ジンバブエに到着し、ザンベジ川のサンセットクルーズへ(アフリカ縦断の旅、9月12日、ジンバブエ)

9月12日は南ア共和国のヨハネスブルグから、ジンバブエのビクトリアフォールズに移動し、いったんホテルにチェックインしてから、ザンベジ川のサンセットクルーズへ出かけました。

ビクトリアフォールズ空港を出たところで待ってた人たちです。
ハワイの空港で、出迎えてくれるフラダンスのお嬢さんに比べると、なんともワイルド!!!

b0291402_11194830.jpg


ブリティッシュ・エアウェイズの座席が近かった、英国のご夫妻。ノリが最高です。
写真を撮る観光客のチップが、このド派手な戦士たちの収入減。

b0291402_11201185.jpg


ヨハネスブルグ空港のラウンジでシャンパンを駆け付け1杯、BAの機内でさらに1杯。昼食が出て、南アフリカの赤ワインを飲み比べながら2杯。
何を言ってるかというと、ジンバブエの町並みを上空から撮ろうと思ってたのですが爆睡してて、飛行機がビクトリアフォールズ空港の滑走路にドスンと着陸して目が覚めました(笑)

この写真は、空港からホテルに移動中の車内から撮りました。
道路はどこまでも真っ直ぐで、両側の木々も綺麗。土埃も無く、道脇にゴミもなく、ジンバブエは綺麗なところでしたが、首都で最大の都市ハラレも、こんなに綺麗なのかは分かりません。

b0291402_11203441.jpg


ホテルへの到着後に、ザンベジ川のサンセットクルーズに参加しました。
象は泳げるというのを知識として知ってましたが、見たのは初めてです。

b0291402_11211032.jpg


ザンベジ川の川幅は200mくらいで、この写真の辺りでは、象の足も川底に着かず、完全に泳いでます。
これでヌーの川渡りも、象の川渡りも見ることができました。
「それがゾーしたの」、と言われれば、特にゾーってことはありませんが(笑)

b0291402_11213398.jpg


そしてお待ちかね、ザンベジ川のサンセットです。

b0291402_11215342.jpg


日記が1日ずつ遅れてますが、この翌日(13日)は、隣国のボツワナに出かけて、チョベ国立公園でのゲームドライブ。
翌々日(14日)の午前中が、ビクトリアの滝の見学予定です。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-14 11:33 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26192550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-09-14 20:36
シャンパンと赤ワインで爆睡、空港の滑走路にドスンと着陸して目が覚めた旅プラスさん、こんばんは^^
旅を満喫されてるようです(^_-)-☆
ジンバブエの街並、美しいですが、今の季節は日本とは反対でしょうか?
なんだか木の様子が違います~
そう言えば気温は20度くらいとか・・・
ザンベジ川のクルーズ船とゾウの距離、近いので驚きました!
ゾウもサンセットクルーズ船はよく見るから慣れているのですね(^-^)
ピンク色のサンセットが素敵ですね~こんな色なんですね♪
Commented by umitosora14 at 2016-09-14 22:53
こんばんは^^
アフリカがよく分かってないので、
地名を見てもイメージがいまいち良くわかなくて^^;
>南ア共和国のヨハネスブルグから、ジンバブエのビクトリアフォールズに移動
えっと、ケニアから、ヨハネスブルグに移動したのって、
飛行機の乗り継ぎのため??
グーグル地図で、ジンバブエはここって確認です(笑)
ほんとにアフリカを自在に移動してますね!
象の泳ぐの感動ですね~
見てみたいです
最後のお写真、沈む夕陽の美しい色
空も川も、やさしいピンク色が、日本には無い色に見えます♪
大自然の素晴らしいお写真ですね
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-15 03:59
アリスさん、おはようございます

ケニアは赤道直下で、「南ア」や、「ジンバブエ」は南半球になり、日本とは逆です。
でも年間気温が10度から20度の間で、日本に比べると夏が涼しく、冬が暖かいという羨ましい気候です。

おっしゃる通り、この辺の樹木は葉っぱが少ないです。
でも野生動物が住むジャングルもあるので、木の種類によって、緑が多かったり、枯れてたりと様々のように
見えました。

象や、キリンや、シマウマや、ライオンはあまり逃げません。
何代も前の祖先から、人間は襲ってこないというのが、自然と子孫にも伝わってるんでししょうね。

サバンナに陽が沈むと、オレンジ系がなんとなく強くて、密林に沈むと、ピンク系が強いように思います。
一説によると、太陽が沈むに従って、赤・黄・浅黄・緑・青・紫へと染まり、色が移り変わっていくそうです。
自然が作り出す生物や、色彩は本当に面白いです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-15 04:21
umiさん、おはようございます

私もアフリカの国の名前と所在地は全然、わかってません。
でも今日は歩いたので、ジンバブエと、ボツワナと、ザンビアの位置関係はわかりました。
私の生涯訪問国数も増えたんですよ。
↑ の3か国が増えて、54ヵ国になりました。

ナイロビ → ヨハネスブルグ→ ジンバブエは、乗継地点がヨハネスブルグのが便利で、便も多かったからで、
とんでもない寄り道をして到着しました(^。^)

象の泳ぎですが、足が届かないところに達すると泳ぎます。
そして、水面には身体の上のほうの5分の1くらいしか見えなくなります。
対岸の草のが美味しくみえたのか、対岸には恋人がいるのか、妥当な線では対岸の草が目当てでしょうね(^。^)
Commented by yocomilk at 2016-09-15 10:01
わぁ~、象が泳いでる!
ディズニーランドのジャングルクルーズでしか見たことがない世界です。
旅は素晴らしいですね。
そして臨場感あふれる旅の様子をこうやって見せていただけるネットの世界ってすごいなぁ・・♡
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-15 11:21
旅プラスさん(*´ω`*)
ザンベジ川のsunset…カクテルであったら素敵!
なんて美しい…長い飛行時間をかけた甲斐がありますね!
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-15 14:41
yocoさん、こんにちは

この2週間、ブロ友さんの日記に全く訪問できずにいるのですが、
相変わらず、食べて、沢山飲んで、お元気にお過ごしでしょうか(^。^)

私の方は、ヨハネスブルグのホテルの部屋で出発までの時間をくつろいでます、というか写真の編集に追われてます。
象の水泳、可愛いでしょう。
ガイドさんに聞いたら、ヌーの川渡りと違って、1年中あっちの小島に渡ったり、戻ったりで、
それほど珍しい光景ではないそうですが、観光客が2時間程のボートサファリで見れる確率は少ないそうです。
持ってる男継続中(笑)

臨場感のある、旅のリアルタイム日記は、ここまでで、帰国後は、写真を引っ張り出しては、
ちょっとずつ日記を書き続けます。また観て下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-15 14:48
モコさん、こんにちは

折角のザンベジ川のサンセットなのですが、飲み物はクーラーボックスに入った、
水、コーラ、ファンタだけでした。残念!!

こういう時は、自分でアルコール類を持参しないと駄目ですね。
もし私なら1杯目がビール、2杯目はジン&トニックです。
↑ 誰も聞いてないですね(笑)

ヨーロッパは歴史遺産としての観光資源が豊富ですが、アフリカは自然遺産としての観光資源が豊富です。
どちらも楽しいし、また訪問したいのですが、動物写真家を目指す(冗談ですよ)自分としては、
今は、アフリカが楽しいです。
そして楽しかったアフリカも今日が最後。
多分、また来るので、しばしのお別れです。
<< ジンバブエの朝食と、チョベ国立... ケニアの最終日、お約束の朝日は... >>