ジャンプを披露してドヤ顔のリヒト君も最終回です(リヒト君、その3、旭山動物園)

リヒト君の日記も3回目ですが、今回はジャンプを披露します。

子 : 母上さま、拙者、城内を見回りに行ってまいる。
母 : 何を言ってんの若君、この前も城壁から転げ落ちたじゃない。

b0291402_05441972.jpg



子 : 拙者、あれは一生の不覚。
母 : 何を言ってんの若君、一生って、まだ6ヵ月でしょ。

b0291402_05442844.jpg


子 : そうでござった。拙者の人生にかけて二度とあのような失態はござらる。
母 : 人生??。あんたユキヒョウよ。

b0291402_05444243.jpg


子 : ここは天守閣の秘密の部屋。秘密の部屋なのに、何故か町人どもがこちらを見ておる。

b0291402_05445615.jpg


子 : 拙者牛若丸、京の五条の橋の上でジャンプでござる。

b0291402_05450676.jpg


子 : 見ておれ、拙者は源義経、壇之浦で八艘飛びじゃ。

b0291402_05452056.jpg


子 : 前やうしろや右左、ここと思えば またあちら、拙者よ・し・つ・ね~~(ドヤ顔で見えを切る)

b0291402_05453338.jpg


母 : 若君、何を独りで恰好つけてんの。外は霧氷、あんたは夢豹。夢想と妄想はいい加減にしなさい。
子 : ところで母上、拙者、お腹がすいてきた。噛み、噛み!!

b0291402_05454721.jpg


母 : ギャ~~、若君、なにすんのよヒョ~~、痛いでヒョ~!!!
子 : 君子「豹」変でござる。

b0291402_05455786.jpg


ここからナレーション。
実際には強く噛んでないのですが、ママが大袈裟にリアクションして、リヒト君の遊び相手をしてました。
ジーマの初めての子供がリヒト君なので、可愛くてたまらないみたいです。
訪問は先月でしたが、10月16日の旭山動物園は、ほのぼのとした空気が流れてました。

ここしばらくの吹雪で、雪が積もった旭川。今朝の最低気温もマイナス4度と寒いです。
でもリヒト君はユキヒョウの子だから、今日も元気いっぱいに遊んでることでしょう。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-08 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26350965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2016-11-08 16:37
リヒトちゃんのジャンプの瞬間を見見事に捉えましたね、かなり時間がかかったのではないですか、リヒトちゃん物語にバグースです。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-11-08 17:00
綺麗で可愛い雪豹さんですね。
リヒト君、甘噛みですか?
ですよね〜
お母さん大げさなリアクションなんですね!
はほえましいですね(*^^*)
Commented by butanekoex at 2016-11-08 17:00
面白すぎ、楽しすぎ、可愛すぎでごさる~(^^)
シリーズ化、お願いします♪
Commented by o-rudohime at 2016-11-08 17:05
リヒト君幼い顔をしていると思って見て居ましたがドヤ顔は流石ユキヒョウですね たくましく見えます。
ところでお父上は同居じゃないのでしょうか?
Commented by asahinahikari at 2016-11-08 18:56
こんばんは
紙芝居では有りませんが
そんな感じでフォトにぴったりのお話に見入りました
やんちゃなリヒト君と優しいママの噛み噛みシーン良いですね
Commented by u-tan1114 at 2016-11-08 19:19
牛若丸くんとママとの会話
面白いですね~^^
遊び盛りで、冒険もしたいんでしょう。
遊びの相手をしたり、親子の様子を見るとほのぼのしますね~
寒さが得意なのでこれからも元気に過ごすの
でしょうね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 21:02
アラックさん、こんばんは

ジャンプの瞬間、粘って、粘って、待って、待って、撮ったんですが、ピントがイマイチでした。
シャッタースピードを調べたら、AVモードで125分の1秒。
サラブレッドの競技大会で馬を撮ったことありますが、ジャンプは最低でも1000分の1秒以下が必要。
作戦失敗で、TVモードで、1000分の1秒の、固定で撮れば良かったです。

