銀座の小さな懐石料理店は、料理良し、サービス良し、そしてお値段はというと、ちと高い(銀座小十)

吹けば飛ぶような小さな我が社も、6月最終週には、いっちょ前に株主総会をやっています。
お陰様で、今年も増収・増益の好決算だったので、シャンシャンシャンの無風株主総会。
夜は役員慰労会で、一席を設けました。場所は並木通りの「銀座小十」さんです。

付け出しは、生うに、生湯葉、豆腐すり流し。

b0291402_22292333.jpg


もう1品は、車海老と生野菜。
取り敢えずビールから始めて、お次は赤ワインです。

b0291402_22293242.jpg


お椀は、鱧と蓴菜(じゅんさい)。は~も~申し分ありません、美味しいです。

b0291402_22294043.jpg


お造りは、鰹、塩釜産の松葉鰈、あおり烏賊。醤油と塩でいただきました。
料理も美味しいけど、それぞれの器も選ばれたものみたいです。

b0291402_22295486.jpg


焼き物は、活き鮎の塩焼き。40分かけてじっくり焼くそうで、サクサクとしてるので、頭から尻尾までガブッといけます。
お酒はワインと日本酒、そして手前は鮎の時に合うというビールです。
ガブッといったら、写真を撮ってないことに気づきました。鮎は本当は3匹ありました(笑)

b0291402_22300891.jpg


煮物は、3時間かけて蒸しあげたという鮑に、賀茂茄子。この鮑は本当に柔らかかったです。
お酒は再び、ワインに戻りました。

b0291402_22301606.jpg


お食事は、琵琶湖の天然大鰻を使った鰻丼。蒸さずに炭火で焼き上げてるので、カリッとした噛み心地でした。
「銀座子十」の名物料理といえば、先ほどの活き鮎と、この天然大鰻だそうです。

b0291402_22302712.jpg


甘味は、左がマンゴーブランマンジェ、奥が枇杷と佐藤錦の梅酒ゼリー掛け、右が抹茶わらびもちです。

b0291402_22303874.jpg



オーソドックだけど、それぞれに主張がある料理で美味しかったです。
我々は個室でしたが、ここの人気はカウンター席。よくしゃべると評判の、奥田店主とのおしゃべりを楽しみたい方々は、カウンターを予約しますが、
8席しかないので、なかなか予約が取れないとか。
そして予約が取れても、奥田店主は、月のうち1週間はパリの支店で腕をふるうので、いない時もあるとか。
この日はカウンターで采配をふるってたので、我々が帰る時にはご挨拶してくれました。
さてお値段は??、高かったので言えません、秘密です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-06-30 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/25964148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hagukitchen at 2016-06-30 16:24
この季節に美味しいものが存分に出てきた感じですね
器もすてき!
だからこそ気になってしまうのがしめのデザートのスプーンとフォークですね…
そしてまたお値段が気になるところなので
検索してみちゃいます^^
鱧、食べた〜いっ!!!(○p>ω<)尸"
Commented by ayayay0003 at 2016-06-30 16:43
こんにちは^^
さすがの銀座の料亭さんですね~
素敵過ぎて溜息ばっか・・・(笑)
デザートだけでも食べてみたいと思いました。
↑そんなことは無理でしょうけど・・・
にこりさん反応のスプーンとフォーク、私の家ではバターナイフが同じかもしれないです!
1週間に1度のパリ支店ですか~(*_*)
今回の旅でも思いましたが、シャモ二ーで和食屋さん(日本人が腕をふるう)に行きましたが、わたしたちは、松花堂弁当でしたが、あとのお客さんは全部フランス人で皆さんにぎりずしなどを頂いてて驚きでした!しかも満席~☆
フランス人は、和食が好きみたいですね(*^^)v
「銀座小十」さん、行けませんがチェックだけ入れておきたいです(笑)
Commented by groovy-days at 2016-06-30 17:36
どれもこれも、本当に美味しそうで♡この時間帯には
目の毒(笑)お腹がグーっとなってます。
さすが銀座、お値段は秘密なんですね!

