イルカに乗ったお兄さん(アクアパーク品川)

涼を求めて「アクアパーク品川」の水族館へ。

登場したのは「イルカに乗った少年」というよりは、もうちょっと、お歳をめしたイルカの調教師。
最近イルカの調教師は、「ドルフィン・トレーナー」といって、人気の職業だそうです。

b0291402_04501321.jpg



「イルカに乗った少年」は、1974年のヒット曲なので、殆どの皆さんはご存じないでしょうね。
歌ったのは、城みちるさんという歌手で、その年のレコード大賞新人賞を受賞しました。
それにしても何故、イルカの背中に、立てるんでしょう。

b0291402_04502400.jpg


青く見える観客は、イルカの水しぶきを避けるため、100円で売ってる中国製のレインポンチョを着用してます。
私ですか。私はカメラが持ちやすい「MY・レインポンチョ」を持参してます。

b0291402_04503337.jpg


間違いなく、それほど広いとは思えないイルカの背中に乗ってます。

b0291402_04504507.jpg


そして円形プールの反対側まで行きましたが、もうじき落っこちます。

b0291402_04505856.jpg


こちらはイルカに乗ったお嬢さん。

b0291402_04510743.jpg


お嬢さんが口に咥えてるのは多分金属の笛、その右後で、先ほどのトレイナーがイルカから落っこちてます(笑)

b0291402_04511656.jpg


広いプールの水中を泳ぐ8頭~10頭のイルカのうち、次にどのイルカがジャンプをするのか、なかなか見当がつきません。
肝心なのは、次にジャンプするイルカは、どこにイルカ(笑)
あともう一つ、観客席にイルカが水をかけるのは、殆どがトレイナーの指示なので、どこでカメラを抱きかかえて後ろを向くかも、覚えなければいけません。
これ何回か通って、演出の順番を頭にいれないと、写真を撮るのは難しいです。
なおドルフィンパフォーマンスは昼の部が、10:30 A.M. /12:00 NOON / 1:30 P.M. / 3:00 P.M./ 4:30 P.M. / 6:00 P.M。
夜の部が7:00 P.M. / 8:30 P.M.です。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-11 16:00 | | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26098116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by groovy-days at 2016-08-11 16:08
トントン(ノックノック)
おじゃまします!
イルカに乗った少年をリアルタイムで知っている者です(笑)
凄いですね〜、背中に乗れるんですね?
フリッパーのように、お利口さんなんですね!
こちらも、殆どの方がご存知ない、イルカの名前(^^;;
旅プラスさんの、臨場感溢れるお写真に
水しぶきを浴びた様なワクワクした気分です(^-^)/
Commented by ayayay0003 at 2016-08-11 16:12
こんにちは^^
涼を求めて、「アクアパーク品川」でしたか(・・?
見ただけで涼しく感じますね~☆
今回は、ジャンプではなく、イルカに乗った調教師とお嬢さんですね(^-^)
私、イルカに乗るというのはハワイのシ―ライフパークというところで○○年前に拝見したことがあり、ビックリでしたが、ここもビックリです~(^.^)/~~~
ハワイのは、お外で開放的な広い空間でしたが、ココは室内で広いとは言え・・・
衣装も、こちらは、ダイビングスーツのようなものに対し、ハワイアンの民族衣装っぽいのでした!
あまりにも違うので目からウロコです(*_*)
とっても楽しい取材ありがとうございます、涼を感じました♪
水しぶき対策は万全でしたか(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-08-11 17:22
こんにちは^^
暑い日に涼しくなるお写真、嬉しいです!
イルカに乗るのって、そういえば、凄いことですよね~
何年か前に、イルカのショーを見て、
イルカの上に立ってるその安定感に、さすがプロ!って感心しました
でも、オチることもあるんですね(笑)
この水しぶきの上がる美しい写真のかげには、
タイミングをはかる旅プラスさんの工夫があるんですね
演出の順番まで把握しないといけないと!
えっと、わたしには無理そうなので、
旅プラスさんのお写真で楽しませて頂けて嬉しいです♪
Commented by haru2721 at 2016-08-11 17:37
こんにちは~

とてもキレイに撮影されていますね~
楽しそうな雰囲気が伝わってきます(*^_^*)
何回か通って・・・っていうの
よくわかります(^^ゞ
どのイルカがジャンプするか、とか
わからいですものね~~

水と光の演出‼いいですね♪
Commented by ei5184 at 2016-08-11 19:13
動物写真は、時として人物写真より面白いですね!
欠点は、中々此方のリクエストに応えてくれない(笑)
Commented by tatuotoko0406 at 2016-08-11 19:26
こんばんは。
さみしい時に海に行って水平線を見ましたが、空と海の間からイルカに乗った少年は見えなかった、オレです♪(嘘)

ここのところ大崎まで行ってるのですが、15号線を帰りに左側に見えるのがココなのかな・・・
アレですかね、以前でかい古代船かなんかが展示してあった写真のところですか?

