南ア共和国の国旗と、キリマンジャロ(アフリカ縦断の旅、9月15日、ヨハネスブルグからナイロビへ)

9月15日は南ア共和国のヨハネスブルグ、ケニアのナイロビ、エチオピアのアディスアベバ、香港を経由して、16日の21時に羽田空港に帰国するという大移動でした。

ヨハネスブルグ国際空港のラウンジで見かけた、南アフリカ航空の飛行機です。

b0291402_08231080.jpg


機内でCAさんに、尾翼の模様は、どういう意味を持ってるのかと聞いたところ、喜んでくれて、機内誌を持ち出し、「我らの国旗だよ」と、5分くらい説明してくれました。
要約すると「国内の人種や民族が、協調・統合されて前進することを示しており、赤色は独立のために流された血の犠牲、黒と白は黒人と白人の平等を、緑色・黄色・青色は
それぞれ農業・鉱業・漁業の豊かさを表わしているそうです。

b0291402_08225262.png


この機内誌を、持って帰れと、プレゼントされてしまい、仕方なく(笑)自宅まで持って帰りました。
写真はヨハネスブルグの上空です。
1994年まで続いた「アパルトヘイト」では、白人居住区と、黒人居住区が完全に分離され、それぞれ別の地域にありましたが、今はどうなんでしょうか。

b0291402_08232052.jpg


丸い模様は円形農場で、スプリンクラーを使って、水を円形の農地に供給します。
恐らく小麦とか、家畜の飼料を栽培してるのでしょう。

b0291402_08232797.jpg


タンザニア上空で、キリマンジャロが見えてきました。
ヘミングウェーが「キリマンジャロの雪」を書いたのは1936年。
「キリマンジャロの西の山頂のすぐそばには一頭の豹の屍が横たわっている」という作品の冒頭の文章は、今でも記憶に残りますが、キリマンジャロの頂には、雪はありません(笑)
ただ今月、キリマンジャロに登頂し、日曜日に帰国した友人が、火曜日の月例同窓会で「雪はないけど、僅かに雪渓は残ってる」と言ってました。
彼と私は、大学の同級生ですが、偶然にも同じ時期にアフリカに滞在し、1人は登山、1人は縦走の旅をして2日違いで帰国しました。
私がこのキリマンジャロを機窓から撮った15日は、彼は登頂に成功したあとで、もう下山してたとのことでした。


b0291402_08233563.jpg



ケニアが近づいて来ると、サバンナ地帯ですが、高度10,000mからでは、ヌーも見えません。

b0291402_08234194.jpg




ナイロビ近郊の住宅地です。

b0291402_08240655.jpg




そしてナイロビ名物と言えば交通渋滞。特に平日は国際空港から、マサイマラ往きが発着するウィルソン空港に行くまでの移動が、渋滞で大変です。

b0291402_08241641.jpg




ナイロビ空港では、夕陽を背景に着陸する双発機が見えました。

b0291402_08242347.jpg




移動は続きますが、夜の時間帯に入ってしまったため、写真は香港で少し撮れただけです。
次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2016-09-23 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26217292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-09-23 16:53
旅プラスさん、こんにちは。

こうして空の上から見せていただくと
アフリカ大陸は広いとつくづく思います。
街、農地、キリマンジャロ、住宅に渋滞、そしてサバンナ。
まさしく生きている地球ですね。

最後の双発機のお写真に、なぜだかアフリカの抱えている憂いを感じてしまったのですが、
きっと夕陽の色が物憂げに美しいせいですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-09-23 18:36
こんばんは^^
まさに大移動の日でしたね~
南アの飛行機には、ヨハネスブルグからケニアまで?
それともナイロビまで乗られたのでしょうか?
機内はいかがでしたか?
機内誌を持って帰るように薦められるくらいですから
親切なのでしょうね(^-^)

機内からのキリマンジャロもはっきりと見えて写真に撮れるなんて最後まで運を持ってましたね☆
同級生が登頂ですか?
おめでとうございます(^^♪
父の友人も同じくらいの年齢の時に登頂しました。
お土産に何故か?紅茶をいただきました。

ナイロビの住宅や渋滞に生活の匂いを感じますね~
一番最後の写真はラウンジからですか?
夕焼けの色が凄く綺麗で才能があれば作詞が出来そうです♪
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-09-23 18:45
旅プラスさん(*´ω`*)
夕陽を背負う双発機…なんだか切なく美しいですね。
アフリカの資源が良からぬ国に食い尽くされずに、ゆっくりと豊かになってほしいですね。

ご友人様もアクティブですね。飲み会、盛り上がったことでしょう。福山雅治似の旅プラスさん、赤ワインを飲みながら サラダ・お刺身・お肉を楽しんでますか(笑)ちなみに、チョコレートに興味はございますか?エチオピアには幻のカカオがあるんですよ。先進国のチョコレート消費量に比例して、赤道付近のアフリカが豊かになるとよいのですが。
モコ
Commented by tatuotoko0406 at 2016-09-23 18:53
こんばんは。
どうやら作詞の才能は無そうな、ワタシです(T_T)
GSの曲しか浮かんで来ません^^;  夕焼け〜 海の夕焼け♪

渋滞がすごいですねえ、これが日常なんですか・・・?

