雨上がりの公園に、咲いてる古代蓮は僅かでした(足立区堀之内公園)

雨上がりの土曜日(6月25日)、舎人公園で何枚か撮ってから、堀之内公園に廻ってみました。
予想はしてましたが、ここの古代蓮は咲き始めで、見頃の花は僅か。苦しまぎれで撮った写真は7枚でした。

美味しそうなケーキ

b0291402_08421189.jpg


美味しそうな水飴

b0291402_08421809.jpg


美味しそうな抹茶のわらび餅(全然似てない)

b0291402_08422771.jpg



トンボがやってきました

b0291402_08423957.jpg


羽がキラキラしてます

b0291402_08424687.jpg


勿論、ボケは欠かせません

b0291402_08425312.jpg


そして最後は、見上げての水滴ショット

b0291402_08430020.jpg


堀之内公園は足立区立の小さな公園なので、あまり知られていません。
でも古代蓮に特化した珍しい公園なので、シーズンには地元の方々が三々五々と訪れます。
見頃はこれからなので、まだまだ楽しめるでしょう。



by tabi-to-ryokou | 2016-06-29 16:00 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25961821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-06-29 16:33
こんにちは^^
蓮シーズン到来(^^♪
場所によりまだお花が早いんですね!
3枚目までが、美味しそうな?とつきましたが
さすがにトンボにはつきませんでしたね(笑)
美しい羽の輝きは流石の昆虫写真家さんです~(^。^)

Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-06-29 18:11
奇麗~♪
と何回言ったことか^^
溜息が出るような美しさにウットリしました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-29 20:42
アリスさん、こんばんは

蓮シーズン、いよいよ到来です。
微妙に咲く時期が違うのですが、前回掲載した千葉公園が6月中旬から咲き、次がこの日記の堀之内公園。
しんがりが水元公園で、見ごろは7月中旬まで続きます。

私が大阪で暮らしてた時代に「どうトンボり」には美味しい店がありましたが、
ただの「トンボ」じゃあ、美味しくないでしょう(^。^)

昆虫写真家ですか、ありがとうございます。
最近は動物写真家で、その前は神輿写真家でした。
将来的には動物写真家が向いてるかな、なんて思ってますがどうなるでしょうか(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-29 20:56
hibikoreさん、こんばんは

この写真を綺麗と言っていただき、ありがとうございます。
もしかしたら、ゴリラが2回続いたあとなので、綺麗に見えるのかも(^。^)

あとは、フルサイズの一眼レフカメラのせいかもしれません。
お花は苦手で、あまり撮ってないのですが、例年は次が朝顔、来月はひまわり、
8月になったら「サギソウ」と、撮ってるので、今年も同じパターンで頑張ってみます。
Commented by groovy-days at 2016-06-29 22:30
旅プラスさん、こんばんわ☆

一枚目、二枚目、とっても美味しそう!
そして、
三枚目のわらび餅でこけました~(笑)ズコッ!

ボケも水滴ショットも美しいですね~!
・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・

Commented by motokids8 at 2016-06-29 22:40
こんばんは。
ケーキに水飴
美味しそうですね~!
蓮を見かけたらじっくり眺めてみようと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-29 23:12
Janeさん、こんばんは

> わらび餅でこけました~(笑)ズコッ!
失礼いたしました。
3枚目の写真では、なにも思い浮かばなくて、そういえば昨夜の宴会で、わらび餅を食べたなあ、
と「緑繋がり」で思いだしました。発想がイマイチでしたね(^。^)

最後の2枚は、真剣に撮ってきました。綺麗と言っていただけて嬉しいです。
毎年3回は古代蓮を観に行くので、あと1回、古代蓮が登場するかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-29 23:21
motokidsさん、こんばんは

コメント、ありがとうございます。
ケーキに、水飴は、なんとなくイメージと合ってますが、わらび餅は強引過ぎましたね(笑)

