ザンベジ川の朝陽、ビクトリアの滝、ザンビアとの国境の橋(アフリカ縦断の旅、9月15日、)

9月15日は、ビクトリアの滝を観に行った日ですが、ネットで「トリップアドバイザー」を調べると、ホテル裏側の出口から歩いて5分のところに、
滝の噴煙を望めるCAFEがあることを知りました。

ホテルを出たのは朝の6時半、出口にはセキュリティーがいて、部屋番号を届けてから敷地外に出ますが、「安全か?」、と聞いたら「OK」というので、林の中の小道を急ぎました。

b0291402_22335707.jpg


歩いて5分、陽が昇ったばかりでまだ客はおらずCAFEの名前は忘れましたが、バンジーや、カヌーの川遊びの集合場所のようでもありました。

b0291402_22340564.jpg


景色はというと、ザンベジ川を挟み左側がジンバブエ、右側がザンビアです。ビクトリアの滝は1km程上流ですが、朝陽が強烈で噴煙はよく見えません。

b0291402_22341443.jpg


露出を極限まで絞って、ISO感度を上げて、朝陽の眩しさを取り込んで見ました。
写真右上に橋が見えますが、ジンバブエと、ザンビアを結ぶ幹線道路と、鉄道の線路が通ってます。

b0291402_22342398.jpg


ホテルに戻り、8時からは17日の日記で写真を掲載した、ビクトリアの滝を見学し、その帰り道のことです。
ガイドの「イボイノシシ」が「ロビン」と言ってましたが、日本語では「コマドリ」でいいと思います。
何故、ガイドが「イボイノシシ」というかは、本人が、「I’M イボイノシシ」と、自己紹介したから(笑)
本当に黒くて、顔が細長くて、ちょっとブツブツしてて、よく似てました。

面白い奴で、
「奥さんは一緒じゃないのか?」
「東京で留守番してる」
「オレがアフリカの奥さんになってあげる」
「NO THANK YOU」
てな会話で、ビクトリアの滝を2人で廻りました(笑)

b0291402_22343355.jpg


遊歩道が終わり帰り道で、なんと本物のイボイノシシが現れました。距離はかれこれ10m。一応、牙もついてるし、そこそこの大きさ。

b0291402_22344284.jpg


「あんた、兄弟じゃないの、2ショットの写真を撮ってあげるよ」
人間のイボイノシシ、マジで本物のイボイノシシに近づきますが、逃げられました(笑)

b0291402_22345263.jpg


「逃げられちゃったね」
「あいつはオスだから、オレとは相性悪いのよ」

このあと近くのホテルに戻るだけで、位置関係もわかってるので、イボイノシシと談合しました。
「あの橋を渡ってザンビアに入りたいのだけれど、一緒に行ってくれないか」
「次にチョベまで連れてくお客さんがいるので、オレ時間がない」
「じゃあ、イミグレーションまで連れてってよ、あとは自分で橋まで歩いて国境を踏んで帰ってくるから」

交渉が成立し、このあと私は、ザンビアに入国しますが、その日記は明日アップします。

橋の真ん中にある国境線まで行き、ザンビアの地を踏みしめてから、ジンバブエに戻りました。
そして公園の真ん前にあった土産物屋さん。背景に子供が大勢いるのは、ビクトリアの滝をこれから見学する生徒さんたちです。

b0291402_22350633.jpg


木製の椅子や、木彫りの人形や、動物や、小物が多くありますが、削り方は雑でした。

b0291402_22351518.jpg


早朝のCAFEへの往復で30分。
ビクトリアの滝の見学で90分。
ザンビアへの越境で40分。
この日は午前中だけでかなり歩きましたが、盛り沢山な散歩となりました。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-19 07:57 | 世界遺産 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26205133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bulanchan at 2016-09-19 08:20
旅プラスさん☆おはようございます。

