ケニアを縦横につなぐ軽飛行機と、ヌーと、三越ライオン(アフリカ縦断の旅、9月5日、午後のゲームドライブ)

9月5日のナイロビからマサイマラへの移動、そして降りてすぐに参加したゲームドライブです。

ケニア国内を縦横につなぐのは軽飛行機。何故なら先進国のような高速道路が無いので、車だと何時間もかかってしまうからです。
特にナイロビからマサイマラへは、軽飛行機が便利。小さな飛行場に立ち寄りながら運航するので、まるで地域コミュニティーバスのようです。

1列目に座ると、操縦席のすぐ後ろ。手を伸ばせばパイロットと握手ができます。
実際にはそんなサービスは無かったですけど(笑)
写真は左に旋回中です。

b0291402_08394176.jpg


あまりにも前方の景色がよく見えるので、土を固めただけの滑走路が見えてくると、「もっと右」とか、「もっと下げて」、とか叫びたくなります。
でも彼らは大ベテラン。「紅の豚」みたいに自由に、そして巧みに操縦桿を操ります。

b0291402_08395076.jpg


着陸する音が凄いので、トムソンガゼルが、ジャンプしながら逃げていきます。
ジャンプなら、インパラのが高く飛ぶので恰好いいのですが、トムソンガゼルも頑張ってました。

b0291402_08395956.jpg


パイロットがいない時に操縦盤を撮影しました。簡単に飛んでるようですが、計器類が多く、かなりの部分がモニター化されてます。
これじゃあ、賞金稼ぎのポルコも操縦は無理でしょう。
飛ばねぇ豚は、ただの豚だ~~!!
乗らないで、マルコ!!、今にローストポークになっちゃうから(笑)

b0291402_08400719.jpg


飛行機を降りて、サファリカーに乗り換えると、さっそく出迎えてくれたのがヌーの大群。

b0291402_08401583.jpg


キリンが1頭、お付き合い。
このヌーの行列は滞在中に何度も見たので、そのうち撮影もやめました。

b0291402_08402590.jpg


このオスライオンは、たてがみが立派で、三越のライオンとそっくりでした。
三越のライオンは、背中に跨ると受験に合格するというジンクスがあり、私の友人は、親に連れられて背中に跨ったと言ってました。
でも、この本物は無理です。噛まれます(笑)

b0291402_08403689.jpg

この日はこの後に、象の行進を見て、クロサイ、チーターにも出会いました。
次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-18 08:52 | 動物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26203229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-09-18 10:46
こんにちは。
遅くなりましたが、お帰りなさい!
無事のご帰国にホっといたしました(^^)

軽飛行機、こんなに狭いのですね!
操縦席も丸見えなんて、軽飛行機だからこそ。
アフリカは、ケームドライブ以外の移動時間も面白いものなのですね。
大自然の中の滑走路に、トムゾンガゼル。
これも、アフリカならでは。
ああ、行ってみたい。

↓ 滝の爆音と、水しぶきもリアルに届くようでした。
臨場感たっぷりの、素晴らしいお写真に感動しっぱなしです(^^)
Commented by ayayay0003 at 2016-09-18 12:17
こんにちは^^
ナイロビからマサイマラまでの軽飛行機の搭乗日記は
臨場感に溢れていますね~
操縦かんを見ると、ほんと「紅の豚」の場面を思い出します!
一番前は、まさに特等席でしたね☆
席は、早いもの勝ちでしょうか!
ガゼルが跳びはねてる3枚目やヌーの行列にきりん、アフリカの大地を感じます~(^^♪
最後のライオンは、ポーズまで三越のライオンと同じですよね~♫
受験の合格祈願にはなりませんけど。。。(笑)
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-18 16:46
旅プラスさん(*´ω`*)
お仕事をしながらの旅…
旅をしながらのお仕事…どちにしても、時間を大切にしていらっしゃるなぁ…( ☆∀☆)
窓を背にする座席なんて存在するんですね。想像したら、落ち着かなそう!前の人の様子が見えてしまうわけですよね?でも、何が起こるかわからないのが旅!そこにマイナスではないプラスが加わるのは楽しみって事で(笑)

パイロットの居ない留守に、操縦席に座ったりされませんでしたか?怒られちゃいますよね。間近に私も見たいです。メーターの針ってぞくぞくします。若気のいたりで大型バイクの後ろに乗って、湘南をぶっ飛ばしていたころ、180㎞/h.の針に、思わずにやにやしていました。高いところと、高速は恐くないんですよ。

…脱線しましたが、ライオンも存在感がありますね。もっとみたいですが、お疲れでしょうから無理せずに。日常への社会復帰も頑張って下さい!ITってなんだかわからないですが~IT頑張って下さいね。
モコ
Commented by umitosora14 at 2016-09-18 18:36
今晩は^^
軽飛行機のお写真、臨場感満載ですね~
怖そうだけど、乗ってみたい~♪
って、高いところ苦手なのに、飛行機はわくわくしちゃうのはどうしてでしょう?(笑)
操縦席もカッコイイです^^
ガゼルが飛び跳ねて逃げてくのって、TVの番組で見かけますけど、
ほんとにそんな姿が見れるんですね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 20:26
butanekoさん、こんばんは

