アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 

7月18日、海の日、東京の最高気温は33.5度を記録しました。

午後から出かけた先は、東京都の指定有形文化財でもある目黒雅叙園の「百段階段」
「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルを中心に日本各地からの出展品が、あかりを落とした文化財を照らし出すという展示で、あかりの魅力を表現したアート展でした。

最初はロビーに飾られた山口県柳井市「柳井金魚ちょうちん祭り」

b0291402_08552484.jpg


そして入場し、百段階段を上ります。

b0291402_08553887.jpg


墨絵師 西元祐貴「龍棲の里 福井」

b0291402_08555285.jpg


b0291402_08555927.jpg


b0291402_08560706.jpg



青森県青森市「青森ねぶた祭」

b0291402_08562275.jpg


b0291402_08562967.jpg


b0291402_08563726.jpg



妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」

b0291402_08564602.jpg


b0291402_08584224.jpg


b0291402_08585014.jpg


島根県浜田市「石見神楽」

b0291402_08585951.jpg


銭湯ペンキ絵師 田中みずき「銭湯絵 目黒の湯」

b0291402_08590623.jpg


99段を上り「頂上の間」へ
100段でないのは、「99」のが縁起がいいからとか、「1」を引いて、まだよくなる余地を残したという説があります。

b0291402_08591680.jpg


頂上の間にも、見事な組子障子や、襖絵、天井には切紙細工がありました。

b0291402_08592599.jpg


b0291402_08593461.jpg



再び99段の階段を下ります。

b0291402_08594312.jpg


100段階段と組み合わせた「和の明かり」。
祝日だったせいもありますが、鑑賞客も多くて、混んでました。100段階段は人並みが途切れるのを待って撮りましたが、本当は人の後ろ姿ばかりが見えます。
企画も斬新で、展示用に集められた作品も目を見張るものが多く、じゅうぶんに楽しめました。
会期は8月28日まで、開催時間は金・土が10時~19時、他の曜日が10時~18時です。



by tabi-to-ryokou | 2016-07-19 16:00 | イベント | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26027483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marucox0326 at 2016-07-19 18:14
ワオッ!!行きましたここ。何年前だったかな。
確か長男が大学1年の夏。母と子供二人と私で。
目黒雅叙園に宿泊してこちらも拝見したはずなんですが
すっかり中の様子、忘れてます^^;
長男は受験の際のホテルも目黒駅前、下宿も目黒区(といっても下町方面ですが)だったので、目黒周辺はよく行きました。

それにしても込んでたとは思えないお写真ばかりですね。
人が途切れる瞬間を狙って・・・・
いつも見えないご苦労が多くて大変な中、凄いなあと。

階段踏み外さなくてよかったです。
私なら、「鎌田行進曲」の階段落ちになってたかも。
若い時、ピンヒールで5段落ちやってますから。
誰も見ていなくてよかったんですけど
しばらくその場でシンデレラでした(爆)
Commented by ayayay0003 at 2016-07-19 18:33
こんにちは^^
毎年こちらのア―トイルミネーション、楽しみにしています♫
「柳井金魚ちょうちん祭り」可愛いです♪
↑ひとつひとつがちょうちんで灯りがついてるのですね!

一番興味をひいたのは、妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」です(^。^)
どうしてかというと、高台寺のプロジェクションマッピングと重なるからでしょうか☆
こちらの絵もとても素敵で、夏にはちょうどイイですネ^^
99段も上り降りされてお疲れ様でした(^^♪
Commented by asahinahikari at 2016-07-19 18:54
こんばんは
大変良いものを拝見する事が出来良かったです
目黒雅叙園は訪れた事がないので指定文化財の100段階段
があるのですか〜私は畑に行った帰り道が65段の階段があります〜重い荷物を持って良い運動です

どの展示品も光を通してそれぞれが違う雰囲気で素敵ですね
旅プラスさんの目線で見させて頂き堪能できました
柳井金魚のちょうちん祭りゆらゆら揺れると泳いでいるように見えるのでしょうね〜可愛いですね
青森のねぶたは津軽の資料館でみましたので想像出来ました
Commented by cynchia at 2016-07-19 19:28
こんにちは、素晴らしいですね、
ちなみに、こみ合っていますか?
Commented by u-tan1114 at 2016-07-19 19:34
和の明かり行かれたのですね~
私は去年行きましたが、また違った種類の作品に
なってますね~
ねぶたは迫力です。妖怪もこの建物と合って
いそうですね!
切紙細工いいですね~
今年は行かれるかわからないので、
拝見できて嬉しかったです♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 20:46
marucoxさん、こんばんは

marucoxさん、目黒駅周辺は土地勘ありですね。
なんてったって目黒駅から雅叙園までの急な坂が半端じゃないですよ。
あれ「行人坂」という坂です。昔は富士山も見えました。
私がガキの頃、自宅からの最寄り駅が目黒駅で、雅叙園も、八芳園も、自然教育園も遊び場でした。
なので、あの行人坂もすいすいと駆け上ってたのですが、今回の雅叙園からの帰りは巡回バスに乗りました(^。^)

