ヌーの川渡りを撮れたので喜んでたら、翌日も遭遇し、川渡り2連チャンでした(アフリカ縦断の旅、9月7日、午後のゲームドライブ)

9月6日に、ヌーの川渡りの写真が撮れて、大喜びしていたら、9月7日の午後3時からのゲームドライブでも遭遇して、2日連チャンの川渡りとなりました。

この日のサファリカーは、同乗者がいらっしゃって、神奈川県のお医者さんご夫妻。
彼らは10年以上は、毎年ここに来てるという、超リピーターさんで、選んでくれたコースは私が昨日、川渡りを見た地点からさらに5kmくらい下流。

ヌーたちが、我々の到着を待ってたかのように、着いた途端に先頭が渡り始めました。
今回は向こうからこっち側に渡ってくるので、お尻でなく顔が見え、崖を降りる時には砂煙が立ち上がり、昨日よりも川幅が広いところを渡ってくるという願ってもないお膳立てでした。

b0291402_23132479.jpg


3頭目の、ヌーのジャンプ力がすごかったです。
もう今日はこれだけで、じゅうぶんと帰り始めたら「天使のはしご」が見えました。
我々を祝福してるかのような、雲と、光と、ヌーでした。

b0291402_23134955.jpg


ついてる時は、ついてます。
次に出会ったのが、ドライバーさんが言うには生まれて2ヵ月というキリンのベビーです。
間のシマウマがちょっと邪魔でしたが、キリンベビーがカメラ目線をくれました。

b0291402_23170149.jpg



つきだしたら止まらない。
ライオンがヌーの子供を仕留めたという、ドライバーさん同士の無線連絡で、その現場に駆け付けました。
ライオンは2頭とも、2歳のオスライオン。なので、狩りはまだ下手糞だと思いますが、これだけ沢山のヌーがいると、狩りに慣れてなくても獲物にありつけます。

b0291402_23142573.jpg


というわけで、7日の午前は豹を探して玉砕でしたが、午後は、川渡り、キリンベビー、ライオンの食事。
そしておまけに「天使のはしご」を見ることができました。
恐ろしいくらいに、ついていた1日でしたが、この勢い、明日も続け~~(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-09-08 23:30 | 動物 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26177890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-09-09 16:30
こんにちは(^^)
すごい! 持ってますね~!
今日のヌーの川渡りの写真もド迫力です。
地面が揺れているようです。
その直後の天使のはしごは美しく、
キラキラとハープの音が聞こえてきました(^-^)

キリンもライオンも、距離はとても近く見えるのですが
実際はどれくらい離れているのでしょう。
そろそろ、一番目的のアイツも出てきそうな雰囲気(^.^)
ウヒョヒョ~な気持ちで続きをお待ちいたします。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-09-09 16:56
キリンとシマウマが一緒に収まる画像も素敵ですねー❗
ヌーってそんなに遭遇出来るものなのですか?
旅をプラスさんだからですか?
神様からも祝福されてますねー
雲間から漏れるありがたい光。
天使の階段というのは初耳でした。
あ〜いいなぁAfrica❗
Commented by en_dy at 2016-09-09 19:09
ヌー、とっても迫力ありますね。
崖から飛んでる~って思ったら、次は天使のはしごですか。
いいものをみせていただきました。
ありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2016-09-09 19:18
こんばんは^^
2枚目の天使のはしご、アフリカの大地で見ると
ほんとに神がかりなものを感じますね☆
キリンの赤ちゃん、可愛い~♡
2歳のオスライオンのお食事シーンも血まみれ~(@_@;)
どうだとばかりのドヤ顔ですネ(^。^)
Commented by asahinahikari at 2016-09-09 19:56
ひゃー〜またヌーの川渡りが見れたのですね〜
ましてや正面から〜怒涛の勢いで駆け下りる姿凄い迫力ですね
確かに3頭目めはカメラを意識して大ジャンプですね
何か良いことをしたのですね〜まだまだ良い場面に遭遇出来そうですね〜
キリンの若様?超可愛いですね〜
動物園ではこんな絵が撮れませんね〜キリン・シマウマのコラボが撮れて〜超贅沢ですね
Commented by umitosora14 at 2016-09-09 22:43
今晩は!
日々、凄い出会いが続いてますね~
ヌーの河渡り、今度は違うアングルから♪
砂煙が上がるのも良いですね!
3頭目のジャンプ、凄い!空中の状態を写されてますね!
また、帰国されてからのお写真も楽しみです
広大な大地の天使のはしご、神々しく感じます
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 00:23
butanekoさん、こんばんは

「キラキラとハープの音」とは、なんと詩的な表現なんでしょうか。
・・・と思ったら、豹がウヒョヒョ~な発言で、減点3です(^。^)

ヌーの川渡りが見れるとは思ってなかったので、私も同乗のお医者さんも、感激でドライバーさんと握手でした。
キリンは20mくらい、ライオンは15mくらいの距離でしょうか。
なので望遠を伸ばせば、キリンの顔だけのアップも撮れそうでしたが、
やはり全体が写るキリンベビーのが可愛いかったです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 00:36
sakuramoonさん、こんばんは

