ジンバブエからザンビアとの国境の橋まで歩き、ザンビアに入国(アフリカ縦断の旅、9月15日、)

昨日の日記の続きです。

9月16日はガイドのイボイノシシと、ビクトリアの滝を見学し、ジンバブエとザンビアの国境の手前にあるイミグレーションで別れました。

下の写真の正面がイミグレーションですが、左側がジンバブエからザンビアへの出国、右側がザンビアからジンバブエへの入国です。
VISAを取得して、パスポートにスタンプを押してもらうと有料ですが、橋だけの見学ならペラペラの紙1枚の通行許可証を貰えて、無料で橋まで往復できます。

b0291402_22273438.jpg


ここは両国の幹線道路で、国境なので人通りも多く、1人で歩いても安全です。
10分以上は歩いて、ようやくビクトリアフォールズ橋が見えてきました。

b0291402_22274773.jpg


狭い橋ですが、半分は鉄道の線路、半分は車道と歩道。歩道が狭いので人は車道も歩きます。

b0291402_22275680.jpg


女性たちのファッションがカラフルで素敵でした。
そして、大きな荷物は手に持たずに、頭に乗せるようです。

b0291402_22280469.jpg


国境の証拠写真。橋の真ん中が両国の国境で、ここから先はザンビアです。
3月のタンザニアが50ヵ国目、今回、南ア共和国(51ヵ国目)、ジンバブエ(52ヵ国目)、ボツワナ(53ヵ国目)と、3ヵ国廻ったので、
ザンビアは自分の54ヵ国目の訪問国となりました。

b0291402_22281204.jpg


橋の上から上流方向を眺めます。

b0291402_22283424.jpg


よく眺めると、山の上の高いエリアに、ビクトリアの滝の一部が見えます。

b0291402_22284170.jpg


こちらが下流の方向。

b0291402_22290371.jpg


朝6時半に訪問したCAFEは奥の右側ですが、建物が焦げ茶なので目立ちません。
宿泊ホテルはさらにその5分程奥で、正面に見えるのは、ビクトリアフォールズホテル、ロケーションは最高で五つ星ホテルです。

b0291402_22291083.jpg


ザンビアで10分程、写真も撮ったので、再びジンバブエに戻ります。

b0291402_22292602.jpg


ザンビアからジンバブエの入国には荷物検査もあるらしく、トラックが数珠つなぎで順番待ちをしていました。

b0291402_22353929.jpg



そして早朝は、朝陽が眩し過ぎて、いい写真が撮れなかったので、再びCAFEに寄り道です。
さっき渡った橋が遠くに見えてます。

b0291402_22370629.jpg



というのは嘘です。実は喉が乾いたので、ビール休憩しに来ました(笑)

b0291402_22371696.jpg


それにしても水量が多く、深い峡谷です。ここにビクトリアの滝という世界最大級の滝が存在するのも、納得がいく景色です。
この景色が、今回の旅の最後のハイライトとなり、午後からはヨハネスブルグに移動しました。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-20 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26208024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-09-20 16:17
山の向こうにビクトリアが見える…
凄い風景ですね。
深い峡谷ホントに凄い風景ですねー❗
女性達の服装もカラフルで力強い生活感溢れた姿ですねー❗

HISなんかに頼むより旅プラスと旅に出た方が頼りになりそうですね♬
Commented by ei5184 at 2016-09-20 17:13
こういうのはTV番組の世界です。
目の当たりにすると、多分私はお願いをして撮りまくっていますでしょう!
人間、特に女性の魅力は大好きですから(笑)
Commented by 3740s at 2016-09-20 17:20
巨大な渓谷
想像付かない規模です。