今日も車じゃエアコンも効きづらくヘビーな暑さ〜〜
タイムリーに涼しい記事で助かりました♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 20:41
Janeさん、こんばんは

トントン!!、
Yes, you may.

イルカに乗った少年をリアルタイムでご存知なら、私と同年代。
Yes, of course! Come in!!

フリッパーは、かすかに覚えてますが、あまり記憶にないので、一生懸命、勉強してた時代かもしれません(笑)
訂正します、一生懸命、雀荘で麻雀してた時期かもしれません(^。^)

イルカのジャンプも撮ったので、このシリーズ、まだ続きます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 20:53
アリスさん、こんばんは

イルカのジャンプも沢山撮ったのですが、写真がイマイチでした。「ピン甘」というやつです。
でも現像して土曜日の日記にアップしようかと思ってます。

昨年のドルフィン・パフォーマンスよりは、演出が進化して楽しくなりました。
でもいい写真を撮ろうと1列目か2列目に座るのは、相変わらず、相当な覚悟が必要です(笑)

シーライフパークは行ったことがあります。私もイルカのショーを見たのは、ハワイが初めてでした。
確かに全然違いますね。
でも~~「目からウロコ」とおっしゃっても、イルカにウロコはありませんよ~~(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 21:02
umiさん、こんばんは

イルカの上に乗って、そのまま移動するのは、波が無い海でサーフボードに乗るくらい難しいんじゃないでしょうか。
余程、練習して、訓練して、乗るトレイナーと、イルカとの息が合わないと難しいと思いました。

トレイナーさんも5・6人いますが、背中に乗れるトレイナーは2人だけで、相手のイルカも毎回同じイルカでした。
でもバランスを崩して落ちてる時もあると思います(^。^)

演出は3回くらい通えば、覚えられると思うのですが、私も3回行けるかどうか(^。^)
ただ、今回撮ってきた写真は、自分でもイマイチなので、もう一度行きたいなと思ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 21:15
haruさん、こんばんは

撮影は標準ズームの24-105mmで、撮りました。
これでじゅうぶんで、望遠はいりません。

なんせ、私の場合、「戦場カメラマン」も経験してますから、水がかかっても1列目か2列目で撮ってます。
1列目は前にガラスがあるので、2列目がカメラマンにはベストポジションだと、今回思いました。

訂正があります。
「戦場カメラマン」は誤字で、隅田川を屋形船で遊覧した時に「船上カメラマン」の経験があります(笑)
このショーの水と光の演出は素晴らしいですよ。
ショータイムは10分だそうですが、いつもあっというまで、3分か4分に感じてしまいます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 21:23
eiさん、こんばんは

eiさんも動物写真というか、鳥写真にちょっと向いてくれましたね。
私としては、eiさんの、鳥写真や、動物写真は楽しみなので、大歓迎です。
いずれは京都市動物園で、ゴリラの「モモタロウ」と、ご対面される日が来るんじゃないでしょうか。
舞妓さんの表情にはかないませんが、彼らも精一杯、人間のように喜怒哀楽を表情で表してくれます(^。^)

でもおっしゃる通り、こちらの思う通りには動いてくれません。
時々、目線はくれますけど(^。^)
Commented by butanekoex at 2016-08-11 21:29
こんばんは(^^)
イルカにのった少年は フルで歌えます^^
カラオケ、ご一緒したいくらい(´艸`)

イルカ、昨日お話されていたのは こちらのイルカさんだったのですね。
トレーナーさんのイルカから落っこちるところ、爆笑してしまいました(^o^)
水しぶきがすごく、暑さを忘れてしまうくらいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 21:47
オレさん、こんばんは

オレさん、イルカに乗った少年をご存知でしたか。
そうなんです、空と海のすきまから、イルカに乗った少年は、遠い国からやってくるのです(^。^)

