朝顔とは思えないような朝顔を育てる「変化朝顔研究会」が主催した略して「変顔展」(日比谷公園)

最近、東京や大阪を中心に変化朝顔の研究会や同好会が結成され、様々な朝顔が偶然変異ではなく系統だって育てられ、作られた変化朝顔の鑑賞会や展示会が、
各地で行われるようになりました。
江戸時代や、明治時代と違い栽培技術の進歩やバイオテクノロジーの発展もあり、驚くような変化朝顔が出現し、我々を楽しませてくれます。

以下は日比谷公園で行われた変化朝顔の展示会で撮影しました。

ムロ咲牡丹とよばれる朝顔、まだ朝顔らしさが残ってます。

b0291402_08305624.jpg


撫子咲きの牡丹とよばれます。
変化朝顔の主だった変異は文化・文政期のアサガオの第一次ブームで起きたそうです。

b0291402_08310488.jpg



普通の変化朝顔です。・・・といっても普通の朝顔とは違いますよね。
これでも地味なほうの変化朝顔です。

b0291402_08311255.jpg


糸柳牡丹といわれますが、これも変化朝顔の1種です。

b0291402_08313639.jpg


撫子咲きの朝顔。

b0291402_08323389.jpg

b0291402_08324153.jpg



これも撫子咲きです。

b0291402_08325031.jpg


やはり朝顔は、古典的な朝顔がいいという方が多いと思いますが、大輪朝顔や変化朝顔は、今後どんな種類が出てくるのだろうという楽しみもあります。
8月19日から8月26日までは横浜市子供植物園で、「江戸の贈り物 変化朝顔展」が開催され、
8月26日から8月28日は、再び日比谷公園で、変化朝顔展示会が開催されますので、興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-16 16:00 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26111981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-08-16 16:41
とても珍しい変顔にびっくりです。
こんなに珍しい朝顔が、意図的に作られているんですね!
どれも朝顔には見えないのですが、
なんだか魅力的な花ですね(*^^*)
撫子咲の白は、鷺草にも見えます。
Commented by kirmes327 at 2016-08-16 16:44
こんにちは。
これらが全て朝顔とは、びっくりしました。
糸柳牡丹は葉も糸のようなのですね。撫子咲きは可憐でとても素敵です。どれも芸術作品のよう!

変化朝顔の展示会は毎年開かれるのでしょうか。私もいつかぜひ見てみたいです。
Commented by ayayay0003 at 2016-08-16 17:35
こんにちは^^
一枚目のムロ咲き牡丹が好きです(^^♪
昨年もこの牡丹を見て衝撃を受けました☆
1年ぶり2度目でもやはり驚きはあります!
3枚目の地味な変化朝顔も好きです♪
日が限られてるので、もう少し自由に自分の時間が取れるようになれば、いつの日か実物を観に行きたいと思います(^_-)-☆
Commented by cynchia at 2016-08-16 18:40
こんばんは、全部、朝顔なのですね、
驚きです!
Commented by umitosora14 at 2016-08-16 19:13
今晩は^^
変顔朝顔、その追求はどこまでもって、感じです^^
いろんな朝顔を見せていただきながら、
朝顔の定義って、何なんだろう?なんて思ってました^^;
遺伝的に朝顔からであれば、
花びらが糸のようになっても、朝顔なんですよね
撫子咲きのは、まるで鷺草の仲間みたい♪
いつかTVで新種を作り出す農家の方を取り上げてて、
いろんな掛け合わせをして、
これって思うのが出来るのは、ほんとに低い確率って言ってました
きっと、膨大な試行錯誤があっての、美しい姿なんでしょうね^^
Commented by fleunn at 2016-08-16 20:19
こんばんは(*^^*)

珍しい朝顔見せていただきありがとうございます(^-^)
驚きました♪とても素敵ですね(*^^*)
m(__)m。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 20:54
butanekoさん、こんばんは

そうなんです、おっしゃる通りです。
どれも朝顔らしくない。
その朝顔らしくない、朝顔ほど、変顔としては優秀らしいですよ(^。^)
今日の写真は、優秀な変顔を中心に掲載してみました。

このお花たちですが、朝顔と思わなければ、可愛い花ですよね。
撫子咲の白は、花びらの質感が鷺草とそっくりでした。
マクロでもっと拡大して撮れば、鷺草でもとおりそうです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 21:03
kirmesさん、こんばんは

変顔を見ると、朝顔の常識が覆されますよね。
私も何年か前に、初めて変顔を見た時は、「朝顔展になんで、関係ない花を展示してるんだろう」と思いました。

糸柳牡丹と、撫子咲きは、種子が沢山採れて、量産できるようになれば、人気が出るんじゃないかと思います。
やはり、江戸時代から何百年と、栽培されてきたので、可愛い朝顔だけが、子孫を残してきたみたいです。

展示会は毎年7月から9月にかけて、5・6か所で開催されます。
帰国の時におっしゃっていただければ、場所と開催期間を調べてお知らせします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 21:23
アリスさん、こんばんは

