世界三大瀑布の一つであり、世界自然遺産のビクトリアの滝(アフリカ縦断の旅、9月14日)

9月14日は朝8時にガイドが迎えに来て、車でビクトリアの滝に向かいました。
・・・と言ってもホテルから歩いても15分のところに公園事務所があり、入場料は30ドルでした。

滝の正面にある遊歩道は約90分のコースで、殆どの観光客がガイドと一緒に歩きます。
遊歩道には小さなビューポイントが10ヵ所以上あり、朝早くすいてたので、ビューポイント毎にゆっくりと写真を撮ることができました。
噴煙の高さは400m~800mで、飛沫が霧のように降り注ぐので、傘を差す観光客もいます。

ビクトリアの滝を「wiki」で引くと、
ジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境の滝。ユネスコの世界遺産に登録されています。

b0291402_09095276.jpg


イギリス人の探検家でもあるデイヴィッド・リヴィングストンが1855年に発見したので、当時のイギリス女王の名 Victoriaを冠して「Victoria Falls」と呼ぶようになりました。

b0291402_09100079.jpg


ジンバブエでは「ヴィクトリアフォールズ」、ザンビアではモーシ・オワ・トゥーニャ「雷鳴のする水煙」が公式名称です。

b0291402_09102650.jpg


落差と幅の両面から見た滝の規模としては、イグアスの滝と並んで世界最大。

b0291402_09103487.jpg


ビクトリアの滝の最大落差は108m、幅は1,708m。今は乾季で水量が少ないそうですが、それでも、この大迫力。

b0291402_09105761.jpg


噴煙は高さ400m、ときには800mまで立ち昇り、50km先からも見えます。

b0291402_09110863.jpg



今は乾季で水量も少く噴煙は霧雨程度。私は傘は持たず、レインコートも着ないで廻りました。
霧状の飛沫が見えるでしょうか。

b0291402_09145527.jpg



それでも、この水量ですから雨季はどうなんでしょうね。
ガイドの話では、雨季だと飛沫が多すぎて、かえって滝が見えないと言ってました。

b0291402_09111849.jpg


そして滝にはつきもの、お約束のレインボーです。
幸いにもダブルレインボーでした。

b0291402_09112669.jpg


深い峡谷を挟んで落下する滝を、正面から眺められるので、大迫力でした。
そして噴煙のせいで、写真はなんとなくボケて写りますが、これは仕方がありません。常にレンズを拭きながら、明るめに撮ったほうがいいでしょう。
日本からはとんでもなく遠いジンバブエですが、アフリカ大陸に行く機会がありましたら、寄り道しても観る価値はあると思いました。


読者の皆様へ。
昨夜(16日)遅くに帰国しました。
旅行中は、ブロ友さんの日記への訪問が全くできなかったのに、毎日のようにご訪問いただき、「いいね」や、「コメント」をありがとうございました。
アクセス数の多さに励まされながら、旅行を続け、日々の日記も書き続けることができました。
あらためて感謝申し上げます。
徐々に日常モードに戻りながら、沢山撮ってきたアフリカの写真や、野生動物の写真を、今後も日記にして掲載していきます。
これからも「旅プラスの日記」をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-17 09:37 | 世界遺産 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26200614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aamori at 2016-09-17 09:54
旅の時間はあっというまですね!!
滝も大好きです。気分はリヴィングストンだったのでは?
さすがの迫力、写真でも、怖いくらいです。
そうそう、特にヒョウとチーターの写真が、気に入りました。
というか、豹とチーターが好きなので。
無事帰国、お疲れさまでした。
Commented by marucox0326 at 2016-09-17 10:04
おかえりなさい。お疲れ様でした。
無事のご帰国何よりです。

たぶん行くことはないだろうエリアである場所のご紹介。
どれも興味深く拝見しました。

今回もド迫力のお写真。
「ヴィクトリアフォールズ」というより
「雷鳴のする水煙」という呼称のほうがしっくりきます。
実際は離れた場所から撮影されているのが分かっては
いても、足がすくみます。ダブルレインボウもクリアに
撮れていますね。

大自然の中に身を置かれた数日間から
超高層ビル群の大都会に戻ったご気分はいかがですか?
旅慣れた旅プラスさんといえども今回は時差ボケ以上に
調子を戻すのが大変では?
ごゆっくりお休みくださいね。

これからのアフリカ旅行記も楽しみにしています。
Commented by bulanchan at 2016-09-17 10:05
旅プラスさん☆おはようございます^^

先ずは、お帰りなさ~\(^o^)/い♪
無事の帰国で何よりです!
体調も大丈夫そうですね!?