写真は忍耐です。人並みが途切れるまで待ちましたが、できれば、2枚目は浴衣美女が上る後ろ姿を撮りたかった。
いい歳して、まだまだ忍耐が足りません(笑)

ピンヒールで5段落ちですか。きっと当時は酒豪で、グイグイいけてた時期だったんでしょうね。
まさに打ち身・青あざのシンデレラ伝説ですね(笑)
私は学生時代、バンカラ風のお洒落で、学ランに学帽で神宮球場の野球を応援に行き、
どこかで呑んでて、土木作業員と意気投合し、帰ってきた時には、学ランに工事用ヘルメットだったことがあります。
しばらくは学帽が無くて不便しましたが、あの作業員さんもヘルメットが無くて不便だったと思います(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 20:58
アリスさん、こんばんは

そうなんです。沢山の可愛い金魚ですが、顔は全部一緒でした。最近、都内のイベントに金魚が多いです。
すみだ水族館も、これと似たような金魚が飾られてたし、今はコレド室町の通りも、巨大な金魚ちょうちんが
飾られてるそうです。
近いうちにコレドまで取材に行ってきます。

百段階段を上る途中に、何ヵ所か右に入ると部屋があるのですが、この妖怪の部屋も人気でした。
写真のような妖怪が、「なんかようかい?」と迎えてくれますが、どれも可愛い妖怪ばかりでした(^。^)

高台寺のプロジェクション・マッピングはアリスさんの日記で覚えてます。
でも高台寺のが本格的な、元祖妖怪というイメージでした。
99段はそれほど傾斜はきつくないのですが、それでもやはり疲れました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 21:12
光さん、こんばんは

光さんなら、雅叙園の百段階段もなんのその。
軽々と往復できますね。私は65段でもきついです(^。^)

階段の途中に、十畝の間、静水の間、漁礁の間、星光の間とかあって、見学しながら上っていくので、
息が切れるというような、きつさはないのですが、それでもこんな斜面に
よく建物や階段を造ったもんだと感心しました。

今回は光と明かりがテーマなので、「光なら面白い撮ってみよう」、と私も張り切って挑戦してみました。
この企画は光さんにもぴったりでしたね。

金魚も可愛いけど、暗闇に浮かぶねぶたも迫力があり、恰好良かったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 21:20
シンシアさん、こんばんは

私が訪問したのが、3連休の最後の日で、やはり混雑してました。
百段階段を撮るなら、人並みが途切れるまで、しばらく待たねばなりません。

あとは人気だったのが、ねぶたの部屋や、妖怪の部屋や、一番上の休憩ができる頂上の間。
ここも写真撮影は前の人がどいてくれるのを待って、あいたら撮ることになります。
なので、せっかちな人には、つらいかもしれませんが、私みたいに、のんびり行こうよと思ってると苦にもなりません。
8月28日までなので、もし東京にいらっしゃる機会がありましたら、是非どうぞ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 21:30
u-tanさん、こんばんは

昨年も同じイベントがあったんですね。
私は、今年が初めてでしたが、楽しかったです。

イベントのHPを見たら、「全室・全作品撮影可」と書いてあったのも嬉しかったですね。
やはりそうじゃないと、興味も半減です。
ねぶたと妖怪は「あかり」、切紙細工は「光」と調和して、それぞれが、いい被写体になってくれました。

