっと厳しいな(^_^;)
旅プラスさんの写真で我慢しときますね!
Commented by ayayay0003 at 2016-05-18 06:43
おはようございます^^
昨日は、お出掛けと言っても大勢の方と一緒だったので
すっかり出遅れました~(・。・;
お食事編は、とっても楽しみにしていました(^-^)
期待通り、素晴らしいレストランの全体像と美味しそうなフレンチのコラボ写真、ありがとうございます(^^♪
手作りのシュ―クリームというところに凄く魅力を感じました~(^。^)
あたたかいおもてなしですね♫
そして、日本風のリゾット、箱根で今回頂いた駿河湾の桜エビのリゾットを想い出しました^^
私、実は、リゾットは、あまり好きではありません(笑)
でも、和風のいリゾットを頂いてからリゾットの印象がガラリと変わりました!
さぞ、美味しかったことと思います(^-^)
その他のフレンチも素晴らしくて、このようなお料理を3食頂いていたら完璧、太りそう~(笑)
素晴らしい芸術的なお料理と、ケニアの木で作られたテーブル、椅子が合致したお食事、そして朝からビール(笑)、面々たる顧客がいるのに頷けます(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-18 07:29
kaorunさん、おはようございます

朝食と昼食は、席からマサイマラのサバンナが見渡せて、景色が素晴らしいんですよ。
ビールの最初の一口は、いつも至福のひと時でした。

ビーフブロシェット美味しそうでしょう。
盛り付けは、オテル・ドゥ・ミクニと、そっくりです。
日本風リゾットのソースはトマト風味だったと思います。

「私もここへ行きたいよ~病」、私がかかった病気と一緒です。
私の場合、今は「ここへ、また行きたいよ~病」です(^。^)
ここに宿泊するツアーもあるらしいので、旅行の時の検討対象に加えてみて下さい。

今日は会社を休んで、カラヴァッジョ展に行ってきます。
そろそろ行かないと、6月12日には、終わっちゃいますから。
開館30分前の、9時から並ぶ予定です。
絵は写真を撮れませんが、世界遺産に指定されることが確実になった建物の写真は撮ってきます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-18 07:48
アリスさん、おはようございます

日帰り研修会、行先は箱根だったんですか。
愛媛県からは大変な距離ですね、お疲れさまでした。

手作りシュークリームは、写真では大きく見えてますが、プチシュークリームです。
私の場合、ビール、スープ、ワインに、メインを食べてからのシュークリームとなるので、かなりきついです。
「別腹」なんて便利なもんは持ってないし(^。^)、それでも美味しいシュークリームだったので、3個完食でした。

こちらのリゾットは、味は和風であっさり系でした。
しかもシーフード・リゾットなので、私の好み。
駿河湾の桜エビがあれば、さらに120点でしたね(^。^)

普通なら太るんですが、朝に2時間半、夕方に3時間半の、ゲームドライブがあり、
道がデコボコで、ガタガタと揺れるので、いいエクササイズになります。大丈夫ですよ太りません(笑)

今日は会社を休んで、カラヴァッジョ展に行ってきます。
30分は並ぶ覚悟ですが、もしかしたら1時間かも。
帽子を被って、水分補給をしながら頑張ってきます。
<< 本日の「伊藤若冲」 対 「カラ... 三社祭の最終日(日曜日)は、本... >>