ゆっくりと日常の生活に戻られてください。
圧倒的な自然と野生美に堪能されてたのが写真から
十分伝わる日記でしたね^^
素敵です!

ダブルレインボウもかなりラッキー☆彡でしたね^^
今後も引き続き楽しませて頂きますね(^_-)-☆
お疲れ様でした!
Commented by tatuotoko0406 at 2016-09-17 10:07
お疲れ様でした!
満喫され無事帰られ、何よりです♪

流石に今日は休んでるんでしょうね・・・?
まさか、取材。。。

これでサンバの続きをアップしましょうかね(^o^)v
Commented by ayayay0003 at 2016-09-17 10:24
おはようございます^^
御無事の御帰国何よりです(^-^)
オ―ロラ取材の時は、大変でしたものね~(笑)

ヴィクトリアフォールズ、←ズがついて複数形なんですね☆
女王様の名前がついてたとは知らなかったです(*_*)
これで、水が少ないんですか?驚きです!
15分なのにガイドさんつき?、もしかしたらガイドつきじゃないと入れないのでしょうか?
旅プラスさんは大抵のところへは一人で行かれますものネ☆
まさに「雷鳴のする水煙」ですね!
飛沫、見えますとも~
滝の撮影では、このように少しボケちゃうのは、小さいけどこの夏シャフハウゼンの滝で経験したので分かります!
レンズを拭きながらというのがいかに飛沫が凄いかが分かりますね!
ダブルレインボウ、まだまだラッキーが続いてましたね(^_-)-☆
Commented by umitosora14 at 2016-09-17 10:31
お帰りなさ~い!
無事にご帰国、何よりです^^
滝の迫力、素晴らしいですね~
水煙も飛沫も、しっかり写ってて♪
凄まじい爆音だったんでしょう
ダブルレインボーは、ラッキーだった今回の旅の終わりを、
飾ってくれてますね~!
どうぞ、まずはお体を休めてくださいね
これからのアフリカのレポート、
ゆっくりお待ちしてます♪
Commented by impact4642 at 2016-09-17 18:49
こんばんは♪
そして、おかえりなさ~い(^_^)/
きっと、白飯が恋しいことでしょう(笑)
旅の間はコメントも大変かと思い、控えてましたが、
毎日素晴らしい野生の力に圧倒されたり、感動したり・・☆
ヴィクトリアの滝も、凄い迫力!!
なんだか、吸い込まれてしまいそうですよね(*^。^*)
素敵で、幸運に恵まれた旅になられて良かったですね♪
とりあえずは、体を休めて下さいね☆
Commented by 117nature at 2016-09-17 20:03
無事に帰国、お疲れ様でした。
このところ湿度が高い日が続いていますので迫力ある滝の映像で気分爽快です。
明日の休日はゆっくり休んでくださいね。
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-17 20:57
旅プラスさん(*´ω`*)
お帰りなさい、ご無事で何よりです。空港が見えてしまった瞬間に、何を感じられたのでしょう…。あの雄大なる滝とその飛沫を目に焼き付けてこられた旅プラスさんには、東京の街に対する妙な違和感が続きそうですね。

ふと、買い物帰りの夕暮れ時に…
夕飯の片付けものをしながら…
お風呂掃除をしながら… 熱気球を思い出すほど心にスドーン!と落ちてきて焼き付いてしまいました。
あんな遠くまで飛行機で行って撮りたい被写体があること、心豊かな人生ですね。私もとても満たされました。
個展のご予定などは…?(イグアナは怖いですw)
モコ
Commented by u-tan1114 at 2016-09-17 21:03
お帰りなさい~そしてお疲れ様でした!
アフリカの旅ではたくさんの素晴らしい動物と自然、景色に出会われましたね~
私も楽しませていただきました^^またお土産写真を拝見できるのを楽しみにしていますね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 21:06
ATSUKOさん、こんばんは

往きと帰りで機内泊が2日あったので、10泊13日の旅でした。
会社の仕事をかかえながらの長旅なので、帰ってきてやはり、ほっと一息してます(^。^)

南米のイグアスの滝までは行ったことが無いのですが、南米や、アフリカには途方もない自然の造形物がありますね。
本当に凄い迫力でした。

豹とチーターは、私も惹かれました。
・・というか、2歳のチーター3兄弟と、生まれたばかりの豹のベビーにはメロメロです(^。^)
帰って来たばかりですが、また撮りに行きたいです(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 21:17
marucoxさん、こんばんは