前回アップされてた、一年に12回開催の同級会(爆)~
自然薯のコースのお店~、7月末に上京予定なので、行ってみたいと・・。5千円なら、リーゾナブー(発音に近い感じで
書いてみました~汗~)ですよね☆
Commented by marucox0326 at 2016-06-30 18:20
今年も増収・増益、素晴らしい。
お値段は高くても、気持ちよく
お食事できたことでしょう。

鱧って大阪にいたころは夏には必ず食べてたのに
愛知県に来てからロクに食べてないです。
ぷっくりと大振りで美味しそう。でも鮎は逆にこちらでは
スーパーでもいいのが手に入ります。
塩焼きにすると3匹ぐらいペロリですよね。
蒸し鮑とか賀茂ナスとか琵琶湖産の大鰻とか
(しかも焼き方も関西風)全体的に京風なんですね。

豪華なお料理の後に、マンゴーブラマンジェの
入ったカップが妙にカジュアルなのがほほえましい。

「銀座小十」(ぎんざこじゅう)さんと
お読みするんですね。旅プラスさんのことだから
「銀座小十」は小十(チト)高いという洒落かなと
・・・・。深読みしすぎましたか^^;
Commented by umitosora14 at 2016-06-30 19:35
今晩は^^
会社の業績も順調とのこと、何よりです^^
心置きなく、アフリカのサバンナに遊びにいらっしゃれますね^^v(笑)
そして、慰労会も、存分に楽しめたことでしょう。
さすが、銀座の料亭ですね
メニューも器も、素晴らしいですね
たぶん、ご縁は無いでしょうけど、
目で楽しませて頂きました♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 20:41
にこりさん、こんばんは

おまかせのコースなので、季節によって、また、その日の食材の入荷状況によって、
料理のメニューも、ガラリと変わるそうです。
もうちょっと前までは、日本海で獲れる蟹が美味しかったらしいので、寒い時期もいいかもしれません。

カトラリーは、もう私には分かりませんが、店主が海外で仕入れたのと、日本のステンレスと両方あるみたいでした。
鱧、美味しいですね。この小十さんは、日本の伝統の美味しさを、思いださせてくれる店でした。

ふふちゃん、もうちょっとで、親の言うことがわかるようになるでしょう。ガンバ~~です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 21:03
アリスさん、こんばんは

バターナイフが一緒でしたか(^。^)
私の想像では、このカトラリーは、高級ステンレスを加工できる日本の町工場の技術かなと思いました。
でも若い仲居さんに聞くのもどうかなと思い、聞けなかったです。

毎月1回、1週間はパリ支店で、仕事をするそうですが、私が考えるのは、ビジネスの航空運賃が大変(^。^)
余程、パリでも売り上げがないと合わないと思いますが、きっと予約が取れないような人気店なんだろうと思いました。

ヨーロッパには日本の高級懐石料理店が、数多く進出しましたが、これからは美味しさで競争してくことになります。
どこが生き残るかは5年後、10年後に明らかになってると思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 21:16
Janeさん、こんばんは

どんなお店かというと、カウンター8席と、個室が8席&6席で、合計は22席しかなくて、
銀座で一番小さなミシュラン店と言われてます。
でも板前さんは客席から見える場所に3人、奥には裏方が5人もいるそうです。
↑ この情報は、「食べログ」です(^。^)

勿論、自然薯のコースはお薦めです。
日本原産の自然薯で、収穫も少ないので、他所ではなかなか食べられません。
飲み放題なので、Janeさんが酒豪だったら、きっと5,000円では申し訳ないと思うようなお店ですよ(^。^)
Commented by asahinahikari at 2016-06-30 21:35
こんばんは
増収・増益の好決算〜おめでとうございます
嬉しさの後の美味しいものを頂くと明日の活力になりますね
どれもこれも流石に美味しそうです
ハモのジュンサイ椀良いですね〜夫の単身赴任中〜
京都の祇園祭の頃出かけて美味しく頂いたのを思い出しました
賀茂茄子もね〜
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 21:44
marucoxさん、こんばんは

はい、お陰様で2年連続の増収増益で、創業以来最高の売上と、利益でした。
社員の皆さんが、突然、本気を出してくれました(^。^)
もっと早く、本気になってよ、とも思いますが。

愛知県なら「ひつまぶし」の本家本元じゃないですか。有楽町にも1軒ありますが、賑わってます。
おっしゃる通りで、食材も、調理法も関西なんですが、小十の店主は銀座で勝負したかったそうです。
しかも場所は銀座並木通り、そして支店はパリ。
日本料理を学んだ場所は、静岡、京都、徳島だそうです。

