予想外の場所に咲いていた2輪のサギソウ(墨田区向島百花園)

8月6日、土曜日、東京の最高気温は34.2度で真夏日でした。

暑い日は自宅でクーラーをかけて、オリンピックでも観てれば涼しいのに、やはり出かけました。
向かった先は墨田区の、向島百花園。
本当は開催中の「大輪朝顔展」を撮りに行きましたが、門の横に2輪のサギソウを発見しました。
思わずガッツポーズ!!!、暑くてもこういう時は、途端に元気になります(笑)

b0291402_13322404.jpg


b0291402_13324556.jpg


毎年8月になると、遠路はるばる昭和記念公園まで、サギソウを撮りに出かけてましたが、向島百花園なら自宅から車で10分です。
咲いてる場所はここ。百花園の正門をくぐり右手で、庭門より手前です。
向島百花園は、1945年の東京大空襲で全焼しましたが、戦後に建てられた庭門は、なかなか風流です。

b0291402_13323224.jpg


大輪朝顔展の朝顔より、ここはまずサギソウが優先。

b0291402_13325299.jpg


僅か2輪なので、全部同じサギソウです(笑)

b0291402_13330069.jpg


「wiki」に、サギソウの同一個体を長年にわたって健全な状態で維持栽培するのは、ベテラン栽培家でも容易ではないと書いてありましたが、ここは向島百花園。
江戸時代から続く花の庭園なので、来年も朝顔と同じ時期に、きっと花を咲かせてくれるでしょう。

同じ向島百花園の大輪朝顔展は地元の「墨田朝顔愛好会」の方々が育てた朝顔。
それぞれの朝顔に「優」、「秀」、「佳」の札が付いてましたが、次回掲載します。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-07 16:00 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26087288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-08-07 17:10
こんにちは^^
大輪朝顔展を撮りに行ってサギソウは、一挙両得でしたネ(^_-)-☆
サギソウの同一個体を長年にわたって健全な状態で維持栽培するのは、ベテラン栽培家でも難しいのですか?
家も5年くらい義母のお友達が育てた鉢を鑑賞させて頂きましたけど、今年からはとうとうなくなりました!
お友達はお元気ですが、サギソウがダメになったようです^^;
なので、今年は寂しい思いをしていましたが、私も昨年とある場所にあるというのを知り、機械があれば行こうと思ってたら、仕事ついでに近くに行けたので、取材してきました!
先に旅プラスさんところで拝見出来て嬉しいです♪
2輪しか咲いてないのによく見つけられましたね(^_-)-☆
大きくアップした姿は、やはり鷺が羽を広げたようで美しいですね☆
向島百花園の貴婦人と題してもいいような感じですね♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-07 20:44
アリスさん、こんばんは

向島百花園のサギソウは予想外で、ラッキーっと、写真に撮り、日記に書きましたが、たった2輪なので、
似たような写真ばかりになってしまいました(^。^)

毎年恒例のサギソウは覚えてます。今年は駄目でしたか。
そのwikiの受け売りですが、栽培して何年か経つと植物ウイルスの感染による枯死が頻繁にあるそうです。
義母上のお友達のサギソウは残念でしたが、新しい繁殖場所があったんですね。
自然に咲いてる、自生地なんですか。
折角そこで咲いてるなら、沢山咲いていただき、また来年も楽しませてくれるといいですね。
来年の8月の日記は「下町の貴婦人」としてサギソウをお届けします。
Commented by kumama47 at 2016-08-07 23:27
はじめまして、kumamaと申します。
いつも「イイネ」をありがとうございます。

写真の美しさにいつも魅入っております。
今日の「サギソウ」もちろん知っていましたが、本当に今にも飛び立つ様な姿に驚きました。

色んな所にお出掛けされていますね。
少し前に愛知県の東山動物園のシャバーニが!
愛知県に長らく住んでいますが、シャバーニにはまだ会えず。
インドア人間なので、皆さんのお出掛けの様子や写真を観るのが大好きです。

これからも素敵な写真を楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願いします。
Commented by kaorunchoko at 2016-08-08 02:50
❤旅プラスさん こんばんは☆
途中爆睡も入り、こんな時間の訪問です(^_^;)
わぁ―――!真っ白なサギソウですね!
丁度良い時に撮影出来てラッキーでしたね(*^^)v
私も先日実家で、丁度良い時期だったので、ラッキーでした。
やっぱりサギソウを育てるのは大変なんですね・・・
隣のおばさん、やっぱ凄いな~!!!