行くことなさそうですか~~。
ご夫婦であと20年、長生きされれば、アフリカにもちょっと行ってみたくなるかもです(笑)
やはり日本からは遠いので、健康なうちしか行けません。
私も今のうちなら24時間の移動もできるので、ここ5年くらいで、あと何回か行きたいなと思ってます。

そうですね、滝までの距離は100mか200mでしょうか。
望遠レンズだと滝の一部しか入らないので、町の景色に使う、普通の標準レンズで撮影しました。

普段なら土曜日は取材に出るのですが、今日は1日自宅に留まり、13日分の新聞や、経済紙を読んでました。
時差ボケもなく体調もいいので、気分がよければ明日から外出できそうです。
Commented by 3740s at 2016-09-17 21:20
圧倒される自然の巨大さ
力強さ・・・・!

身震いします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 22:10
bulanさん、こんばんは

時差も無く元気に帰国しました。
昨日は、途中でホテル泊もないまま、JNB→NBO→ADD→HKG→HND、でしたが、
所要時間は28時間25分。
途中、空港ラウンジで3回休憩してますが、身体は丈夫、胃は「飲み疲れ」という状態でした(^。^)

やはり想像もできない出会いがあったり、1日車を走らせても空振りだったり、
ヨーロッパの世界遺産巡りに比べれば、はるかにエキサイティングな日々でした。

そうそう一昨日見た、ダブルレインボーも感動でした。
総じてラッキーなことが多い旅で、いい写真が何枚か撮れたのが嬉しかったです。
Commented by asahinahikari at 2016-09-17 22:14
お帰りなさい〜沢山楽しまれて良い出会いがあった様ですね
(もちろん野生動物に)大満足ではないでしょうか
お陰様で私も訪れる事は無いと思う素晴しいアフリカの景色を思いっ切り楽しませていただきました〜有難うございます
最後のビクトリアフォールズの大迫力も味わえました
コート無しで行かれ肌で味わえたのですね〜カメラは濡れませんでしたか〜
二重の虹も出て旅行の大成功のお祝いですね
沢山の在庫を機会が有りましたら大放出して下さい
待っています
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 22:19
オレさん、こんばんは

いやいや、オレさん、今日は家から一歩も出てませんよ(笑)
13日分の新聞を読んだリ、経済の雑誌を見たり、撮りためたビデオから「ガイアの夜明け」を見たり。

そしたら、たった1日で体重が1kg増えました。
旅行期間中に2kg減量できたのに、たった1日で1kgリバウンドでした。
日本で食べるスーパーの刺身と、スーパーの酒は美味し過ぎます(笑)

サンバの続き、まだアップされてなかったんですね。
私はまだ頭がボ~~ットしており、しばらくは気分も、日記もアフリカなので、
遠慮せずどんどん掲載して下さいね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 22:40
アリスさん、こんばんは

そうなんですよ。オーロラの時は、肺炎でしたからね。
しかもマイコプラズマという菌に感染したので、友人たちからは、なんか怪しい病気をもらってきたんじゃないかと、
怪しまれましたよ(^。^)

多分、ガイド付きじゃないと廻れないんじゃないかと思いました。
単独で歩いてる観光客はいなかったですから。そしてグループ客が多かったです。
HISさんと、クラブツーリズムさんが、最近、南部アフリカに力を入れていて、
ビクトリアの滝は、主要な観光ルートらしいです。

噴煙は高さ400m、ときには800m、といいますから霧雨の中を歩いてるような感じです。
1枚撮るごとに、レンズキャップで、レンズの面が濡れないようにしてましたが、
それでも濡れるので、しょっちゅう拭いてました。
写真は、わざとシャッター・スピードをスロウにして、バケツで、担ぎ手に水を掛けるのと同じように撮ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 22:48
umiさん、こんばんは

ビクトリアの滝は、想像以上でした。
グレートネーチャーというテレビ番組で、イグアスの滝を特集してたのですが、規模は同じくらいです。
でもイグアスの滝がU字型に、300度くらいの広さで落下するのに比べ、
ビクトリアの滝は180度の片面なので、峡谷の対岸から、よく見えるという特徴があります。

爆音は凄かったのですが、滝の落差が90m、その同じ高さで我々は観てるので、
聞こえてくるのは、90m下からの音。
鳴り響いてましたが、それほど凄い爆音という感じではなかったです。
比較すると、日光の華厳の滝は、ちっこいなあ~、なんて思いながら観てました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 22:57
インパクトブルーさん、こんばんは

