思いきり愛されたくて 駆けてゆく 六月、サンダル、あじさいの花 (俵万智)

形にとらわれない俵万智さんの短歌は結構、好きだったりします。

6月ですね。サンダルで外を駆けたりはしませんが、紫陽花は好きです。
でも私が、紫陽花でわかるのは山紫陽花(額紫陽花)か、西洋紫陽花の違いぐらい。

名前が書いてあったのでひかえましたが、紅色ではない「紅やま」

b0291402_08275271.jpg


この「紅やま」は、標準形みたいで、沢山咲いてました。

b0291402_08281478.jpg


真横から見てもいいですね。

b0291402_08282598.jpg


「七段花」という名前の早咲き紫陽花。

b0291402_08280145.jpg


名前は「くれない」。これを見て瀬川瑛子さんの「命くれない」を口ずさむ私は変人か。

b0291402_08284766.jpg


これは西洋紫陽花です。咲き始めの西洋紫陽花は可愛い。

b0291402_08283781.jpg


ちょっと下から撮ってみました。
通りかかる人たちが、あの人何をやってんだろうと見るので、このポーズは長くはできません。

b0291402_08290376.jpg


咲き始めの紫陽花は綺麗なので絵になります。
関東地方はこれからが紫陽花の本番。
一番の名所である鎌倉の明月院も咲き始めて、見ごろは6月20日前後とか。
そして私が毎年、訪問する松戸の本土寺は6月15日前後からが見頃になるそうです。
もし行くなら雨が降った翌日で、日差しが明かるければベストですね。



by tabi-to-ryokou | 2016-06-01 16:00 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25864044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 3740s at 2016-06-01 16:10
tabitoさん
こんにちは
最後の写真、撮る人は大変でしょうが、
一番好きな花写真です。 (感)

Commented by A-HIMEKKO at 2016-06-01 17:01
私も最後の写真に
イイネを五つです♪

葉脈や花の筋までクリアで美しく、
バックの玉ボケちゃんもいいですね

腰ポンポンしましょうかぁ(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-06-01 18:43
こんにちは^^
私も最後のが好きです~♡
玉ボケの紫陽花色が何とも言えない1枚ですね~

今日の旅プラスさんのコメントで、紫陽花の型があるというのを初めて知りました(^^♪
他の方にもはっきりとお知らせ出来なくてちょっと残念~
こちらの紫陽花は、標準型なんですね!

咲き始めの紫陽花、ほんと美しいですね☆
明月院さんは紫陽花の時期には訪問したことがなくて
いつかは行きたいですが
6月には他の所へ行くサイクルを変えないと行けそうにないですね(>_<)
機会があれば旅プラスさんの取材で拝見したいなあ~と思う今日この頃です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-01 20:44
パテオナベさん、こんばんは

最後の写真を、お褒めいただきありがとうございます。
紫陽花の背が、もうちょっと高ければ、私も苦労してイナバウアーをしなくてすむのですが、
なんせ花の高さは胸の高さくらい。

しゃがんで空を見上げて撮るのは、結構きついものがありました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-01 20:49
姫っこさん、こんばんは

最後の写真が良かったですか。
この写真を撮るのが、一番大変だったので、そうおっしゃっていただけると嬉しいです。

ファインダーを覗きながら、玉ボケは見えてたので、しゃがんでながらも玉ボケが多く映るように、
20cmほど、すり足移動しました(^。^)

腰ポンポンですか。ありがとうございます。
肩も、背中もパンパンにこってるので、まとめてお願いします(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-01 21:13
アリスさん、こんばんは

本日は、普通のコメントなのに、意図せぬ「鍵コメ」で送信してしまい、大変失礼いたしました。
以前ですが、自分が書くコメ返なのに「鍵コメ返」という誰も見れない「コメ返」を入れるという失敗もありました。
会議の直前、食事の直前、仕事が終わって家に帰る直前に、そういうミスが多いので、やはり不注意なんです。
酔って帰っても、二日酔いの朝でも、そういう失敗は無いんですよ。不思議ですね(笑)

私が撮った紫陽花は普通にある標準形なんですが、アリスさんが撮ったヤマアジサイの「舞妓」は、
まん丸くなる手毬型といって、アジサイの通販サイトでも人気です。

明月院さんの山門に向かう階段の両側が、濃いブルーで埋まる時期は大混雑しまう。
この間の若冲展、ほどじゃないですけど(^。^)
行くとしたら平日の朝一番、拝観は9時からですが、その30分前には行かないと行列がすごいと思います。
紫陽花が見ごろの時期には、まだ行ったことがない場所なので、いずれは行こうと思ってます。
Commented by kaorunchoko at 2016-06-02 12:55
❤旅プラスさん こんにちは!
紫陽花の綺麗な季節になりましたねヽ(^。^)ノ
紫陽花って色々な種類がありますよね!
これまたブログを始めたお蔭で、今まで見なかった紫陽花をじっくり見るようになりました。
そして、皆さんの所で色々な知識を増やせますね。
いやぁ~ブログってホント良いですね(^^)v

西洋紫陽花は真中に粒上の花が集まっていない物ですか?
粒々も色々な咲き方が合って、面白いですね!
「くれない」はい!私も一緒でした(笑)では私も変人???
一番の紫陽花の色綺麗ですね~!自然色でそれですか?チーム蛍光灯???
明日会議なので、本日これから移動で~す!行って参りま~す(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-02 17:40
kaorunさん、こんにちは

今、移動中ですか。お疲れ様です。

kaorunさんもブログで知識を増やしてるかもしれませんが、私もそうですよ。
お料理の知識とか(^。^)
お世話になってます。

西洋紫陽花は、花(粒粒)が殆ど無いんです。
花が無い紫陽花なんて不思議ですよね。
「命くれない」ですか、やはり私も含めて、変人じゃないでしょうか(笑)

明日は頑張って下さい。
Commented by blue-lulubul at 2016-06-08 17:30
旅プラスさま、今晩は。

☆思いきり愛されたくて 駆けてゆく 六月、サンダル、あじさいの花 (俵万智)

良い歌ですよね。
俵万智と塚本邦雄と寺山修司の三人は、1,500年続く短歌の歴史を変えた人達なのですよ。
特に俵万智は、口語を短歌に持ち込んだことで、若い人達の短歌人口を増やした功績を持っています。

短歌で、ご無沙汰の私のことを思い出してくださいまして、感謝申し上げます。

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 22:30
blue-lulubulさん、こんばんは

この紫陽花の写真に添える言葉も、解説も浮かばない時に、
何故か、俵万智さんの、この歌を思い出しました 。
何十年も覚えてたので、やはりその当時の俵万智さんの歌はインパクトが強かったのだと思います。

塚本邦雄さんは存じ上げませんが、寺山修司さんは知ってます。
俳人、詩人、演出家、小説家は有名ですが、写真も沢山撮られてたので、写真家でもありました。
多才な方でもあり、若くして亡くなられた方ですね。

今も、お忙しいと思いますが、また戻ってきていただけて嬉しいです。
<< 池を染め 灯す火の色 皐月花 ... 花と鳥とのふれあいが楽しめるテ... >>