マサイマラ国立保護区は、種類・数ともに最高の動物天国(アフリカ縦断の旅、9月5日、午後のゲームドライブ)

9月5日、午後のゲームドライブの続きです。

あっちを向いても、こっちを向いても、移動中のヌー、ヌー、ヌー(笑)
その中でも、できるだけ等間隔で行進してる、ヌーを探しました。

b0291402_23410295.jpg


こちらも移動中ですが、象の行進。

b0291402_23411296.jpg


後方はヌーですが、前方はトピ。
トピのグループが前を向いて歩こうとしてますが、ベビーが前にいる親の真似をして、こっちを見てます。

b0291402_23400235.jpg


サイは1頭で行進中。

b0291402_23412791.jpg


鳥も紹介しましょう。トサカゲリは、ヒゲのような黄色いトサカが目立ちます。

b0291402_23413750.jpg



木の上はダルマワシ。長時間の滑空が得意で、空を飛んでるのをよく見かけます。

b0291402_23414596.jpg



最後は、この日のハイライト、チーターです。
大物のトピを仕留め、ホッと一息のドヤ顔。

b0291402_23415677.jpg


下の写真は、旅行中の9月6日に現地から日記に掲載した写真をまた採用しました。
こんなに近くからチーターを撮ったのは初めてなので、ちょっと手が震えましたが、手振れ防止機能がレンズに付いてるので、ちゃんと撮れてました。

b0291402_23404040.jpg


午後15時から、18時30分までの3時間半で、これだけの動物プラス、三越ライオン(笑)にも出会えたわけで、マサイマラ国立保護区は素晴らしい動物天国でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-22 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26213730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-09-22 16:42
動物好きにはたまらない光景ですね。
トピ 象には親子の愛情を感じます。
動物の後方に見える光景も絵になりますね。
カメラは無理でも超大型の双眼鏡を持って行って見たいですね。
Commented by ei5184 at 2016-09-22 17:12
ヌーやゾウが隊列を成して直線になる景色、
面白いですね。
日露戦争時の軍艦の隊列を思い浮かべました(笑)
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-22 17:42
旅プラスさん(*´ω`*)
チーターのお顔に…鮮血がぁぁぁ!
これは現実なんだ、妄想じゃない、狩りなんだぁ!
と、興奮しています。カメラを持つ手が震えますよねぇ~手ぶれ防止機能があって良かったです。

動物も人間も生まれた瞬間から死のカウントダウンが始まっているのに、一方は仕留められる直前まで、しっかりと生きて、一方は死ぬんじゃないか、病気になるんじゃないかと、怯え不安な時期を長く過ごす…。不思議なさだめですね。感情や思考能力があるからこそ、苦しんだり、幸せを感じたり。
旅プラスさんはこの旅を終えた今、アフリカの地でチーターとして生きたいですか?(笑)私は、無理です。
モコ
Commented by aamori at 2016-09-22 17:54
チーターのどや顔!
確かにそう見えます。俊足ですが、狩りはそれなりに苦労しているのでしょう。
赤ちゃん象はかわいいなと思います。
像は、賢いよい動物なようで。ちょっと尊敬。
ヌーは写真撮らなくなった、、それって、イエローストーンでのバイソンと同じですね。ちょっと笑いました。
Commented by asahinahikari at 2016-09-22 17:55
過日のサファリ紀行では見られなかった動物にもお目に掛かる事が出来ました〜トビの赤ちゃんもチーターも素晴らしいカメラ目線〜こっちを向いて〜テレパシーが伝わったのかしら〜
↓の亀有駅のこち亀ジャック〜長旅の疲れもなかったのかしら〜びっくりする程のこち亀カーペットですね〜こういう情報すぐにゲットですね〜お陰様で楽しいです
『君の名は。』昭和の時代の君の名はではないのですよね〜
(。)がつくそうですね〜
Commented by ayayay0003 at 2016-09-22 18:50
こんばんは^^
1枚目のお写真、バックがなだらかなお山?丘?
のようで珍しいかな?と思いました!
今までの写真はどこまでも続く草原だったような・・・
どの動物も、教えられてはいないけど、赤ちゃんや子供は真ん中の方に置いて隊列なんですね(^^♪
チーターのドヤ顔は、素敵☆
こういう場面、弱肉強食の世界なので仕方ない^^;
なんてTV見てる時は思いましたが、旅プラスさんの写真にはちゃんとドヤ顔を掲載してくださってるのでカッコイイ~
と必然的になりますね~TVではこんな場面は見せてくれないような?
黄色いトサカの鳥、トサカの位置が超面白いです~
こんな場所にあってもトサカというのですね!
トサカ、嘴、足と三拍子揃いの黄色に
まるで鳥版歌舞伎役者さんみたいです~「トサカゲリ屋~」
て叫んでみたいです(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-09-22 19:23
ヌーとか、象とか、誰に指示されたわけでもないのに、
綺麗に一列に歩くんですね~
等間隔の列になってるのを選ぶなんて、
なるほど、ハードルが高いですね(笑)
サイは、孤独を好むんでしょうか?