いやあ、日本のスーパーで売ってる刺身と、同じくスーパーで売ってる安いワインが、しみじみと美味しいです(笑)
やはり私も日本人、旅は2週間以内がちょうどいいです。

今回はヌーの川渡り、チーター、豹を、それぞれ2回見ることができました。
プラスして、象の川渡り、そしてダブルレインボーまで。

ラッキーでしたよ。
もう3ヶ月分から、半年分の運は、全て使い果たしてきました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 23:06
117natureさん、こんばんは

やっと帰ってきました。
アフリカの南端は、日本から遠かったです。

「ここ~は 地の果て アルジェリア~♪ どうせ~ カスバの夜に咲く~~♪」
と、唄ったのは青江美奈さんですが、
日本からの地の果ては南アや、ジンバブエで、アルジェリアはまだ日本から近いです(笑)

今日もゆっくり休みました、明日は取材できそうなとこが見つかったら外出しようと思いますが、
無かったら、家に籠もります(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 23:23
モコさん、こんばんは

帰りの香港からのJAL便は、キャセーパシフィック航空との共同運航便で、飛行機も乗務員も、キャセーでした。
乗継時間の都合で、キャセーと知ってて乗ったのですが、2階席は通路を挟んで左右に1席ずつが通路側を向いてました。
なので、外の景色は180度首を捻らないと見えないんです。
勿論、カメラを構えても、機窓まで30cmはあるので撮れません。
あんな変てこな座席配置は初めて見ましたよ。

一応、座席は倒れて寝ることはできますが、幅は70cmくらいしかないので、すぐ肘がつっかえます(笑)
・・・ってわけで、悶々として、外の景色も見えないまま、飛行機がドスンと着陸しました(^。^)
なので、東京の町に妙な違和感を感じたまま、モノレールに乗りました(笑)

あんな遠くまで、動物や、滝を撮りに行くのは、余程好奇心が強いか、変人か(^。^)
でも恐らくまた、ケニアに行きますよ。
写真がもっと上手にならないと個展は無理ですが、私にとっては、エキブロの読者に見ていただくのが、
個展みたいなものなので、じゅうぶん満足してます。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-09-17 23:23
非日常の野性味あるれる旅から、お帰りなさい。
NEWレンズの威力がいかんなく発揮されましたね。
旅プラスさんがマサイムラを旅してはる時、
BSTVで、ZOO写真家中西安男氏(ご存知ですか?)が
同じ場所の番組してるのを偶然見ました~^^
その時、チータのママが妊娠してたので、
旅プラスさんが撮影したのはその時のBABYかな?
なんて・・・思いながら??
番組では獣医(希少動物チータを保護している)さんが
人間の手で育てられたチータが野生で暮らしていけるかなどの
保護観察しているようでした。

旅慣れしてはっても、遠距離の旅でお疲れでしょうから
レスはゆっくりでいいですよ。
関空は、はしか流行ですけど?成田は大丈夫でしょうか?
充分に休養されてください。台風も接近中ですし・・・・

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 23:30
u-tanさん、こんばんは

まさか、自分がアフリカを縦断して、アフリカだけを旅するとは思ってもなかったです(^。^)
ずっと、石でできた大聖堂や、お城や、町並みが好きだったので、旅というとヨーロッパが多かったのですが、
今年は突然変異というか、アフリカに魅せられてしまいました。

やはり滝は必ずそこにあって待っていてくれますが、野生動物でも猛獣は、どこにいるかわからないし、
会えるかどうかもドライバーの腕と、乗客の運によるので、なかなかエキサイティングです。
それが楽しいというのもあります。

しばらくアフリカの日記が続きますが、ご容赦を(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 23:37
パテオナベさん、こんばんは

昨晩、帰国しました。正直、やはり疲れました(^。^)
2kg痩せましたが、今日は1日家で、13日分の新聞を読んだリ、片づけをしてたら、
1kg増えて、半分戻りました(^。^)
1日、家にいて運動をしないというのは、恐ろしいですね。
10日も家にいたら、10kg増えてしまいそうです。

ビクトリアの滝は凄かったです。あの水量には圧倒されました。
アフリカのイメージというと、沙漠か、サバンナですが、水が豊富な国もあるんだというのを初めて見てきました。
Commented by maxiah1818 at 2016-09-17 23:44
お帰りなさい。
お疲れ様でした。
とてもすてきな旅でしたね。
楽しく見せてもらっています^^
これからも楽しませてくださいね♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-17 23:53
光さん、こんばんは

ついに帰ってきてしまいました。
ビクトリアの滝には感動しましたが、ケニアは、あと何日かいても良かったと思うくらい名残りおしいです。

あの豹のベビーに、また会いたいなあとか、あのチーター3兄弟にまた会いたいとか(^。^)
でも仕事もあるので、機会があれば来年ですが、なんとか実現させたいと思います。