これらを見たら”日常の些細”なことが跳んで行きそう・・・・
Commented by aamori at 2016-09-20 17:33
54ヵ国目の訪問国,すごいな!!いいな!!
アフリカ、、行ったことのない大陸ですが、、、素晴らしいなと思います。
川も、草原も動物も。。そして人も、楽しそうで、、、
国境の橋は、サンディエゴ、ティファナを歩いて渡った記憶がよみがえりました。全然違うけれど、、、それなりに危険な感じの国境でした。
また、旅に行きたいな。
Commented by BBpinevalley at 2016-09-20 17:42
アフリカの旅、堪能させていただきました。
泳ぐゾウや座るライオンなどにも、ずいぶん近寄られたのですね。
弟が仕事でジンバブエに行って、イノシシみたいな動物にホテルの庭で追いかけられたと言っていたのを思い出しました。
衛生面ではどうでしょう?
お腹を壊したりする心配はないのでしょうか?
54カ国に行かれたとのことですが、お気に入りはどこでしょう?
Commented by butanekoex at 2016-09-20 17:56
こんにちは。

ガイドのイボイノシシさんのお話し
すごく面白かったです(^^)
イボイノシシさんもご家族に
「面白い日本人」のお話しをされているかもしれませんよ^m^

橋を渡る女性の頭、テレビではよく見ますが
本当に頭で荷物を運んでいるのですね~。
しかもかなり大き目のかご。
アフリカと言えば動物ですが、こうして人間の暮らしの一角を見せていただくと
まさしくアフリカの文化が感じられます。

遠くから眺める深い峡谷と
ビクトリアの滝の雄大さ、本当にアフリカってすごいです!
Commented by yocomilk at 2016-09-20 18:15
こんばんは♪
壮大な滝、渓谷と橋、素晴らしいですね。
そしてそのような風景はもちろん、行き交う人々の写真もすごく興味深いです。
頭に荷物を本当に載せて歩くのですね~。
この後のビールは美味しかったことでしょう(^^)

それにしても54カ国目とはすごい!
Commented by roseyrosey at 2016-09-20 18:45
おかえりなさいませ^^
アフリカ滞在、満喫されたご様子で何よりです。
私などあまりにも雄大なアフリカを目の前にしたら
写真の手も足も出ない感じがします。
動物たちのフォトも素敵でしたが、こういう場面での
旅プラスさんのフォト力は、さすがだなあって思います。
ラストの2枚、「モナリザ」の背景に描かれている
風景を思い出しました^^
実際は違うのに人のイメージって不思議ですね。
Commented by minibears at 2016-09-20 19:38
こんばんわ。minibearsのmarukoです。
私の拙い写真ブログでモンゴルの旅記事を見ていただきありがとうございました!
旅プラスさんの旅写真の数々・・・すごすぎです~!
すごくスケールの大きい素敵な旅をたくさんしているんですね。
オーロラを撮られたことがあるとのことだったので、気になって早速見させて頂きました~。
どの写真も見ていると、行きたくなってしまう魅力がありますね。またたくさん見させて頂きたいので、お気に入りに登録させていただきます。
Commented by ayayay0003 at 2016-09-20 19:38
こんばんは^^
素敵な徒歩での国境越えでしたね(^-^)
こういう風に国境が橋に書いていてくれると解りやすくていいですね~
そして撮影もOKで尚良いです♪
イミグレーションも、1枚目の位置からなら撮影可能なのですね!
陸路のイミグレは、どこでも結講厳しくて撮影不可のところが多いです^^;
ツアーだと撮ってはダメと言われるのであまり撮れません(笑)
4枚目の女性の衣装がほんとカラフルで素敵です☆
6枚目の泊まられてたホテルと渓谷の写真も素敵ですし、ビクトリアの滝の一部や、最後の渡られた橋と深い渓谷の写真も素晴らしくて見応えがあります♪
Commented by kaorunchoko at 2016-09-20 20:25
❤旅プラスさん こんばんは☆
ビクトリアフォールズ橋、鉄道と、車と、人が同じ橋を渡るんですね\(◎o◎)/!
日本だと、鉄橋は別って感じがするけど・・・
お国変わればですね!
TVでは見た事あるけど、実際に頭にあんな大きな篭を乗せて歩いてるんだ\(◎o◎)/!
凄いバランス感覚ですね。私には無理だな(笑)