雰囲気の良いCafeですね!
こんな所でぼーーーっとしてみたいです(笑)
下の土産物屋さん、私なら多分あれこれ買ってたと思います。
何せ、アフリカ物に弱い(^_^;)作りがどうであれ(笑)
昔はアフリカ展があれば飛んで行き(デパート催事)楽器等を買ってました。あの独特な布も大好きです!
Commented by ayayay0003 at 2016-09-19 09:14
おはようございます^^
オオ~素晴らしいカフェですネ(^_-)-☆
でも、旅プラスさんがカフェに行くためにわざわざ外出するのは珍しいかな?と思いました!
この景色を撮るためだったのですね☆
2枚目は、映画のようなワンシーン♡
コ―ヒーでも飲まれたのかな?
しかし、ちょっと怖そうな寂しそうな道に歩いて5分とは言え躊躇しそうです~(笑)
イボイノシシ君、意外とおとなしい気弱な子だったのですね♪(笑)
ジンバブエと、ザンビアを結ぶ幹線道路と、鉄道の線路が写る写真、ほんとに素敵でポスターにでもしたいですね☆
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-09-19 11:25
朝陽の差し込むカフェ素敵ですねー❗
自然のなかにある雑貨屋さんもなんだか雰囲気があって面白いですね。
覗きたくなりますね。Africaの太鼓とか興味あります。
ガイドさんとの交渉もされるんですね。
旅慣れた旅プラスさんだから出来るのでしょうね。なんか怖い気がしちゃうけど…
イボイノシシとも遭遇されて満喫状態ですねー❗
Commented by ei5184 at 2016-09-19 14:32
こういうカフェだけなら訪ねてみたくなります(笑)
残念ながら私は基本苦手な世界。
動物は犬猫それと人間だけで充分ですので・・・
イボイノシシ(人間のほう)の写真を拝見したかったです(笑)
Commented by yocomilk at 2016-09-19 18:20
旅プラスさん、お帰りなさいませ。
楽しく拝見させていただいています。
この朝日の射し込むカフェの写真にはなんとも心惹かれました、素敵。
イボイノシシ・・
ライオンキングのアニメで見ていましたが、実物はよく見たことがありませんでした。
こんなお顔なんですね~(^^;)

自称イボイノシシさんとのやりとりが・・面白かったです。

滝の写真も圧巻でした~!
Commented by kaorunchoko at 2016-09-19 20:15
❤旅プラスさん こんばんは☆
ネガティブキャンペーン中で、すっかり出遅れましたm(__)m
遅れ馳せながら、お帰りなさ~~!!!
無事の帰国安心しましたヽ(^。^)ノ

絶対行けないであろうアフリカの大自然、野生の動物も、自然の景色も
本当に色々見せていただけて嬉しいです!
早朝のカフェの朝陽が当った雰囲気が、とっても素敵です。
ザンベジ川の両側は随分高い崖なんですね\(◎o◎)/!
「イボイノシシ」さん面白い方でしたね(笑)
着陸に驚くトムソンガゼルも、三越のライオンも良いですね~♫
そして、待ってたビクトリアの滝、その迫力にビックリです\(◎o◎)/!
迫力ある写真に滝のドーーーッと落ちる音が聞こえて来そうです。
「雷鳴する水煙」正にその通りですね!
本当に素晴らしい景色を見せて下さり、ありがとうございましたm(__)m
続きも楽しみにしてますね~(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 20:24
bulanさん、こんばんは

このCAFEなら1日中いれるし、日中ならビクトリアの滝から立ち昇る噴煙が見えますよ。
ザンベジ川の渓谷の景色も、日本では有り得ないような深さなので見てて厭きません。
この渓谷の上からバンジー・ジャンプができて、川ではラフティングもできますが、
どちらも相当な勇気がないと参加するのは難しそうでした。

土産物屋さん、木彫りが多いのですが、例えば北海道の土産物屋さんでよく売ってる
熊が鮭を咥えてる木彫に比べたら、全然粗いんですよ。
あれを知ってると、とても買えませんが、色彩豊かな布は安くて魅力的でしたよ。
ごめんなさい、でもチェックインバゲージ無しの軽装なので、土産は何も買いませんでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 20:42
アリスさん、こんばんは

そうなんですよ。CAFEで、コーヒーを飲むんじゃなくて、朝陽を撮ろうと思いました。
6時に出れば間に合ったのですが、あまりに暗いと危険かと思い、6時半に出たら、日の出の瞬間は見逃しました。
2枚目は日の出から15分後くらいで、真横から陽が差してました。

ゆっくり座りたかったのですが、ホテルの朝食ブッフェがあるので、写真だけ撮らしてもらい帰りましたが、
午前中の予定の一番最後に、つまりザンビアから戻ってきた時に、寄り道してビールを一杯ここで飲みました(^。^)

イボイノシシ君、可愛いやつでしたよ。
本当に本物に近づいて、写真を撮ってもらおうとしてましたから。
でも本物のイボイノシシが、奇妙なイボイノシシ男に、恐れをなして逃げちゃいました(笑)
朝陽が真横から来ると色んな写真が撮れるので、試してみたのが4枚目の写真でした。
光が滝のように見えたので、ちょっと変わってるなと掲載してみました。
まだまだですが、もうちょっと工夫すると、面白い光の写真ができるかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 20:52
sakuramoonさん、こんばんは