古代蓮は大好きで、毎年、千葉公園、堀之内公園、水元公園と3回も行くんですよ。
ところが、どこで撮っても同じような写真ばかりになってしまい、それが悩みです。
次は思い切って「多重」でいくか、なんて思っても、まだ経験がないので、勉強しなきゃいけません(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-06-29 23:38
今晩は^^
古代蓮、アップで見ると、ほんと可愛い♪
ポップな感じですね!
この前の日曜日、
旅プラスさんが、シャバーニ家族を見つめてた頃、
わたしは、公園の蓮を見つめてました(笑)
またまた試行錯誤しましたけど^^;
その内、アップ予定です
こんなに雨が続くと、あの日は、ほんとに貴重な晴れの日でしたね!
Commented by gekko_skul at 2016-06-30 01:03
こんばんは(^^)

うふふ、旅プラスさん、これはもう…十分以上にイケてますではないですか
お人が悪いんですから…もう(笑

いつもありがとうございます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 07:54
umiさん、おはようございます

「ポップ」な感じでしたか、ありがとうございます。
ケーキと水飴は、雰囲気もあり、ポップでしたが、水藻は地味でした。
よ~く見ると水モは、モーいいというくらい神秘的で、美しい模様なんですけどね~(^。^)

そうそう、日曜日は撮りに出かけるとおっしゃってましたね。
蓮だったんですね。
umiさん地方は、ちょうど見頃だったんではないですか。
しかも天気も良かったし。アップを楽しみにしてます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 08:06
geckoさん、おはようございます

イケてましたか。ありがとうございます。
geckoさんの写真を拝見してから、トンボにもっと寄るべきだった、
なんて後悔してました(^。^)

私はあと1回くらい蓮を撮って、次は朝顔をと計画してます。
地元の入谷では、朝顔市が6日・7日・8日と開催されるので、
江戸川区の栽培農家は、今が出荷準備で忙しいそうです。
下町では入谷の朝顔市が始まると、夏も本番です。
Commented by blue-lulubul at 2016-06-30 10:31
旅プラスさま、こんにちは。
(゜-゜)ウーン!「美味しそうな水飴」とは言い得て妙で~す。
座布団5枚!!
Commented by kaorunchoko at 2016-06-30 13:01
❤旅プラスさん こんにちは!
わぁーーー!古代蓮ですね!
とっても綺麗な鮮やかな色ですねヽ(^。^)ノ
トンボもとっても綺麗ですよ~♫
ホント、羽がキラキラしてるのが伝わってきました(^^)v

美味しそうなケーキに水飴、抹茶のわらび餅(笑)良いですね~♫
私も週末お菓子を、撮って来ようと思いますが、コンデジで擬きが撮れるかな(笑)
我が家から古代蓮の里まで、下道で42キロ約1時間半位らしいです。
こうして見てると、やっぱカメラ欲しいな~なんてちょっと思いますが・・・
自分の性格はよーーく分かっているので、コンデジで頑張りま~す(笑)
そうそう、行く前に旅プラスさんの写真もう一度見て行かなきゃ(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 16:42
blue-lulubulさん、こんにちは

水飴、美味しそうですよね。食べれないのが残念です(^。^)
私が幼稚園の時代は、駄菓子屋さんで水飴を売っていて、割り箸1本に付けてくれました。
量はちょっとでしたが、甘くて本当に美味しかったです。
はるか昔のことなので、いくらだったかは忘れました(^。^)

座布団5枚、ありがとうございます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 17:00
kaorunさん、こんにちは

あ、行き先は「古代蓮の里」ですか。
私は電車で行ったので、行田駅から循環バスでしたが、1時間に1本しかなくて、
混雑するし、時間も30分くらいかかりました。

私がいつも見てる「全国の花の開花状況」というサイトでは、6月28日撮影という写真が、
1枚だけ掲載されてますが、沢山咲いてるし、1日目、2日目が多そうで、ちょうどいい感じですよ。

私の撮ったケーキは真似しないで下さいね。池に落ちると危ないですから(^。^)
あとラストの1枚は、木道でしゃがんで撮ってますが、後ろから押し倒されないように、注意して下さいね(^。^)
そうそう、今はコンデジも多様な機能が付いてますから、色んな撮りかたに挑戦できると思います。
それでは頑張ってきて下さいね~!!
<< 銀座の小さな懐石料理店は、料理... イケメンゴリラとしても、育メン... >>