橋の上からの景色!高所恐怖症の人には無理な感じがしますね~(^_^;)
私は結構平気な方ですが、ちょっとドキドキしちゃいそうです!
本当に切り立った崖、そして滝、素晴らしい景色ですヽ(^。^)ノ
最後の写真は、両側に川が流れているんですね!凄い!!!
私も今ビール飲みながら、この景色見させてもらってます(笑)
※大将が明日健康診断なんで、私先に一杯やってます(^_-)-☆
Commented by umitosora14 at 2016-09-20 22:00
今晩は^^
橋が国境で、そこを歩いて渡る、惹かれますね~
ただ、かなりの高さの橋ですね^^;
だからこその、絶景なんでしょうけど(笑)
それにしても、この切り立った崖、その間を流れる川。。。
これって、大昔からの大量の水の流れで、削られたんでしょうか?
フィヨルドの崖が、氷河が後退して出来たっていうのを見てきたので、
気になってしまいました^^;
頭に荷物を載せて歩く女性、
インドでも見かけましたけど、
手で持つよりも、楽なのかしら^^?
あれって、バランス感覚が凄いなって思ってしまいます(笑)
Commented by oomimi_usako at 2016-09-20 22:23
歩いて国境を超える!
その感覚をまだ味わったことがないということに、
気が付きました。
そういうところを旅する機会はあるかしら・・・

ビクトリアフォールズの水煙が見えるお写真や、最後のお写真を見て、やっと地形のようすに気づきました。
てっぺんが平らで、なかなかその地形自体も興味深いところなのですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 22:27
sakuramoonさん、こんばんは

台風が東京に今晩、最接近するというのに、新宿で飲んでて、今帰ってきました。
こういう男を「ノー天気」というんでしょうね(^。^)

ビクトリアの滝は、この橋よりもさらに高い位置にあって、噴煙は見えなかったけど、
微かに、ゴ~~~という爆音は聞こえました。

女性の衣装はカラフルなんですが、あからさまには撮れないので、橋や渓谷を撮ってるふりして
右の端っこや、左の端っこにちょっとだけ写して、編集段階のトリミングで真ん中に戻しました。

HISさん、まさか自分を、ジンバブエの旅行会社に売り飛ばして、「あとは知りません」なんて驚きましたよ。
迎えのドライバーが毎回変わって、言うことも毎回変わったけど、イボイノシシだけは、いい男でした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 22:37
eiさん、こんばんは

国境の往来って、TV番組にもありそうですね。
国境を行き来してる女性は、皆さんが出稼ぎなんだと思いますが、貧しい衣装ではなくて、
アフリカ大陸の平均値からすると、皆さんがお洒落で、衣装もセンスが良かったです。
もしかしたらジンバブエも、ザンビアも、比較級では裕福なのかもしれません。

写真は撮り放題でしたよ。
でも臆病者で、用心深い私は、橋の上や、その近くでは撮りましたが、
イミグレーションの近くではさすがに遠慮しました。
ホテルのショーではなく、こういう生き生きと生活してる女性は魅力的ですよね、
1枚くらいはアップで撮らしてもらいたかったのですが、声をかける勇気もなく、遠景だけでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 22:43
パテオナベさん、こんばんは

このずっと続く深い峡谷は、浅いところでも50m、もっと深いところもありました。
ビクトリアの滝は、ここから1kmくらい上流なのですが、落差は低くて70m、高いところは90mを超えます。

見てしまうと想像できますが、見る前までは、私もどうなってるのか、想像もつきませんでした。
確かにこの規模の滝を見ると、唖然・茫然・愕然。
世の中の些細なことは忘れます、それくらい凄かったです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 23:02
ATSUKOさん、こんばんは

アフリカでも、イスラムがいて、モスクがあって、スーク(市場)もあって、貧しい子供がいてという
北アフリカの地中海沿いの国々に比べると、この辺りの国々は川が流れ、ジャングルがあり、
農耕地もあるので、なんかおっとりしていて、観光客に対してもフレンドリーでした。

