梅雨曇り 紫かなでる 花菖蒲 お江戸の粋を ただ見つめおり

10日程前に撮影した花菖蒲です。

梅雨曇り

b0291402_07503445.jpg


紫かなでる

b0291402_07502431.jpg


花菖蒲

b0291402_07504348.jpg


お江戸の粋を

b0291402_07501518.jpg


ただ見つめおり

b0291402_07510053.jpg


昨日は午後から歌舞伎座の六月大歌舞伎「義経千本桜」を観てきました。
三部制での初上演ですが、その第二部は14時45分開演で、終わりが17時30分。
やはり1日に3回公演ともなると、その第二部はすいてました。当日券でじゅうぶん楽しめます。

b0291402_07505143.jpg


目立ったところでは、
尾上松也(音羽屋)が、「子金吾」役で、大立ち回り。
さすが今売出し中の人気若手ですね。格好も良く、元気いっぱいでした。

松本幸四郎(高麗屋)は「いがみの権太」役。
第2部では中心的な役割、さすが演技力抜群です。もう73歳になられたんですね。

市川染五郎(高麗屋)は「中将維盛」役。今回は親子共演です。
4年前に舞台の迫(せり)から転落してしばらく休業してましたが、もう元気に演じてました。

市川猿之助(澤瀉屋)は女形で、「お里」役。一番期待してた役者さんですが、今回はセリフも見せ場も少なくて、ファンとしては残念でした。
でも第3部は「源九郎狐」を演じるので、そちらではたっぷりと見せ場があったと思います。

歌舞伎は年に2・3回、猿之助、海老蔵、菊之助、勘九郎、が出演する時に観に行きます。
でも正直言いますと、未だに話の筋も、見方もさっぱりわからない初心者。
せめて「義経千本桜」くらいは、もっと勉強してから観に行かないと駄目だと、昨日は反省しながら帰ってきました。



by tabi-to-ryokou | 2016-06-10 16:00 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25896608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ei5184 at 2016-06-10 18:35
年に2,3回とは立派なものですよ~
私は12月の顔見世だけですから。
しかも主たる目的は、舞妓のお守(笑)
京都は地元孝夫(仁左衛門)さんのご贔屓筋が主ですから
連日満員札止め! 当日券はまずありませんね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-10 20:59
eiさん、こんばんは

いや~~、私も1年に1回でいいですよ。
舞妓さんのお守りで歌舞伎に行けるなら(^。^)

仁左衛門さんは、やはり関西では人気ですね。
地元では「孝夫」と呼ばれてるんですか。当たり役がこれだけ多い歌舞伎役者さんは珍しいと思います。
築地の歌舞伎座ではなかなか、見られませんが、南座でも難しいですか。納得です。
今、工事中と聞きましたが、早く終わって、再開されるといいですね。
Commented by umitosora14 at 2016-06-10 22:39
今晩は^^
花菖蒲、江戸の粋ですね~
短歌もお見事ですね
お写真は、最後の2枚がお気に入りです^^

で、歌舞伎をご覧になられたんですね~
歌舞伎は、まだ見たこと無いんですよ^^;
日本の芸能、味わわないとですよね
こんど、人生2度目(笑)の能と狂言を観に行く予定です
分かるかしら???
事前に勉強して、ちょっとでも味わえるといいなって思ってます
歌舞伎も、いつか楽しんでみたいです^^
Commented by kaorunchoko at 2016-06-11 00:34
❤旅プラスさん こんばんは☆
お江戸の粋!花菖蒲美しいですね~♫
花びらの質感が伝わってきます!
陽に透けた3枚目の花びらとっても美しいですね❤
黄色の花は内側の花びら模様が珍しいですよね~見た事無いです!

もう一つの粋!歌舞伎ですね(*^^)v
うぅーーん私は1回見て途中爆睡しちゃったので・・・
オッ!松本幸四郎さんが出ているなら!大丈夫かな!?
うん!でも弟さんの中村吉右衛門さんの方が好きです。
※長谷川平蔵が好きなんですけどね(笑)
だからやっぱり歌舞伎だと???で、また爆睡かもですね(^_^;)
やっとこ週末!宣伝部長!取材宜しくお願い致します~♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 07:31
umiさん、おはようございます

短歌は言葉を並べるだけの自己流なので、専門家からみると、きっと問題外・対象外の範疇でしょう(^。^)

歌舞伎は江戸の文化として長く親しまれたので、東京下町には元々のファンが多いです。
でも最近は大阪松竹座、京都南座、名古屋御園座にも熱烈な歌舞伎ファンが多いですね。
テレビにも出演する実力派の若手が増えてきたのも、大きいと思います。

能と狂言が人生2回目ですか。私も人生1回しか観たことないので、似たようなもんです。
野村万作、萬斎の親子共演で、イヤホーンの解説があったのですが、さっぱりわからなかったです。
それ以来、2度目はまだありません(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 07:51
kaorunさん、おはようございます

