空のF1、レッドブル・エアレースで見た10G(体重の10倍の重力)の凄い技

6月5日・6日のレッドブル・エアレースは、室屋選手の日本人初優勝で幕を閉じました。

午前中のテスト・フライトだけで900枚も写真を撮ったので、本日は10Gの迫力シーンを3枚ずつの写真でお届けします。

まずは急上昇から。

b0291402_08364175.jpg

b0291402_08365553.jpg

b0291402_08370361.jpg


次は背面飛行に移ります。簡単に言うと宙返り。

b0291402_08372054.jpg


b0291402_08373630.jpg


b0291402_08374436.jpg


体勢をひねりながら急降下していきます。

b0291402_08380090.jpg

b0291402_08381449.jpg

b0291402_08382203.jpg


この体勢を90度ひねるというのが難しそうですが、彼らはなんなくこなします。

b0291402_08420464.jpg
b0291402_08421452.jpg

b0291402_08422546.jpg


写真を12枚並べると、トロイ動きに見えそうですが、これらのアクションを次々と一瞬で決めてくところが、プロ・パイロットの凄いところ。

タイムを競う競技ですが、安全性も確保しなければいけないので、10Gを超えるような負荷がかかる飛行を行うと失格となります。
今回のトーナメントではこの規定にひっかかり、2人の選手が失格になったとか。
エアレースは、スピードと細心の注意が必要な、難易度の高い競技だというのを感じました。

次回は高さ25mのゲートを縫うように飛ぶ瞬間をお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2016-06-08 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25889467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gummi-choco-pine at 2016-06-08 17:14
旅プラスさんこんにちは!!

流石のPhotoですね~☆

あの1番右端のパイロンからの急上昇はカッコ良すぎで痺れました~(≧∀≦)

「本番前に電池&メモリ~なくなっちゃう」って思っちゃって…
こんなことならバンバン撮ればよかったです( ̄3 ̄)

あぁ~
しかし旅プラスさんのこのPhoto見たら…
自分出しずらいっす( ̄  ̄;
Commented by blue-lulubul at 2016-06-08 17:20
旅プラスさま、今晩は。
この場面テレビで見ました。さすがですね~!
動くものを静止画にする名人ですものね。そういえば、飛行機も人工の鳥です、ね。
最近東京周辺の映像が多いようで?
イベントがあると、もしかして旅プラスさん映ってないかしらとさがします。
でも、お姿を見たことがないのですもの、わかりませんよね。
カメラをかざしている人はたくさんいますしね。!
馬鹿な私で~す。
Commented by arak_okano at 2016-06-08 17:59
室屋選手が優勝ですね、思い出深い大会になりましたね。大迫力をお見事バグースです。アラック、ブルーインパルスまでですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-06-08 18:25
こんにちは^^
1枚目からカッコイイ~イェ~~~☆て叫びたくなります(笑)
そして、宙返りの5枚目、
パイロットは、どんな体勢で操縦してるのか考えたら
素敵過ぎます~(^_-)-☆
10枚目のアップでは、ヘルメットの柄がはっきりと解りますね☆
お顔まで覗けそうなド・迫力のお写真ありがとうございます(^^♪
気持ちの良い青空で、日本人お初の優勝者が出たことに喜びを感じます(*^_^*)
Commented at 2016-06-08 18:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 21:03
cinnamonさん、こんばんは

午前中が練習フライトで、午後からが予選だと知ってたのですが、練習フライトで既に写欲全開(^。^)
900枚も撮ればあとは、何枚撮ってもそう変わらないと思い、11時半頃に撤収しました。
まさか強風で午後の予選が中止になるなんて、予想もしてなかったです。

右端のパイロンの急上昇と急降下が、迫力あったので、私が撮り始めた場所は、一番右から二番目の
ちょっと前が開けてる場所でした。
座って見てる人が殆どでしたが、私はずっと立ったままで、三脚無しの手持ちでした。
実は練習フライトが何回あるかもわからないので、連写・連写でバンバン飛ばしました(^。^)

何をおっしゃいますか。私のブログはいつも案内とか、紹介が中心の所謂、ブロガーのブログですが、
cinnamonさんのブログは、素敵な写真を届けるフォトグラファーのブログなので、全然違いますよ。
私になんぞ遠慮することなく、どんどん写真を掲載して下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 21:14
blue-lulubulさん、こんばんは

テレビでご覧になりましたか。
空の「F1」と言われる競技なので、結構盛り上がりましたが、
日曜日の決戦では43歳の日本人パイロットが優勝したので、メディアにも大きく取り上げられました。
私も初めての観戦でしたが、面白かったですよ。

東京の大きなイベントは、ほぼ全てにカメラを持って参加してます。
でも同じようなカメラマンは沢山いますし、私はいつも地味で目立たない恰好です(^。^)
今週は日本三大祭りにも数えられる山王祭りなので、勿論取材に行きますよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 21:22
アラックさん、こんばんは

室屋選手、優勝おめでとうございます。
沢山撮った練習フライトの中に、室屋選手もいたと思うのですが、どの飛行機で、何番目に飛んでたのか、
さっぱりわからなかったです。
やはりプログラムを見ながら本戦を見ないと駄目ですね。