私がティファナから国境を渡ったのは、はるか昔ですが、なんか緊張したのを覚えてます。
それに比べれば、ここは安全で、緩くて、落ち着きました。
世界遺産の滝もあるし。景色もいいのでお薦めなのですが、日本から遠いのが欠点です。
キャッシュ・リッチというより、時間リッチのお客さんに適した観光地だと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 23:15
BBpinevalleyさん、こんばんは

アフリカの旅でも、ケニアの野生動物は、1日300枚として7日 で2,000枚は撮りました。
車に乗っての撮影なので、身の安全は保障されており、殆どの動物を至近距離から撮ってます。
そのへんはドライバーさんも心得ており、写真が撮りやすそうな、一番近いところで車を停めてくれます。

イノシシはホテルのすぐそばにも沢山いました。
私はガイドが、イボイノシシだったので、追いかけられたことは無かったです(^。^)
2ショットを撮ってあげると言ったら、ガイドのイボイノシシが、本物のイボイノシシを追いかけてました(笑)

このあたりの高級リゾートホテルは、水は安全みたいですよ。
飲み水はミネラルウォーターだけだし、サラダもよく洗われてる雰囲気で、問題無かったです。
54ヵ国のお気に入りですか。私が好きな石で造られた遺跡が多く残る、イタリア、フランス、スペインが
世界遺産の数もダントツで私のお気に入りです。
でも殆ど廻ってしまったので、最近はその三つの国に行く回数も減りました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 23:29
butanekoさん、こんばんは

ハ、ハ、ハ、そういうのもありますね。
今日来た日本人が、「写真を撮るから、イボイノシシと並べ」なんてオレに言うので、
もう、まいったよ~、なんてね(^。^)

ええ、写真では分かりにくいかもしれませんが、彼女の顔の4倍から5倍はありそうな、大きなバスケットを
頭に乗せていて、両手はダラリと下げて歩いてました。
頭の上に丸くて太い鉢巻のようなのを巻いていて、その上にバスケットを乗せてるようでしたが、
話しかけることもできず、あまりジロジロと見ることもできず、国境で私は泣きながら彼女と別れました(笑)

普通の観光だと、ビクトリアの滝だけ写真を撮って終わってしまうのですが、ザンビアまで越境して良かったです。
国境の橋での、男と女の悲しい別れがありましたが(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 23:41
yocoさん、こんばんは

今日は同級生との月例同窓会で、22時過ぎに自宅に戻りました。
新宿高島屋の14階の中華料理で、普段なら眺めもいいのでしょうが、生憎の台風接近。
景色も見ずに、ひたすら食べて、飲んで、騒いできました。

行きかう人々と言っても、ご覧の通り女性中心に撮ってきましたよ。
アフリカの男はどの国の男も同じような、ダサイ恰好ですが、ここを歩く女性は1人1人が個性的で
美しかったです(^。^)

ビールを飲んだCAFEは景色も良くて、朝から目を付けてたCAFEでした。
そこからなら5分でホテルに帰れるので、グイ~グイ~グイグイ~~の一気飲みでした。
赤羽の、立飲み酒場の、1杯目みたいなもんです(笑)
54ヵ国目ですか、ありがとうございます。60ヵ国目指して頑張ります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-20 23:59
roseyさん、こんばんは

13日間のアフリカ旅行でしたが、私のフサフサとした後ろ髪が引かれるくらい、
最後は残り惜しかったです(^。^)

写真は、マサイマラの空港に降り立った時から、キリンや、シマウマや、ヌーが迎えてくれますから、
カメラを持った手が自然に動きますよ。
動物たちがまるで待っていてくれて、歓迎してくれて、それぞれがポーズをとってくれてるようでした(笑)

そういえばモナリザの背景も、山と渓谷でしたね。
この景色を見ながらビールを飲みましたが、CAFEにモナリザはいませんでした。
これからカヌーに挑戦するという、ごつい山ガールらしき、ヨーロッパ女性はいましたけどね。
私はビールを飲みほして、疲れた足を引きずりながらホテルに戻りました。
Commented by haru2721 at 2016-09-21 00:10
こんばんは~
お疲れ、出ていませんかぁ?