菖蒲の花は薄くて光を透すと綺麗ですね。
太陽が出て、光がないと花びらの質感を表現できないので、菖蒲はできるだけ天気の日に勝負してます。

黄色の花菖蒲は「金冠」という名前プレートが付いてました。
ブルーや紫が多い花菖蒲の中では、この黄色はよく目立ちます。

お、長谷川平蔵ですね。
吉右衛門さんは、何年か前に「人間国宝」(重要無形文化財保持者)になってますから、
それなりにお年もとられました。
今や兄弟ともに大御所ですが、この二人は未だに競演が無いとか。
仲が悪いってことはないと思いますけど(^。^)

今日・明日は、お祭りの宣伝部長をつとめてきます。
Commented by arak_okano at 2016-06-11 07:52
鮮やかな花ショウブをいっぱいありがとう
ございます。
自分ではなかなか撮影に行けないので嬉しいです、
バグースです。
Commented by oomimi_usako at 2016-06-11 08:21
二三日前、ニュースで、東京の西の方で菖蒲が見ごろと伝えているのをみました。
沢山のカメラ紳士がおいでになるのを見ながら、
tabiさんも、こんな感じで一生懸命撮影されていらっしゃるのでしょうと考えたりしておりました。
今月は私も二部を鑑賞予定。
そうです!
ブログ上で、歌舞伎を語り合える(若輩者なのにこんなこと申しましてごめんなさい)ように、是非お成りになってくださいませ~。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 08:26
アラックさん、おはようございます

東京の花菖蒲は今が見頃です。
私は今シーズン2回撮影に行きました。
狙い目は、できるだけすいてて、菖蒲田には木道があって近くから撮れるところ。

今回の写真は、全部木道の上でしゃがみこんで、望遠かマクロで撮りました。
次は月末の古代ハスになりそうです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 08:40
usakoさん、おはようございます

usakoさんが、この日記をご覧になったら、きっと歌舞伎に反応していただけると思ってました(笑)

今回思ったのですが、第二部の14時45分ー17時30分というのは食事時間と重ならず意外と便利でした。
・・・というか、私みたいに勤務時間に抜け出して、観に行く不届き者には都合がいい時間です(^。^)
でも、役者さんにとっては、閉幕と開演の間が短いし、3部とも出演となると重労働でしょうね。

私の場合、超初心者なので、どこを観ても面白いのですが、帰ってからプログラムを見たら
第3部では「市川猿之助宙乗り狐六法、相勤め申し候」と書いてあったので、
「3部のがよかったなあ」なんて思いました(^。^)

はい、贔屓の役者さんが増えてきたので、もうちょっと回数を観に行って勉強します。
Commented by yocomilk at 2016-06-11 12:16
旅プラスさん、こんにちは!
花菖蒲のアップお写真、本当にお上手です!素敵。
堀切菖蒲園、行って参りました。
教えて頂いたとおり、名前も全部書かれていて、とっても楽しめました。
ありがとうございました。

歌舞伎!タイムリー。
月曜日のお昼の部のチケットを両親に取ったところです。
3部あるけれど時間的にちょうど良いのが2部でした。
2部には義経は出てこないってことかなぁ?と
無知な私はパンフレットを見ながら考えていました。
私はランチを一緒にして、歌舞伎は見ませんけど(^_^;)
少しずつ興味が出てきたので、これからの楽しみにしようと思っています!
Commented by happysweet1205 at 2016-06-11 12:23
こんにちは
花菖蒲 綺麗ですねぇ。
背景も綺麗にボケていいですね。

歌舞伎 まだ一度も観たことないんです。
いろんな役者さんが出演されてるんですね!
チャンスがあれば 観てみたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 18:58
yocoさん、こんばんは

ええ~~、堀切菖蒲園に行かれたんですか。
お誘いがあれば地元なので馳せ参じましたが、今日は日本三大祭りの一つ、山王祭の宣伝本部長をしてました(^。^)

取り敢えず、このコメを書く前にちらっと日記を拝見してきたのですが、華やかに咲いてますね。
きっと混雑してたでしょう。この写真を拝見すると行きたくなりますが、明日は築地の神輿。
6月は行事が重なり忙しいです。

yocoさん、お昼の部というか第2部なら絶対に席はあいてますよ。
義経は出てこないけど、幸四郎、染五郎、松也、猿之助は出てくるので、ついでに見ちゃうというのもお薦めです。
ランチビールと、ランチワインを程ほどにすれば、大丈夫、居眠りはしませんよ(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-11 19:20
はぴさん、こんばんは

折角撮るなら、背景をボカさなければと、望遠とマクロで、ボケ具合を確認しながら撮ってます。
でもエキサイト・ブログは、花の写真を撮らせれば日本一という女性が沢山参加しているので、
私の花写真は、まだまだです。でも、めげずに引き続きもうちょっと、花と鳥は頑張ります。

私の場合は、初めて歌舞伎を観たのは50歳を超えてからでした。
なので、まだピカピカの一年生。
思うのですが、ちょっと応援したくなる役者さんができると、徐々にのめり込みますよ。
今は猿之助、海老蔵、菊之助、勘九郎を応援してますが、もうちょっと歌舞伎に詳しくなると、
もっと渋い役者さんが好みになってくるかもしれません。

まずは一度、築地までいらっしゃって下さい。奥が深くて面白いですよ(^。^)
<< 江戸時代から続く歴史ある闘牛大... 地域密着系・下町型エンターテイ... >>