アリスさんは、「ムロ咲き」が好みでしたか。
この変顔は、色と質感は朝顔と一緒なのですが、形は朝顔の中に、もう一つ朝顔があるような、変わった形です。
これは確かに衝撃的ですが、庭があればちょっと育ててみたくなりますね。

月末に日比谷公園で、再度の展示会があるので、もし訪問できたら、種が手に入るのか聞いてみますね。
この間の日比谷公園では、私を見て、手前に立ち入り禁止の手すりがあるのに、
「あんた中に入ってもいいよ」とおっしゃってくれた、親切なおじさんがいました。
別に私自身は、「変顔」じゃないですよ。どこにでもいそうな普通の日本人の顔ですが(笑)
何故、親しみをもたれたんでしょうね(^。^)

7月下旬から、9月上旬にかけて上京する機会がありそうでしたら、おっしゃって下さいね。
展示会の日程も調べますから。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 21:31
シンシアさん、こんばんは

全部、朝顔なんですよ。
生物学的には、ヒルガオ科、サツマイモ属、アサガオ、と分類されます。

ただ、朝顔と、変顔は、全く似てないので、変顔を、朝顔として売り出しても、
買ってくれるお客さんは少ないかもしれませんね(^。^)

私が会社に通うのをやめて、毎日閑になったら、変顔栽培でもしてみようかと思うくらい、
ちょっと興味ある挑戦だと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 22:07
umiさん、こんばんは

そうなんです、江戸時代から、朝顔の交配には、これといったルールや制限が無く、
まあ、朝顔の遺伝子を利用してればいいやみたいな感じで、幅広く行われたみたいです。
生物学的にはサツマイモ属、アサガオなので、イモ科の花とも相性が良さそうです。

もしかしたら、何代か前の愛好家が、アサガオと鷺草を、掛け合わせたかもしれませんね。
その結果が、撫子咲きなんてことも有り得ます(^。^)

江戸時代は50歳を超えたら老人で、横丁のご隠居さんですから、閑なご隠居さんが
膨大なケースの交配を繰り返してたのかもしれません。
ノーベル賞を受賞する日本人科学者がそうですが、日本人のDNAは、
そういう根気がいる作業に向いてますから(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-16 22:15
fleunnさん、こんばんは

本当に珍しさを通り越して、奇妙というか、変な朝顔たちなんです。
でも、「これ朝顔なんだよ」という、先入意識を持たずに、普通に眺めると、可愛いかったりします。

特に糸柳牡丹のように、花も葉っぱも糸状というのは可愛いですよ。
あと下の3枚は、撫子咲きですが、これもキモカワイイ(笑)

もしかしたら遠い将来は、朝顔よりも、変顔が栽培用朝顔として、のさばってるかもしれませんね。
Commented by kaorunchoko at 2016-08-17 12:20
❤旅プラスさん こんにちは!
今年も変顔・・・変化朝顔ですね(^^)v
いやぁ~ホント、見事に朝顔らしからぬ面々が\(◎o◎)/!
撫子咲きって、もうこれは朝顔じゃ無いですよね!
見事に花びらが裂けていますよね。
下から2枚目の真っ白な物は、確かにサギソウの花びらと似てますね。
一番下は蘭の様だし。。。不思議ですね~・・・

成程、江戸時代50歳過ぎたらご隠居さんかぁ~(笑)
きっと今の50代とは大分違うでしょうけど、
ご隠居さん達って、結構暇を持て余していたんでしょうね(^_-)-☆
なんだか、ちょっと羨ましいなぁ~(^_^;)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-17 17:26
kaorunさん、こんにちは

撫子咲きは不思議ですよね。
サギソウみたいだったり、蘭の花みたいだったり。
一番最初に、この突然変異を作り出した人は偉いですね。

ご隠居さんも一人だけ暇だったら、つまんないでしょうけど、下町の長屋に住んでると、
あちこちからご隠居が集まってきて、将棋をさしたりして遊んだそうですよ。
そうそう、落語の世界なら、若くて暇な連中も多いから、くまさん、はっさんもしょっちゅう遊びに来る(^。^)
夕方すぎると、ちょいと日本酒なんて飲んでたんでしょうね。

そんな暮らしもいいけど、長寿でそれが20年も30年も続いたら、あきてしまいそう(^。^)
Commented by gummi-choco-pine at 2016-08-18 10:38
旅プラスさんこんにちは!!

朝顔?!
これ本当に朝顔???

ひゃ~ヽ(@Д@)ノ
こんな朝顔見たことない!!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-18 13:58
cinnamonさん、こんにちは

江戸時代から、品種改良の努力が重ねられ、今はこんな姿に(^。^)
ここまでくると、朝顔という名前は返上して「変顔」のがいいですね。

将来は、朝顔も2派にわかれて、変顔派と古顔派になるかもしれません(笑)
<< 衝撃の写真、634mまであと僅... びしょぬれでワッショイ!!(深... >>