この、頭の上に荷物をのせるの・・・
難しいですよね~
きっと、小さい頃からの習慣なので
現地の方は当たり前なのでしょうが(^_^;)
職場で、マリ共和国の水事情について取り組んだ時、
子ども達とこの光景をまねっこしたんですが、
・・・ご想像通り大変なことになってしまいました(^^ゞ

現地の女性、尊敬します(*^_^*)

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 00:18
marukoさん、こんばんは

berryさんが、日記に、私と、marukoさんを紹介して下さったので、訪問させていただきました。
私の場合、スケールが大きいかというと、よくある普通の旅だと思いますが、手配は自分でネットで行い、
ここ5・6年は、ずっと一人旅をしております。

そして旅行中にも毎晩、日記を書いて、リアルタイムで現地を紹介しています。
日記は365日、毎日書いてますのでよろしかったら、また見に来て下さいね。

オーロラの話ですが、ホテルから集団でバスで移動して、集団で帰ってくるのは自由がききませんが、
何ヵ所かは、ホテルの前が湖で、部屋からでも、庭に降りてでも撮れるというホテルがありますので、
今は環境的にはそれほど困難ではありません。
一番の問題は気象条件です。私の経験では3分の1。3日間で1日だけ、うまく現れてくれました。
何年か後の目標にでもしていただければ、そのホテルや交通手段はいつでもお知らせいたします。
私もお気に入りに登録させていただきました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 00:29
アリスさん、こんばんは

今夜は月例同窓会でこんな時間になってしまいました。
新宿高島屋の14階の中華料理で、コース料理、飲み放題、個室で、1人6,250円。
眺めは台風が接近中で、駄目でしたが、まあまあお薦めできるお店でした。
コンデジで写真は撮ったので、恐らく近日中に紹介できると思います。

1枚目の位置からのイミグレーションの撮影は、もしかしたら注意されるかもしれないので、
瞬時に撮って、すぐカメラはケースにしまいました。
イミグレーションの中は、のどかな雰囲気だったので、大丈夫と思いましたが、一応何があるかわかりませんからね。
この1枚以外は、橋の近くか、橋の上で撮りましたが、ここでは他に撮ってる人もいたので、元々OKみたいでした。

女性の衣装がカラフルでいいですよね。
もっとアップで撮りたかったのですが、よさこいや、サンバのようにはいかなかったです(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 00:42
kaorunさん、こんばんは

この橋は鉄道、車道、歩道が、通ってますが、鉄道は単線。
車道は1車線なので、片側相互通行。
そして歩道も、幅がお一人様なので、どちらかの人間が車道に降りて歩道を譲り合います。
まあ、きっと予算の関係なんでしょうね。

恐らくですが頭に真ん中が丸くへこんだ、ターバンみたいのを乗せて、その上にバスケットを乗せるんですよ。
だから乗せるバスケットが軽ければ、できるかもしれません。
もしくは子供の頃から、頭は1cmも上下左右に動かさないという訓練をしてるのかも(^。^)

最後の写真は凄いでしょう。
どうなってるかというと左の上流から流れてきて、CAFEの前でユーターンして、今度は右の上の方に流れていきます。
私のカメラでは全景を写せないので、右のユーターンの場所は写さずに省略しました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 07:26
umiさん、おはようございます

地質学的には、この辺りは玄武岩の大地なんですが、そこに大きな割れ目があって、
(ガイドはクラックと言ってました)、
そのクラックが砂岩なので、そこが削られて峡谷ができたそうです。
しかもその砂岩が削られてくには、10万年以上という期間がかかり、
現在も段々と上流が削られることで、滝の位置が1年に何cmずつか上流に移動してるそうです。