そうそう、「君の名は。」ご覧になったんですね!
とても評判が良いですよね
わたしも、今日、観て来たんですよ~
とっても良かったです!
ほんとに美しいスケールの大きな映像、
期待以上に素晴らしい作品でした~*^^*
Commented by kaorunchoko at 2016-09-22 19:37
❤旅プラスさん こんばんは☆
象の行進良いですね~♫
大、中、小。大、とっても小、中、大、小と
ちゃんと大がチビ達を守りながら歩いてる!
そんな姿が伝わり、なんだか象って賢いんだな~って思いました。
トピのチビちゃんも可愛いですね。
やっぱチーターのお食事は迫力ありますね!!!
3時間半でこんなに動物に出会えるって、凄いですね~ヽ(^。^)ノ

↓「こち亀」うわーーー!そんな事になってたんですか\(◎o◎)/!
会社で昼休みPC見た時は、写真が全然出てこなかったんですが、
お家に帰って来たらバッチリ!!!キャー凄い事になってますね(笑)
階段なんて、もう笑うっきゃないね(笑)流石、両さん(笑)
見には行けないでしょうから、見せてもらえて嬉しかったです(*^^)v
Commented by minibears at 2016-09-22 19:45
旅プラスさん、こんばんわ。
わぁ。すごい写真の連続ですね。
ヌ―とかゾォーとか!
チーター?を写真撮るのに手が震えたなんて!!
それはそれは、私だったら足までガタガタブルブルですwww
それでも、すごい写真が撮れて、テレビ番組の旅レポートをしている様子に見えますね(#^.^#)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 19:56
ひめさん、こんばんは

トピも、象も、歩く時は、ベビーの周囲を親たちが、がっちりガードします。
その光景を見ると、動物園の動物と、野生動物の違いがはっきりわかります。
ここ、マサイマラには、肉食動物の猛獣もいますから、食事中でも、歩行中でも神経をつかって警戒してました。

今日の1枚目の写真の背景ですが、この山脈の右の方の高いところに、宿泊してるホテルがあるんですよ。
眺めもいい、素晴らしいホテルです。
もし興味がありましたら、ご紹介いたしますので、いつでもおっしゃって下さいね。


Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 20:15
eiさん、こんばんは

ヌーも、象も、シマウマも移動する時は、隊列を組み1列で歩きます。
そのほうが、肉食動物からも襲われないというのを、生まれた時から知ってるんだと思います。
狙われるのは川を渡った後とか、集団で草を食べてる時とか、隊列が乱れてる時が多いらしいですよ。

「明治天皇と日露大戦争」って映画を、小学生の頃に観たことがあります。
あの映画の観客動員数は2,000万人といわれており、日本人の5人に1人が観たという空前の大ヒットでした。
敵はバルチック艦隊でしたね。映画は艦船が隊列を組んで進んでる場面ばかりでしたが、なんとなく覚えてます。

そういえば天皇・皇后と日清戦争という映画もありましが、そっちは二番煎じで、つまらなかったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 20:38
モコさん、こんばんは

そうなんですよ、チーターも、ライオンも、食事中は、お口が、真っ赤っかです。
彼らはサラダも、スープも抜きで、いきなりメインディシュの生肉ですから。
しかも、ナイフと、フォークが使えないので、ご覧のような有様です(^。^)

ええ~~~ぇぇ~。質問の答えは「チーターとしては生きたくない」ですよ(^。^)
私はサラダと、お刺身、それに焼いた肉と、赤ワインが無いと生きていけませんから、多分3日で命絶えます(笑)

・・・ってことで解答は「日本が一番」です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 22:03
こんばんは

チーターが、自分より大きなトピを倒すなんて、初めて見ました。
普段の獲物は自分より小さな、トムソンガゼルとかのが、多いみたいです。
でも狩りに成功する確率は少ないらしいので、私は着いたそうそうに、いいチャンスに出会いました。

行進の中の5頭目は本当に小さな赤ちゃん象でした。
こんなベビーがいると、親たちも警戒するので、これ以上は近寄れません。
ハ、ハ、ハ、イエローストーンのバイソンと同じだと思いますよ。
撮っても、読み込む無駄だし、読み込むとPCの中で場所を取るし、倍・損 する(^。^)
失礼しました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 22:16
光さん、こんばんは

トピの赤ちゃんは恐らく好奇心。チーターは自分の獲物が取られないかという警戒心で、
こちらを見てるようでした。

長旅の肉体的疲れは無いのですが、精神的虚脱感というのはありましたよ。
帰国後の土曜・日曜は、雨が降ってたせいもありますが、一歩も外に出かける気がしなかったですから。

昭和の「君の名は」ですが、話では聞くのですが、私は実際には知りません。
でも映画で主演したという岸恵子、佐多啓二、淡島千景くらいまでは知ってます。
でも会えそうで、毎回会えないという映画は、携帯がある今の時代はもどかしくて、きっと観てられませんね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 22:32
アリスさん、こんばんは

この背景は山です。
この山の、はるか右の方のテッペンに、宿泊したムパタサファリクラブがあります。
逆に言うと、この辺りの「どこまで続くぞ、この草原」、という景色はコテージの部屋から、毎日見えるんですよ。