私も、次のブルーインパルスは行きたいなと思ってます。
11月3日なら入間なので行けるかなと思ってますが、できれば写真が撮りやすい大会に行きたいですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 21:39
アリスさん、こんばんは

1枚目目と5枚目、ありがとうございます。
スモークを出しながら飛んでくれるので、航跡が見えて迫力がさらに増してるように感じます。

乗ってるだけのジェットコースターの宙返りでも怖いのに、空の上で操縦もしながらの宙返りですから、
そりゃあ、漫画なら目玉が飛び出るくらいの怖さでしょうね(^。^)

10枚目は赤いヘルメットが見えてますね。
大会のHPにパイロット紹介の画像があるのですが、全員がヘルメット無しの写真なので、
結局、誰なのか、わかりませんでした。次回の写真はもうちょっと大きくトリミングしてみますね。
次回って、このシリーズ、あと2回くらい続きます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-08 21:53
18:29鍵コメさん、こんばんは

昨年のレースをご覧になりましたか。
・・・って、実は鍵コメさんの昨年の写真を覚えてますよ。
なので、もう1年にわたって、鍵コメさんの日記を拝見してることになりますね。
月日の経つのは早いです!!

私はあの場所よりはるかに右というか、ユーターン地点に近いところで撮りました。
なので急上昇と、宙返りと、急降下が近くで見れて、結構迫力がありました。

実は900枚も撮ったので、あと2・3回は「エアレース」が続きます。
また見て下さいね。
Commented by hogecyan at 2016-06-08 23:01
カッコいい飛行機でえかっこいい
アクロばてっぃっくですne...
Commented by umitosora14 at 2016-06-09 00:08
カッコイイ写真ばかりですね!
急上昇も、背面飛行も、どの飛行もですけど、
パイロットって、自分がどの状態にいるのかって、
どうして把握できるんでしょう?
もちろん、それが出来てなければ、操縦できないでしょうけど^^;(笑)
わたしは、ぜったいに無理><
まだ20代前半、遊園地の二人乗りのゲージがぐるぐる不規則に回る遊具に乗ったんです
もう、自分が地面に対してどの位置になってるのか、
わけ分かりませんでした@@
しかも、体へのGは、かなり掛かっての操縦ですよね
10Gを超えると失格なんですか
ほんと、難易度が高そうです
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-09 07:37
Keitoさん、おはようございます

飛行機も恰好いいけど、パイロットも恰好いいですよ。
↓ こちらです。
http://rbar.jp/pilot.html

今年は次がハンガリーのブダペスト、イギリスのアスコット、ドイツのラウジッツで大会があり、
10月はインディアナポリスとラスベガスです。
結構、世界的な大会になってきました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-09 07:53
umiさん、おはようございます

平均周回タイムは約1分ですが、パイロットは九つのゲートの位置を頭に叩き込んでるでしょうね。
難しいのは風の向きと、強さで操縦方法を変えねばいけないこと。
往きと戻りでは風向きが逆になるので、それも計算にいれなければいけません。
たった1分ですが、頭の中で計算しなければいけないことが、沢山あって難易度MAXだと思います。

地面と平行に回転するだけなら、まだわかるかもしれないけど、それに上下の回転も加わると、
普通の人は、わからなくなりますよ。
あの体操の床の競技ですが、白井選手の後方宙返り4回ひねり(シライ/グエン)と、
前方宙返り3回ひねり(シライ2)は、もうわけがわかりませんが、
本人は地面との位置関係が頭に入ってるからできるんですね。

このエアレースの日記あと2・3回続きますよ~~
Commented by kaorunchoko at 2016-06-09 12:59
❤旅プラスさん こんにちは!
迫力の写真!素晴らしいですね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
飛行機のエンジン音が聞こえて来そうですよ!!!
1枚目の急上昇迫力ありますよね\(◎o◎)/!
宙返りも凄いけど、やっぱ90度ひねるって相当難しいと思いますよ!
一体全コックピットの中で、身体はどうなってるんでしょ!?
Gってんですか、あれも凄いんでしょうね。。。
うぅーーん!もう人間業とは思えない!
最後の写真はその場の雰囲気めっちゃ伝わってきます!
下から2枚目もバッチリ最高ですね!
室屋選手日本人初優勝ですか!おめでとうございま~す♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-10 11:34
kaorunさん、こんにちは

ごめんなさい、昨日は午後から歌舞伎を観に行ってて、こちらのコメントを、うっかり見落としてました。

見てくれましたか。凄いアクロバット飛行でしょう。
1枚目の急上昇は、スモークも盛大で、偶然いい構図で撮れてました。
・・と言っても900枚以上撮りましたから、「数うちゃ当たる」じゃなくて、「数撮りゃ当たる」の写真ばかりです。

それでも久々に興奮して、我を忘れて撮りまくったという感じで、こういう時は1人で行っててよかったと思います。
そして、これだけ楽しんで写真も撮ったのに、午後が中止で入場券は払い戻しに。
こんなこともあるんですね。

13日にローソンにチケットを持って行けば、9,000円が戻りますが、
申し訳ないので、熊本義援金に寄付することにしました(笑)
<< 地域密着系・下町型エンターテイ... 梅雨入りが宣言された関東甲信越... >>