8月28日までやってますので、機会がありましたら是非、どうぞ。どういう関係かわからないのですが、
すみだ水族館、東武動物公園、百段階段の共通パスポートなんていうのも売ってました。
Commented by motokids8 at 2016-07-19 21:41
こんばんは。
このイベントすごいですね!
全国各地を旅している気分です。
迫力あり幻想的な雰囲気ありで見ごたえありますね!
スクロールしていって5枚目はドキッとしました(笑)
Commented by maxiah1818 at 2016-07-19 22:05
素敵なイベントですね!
いいなぁ。
ほんとすてきだなぁ。
Commented by umitosora14 at 2016-07-19 22:59
今晩は^^
ちょっとご無沙汰してしまいました
目黒の百段階段、この感じも面白いですね~
一度訪ねた時は、假屋崎 省吾さんの活花の企画をしてました
それも良かったけれど、
いろんな趣向の味わえる今回のも、良いですね!
百鬼夜行とか、ねぶたが、ここの雰囲気にぴったり合いますね~

↓のシャバーニファミリーの記事も、嬉しかったです♪
ほんとに、いろんな表情を上手く撮られてて^^
気持ちがこもってるのが、よく伝わってきました
後一回ですか?
終わってしまうのは残念ですけど、楽しみにしてます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 23:22
あいさん、こんばんは

ありがとうございます。
「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルだったのですが、
いずれも、「あかり」、「光」と組み合わせた展示になっていて、それが私の写欲を掻き立ててくれました。

最近は動物園でゴリラや、クマを撮ってることが多かったのですが、野外の動物よりも、
室内の明かりは、難易度高かったです(^。^)

来年のこの時期に、また撮ることがあると思いますが、その時は、
もうちょっとレベルアップした写真が撮れるよう頑張ります(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-19 23:32
umiさん、こんばんは

おかえりなさい。
假屋崎 省吾さんの活花ですか。
毎年10月に百段階段でやられるみたいで、今年も10月1日から10月16日まであるみたいです。
http://www.megurogajoen.co.jp/event/kariyazaki/index-2016.html

シャバーニの最終回は、ハオコと比較できるように、2頭の同じポーズを並べてみようと、
企画はできてるのですが、なんせ作業時間がなくて、まだ手付かず。
本当はこの3連休に、1日とって頑張ろうと思ってたのですが、あっという間に連休も終わってしまいました(笑)
次の土日にでも頑張ってみます。
Commented by yocomilk at 2016-07-19 23:54
こんばんは♪
遅くに失礼します。
1枚目の金魚さんから可愛くて釘付け~!!
素敵ですねぇ、日本の夏ですね。
そういえば、姪っ子と和服で今後どこにお出かけするかと計画を練っていたところ、
ここを言っていました。
ちゃんと聞いていれば良かった~(^^;)
でもまだまだ始まったばかりなのですね、行きたいな~♡
いつも素敵な情報をありがとうございます!
Commented by kaorunchoko at 2016-07-20 00:43
❤旅プラスさん こんばんは☆
とっても興味ある、楽しい企画ですねヽ(^。^)ノ
8月28日までですか!行けるかな~・・・
行ってみたいなぁ~(*^^)v
龍の墨絵見事ですね~!勢いがマジ凄い!襲いかかって来そうな絵ですね。
ねぶたの張子も同じく迫力ありますね。子供は泣くな!(笑)
龍の隣のランプも素敵ですね!こういうあかりって、その影がいいですよね~♫
妖怪物は何気に好きだからな。。。
大作が並んでいますよね興味津々です!
切り絵にも興味あり!私の見たい!が、沢山ある企画(*^^)v
しかも雅叙園!!!行きたい意欲がフツフツと湧いてきてます!!!
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-07-20 01:16
独特の和の世界ですね。
雅叙園自体が雰囲気があるので、それぞれの作品の摩訶不思議な色彩や形がそれぞれの部屋との兼ね合いで一段と灯りを魅力的にしていますね。
時代錯誤してしまいそうですね。
個人的には水墨の作品が気になります!
百段階段時代を感じます。
んー
迫力負けしそう。
でも見たい。感じたい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-20 07:49
yocoさん、おはようございます

この金魚の発信者は東京都なんです。
東京都産業労働局の「東京ブランド推進プロジェクト」が提案を募集して、すみだ水族館が企画・提案した
「金魚&TOKYO ― 金魚をテーマにした新ゾーン開発およびイベントの開催」が採用されました。
そして、すみだ水族館の「お江戸の金魚ワンダーランド」と、目黒雅叙園の「和のあかり展」が
コラボレーションしており、どちらにも同じような金魚が、展示されてます。