チト高いですか??、気づきませんでした。座布団10枚差し上げましょう。
本当は陶芸家、西岡小十氏に由来した名前で、店の器も全てが西岡小十氏が焼いたそうです。
チいと高いのを除けば、いい店ですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 22:21
umiさん、こんばんは

ちっぽけな中小企業なんですが、当社にしかできない技術があり、お陰様で、もう無理ですと言いたいくらいの
沢山の引き合いを、いただいております(^。^)
有難いことです。

アフリカのサバンナも、あと2ヵ月。9月には行けそうです。
なので、そろそろスケジュール作って準備も始めねばと思ってます。

確かに、もうちょっと安ければ、また行きたいのですが、2回目は無いかも(^。^)
社員には、5回居酒屋で飲むなら、1回でいいから本当に美味しい店に行きなさい。
1日、1日と小出しに年休を取るなら、毎日出社して、まとめて年休を取り、
海外旅行に行きなさいと勧めてるんですよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-30 22:41
光さん、こんばんは

ありがとうございます。社員と、顧客企業さんのお陰です。
IT企業なので、またドボンと沈むこともあり、一時の好景気に喜んでもいられません。
来年・再来年が減収・減益だったら、また居酒屋に逆戻りです(^。^)

ハモというと京都ですね。賀茂茄子もとなると、鴨川の川床でハモと賀茂茄子の食事なんていいですね。
明日から祇園祭。前祭山鉾巡行と神輿渡御は7月17日の日曜日らしいですよ。

残念ながら行けませんが、大阪で4年間、暮らしたことがあるので、懐かしいです。
Commented by kaorunchoko at 2016-07-01 00:56
❤旅プラスさん こんばんは☆
今年も株主総会の時期だなぁ~って思ってました!
増収・増益の好決済おめでとうございます(^_-)-☆
そして、一年お疲れ様でしたm(__)m
いやぁ~銀座小十さんですかヽ(^。^)ノ
もうホント、器からして格が違うって感じが伝わってきますよ\(◎o◎)/!
すごいなぁ~。。。季節の物がこれでもか!!!って出て来ていますね。
ウニも鱧も鮎も美味しそう、鮑・・・鰻・・・
どれもこれも、た・べ・・たぁーーーーーい\(゜ロ\)(/ロ゜)/

こういう綺麗な盛り付けや器を見ると、ホント勉強になりますね。
とってもちょこ家の財布じゃ行けないお店・・・
見せてもらえて超~嬉しかったです♫
たまには庶民に行けないこんなお店の取材も宜しくお願い致します(^_-)-☆
最後に>鱧と蓴菜(じゅんさい)。は~も~申し分ありません!に座布団5枚お願いします(笑)

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-01 07:38
kaorunさん、おはようございます

お陰様で会社の業績は順調でした。
あと何年も続いてくれればいいのですが、日本全体の景気の影響も受けるので、どうなることやら。

店の器は全て西岡小十氏が焼いたもので、店の名前も西岡小十氏からいただいたそうです。
既に亡くなられた陶芸家ですが出身地は唐津で、唐津焼の作家としては第一人者。
誰からも、人間国宝に指定されなかったのが不思議と言われています。

会社の業績が良ければ、また来年の株主総会の日に行けるかもしれませんが、
役員たちは、毎年違う店を希望してるようなので、別の店になるかも。
でもこういうのがあると、来年を目指して、また一生懸命頑張ってくれるという効果もあるんですよ。
座布団5枚を、は~も~ありがとうございます(^。^)
Commented by yocomilk at 2016-07-01 13:29
は~、も~、
美味しそうです!!
丁寧な和食の美味しさがお写真からビシビシと伝わって参りました。
京都の友人は夏になると鱧づくしをいただくのが楽しみだと言います、今が旬なんですね。
私は鱧もジュンサイも、たまに和食を食べに行ったり、旅館に泊まった時にしか縁がないからなぁ・・。
鰻もいいですね!
私も蒸さないで焼く、関西風の堅焼きが好きなんです、
本当に羨ましいお食事です♡

株主総会、お疲れ様でした。
旅プラスさんは写真家でもあり、カリスマブロガーでもあり、素晴らしい経営者さまなのですね、
うーん、ますます尊敬です!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-01 15:25
yocoさん、こんにちは

こんな豪華な料理は1年に1回、あるかないかですよ。
でもエキブロに載せると、「旅プラス、生意気だ」、と日記が炎上するんじゃないかと心配しましたよ(^。^)