アパルトヘイトかあ。
考えてみたらつい最近までですもんね。 それまで我々日本人には想像できない区別をしてたんだから、おいそれとは雑巾で拭いたようには・・・  どうなんでしょう。
差別じゃなく、区別だからなあ。

同級生の方はキリマンジャロですか! 凄い♪
僕は珈琲にしておこう・・・
Commented by umitosora14 at 2016-09-23 19:55
今晩は^^
南アフリカの飛行機、このマークに見覚えは無いので、
お初にお目に掛かるかも。
尾翼の模様、国旗には、深い意味合いがあるんですね
人種差別の解消には、長い年月が掛かるんでしょうね。。。
もし制度として表面上は解消しても、
人の意識はなかなか変わらないんじゃないでしょうか
アメリカでのいろいろな事件や発言を見てると、そう思ってしまいます
地表に見える丸いカタチ、円形農場って名前があるんですね!
初めて見た時は、とっても不思議でした
宇宙人が作った模様みたいって(笑)
ナイロビの大渋滞は名物となってるんですね
こんなに広い大地があるんだから、
車線を広げた道を作ればって、思ってしまいましたけど、
費用の問題なんでしょうか?
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 20:55
butanekoさん、こんばんは

ざっとですが、緯度ではアフリカ大陸のケニアやエチオピアは、東南アジアではシンガポールくらい。
後半に廻ったジンバブエ、ボツワナは、オーストラリアのケアンズとブリスベンの間くらいでしょうか。
なので、南北への移動距離が4時間ぐらいありました。
さらに、エジプト、アルジェリアまで北上すると、ケニアから4時間はかかります。

上空から眺めてても、景色は様々に変わり、沙漠も、サバンナも、町も、都会も見ることができます。
アフリカは双発機が多いですよ。3000m級の滑走路なんて、大都市だけで、地方空港の滑走路は
短いので、その主力は軽飛行機になります。
butanekoさん、詩人ですね。ナイロビの夕陽は、サバンナの夕陽よりも、都会の色で、
ちょっと物憂げで、アフリカの哀愁に染まったような色彩でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 21:13
アリスさん、こんばんは

南アフリカ航空の飛行機で、ヨハネエスブルグから、ナイロビまで、4時間かけて移動しました。
機内では食事で1時間はつぶせますが、映画は日本語が無いので、残り3時間は、寝てるか、
写真を撮ってるか、CAさんに質問してるか(^。^)

実はNBO→JNBでも、キリマンジャロは見えたのですが、勘違いして逆の窓側に座ってしまいました。
なので、JNB→NBOはバッチリですよ。キリマンジャロ側の窓側をおさえました。
そして仲良くなったCAさんに、「あれはキリマンジャロだよね?」、「自信ないのでパイロットに聞いてきます」
「はい、キリマンジャロで間違いありません」というやりとりがありました(^。^)

我が友人は、当日集まった他の8人に紅茶は配らなかったですね(^。^)
という私も、ケニアのお土産ゼロなので、人のことは言えません(笑)
最後の写真は、南ア航空から、エチオピア航空に乗り換えて、管制塔からの離陸指示を滑走路で待ってる時でした。
うわ~~作詞ですか。才能無いです。親父ギャグしか作れません(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 21:28
モコさん、こんばんは

朝陽を背負えば、もうちょっと活力ある双発機だったと思うのですが、夕陽を背負うと、また独特の雰囲気があります。
アフリカは蓄積資本が無いので、どうしても他国の資本で、合弁会社を作るとこから始まります。
道路、電気、水のインフラ整備も、まだまだこれからなので、時間はかかると思います。
でも子供の数は多いし、英語を勉強してる若者も多いし、将来性はあると思います。

はい、福山雅治似の旅プラスから言わせると、友人は櫻井翔に似てます。当日の参加者もジャニーズ系ばかり(笑)
↑ ここまでくると、同窓会というより、妄想会(笑)

エチオピアは、乗継だけで、外には出てないのですが、免税店を覗いて、チョコレートを確かめればよかったですね。
アフリカは鉱物資源もあるし、将来性があるので、あと10年か20年したら、様変わりだと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 22:09
キリマンジャロコーヒーのオレさん、こんばんは