はい、無事に帰国しました。ありがとうございます。
アフリカで訪問した国は、ケニア、南ア共和国、ジンバブエ、ボツワナ、ザンビアでした。
ケニア以外は、初訪問国なので、私の生涯訪問国は4ヵ国もいっぺんに増えて、54ヵ国となりました。
なかなか行けない国ばかりなので、今回まとめて行けたのはラッキーでした。

軽飛行機は東京で乗るチャンスは、伊豆七島とかの離島に行く時くらいですが、
ケニアでは生活路線。バスのように運航してました。
トムソンガゼルのジャンプも面白いけど、パイロットの操縦が間近で見れるというのも面白かったです。

滝は、スローシャッターで撮りましたが、ここに行けば誰でも、同じように撮れますよ
どう撮っても、大迫力ですから。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 20:43
アリスさん、こんばんは

「紅の豚」、観られましたか。
あれ私が昔、働いてた航空会社が制作策委員会に入って、全面的に協力したんですよ。
映画の完成後には、本社ビルのロビーに、あの軽飛行機の模型がずっと飾られてました。
wikiによると制作費が920万円で、興行収入が3410万円。
誰が儲かったのかは知りませんが、興行的には大ヒットでした。

軽飛行機の席は早い者勝ちです。私は前回の経験があったので、飛行機まで歩く時に先頭で、
真っ先に飛行機に乗りました。・・・といっても、この便の乗客は私を入れても5人でした(^。^)

最後のライオンは貫禄ありますよね。見た途端に「あ、三越だ」と思いましたよ(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 20:55
モコさん、こんばんは

旅行の時は、いつもメールで仕事はしてるんですよ。
なので、旅に出やすいし、長い期間出かけても、大丈夫なようになってます。

座席はそうですね。全員が通路方向に直角ではなくて、前方と真横の45度くらいでしょうか。
なので通路を挟んだ隣の乗客の足は見えますが、顔や、食べてるとこは見えません。
でも狭いんですよ。狭所恐怖症の乗客にはつらいかもしれません。

パイロットの操縦席のシミュレーションは座ったことあります。
JALも、ANAもやってる工場見学では、大型航空機の操縦をシミュレーションですが、体験できるんです。
でもその747や、787よりも、もし体験できるなら、こういう軽飛行機のが面白そうですね。
座りたかったけど、引きずり降ろされて、変な空港に置き去りにされると困るので、我慢しました(笑)

はい、明後日から仕事です。夜は宴会が一件。
日常モードに否応なく戻ります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 21:12
umiさん、こんばんは

この軽飛行機で、マサイマラにいくつもある、飛行場というか、滑走路だけの施設に、
着陸したり、離陸したりで、凄いです。
パイロットの技術も高いんでしょうね。
1列目に座ってると、前方の景色が右に、左にと30度くらい傾くので、ゲームの画面を見てるようでした(^。^)

この軽飛行機は、次の空港が近い時は50mくらいの高さにしか上昇しない場合もあるんですよ。
遊園地のアトラクションよりはちょっと高いくらいです。
なので、高所恐怖症でも大丈夫です。近くの地面を見ないで、遠くの野生動物を見てれば、なんてことないですよ。

本当は、飛行機とヌーを一緒に撮ろうなんてアイデアを持ってたのですが、草食動物は飛行機の音で逃げちゃいます。
残念ながら、この企画は白紙撤回でした。
Commented by haru2721 at 2016-09-18 22:28
遅くなりましたが、おかえりなさい~
無事の帰国、よかったです。
お疲れ様でした(#^.^#)

壮大な自然と、動物たちの姿にくぎ付けでした~

お疲れが出ませんように、
気を付けてお過ごしくださいね(#^.^#)

Commented by oomimi_usako at 2016-09-18 22:36
お帰りなさい、tabiさん!

“旅行の記録は、ASAPでblogにする!”
これが、今回のtabiさんのブログ記事から私が学んだことです。
拝見していて、とっても楽しかったですv
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 23:26
haruさん、こんばんは

ありがとうございます。無事に帰ってきました。

体力的には疲れもなく元気なのですが、6ヶ月間計画してきた秋の大旅行が、終わってしまったので、
気が抜けてしまいました。

結局土曜日も、日曜日も、一歩も外に出ず、たまってた新聞を読んだリ、予約録画したテレビを見たり。
そういえば土日に、カメラを持って外出しないなんて、この3年間では初めてです(笑)

明日もまだ休日なので、日常モードに戻って、何か撮りにいこうと思います。
日記の方は、まだ写真が沢山残ってるので、当分続くと思います。厭きずにご覧くださいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-18 23:39
usakoさん、こんばんは

ありがとうございます。
旅行中はその日の晩に、日記を書いてしまった方が、その感動も伝わるのではないかなんて思ってます。

ヌーの川渡りを見た日とか、豹のベビーを見た日なんかは、きっと文章も興奮してたんではないでしょうか。
日記のタイトルに「ついに見ることができました」なんて書いてる日は、明らかに興奮してます(笑)

こういうゲームドライブって、今日は何と出会うだろう、明日は何が見れるだろうと、
作戦は立てても、予想ができないことがよく起こるのが面白いです。
本人も楽しい日々を過ごしてきましたが、読んでいただいても楽しんでいただければ、嬉しいです。
まだ旅行ボケで、ぼやっとしてますが、火曜からは会社なので、日常モードに復帰します。
そして来年春には恐らくまた出かけます(^。^)
<< ザンベジ川の朝陽、ビクトリアの... 世界三大瀑布の一つであり、世界... >>