母は今年は1回水切れ・・・昨年は咲くと思ったら、一晩でカナブンにやられ
全滅したと言っていました。カナブンはお隣も昨年やられちゃったんですよ。。。
下から2枚目真っ黒な背景に浮かび上がる白鷺!
見事ですね~♫とっても美しいです。
さて、寝るとします。おやすみなさいZzz・・・
Commented by aaic5475 at 2016-08-08 04:49
毎年、サギソウを大きな鉢一面に咲かせて、母に届けてくれる
小学校の校長先生。見頃が終えると持ち帰り、翌年にまた
みごとな花の時期になると、届けてくれました。
くりかえしの優しい夏のお届けもの^^
母も先生も今は亡く、サギソウ見かけると思い出します。
                     でん母
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-08 07:31
kumamaさん、おはようございます

私がサギソウを知ったのは、恐らく5・6年前。
友人のブログで知り、さっそくカメラを持って出かけた時は、「こんなに小さいの」と、驚きました。
でも飛行機の形に似てるし可愛いので、それ以来は毎年、写真を撮ってます。

そうそう、東京から新幹線で東山動物園まで行きましたが、自宅を5時50分に出て、
開園の朝9時に間に合ったんですよ。
片道3時間、往復6時間かかりましたが、シャバーニ・ファミリーと会えたので、大満足な1日でした。

はい、素敵な写真が撮れるよう、これからも頑張ります。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-08 07:41
kaorunさん、おはようございます

もう疲れはとれましたか。
最近は日本中、どこに行っても暑いですね(^。^)

ちょこ家地方は、7月から咲きますね。しかも見事に。
ご実家の隣のおばさんは、サギソウのベテランさんなんですね。
サギソウの天敵はカナブンだったんですか。
そのカナブン、カナづちで、ブン殴りたいですね(^。^)

今まで東京下町で、サギソウを見たことなかったのですが、今回は2輪だけでも咲いてたので万歳でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-08 07:48
でん母さん、おはようございます

その小学校の先生はありがたい先生ですね。
wikiにも出てましたが、育てるのは本当に大変だそうです。
2・3年はうまくいっても、どこかで全滅しちゃうそうですよ。
咲かせたサギソウを持ってきていただけるなんて、普通のお中元よりも嬉しいですね。

母上も、先生も、亡くなられましたか。
この時期は天国で、サギソウを届けてもらってるかもしれませんね。
Commented by umitosora14 at 2016-08-08 08:01
サギソウ、繊細で美しい花、
綺麗ですね~♪
この羽根を広げたカタチ、
どういう理由があるんでしょう^^?
で、このカタチが繊細なだけじゃなくて、
育てるのも繊細なお花なんですね@@
お近くで嬉しい発見ですね♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-08 15:15
umiさん、こんにちは

サギソウがこの形になった理由は、よくわかりませんが、
もし私が、「三大不思議な形」の山野草を選んで良ければ、間違いなく、
トケイソウ、ネジバナ、サギソウをあげます。

どれも可愛いんですが、奇怪とか、変なのと、ケチをつける人もいるかもしれませんね。
サギソウは通信販売で、買えるそうですが、几帳面で、真面目じゃないと育てられないらしいので、
私は真っ先に駄目ですね(^。^)
<< 燃えるようなキバナコスモスと、... 2016年の花火のクライマック... >>