私は両方とも見学してきたので、今日の16時の日記は、すみだ水族館の「お江戸の金魚ワンダーランド」です(^。^)
浴衣で100段階段を上るのは、ちょっとしんどいかもしれませんが、
雅叙園も、すみだ水族館も浴衣女性が多くて華やかでしたよ。是非、両方とも出かけてみて下さい。
すみだ水族館には、「金魚カクテル」、「金魚ビール」もあります(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-20 08:00
kaorunさん、おはようございます

「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルがありましたが、どれも華やかです。
見てて楽しめるし、写真を撮っても楽しめるし、階段の上り下りも楽しめます(笑)
まだ、40日間はやってますから、機会がありましたら是非どうぞ。

墨絵師の西元祐貴さんの、HPをのぞいてみましたが、有名なかたみたいですね。
一つの部屋に彼の墨絵だけが展示されてたのですが、他に2点か、3点すごい墨絵がありました。
日記に掲載したのは、私がその中から選んだ3点です。

ねぶた、妖怪、切り絵、どれも面白い作品ですよ。
そして明かり、光、影、見所満載でした。
今日の日記も、不思議な金魚の世界です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-20 08:04
motokidsさん、おはようございます

昨夜ねぼけていて、返信コメントの順番を間違えました。
申し訳ありません。

motokidsさんの写真展が素晴らしかったという、ブロ友さんたちのコメントを読みました。
大成功のうちに終了とのこと、おめでとうございます。

組み写真は3枚、4枚でも難しいのに、モノクロ10枚とは大変だったと想像します。
私は写真展の経験も、組み写真の経験もありませんが、motokidsさんは、この経験が飛躍の1年になりますね。

5枚目にドキッとされましたか。
越前のある村に現れて、村人に紙を作る技術を伝授した天女だそうです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-20 08:19
sakuramoonさん、おはようございます

目黒雅叙園は、1931年に料亭として開業し、総合結婚式場としても人気をよんだそうです。
私が小学生の頃から、立派な木造建築というイメージがありましたが、
バブルの時代に大規模なリニューアルが行われて、今みたいに螺鈿や漆が多く使われた豪華絢爛な内装になりました。
雰囲気としては竜宮城みたいに感じてしまいます。

中華料理店で、今では一般に見られる円形2層式のターンテーブルは、ここで考案され、日本中に広まり、
それから中国大陸にも伝わったと言われてます。

墨絵師の西元祐貴さんのHPを拝見すると、この方の作品はユニークで、迫力があります。
6・7点は展示されてますので、8月30日までに上京の機会がありましたら、のぞいてみて下さい。
建物も、階段も、墨絵も全部、楽しめると思います。
Commented by hidamaribenchi-me at 2016-07-20 21:37
こんばんは^^
梅雨明け夏本番前と言うのに夏真っ盛りの旅プラスさん^^
暑さに弱い私にバイタリティな行動力、分けてほしいものです^^

雅叙園☆このような企画があることをお知らせいただいて
ありがとうございます。
100段雛祭りに行ったことがありました。
行く前は100段の階段にお雛様が飾られているかと思いきや
階段脇の部屋にその世界が広がっていたのには驚きました。
お写真、綺麗に撮られていますね、とっても薄暗かった記憶が・・・。
そして撮影はNGでした、せめて階段だけでも、と思いましたが、
そこでも係の人に注意されてしましい、撮れたのは会場入り口に飾られたものだけ。
今は撮影OKなんですねーーー^^
ちょっとビックリしたのでコメント入れせてもらいました。
あの時は写真も撮れずにガッカリして帰ってきたので・・・・(^_^;)

ねぶたの部屋、妖怪の部屋・石見神楽・肝試しみたいですね~
それも上質な肝試し^^怖いもの見たさ。嫌いではありません。笑
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-20 23:03
つっちさん、こんばんは

いえ、いえ、もう身体のあちこちにガタがきてまして、元気で無くても、元気ぶってるだけなんです(^。^)
でも、取材となれば、飲みたい日も、二日酔いの日も、しゃきっとして出かけてます。

百段階段のお雛さまは、私も行きました。でも撮影禁止だったので、1階のロビーを撮って、
百段階段は入場せずに帰ってきました。
でも今回の「和のあかり展」は、「年に一度の全時間帯写真撮影可能!」と、パンフレットにあったので、
行ってきましたが、本当に写真は撮り放題でした。

もし暑さに弱いというつっちさんでも、「よ~しリベンジだ」と思われましたら(^。^)、
カメラを持ってお出かけ下さい。このあかり展だけは大丈夫です。
<< お江戸の金魚ワンダーランド(す... 美味しくて安いミシュラン店を探... >>