5,000円の宴会料理も、2000円以下のミシュラン・ランチも載せてるので、日頃は質素と、
ご理解いただけてるようで、炎上もせずほっとしました(^。^)

関西風の鰻もいいですね。店主は京都や、徳島で修行した料理人なので、鰻や、鱧は絶品でした。

私ですか~、下手糞だけど写真好き、中身よりもギャグで盛上げるブロガー、吹けば飛ぶような中小企業の創業者。
取り立てて、なにもないんですよ。

ハオコ、可愛かったでしょう。私の最近はゴリラに癒される日々ですが、明日の日記はシャバーニの予定です。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-02 21:10
どれもこれも美味しそうですね~。
銀座の懐石…素敵な響きです♬
器も素敵ですね~♬
銀座はギャラリー巡りしかした事がないので
「あなたの知らない世界」ですね。
画像だけでも拝見出来て嬉しいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-02 22:18
sakuramoonさん、こんばんは

コメントありがとうございます。
銀座のギャラリーによくいらっしゃいますか。
私は会社が有楽町なので、ランチタイムに、ブラブラと画廊巡りをしてます。
ランチタイムは、勝手に90分と決めてるので、食事に1時間、画廊散歩は30分できるんですよ。
ただ、入りやすい画廊と、入りづらい画廊がありますね。
それでも、いい絵画に巡り合えると、「ああ、寄り道してよかった」なんて、思いながらルンルンで会社に戻ります。

「画廊は小説より奇なり」、私も読んでみようかと思いました。
今後、sakuramoonさんの日記にも訪問させていただきますね。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-03 00:32
ありがとうございます。
因みに7月11日から銀座の画廊宮下さんで木原和敏さんの水彩画展があります。
素晴らしい人物画を描かれます。お時間がありましたら是非お出掛けください(^_^)
私も友人と伺うつもりです。
良かったら感想をお聞かせ下さいね♬
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-03 00:42
追伸です。
画廊宮坂さんの住所と電話番号をお知らせしますね。
中央区銀座7-12-5
銀星ビル4階
03-3546-0343
あくまで参考までですのでご無理のないように(^_-)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-03 07:42
sakuramoonさん、おはようございます

木原和敏さんは存じ上げませんが、恐らく行けると思います。
情報、ありがとうございました。
今日は今から、コウノトリを撮りに出かけます。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-03 09:12
おはようございます。
お気をつけてお出掛け下さい。
コウノトリ❢
素敵な写真楽しみにしています(^_^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-03 16:57
こんにちは

午前中に出かけて、撮影してきました。
明日の日記には間に合うと思います。
本当は、先月に放鳥され野生で暮らしてるコウノトリを歩いて探そうと思ってましたが、
2日前から生まれ育った「こうのとりの里」の飼育施設に、自発的に里帰りして戻ってました(^。^)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-03 23:58
飼育施設に里帰りって何だか胸がキュンとしますね^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-04 08:34
おはようございます

コウノトリの日記、予約投稿しました。
16時公開予定です。
可愛いですよ~~(^。^)
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-10-07 11:18
旅プラスさん(*´ω`*)
今日は野暮用で(笑)銀座にいます。
メダリストのパレードがあるなど知らずに…
目的は映画館と、甘味調査としておきます。
上映開始時間まで過去blogを読ませてくださいね~

御社にしかない技術でIT企業を起業されたんですね。
私などには分からないご苦労をされながら
日々お仕事に励む、美食家さん、
益々のご活躍を御祈りしておりますよ。
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-10-07 14:08
モコさん、こんにちは

銀座にいらっしゃったんですか。
11時までなら有楽町電気ビルの会社にいましたよ。
今日の昼は銀座が混みそうなので、人形町に脱出してました。
人形町は6日から8日まで、「人形市」の開催中。
12時からは大観音寺で指人形笑吉さんによる公演を観てました。

公演は撮影禁止でしたが、開演前に指人形は撮影できたので、後日、日記にアップします。
映画は「ハドソン川」か、「君の名は。」あたりでしょうか。
楽しんできて下さい。
我が社は、平均年齢が30前後の若い会社です。まあ、ぼちぼちと人財を育てながら成長を続けてます。
<< 最も臆病だった牛と、最も可哀想... 雨上がりの公園に、咲いてる古代... >>