CAFEは素敵でしたよ。
早朝はホテルの朝食の時間もあったので、写真を撮らせてもらっただけなんですが、
ザンビアから戻ってきた時に、寄り道してビールを飲みながら、
真昼の太陽光でも写真を撮ってきました。

この峡谷は深さが50m以上はありそうなので、ビューポイントとしては最高のロケーションでした。
そしてビールも美味しかったです(^。^)

本当は、ここの手配をHISさんに依頼したのですが、HISも現地の旅行会社に丸投げしただけで、
スケジュール表も無いので、ドライバー兼ガイドに、次はどこに行って、何時に待ち合わせ??
と聞きながら行動をしてました。
なので、自分のリクエストをぶつけながら、旅程も組み立ててたので、結果としてザンビアにも入国できました。
HISさんには、がっかりですが、現地の旅行会社のガイドは、いいやつが多かったので楽しかったですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 21:02
eiさん、こんばんは

犬、猫で充分ですか(^。^)
私はネコ科の動物が結構好きで、チーター、豹、ライオンは、大好きです。
写真の被写体としても彼らは、威風堂々としてて、絵になります。

でも、おわらの踊り手のお姐さん方と、どっちがいいかと言われれば、私もお姐さんでしょうか(^。^)
さらに浅草に登場する、サンバの踊り子さんたちも、被写体としては大好きです(笑)

そうなんです、人間のイボイノシシも撮ってあげればよかったと、あとで後悔しました。
彼、野生のイボイノシシと並ぼうと、追っかけたんですけどね。
見事に、ふられてました(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 21:13
yocoさん、こんばんは

朝6時15分、真横から陽が差すCAFEも、なかなか「オツ」でしたよ。
同じホテルに泊まった客が、5分歩いてこのCAFEに行ったというトリップアドバイザーへの投稿を見てたので、
私も、朝早く起きていくぞと準備を整えてました。

昼間歩くと、物売りもいて、この道も鬱陶しいのですが、早朝は、誰もいなくてかえって不気味な感じでしたが、
行ってきてよかったです。

イボイノシシ君とは、英語でのやりとりで、私もうまくないし、イボイノシシ君も下手だし、
でもこういうバカな会話は、お互いに成り立ちます。

ザンビアとの国境のイミグレーションに、私が1人で入ろうとしてたら、彼が追いかけてきて、
役人への説明をサポートしてくれました。顔はイボイノシシだけど、結構いいやつでした(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 21:27
kaorunさん、こんばんは

猫心配症候群は、少し落ち着かれましたか。
家族だからそりゃあ、慌てるし、心配にもなりますよね。
ちょこちゃんが早く元気になって、視力も回復してくれるといいですね。

ザンベジ川の両側は高い崖ですが、ビクトリアの滝は、この1km上流で、この高さを落ちる滝です。
しかも幅が1,708mもあります。凄い迫力でした。

そうそう、トムソンガゼルのジャンプも、三越ライオンも、ここではよく見かける光景ですが、
どちらも楽しいですよ。あの三越ライオンはメスを1頭従えていてハネムーン中でした。
羨ましい、オスライオンです(^。^)
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-19 21:28
旅プラスさん(*´ω`*)
コメントしたいことは山ほどあるのですが、今回は厳選した究極のリアクションをば…

(´;ω;`)最後の独身貴族じゃなかったんだ。。。てっきり、妄想と現実の区別ができない私は、きっと、旅プラスさんは独身貴族だと、思い込んでいました凹凹凹
急遽、かなり書き上げてしまった妄想小説の加筆訂正作業に入らせていただきます(^-^ゞ
モコ
Commented by umitosora14 at 2016-09-19 22:38
こんばんは^^
cafeのテラスからの眺め、
最高ですね~
その眺めの2枚のお写真、素晴らしいです^^
それにしても、この高さのバンジージャンプ?
わざわざ挑戦したい人、私には理解できません(笑)
罰ゲームでも、絶対に無理><
駒鳥さん、可愛いです
そういえば、英語では、確かロビンって言いますね
イボイノシシは、牙あるし、大人しい子で良かった。。。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 23:11
モコさん、こんばんは

私が独身貴族!!!
・・・・もしも戻れるものなら喜んで(笑)