大きな滝は、その水量に驚かされますが、噴煙が何百mと吹きあがるというのは初めて見ました。
もう雨の中を歩いてるようなもんですから、カメラは濡れますよ。
撮る前にレンズキャップを取り、撮り終わったらレンズキャップを嵌めるの繰り返しです。
カメラボディーはもう仕方ありませんが、霧雨のような雨なので、拭きながら歩けば大丈夫です。
しばらくは、アフリカ篇の日記が続きますが、見にいらして下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 00:04
姫っこさん、こんばんは

本当に400mmを持って行ってよかったです。
あの豹の親子なんかは、400mmのお陰で、撮ることができました。

中西安男氏の名前は知ってますが、写真展は行ったことないです。
うわ~~、その番組を見たかったです。残念。
チーターや豹は、マサイマラ全体でも、50頭とか60頭という説があるくらいで、
それが大阪府と同じ広さに散らばって暮らしてるので、なかなか出会うことができません。
今回は幸運でしたが、そういう幸運と出会うと、次もあるかなと、また行ってみたくなります。

チーターを保護観察してるところがあるんですか。
知らなかったです。もし次回、行けたら訪問してみたいです。

今日1日、休養して、飲んで食べてたら1kg、太りました。
明日は、ちょっとは外に出ないとヤバイです(^。^)
Commented by gummi-choco-pine at 2016-09-18 00:22
旅プラスさんこんばんは!!

なかなか見れない感動的な光景をたくさんありがとございました!!
はぁ~楽しかった~♪

いいな~
私もいつか行ってみたいなぁ~。
羨ましぃ~~~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 07:25
あいさん、おはようございます

10泊13日の、私のアフリカの旅も終わってしまいました。
帰国して2日目になりますが、緊張の糸が切れたというか、気が抜けちゃいましたよ(^。^)

簡単に言うと、ビッグイベントが終わったあとの無気力状態。
でも火曜日からは会社があるので、気合を入れ直さねば(^。^)

ありがとうございます。素敵な旅でしたよ。
野生の王国への旅って、意外性がまた楽しいのですが、今回はその意外性が、
日々、幸運のほうに傾いてくれたので、毎日写真を撮りながらニコニコしてました。こんなこともありますね。
撮りためた写真は日記で10回分くらいはありそうなので、忘れないうちに、ぼちぼちとアップしていきます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 07:38
cinnamonさん、おはようございます

楽しかったですか。ありがとうございます。
アフリカまで写真を撮りに行く人は、プロの動物写真家か、ただの奇人か、変人ですからね(^。^)
その奇人・変人も今回は頑張りました。

豹が2回、チーター2回、ヌーの川渡り2回、象の川渡り1回ですからね。
写真の技術はマダマダですが、満足のいく写真が何枚かは撮れました。
もうアフリカに、どっぷりはまってます(笑)

cinnamonさんも、是非、一度お出かけ下さい。
きっと満足できる旅になると思いますよ。
その時は、「なんでもアフリカ・無料相談」に応じますので、コメントでお問合せ下さいね。
待ってます(^。^)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-09-18 16:20
遅ればせながら
おかえりなさい!ご無事のお戻り良かったですね!
旅プラスさんのお名前に由来するような沢山のHAPPYに恵まれた素敵な旅でしたね♬
ヴィクトリアの滝圧巻ですね❗
間近で見たらどんなにか感嘆するのでしょうか?
多分怖い位の迫力ですよね!
虹が嬉しい歓迎アーチですね.(^^♪
素晴らしい写真の数々ありがとうござきました❗
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 20:10
sakuramoonさん、こんばんは

ありがとうございます。13日間でアフリカを北から南へと縦断し、往復しましたが、無事帰国しました。
ええ、事故もなく、事件も無く(^。^)、のどかな旅でしたよ。
そして予想以上に、希少動物との出会いがあり、写真も沢山撮れたので、ラッキーでした。

峡谷に落下する水を川岸の反対側から見てるので、怖くはなかったのですが、
狭い峡谷なので、距離が近くて、それが大迫力でした。
虹も見れましたが、旅行会社のツアーパンフレットを見ると、冬は月の明かりで虹が見えるそうです。
それは「ルナ・レインボー」、ちょっと興味ありますが、
あそこに夜行くというのが恐いですね、
何が出てくるかわかりませんから。私は遠慮します(^。^)
<< ケニアを縦横につなぐ軽飛行機と... ジンバブエの朝食と、チョベ国立... >>