コーヒーの「キリマンジャロ」よりも、カクテルの「キリマンジャロスノー」を飲んでみたい旅プラスです。

夕焼け〜 海の夕焼け♪
↓   ↓
真っ赤~な~ 別れの 色だよ~~♪
誰かに恋を~して~~ 激しい恋を~~して~♪
いやあ、ちょっとしつこくフォロ~しましたが、よく覚えてますよ。 

ナイロビの交通渋滞は、道路のわりに、先に車が増えてしまったからだそうです。
アパルトヘイトって、学校も、病院も全部別で、同じ工場で、同じ仕事をしても、白人の給与は黒人の6倍。
区別以上の、隔離政策でしたね。なのでお互いに結婚もしちゃあいけなかったんですから。
今はどうなんでしょうね。怖いので町は一歩も歩かなかったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-23 22:28
umiさん、こんばんは

この尾翼のマークは目立ちます。尾翼の塗装に時間も、お金もかかりそう。

アパルトヘイトが、完全に解消するには、あと20年も、30年も、かかりそうです。
まずは子供たちの学校から融合させて、病院、居住地域、と融合を拡大してるわけですが、摩擦は絶えないでしょうね。

円形農場は、スプリンクラーの構造上、できあがった丸い畑です。
私も最初は何だろうと思ってましたが、最近ようやく、スプリンクラーのせいで、丸いんだとわかりました。

ケニアの道路が広がらないのは、予算上の問題と思います。
産業は農業が主で、輸出はコーヒー、紅茶、お花。輸入は石油が100%で、あと自動車や鉄。
なので税収は乏しいと思います。何か新しい産業を作る必要がありそうですね。
Commented at 2016-09-24 09:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-24 10:41
09:58鍵コメさん、こんにちは

トラックバックですね。それならきっと、この方だろうな~、とピンときました。
辿ってみたらやはりピンポン!!
たいした意味もなく、返信の必要もないと思います。
目的は、ご自分の日記を見てもらいたいからだと思いますよ。
私はコメントには必ず返信しますが、トラックバックには、よく知ってるブロ友さんでない限り返信はしてません。
それにしても関連性が皆無ですね。失礼ながら笑ってしまいました(^。^)

午前中は買い物で、1ヵ月分のワインを買ってきました。
たったの16本ですけど、それがなにか!!(笑)
午後からはカメラを持って、取材に出かけます。
Commented at 2016-09-24 12:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaorunchoko at 2016-09-24 13:37
❤旅プラスさん こんにちは!
うわぁーーー!やっぱ南ア共和国遠すぎですね\(◎o◎)/!
世界地図が頭に入っていない私は、地図をググりました。。。
ケニア何処だ?エチオピアは?あれ?香港って???オイオイって感じですが、
辿った距離の遠さを想像し、凄いな~~って感動しちゃいました!!!

国旗に込められた思い!なるほど重いですね。。。
確かに、今はどうなんだろう?って私も気になりました。
空からの円形農地綺麗ですね!中々見る事の出来ない景色に、ワクワクします(*^^)v
同じ時期に同じ場所へ行っていたご友人、キリマンジャロを制覇ですか(^O^)凄いですね!
ナイロビのその広い道路が渋滞って。。。想像も出来ませんでした!ビックリです!!!
香港の夜景も楽しみです!

実は予定を変更し、午前中ちょこを病院へ連れて行って来ました。
お薬飲んだ甲斐あって、血液検査の数値はちょっと改善しました(*^^)v
でも基準以下で、後二週間薬を飲んで、再検査となりました。やれやれです(^_^;)

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-24 19:32
12:02鍵コメさん、こんばんは

銀座にも立飲みバール店、ありますよ。
おつまみは、チーズとオリーブよりも、もうちょっと美味しいものが出ますけど(^。^)
今日は雨なので、ミュージアム巡りをしてました。ちょっとは脂肪が燃焼したかも。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-24 19:48
kaorunさん、こんばんは

世界地図で見ると凄いでしょう。
南アのヨハネスブルグから、日本の東京まで一気に戻ってくるって大変でした。
でも逆に、15時間飛行機の中に缶詰とかいうよりも、何回か寄港地によって、ラウンジで一服というほうが、
身体には楽なんですよ。

勿論、kaorunさんは、私の年齢を殆ど正確にご存知と思いますが、
キリマンジャロ登頂の友人は、2浪して入学してるので、私よりも2歳上。
それでも5,895mに登るんですから、たいしたもんです。
出かける前には、銀座の「好日山荘」で、低酸素トレーニングという訓練を3回くらい行ったそうです。

ちょこちゃん、頑張ってますね。
お薬をちゃんと飲んでれば、いい結果につながると思いますよ。頑張れ、ちょこちゃん!!
<< 華麗なるヌーの大ジャンプ(アフ... マサイマラ国立保護区は、種類・... >>