モコさんの、妄想の中では、独身貴族でOKですよ。
実は顔は福山雅治似です(笑)
足の長さは向井理、野球は得意でイチロー、テニスも上手で錦織選手。

ヤバイ~~~!!、
妄想癖に感染しました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-19 23:20
umiさん、こんばんは

なんか、ここで、バンジージャンプするらしいですよ。
いくらなのか料金表は見てこなかったのですが、お金払ってまで怖い思いをする人は、
本当に勇気がありますね。
私も、絶対に嫌ですが落下してる間に、心臓が口から飛び出しそうな気がします(^。^)

ここのロビンは逃げないです。神社の鳩みたい(^。^)
なので、大きく撮れましたが、トリミング無しです。

イボイノシシは、ちょっと驚きましたが、10mの至近距離で、私はしゃがんで、
目線を合わせながら撮ったんですよ。
突進されたら、危なかったですが、人間のイボイノシシと一緒だったので、大胆にいきました(^。^)
Commented by en_dy at 2016-09-20 00:53
ステキなCAFEですね。
しかも、眺めがすばらしいです。
それと、ガイドさんとのやりとり、面白いですねぇ。
さすが、旅慣れていらっしゃる。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 07:43
en_dyさん、おはようございます

早起きしてCAFEまで、行った甲斐がありました。
素晴らしく、景色がいいところでまさに「絶景かな~」でした。

アフリカの果てにも、面白い奴はいるもんだと思いました。
彼はガイド兼、ドライバーですが、日本語の単語も10個くらい知ってました。
そのうちの二つが、オクサンと、イボイノシシ(^。^)
誰かが教えたんですね。

旅は慣れているんですが、英語は超下手糞です。
実に適当で、怪しげな英語なので、ホテルの人や、ガイドさんも困ったろうと思います(^。^)
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-20 11:32
旅プラスさん(*´ω`*)
妄想癖は感染力が強いため、かかってしまった場合は治そうとはせずに受け入れましょう。もともと免疫がおありですから、怯える必要はありません(笑)平時は封印し、休日の数時間だけこちらの麗しき病気を楽しめるとなかなか良いものです。

さて、冷静さを取り戻した私からの再度のコメント、お手間をお掛けしますm(__)m

冒頭に、6時では薄暗く危険性を予測し、6時半行動開始とありました。危険を回避しながら冒険する、このオリジナル旅こそ、本当の自分探しですね。危険とは何なのか、どんな事が起こりうるか、想定ができるからこそ先回りして旅程を組めるのでしょう?HISさんの丸投げにはびっくりしましたが、旅プラスさんの行動力にも目を見張ってしまいました。引き続き、過去ブログを読ませてくださいね(^-^)v
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 16:54
モコさん、こんにちは

そうなんですか。妄想癖も楽しくて、麗しき病気なんですね。
私の場合は夢の中でも妄想癖がありますから、大丈夫です、楽しめます。

昔、海外で駐在してた時には、よく財布をすられたとか、パスポートを無くしたとか言って、
私のオフィスに駆けこんでくる観光客がいましたから、危機管理についてはプロです(^。^)
なので自分自身では、そういうトラブルに会ったことはまだないです。
危ないとこに、危ない時間に行かないというのが大原則です。

HISさんの丸投げの、コミッション丸儲けには驚きました。
まあ、でも旅行業界は薄利多売のコミッションで成り立ってる面がありますから、
それも「え、HISさんまで?」という笑い話です。

雨足が強くなってきました。
今晩の同窓会は新宿高島屋の14階で、地上120mからの新宿の夜景をお楽しみ下さいって・・・
この雨で夜景なんて見えるわけないじゃない(笑)、それでも参加表明した9名は全員参加です。
Commented by arak_okano at 2016-09-20 22:05
朝日の渓谷の景色も素晴らしいですが、レストランの風景も素敵ですね、バグースです。
アラックも、日の出前から撮影をすると思います。
実はね、私の走る姿は、妻に「イボイノシシ」と言われています、昔は日体大のままで脚が太かったですからね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 07:57
アラックさん、おはようございます

イボイノシシって、愛情のこもった愛称だと思いますよ。
本物のイボイノシシも、どことなくユーモラスで可愛いですから。

アラックさん、昔は格好良く走ってたんでしょうね。
馬力も合って、猪突猛進とか(^。^)

日の出前の景色には、なんかアフリカの空気感がありました。
日本の朝陽と違って、モワ~~っとした感じ。
写真でいうと、全ての色温度が高い感じです。
このCAFEの景色は、私にとって思い出の場所となりました。
<< ジンバブエからザンビアとの国境... ケニアを縦横につなぐ軽飛行機と... >>