大崎から帰りなら左手ですよ。ただ品川駅前はプリンス系の高いビルが沢山建ってしまったので、
外からは、アクアパークが見えないのですが、駅前の信号を渡ると3・4分です。
古代船の展示って、品川歴史館ですか。なんか2艘あって、片方は海苔を採る船だったような記憶があります。

今日のアクアパークも、メチャ混みでしたよ。ただ4列目までに座ると、イルカからたっぷりとプールの水が
プレゼントされるので、暑さもぶっ飛びます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-11 22:20
butanekoさん、こんばんは

イルカにのった少年を フルで歌えるんですか。
尊敬します!!
釣りガール、山ガール、歌ガールと、多才ですね。

私は城みちるさんの顔はなんとなく覚えてるのですが、歌詞も、メロディーも殆ど覚えていません。
ただカラオケでイントロが流れて来れば、歌えるかもしれません。
問題点は、ただ一つで、音痴です。
家族からは、人まで歌っちゃ駄目と言われてます(笑)

トレーナーさんが落ちるとこも撮りたかったのですが、彼らもさすがプロです。
1枚も撮れなかったのですが、最後の写真には、偶然写ってました。
ちょっと笑えますよね。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-08-11 23:42
トレーナーの人は凄いですね!
根気と愛で調教してるからですね?
イルカのショーは可愛さと迫力があって好きです!水しぶきは被りたくないですけど。
でもイルカに乗ったトレーナーさん涼しげで良いすね~♬
Commented by kaorunchoko at 2016-08-12 02:39
❤旅プラスさん こんばんは☆
イルカに乗ったおじさんの登場ですね!
こういうのって、大体は若い御嬢さんが多いのに、頑張ってますね。
バランスが良いのと体幹ってのを鍛えて無いと、
動き回るイルカの上に乗って、この体勢は無理でしょうね!!!
おじさん頑張ってるんですね<(`^´)>
でも、落っこちちゃって、しかも写真撮られちゃった!あっちゃーーー(^_^;)

こちらのイルカのショーTVでイルカの訓練やってるの見て、
一度実際に見てみたいなぁ~♫って思っていました。
なので取材、ありがとうございました(*^^)v
8月末の先生の作品展の時に行く場所の候補に挙げてみようかな・・・
アートアクアの混みっぷりにビビっちゃったんで・・・(笑)
あっ!でもこちらもめっちゃ混んでますか!?
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-12 07:50
sakuramoonさん、おはようございます

ドルフィン・トレーナーって、イルカの背中に乗ってる場面を見ると、
ちょっとだけでもいいから、自分もやってみたいなあ、なんて思いますよね。
ただ、それは格好いい部分で、実際にはおっしゃるように根気と愛が必要なんだと思います。

観てると一つのパフォーマンスが終わるごとに、魚を与えてますから、餌で釣るというのが重要な要素(笑)
鷹匠が鷹を訓練するのも、寝食をともにして、餌も自分が作って与えるといいますから、
ドルフィン・トレーナーも、寝食をともにはできなくても、飼育は自分たちでしてるんでしょうね。

ここのイルカのショーは1列目から4列目がびしょ濡れ、5列目から6列目は水しぶき。7列目からは安全です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-12 08:08
kaorunさん、おはようございます

バランス感は大事です。サーフィンと似てると思います。
サーフィンは左右への舵は自分で切れますが、イルカの場合はコントロールできるんでしょうか??
イルカが動くのに合わせ、上で落ちないようにバランスをとってるだけのように見えました(^。^)
そしてイルカが失速すると、やはり落ちますね。動いてるうちは乗ってられるという意味で自転車と一緒です。

アクアパーク品川は、10時開館ですが、10時前後に行ったらスムースに入れました。
皆さんイルカパフォーマンスを観るために、すぐスタジアムに向かうので、館内も渋滞しません。
でも10時10分でもスタジアムの座席の9割は埋まっていて、開演の10時30分には
後方に立ち見の観客が大勢いました。

やはりポイントは、前売り入場券の手配(これがあると行列があっても並ばずにすぐ入れます)、
10時には中に入ること(中でレインポンチョを買って着たりとか準備も必要)です。
10時に入れれば好きな場所に座れます、びしょ濡れ(1~4列目)、ちょい濡れ(5~6列目)、
安全地帯(7列目以降)とありますから、お好きな席を選んで下さい(^。^)
次のパフォーマンスが12時なので、館内で時間をつぶしてれば、2回見ることもできますよ。
<< 絶滅危惧種のヒメコウホネと、ガ... 墨田朝顔愛好会のメンバー約40... >>