本当はキリンだけで撮りたかったのに、シマウマがなかなかどいてくれないんですよ。
心の中で、「あっち行け~~」、と叫んだのですが、どいてくれなかったです(笑)

ヌーの川渡りは、川岸に集結して、タイミングを見計らい、行こうか、行くまいかと、半日そこで、
躊躇って、結局渡らないこともあるそうです。
まあ、そういうのはドライバーさん同士の無線で情報も入るらしいのですが、
今の時期は、川渡りのピークも終わってしまい、出遅れた小さな団体が突然渡るので、それを見れるのは偶然です。
なので、私の2日連続というのは、かなりラッキーだったと思います。

「天使のはしご」も、虹もよく出ますよ。
空まで色彩豊かなのが、アフリカです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 00:43
en_dyさん、こんばんは

シマウマは飛ばないし、大きなヌーも飛ばないのですが、写真のように小柄なヌーは大胆に飛びます。
私はこちら側の崖の上で、水面より7・8m高い場所から撮ってるのですが、
それでもあの高さのジャンプですから驚きました。

はるばると、アフリカまでくると、生きてる動物も、見上げる空も、別世界でした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 01:04
アリスさん、こんばんは

大きくて長~い天使のはしごでした。
見た感じはもっと、くっきりとした「はしご」だったのですが、画像を編集しても、これが精一杯でした。
でもなんとなくアフリカっぽい、はしごですよね。

ただ、キリンや象を撮っても、それほど面白くはありませんが、ベビーがいると、写真も引き立ちます。
ベビーを見つけると、いつもストップと言って、車を止めてもらい、撮ってました。

ライオンも2歳だと、自慢のたてがみも生えそろわず、貫禄不足ですが、どや顔だけは1人前でした(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 01:12
光さん、こんばんは

1日前に見た川渡りに比べると、今回の川渡りのが迫力があって、全然違いました。
川渡りには、崖を駆け下りる時の砂煙と、飛び込む時のハイジャンプが欠かせませんが、
この日は最高の渡りでした。
あの悪役のワニが来ると役者が揃いますが、突然の川渡りで、ワニは間に合わなかったようです(^。^)
ワニも、しまった~と歯ぎしりしてるかも。

はい、望んではなかったのですが、シマウマの割り込みがあり、コラボになってしまいました。
「コラ!ボ~とせず立ち去れ」と言いたかったです(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 01:26
umiさん、こんばんは

なんか今回のケニアでは、ホテルの方からも、1回同乗したお医者さんからも、「持ってる男」と言われてます(笑)
見れたらいいなあと思う動物や、光景が次々と実際に見れるので驚いてます。
今から書く、次の日記では、本当になかなか見ることができない豹も目撃してるんですよ。

3頭目のジャンプには驚きました。
私たちの車は、こちら側の崖の上で、川面からは7mから8mは高いのですが、
その角度から見下ろしても、あのハイ・ジャンプですから、ヌーもすみには置けません(^。^)

帰国はまだ先で、このあと、南アフリカ共和国、ジンバブエ、ボツワナを廻って、
9月16日の夜に帰国する予定です。
Commented by kaorunchoko at 2016-09-10 08:24
❤旅プラスさん おはようございます!
今回の旅は本当にラッキーの連続なんですね(^_-)-☆
確かにヌーの川渡り、迫力あるシーンが撮れましたね\(◎o◎)/!
3頭目凄いジャンプです!砂埃も凄い!野生って大変なんですね!
こりゃ皆について行けなきゃ死を意味しますね。
天使のはしごも、スケールが違います\(゜ロ\)(/ロ゜)/
やっぱ、こういうの見ると神々しいなぁ~自然て凄いな!!!って感動します。
キリンの子供、カメラ目線くれたんですね❤可愛いですね~♫
最後は。。。うん、これぞ自然!
ライオンさんが、ドヤ顏でカメラを見ていますよね(笑)
この時お食事中のライオン達との距離って、どのくらいだったんでしょう???
ちょっと怖い感じがしますが、まぁ車の中からだから大丈夫か(*^^)v
ラッキーが続きますよーに!そして、お気を付けて~ヽ(^。^)ノ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-10 16:45
kaorunさん、こんにちは

野生の動物ですが、特にヌーや、シマウマは、草が豊富にあるところを目指し、国境を越えて大移動をします。
途中では、ワニが住む川も渡らねばならず、待ち構えてるライオンもいるしで、死に物狂いの旅です。
なので、野生って、のんびりしてるように見えますが大変なんですよ。

ドヤ顔ライオンは、2頭とも2歳のオスライオン。
距離は15mくらいでした。
このくらいまで寄れると、ガリガリ、ムチャムチャと食事中の音が聞こえてきます。
勿論、こちらは安全ですが、迫力満点でした。

いよいよ明日は、縦断の旅で、南アフリカ共和国のヨハネスブルグへ向かいます。
<< 念願の豹を目撃し、人気の「ビッ... 豹を探したけど残念(アフリカ縦... >>