なので、氷河の寝食作用によるフィヨルドとは、水か、氷かという違いがありますが、
よく似た自然現象だと思います。

そうそう、インドの女性も頭に乗せますね。
頭を左右・上下に、揺らさないという歩行術を身に付けてるみたいですよ。
ス~~~ット、歩いてきて、ス~~ット去っていきました(笑)
まるで忍法です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 07:39
usakoさん、おはようございます

例えば世界で一番小さな国というのがありますよね。
ヴァチカン市国とか、モナコ公国とか、サンマリノ共和国とか。
あそこに行く時は、知らず知らずと、歩いて国境を越えてるわけです。

その3ヵ国とも訪問したことがありますが、イミグレーションも無いし、パスポートの提示もないし
そもそも、誰も国境とは思いません(^。^)

玄武岩の大地の部分が平らで、削られて峡谷となった部分は砂岩です。
滝の落下の高さでは、ベネズエラのギアナ高地にある「エンジェルフォール」で、
落差は979mだそうです。やはりここもてっぺんは平らな台地ですが、
あまりに遠いので、行きたいという気はあるのですが、そう簡単には行けそうにありません(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 07:49
haruさん、おはようございます

いやあ~~ありがとうございます。
疲れ出てますよ~~。
昨晩の、新宿の宴会が疲れました~~(笑)

きっと小さい時から、頭を揺らさずに歩く訓練をしてるんでしょうね。
ス~~ッと近づいてきて、ス~~ッと去っていきます(^。^)

haruさんの職場では、凄いことに取り組んでるんですね。
JICAとかですか。
私が所属するNPO団体も、コンゴで、水に取り組んでますが、なかなか前に進みません。
滝が大地を削るみたいに、期間がかかる仕事だと実感してます。
Commented by o-rudohime at 2016-09-21 12:59
憧れで終わってしまったアフリカを堪能させて頂きました。
ヨーロッパでも橋を渡れば隣の国というのがありますが 無くて有る国境越えの光景面白いですね。
最後の写真 グランドキャニオンのホースシューベンドを思い出します。
あ~ぁ やっぱり行ってみたい!
Commented by blue-lulubul at 2016-09-21 14:34
旅プラスさま、こんにちは。恐ろしいところ(私には。)に行ってらっしゃるのですね。見たこともない光景に胸がつぶれそうです。でも、お元気でなによりです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 16:07
ひめさん、こんにちは

お帰りなさい。復帰を待ってました。
アフリカに興味をお持ちですか。
マサイマラのリゾートはプールあり、図書室あり、3食あり、1日2回のゲームドライブあり。
ゲームドライブは、揺れる車で野生動物を見学しますが、あとはホテルライフを楽しめます。なので疲れませんよ。
クルーズだと、プログラムに従って楽しみがありますが、マサイマラは、今日は何が現れるか、全くわからないという、
エキサイティングなアクティビティーなので、きっとワクワクすると思います。

そうそう、ホースシューベンドとそっくりです。
このビクトリアの滝の近辺も景色がいいとこばかりですよ。
やはりアフリカは空気が違い、風が違います。いいとこですよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-21 16:16
blue-lulubulさん、こんにちは

9月4日に出発して、9月16日に戻ってきました。
3月に続き、今年2回目のアフリカで、空気も、風も、光も、野生動物たちも、全てが懐かしかったです。
もう最近は、アフリカにどっぷりです(^。^)

ケニアは、動物の写真を撮る人には、何回行っても楽しいとこですが、
ただ、野生動物を観察するだけなら、1回行けばじゅうぶんかもしれません。
もし動物好きの人だったら、新たな発見や、驚きが沢山あると思います。

また来年も訪問するつもりです。
見たことも無い写真が沢山出てくるかもしれませんが、また見て下さいね。
<< 亀有駅を「こち亀ジャック」、そ... ザンベジ川の朝陽、ビクトリアの... >>