弱肉強食の世界は、殆ど毎日見てたので、草食動物が食べられてる景色はもう慣れました。
可愛そうですが、狩りが成功して、餌にありつかないと、肉食動物の猛獣も生きていけないので、これも自然の摂理。
例えばチーターや、豹なんかは希少動物で数も少ないので、ついつい、狩りが成功して、
食事にありつけますように、と応援してしまいます。

トサカゲリ、気に入っていただけましたか。ダルマワシは数も多くあちこちで見かけましたが、
このトサカゲリは、数も少なくて初めて見ました。
ちょっと個性的な面構えですが、役者には向いてそうです(^。^)
名前は「トサカの、ゲリタロ~」。あまり可愛い名前じゃないですね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 22:42
umiさん、こんばんは

北朝鮮の軍隊の行進は好きじゃありませんが、ヌーや、象の隊列は可愛くて好きです。
そして写真撮るなら、やはり等間隔の美しい隊列がいいですね。
ヌーなんかの大集団は、延々と2kmとか、3kmも隊列が続くこともあるそうですが、
そこまでいくと、カメラにおさまりません。

サイは2年か、3年に1回、しかも1頭しか子供を産まないので、隊列を組むような家族になれないみたいです。
私が見たのでは3頭の隊列が最高でした。

ええ~~~ぇぇ~~、今日、ご覧になったんですか。
作品を喜んでいただけて、よかったです。
ああいう、朝陽や夕陽の色が、写真でだせるといいですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 22:56
kaorunさん、こんばんは

そうなんですよ。まず「特大」が先頭。
ベビーの前が母親、そしてベビーの後ろが大きなお兄さんというイメージでした。

マサイマラは、動物密度が特に濃い地域です。
理由は多分、雨がよく降り、草が生え、草食動物が多いから。
なので、肉食動物も集まってくるという連鎖だと思います。

そうそう、この駅の写真が凄いんで、日記にしたんですよ。
この駅の階段は、関西風にはコテコテ、亀有風にはコチコチ(笑)
よく、ここまでやりました。
やはり亀有は、北千住から2駅目で、下町なんですよ。いいノリをしてました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-22 23:07
marukoさん、こんばんは

これ自分で言うのもなんですが、凄いでしょう。
もう別世界、異次元空間です。
こんな動物たちが、どこにでも、ゴロゴロいるんですよ。
なんだ、またヌーかよ、なんて具合で、しまいにはヌーくらいでは写真も撮らなくなります(^。^)

今年の3月に3泊して、惚れ込んでしまい、9月には6泊してきました。
毎日、日記を書き続けてたので、毎日が旅レポートですが、こんな写真が毎日撮れる場所なんてそう多くはありません。
問題は、日本から遠いということだけですね。
近ければ、毎月行ってしまいそうです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 05:52
ATSUKOさん、おはようございます

なんたることか。昨夜、22時3分に自分が書いたコメントの返信に、ATSUKOさんのお名前が抜けてました。
申し訳ありません、あらためて、返信を記載させていただきます。

ATSUKOさん、おはようございます。
チーターが、自分より大きなトピを倒すなんて、初めて見ました。
普段の獲物は自分より小さな、トムソンガゼルとかのが、多いみたいです。
でも狩りに成功する確率は少ないらしいので、私は着いたそうそうに、いいチャンスに出会いました。

象の行進の中の5頭目は本当に小さな赤ちゃん象でした。
こんなベビーがいると、親たちも警戒するので、これ以上は近寄れません。
ハ、ハ、ハ、イエローストーンのバイソンと同じだと思いますよ。
撮っても、PCに読み込む無駄だし、読み込むとPCの中で場所を取るし、倍・損 する(^。^)
失礼しました。
Commented by arak_okano at 2016-09-23 17:48
アラックの夢はチーターです、会えて撮れたら幸せです。
それが狩りの成功の瞬間なんて泣いてしまいますよ、
バグースです。
500mmか600mmが必要かな。
70~200mmf2,8に二倍のテレコンじゃやっぱり足りないですよね。(カメラはフルサイズです)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 22:44
アラックさん、こんばんは

アラックさんの夢は、難しくはないです。
乗継ぎながら合計で24時間、飛行機に乗る体力と、1日に6時間、サファリカーに乗る体力と、
その期間の休暇が取れればOKです。
費用もヨーロッパ旅行と、同じくらいで殆ど変わりません。

私はレンズ2本とエクステンダーで、24-105mm、100-400mm、140-560mmをカバーして、
相手との距離により頻繁にレンズ交換をしてました。
140-400mmが可能なら、じゅうぶん射程距離ですよ。
私が3月に行った時は70-300mmでしたから。

でも2回目ともなると、ちょっと上が欲しくなり今回は560mmまでで撮りましたが、
560mmが本当に必要だったのは、クロサイと豹の2回のチャンスだけでした。
具体的に検討される場合は、なんでもご相談下さい。
<< 南ア共和国の国旗と、キリマンジ... 亀有駅を「こち亀ジャック」、そ... >>