でもリヒト君の可愛さが伝わってくれたでしょうか。
写真は下手でしたが、リヒト君物語にバグースをいただけて良かったです。
Commented by kaorunchoko at 2016-11-08 21:05
❤旅プラスさん こんばんは☆
リヒト君とママの会話!
とっても楽しくて、思わず笑顔になりましたよヽ(^。^)ノ
本当に仲良し親子ですね。リヒト君が本当にそう言っている様で
楽しかったです!「拙者」「若君」がイイですね~♫
旅プラスさんは「町人」かわら版屋かな(笑)
八艘飛びは、超巨大ムササビみたい!!!
ドヤ顏も可愛い❤おかぁ~さんに甘える姿も可愛い❤
若君の「豹」変に座布団5枚お願いします(笑)
えぇーーーもう最終回なんですか。。。
私が見られなかったユキヒョウのリヒト君を
沢山、しかもとっても綺麗に、生き生きとした写真で見せて下さって
本当にありがとうございました!ユキヒョウのファンになっちゃいましたよ(笑)

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 21:12
sakuramoonさん、こんばんは

あ、そうですか。こういう時の噛み方を、甘噛みというんですね。
そりゃあ、おっしゃる通り、甘噛みだと思います。

ミルクで育ってきたので、多分お肉は柔らかいのを小さく切らないと、まだ噛めないんじゃないかと思います。
でもオモチャのサッカーボールなんかは齧って、ぐしゃぐしゃにしてたので、噛み切る力は無くても、
噛む力は強くなってるでしょうね。
ママは、噛むと痛いんだよというのを、身をもってジェスチャーで教えてたのかもしれませんね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 21:20
butanekoさん、こんばんは

可愛すぎでござったか。
拙者も、リヒトが褒められると、嬉しいでござる。

な、な、なんと、シリーズ化とな。
拙者、リヒトの写真は、これで品切れでござる。

またどこかで若君を見つけてこないとシリーズはできませぬ。
う~~ん、困ったの~~、各々がた、予期に計らえ(笑)
これぞ江戸城から東京都庁にまで伝わる、忍法丸投げの術じゃ~(^。^)
Commented by yocomilk at 2016-11-08 21:25
こんばんは~。
もう、大爆笑ですよ(*^_^*)
可愛すぎます!!
噛み噛みの写真が特に可愛いです。
どこの世界でも、ママは子供に付き合ってオーバーアクションなんでしょうか。
私もその昔、何度もウルトラマンやゴジラにやっつけられました(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 21:30
himeさん、こんばんは

ドヤ顔はしっかりマスターしてるみたいです(笑)
小さくても猛獣ですからね。吠えると犬よりは迫力があります。
なんせ、短いけど手と足は太いです。

この旭山動物園では、パパが1頭で1日、翌日はジーマとリヒトの2頭で1日と、隔日交代で展示してます。
小さな子供がいるママは、極端に神経質なので、パパとは同居させないのが普通みたいで、
自然界でも、ヒョウとチーターは、ママがたった1人で、子育てをするので狩りと育児で大変なようです。
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-08 21:31
ヒリト君へ

私を噛んでぇ~( ☆∀☆)
若君に噛まれたら本望!
静御前になんて心奪われちゃ駄目よ!
こっち向いてぇ~ キャー!キャー!(yellow voice)
男性は40歳下でも ナンパ受付中です~(ユキヒョウ可★)
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 21:58
光さん、こんばんは

はい、紙芝居のセリフとか、落語のセリフを参考に、口から出まかせを書き連ねました。
こんな脚本でも、楽しんでいただければ、「脚本家見習い」としても嬉しいです。
あ、別に脚本家でプロデビューなんて、そんな大それた妄想はえがいてないので、大丈夫です(^。^)

噛み噛みシーンって、あるんですね。
ママはリヒト君を時々舐めてあげて、リヒト君は時々ママを噛み噛みしてました。
仲良しなんですね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 22:06
u-tanさん、こんばんは

なんかユキヒョウの親子で、会話が通じてるんでしょうね。
ネコを飼ったことありませんが、ネコの親子も同じように会話が通じてるのか、どうでしょう。
こういう仲良し親子を見ながら、妄想をするのも楽しいです。

ユキヒョウにとっては、これからが過ごしやすい季節と思いますが、観客は大変です。
特に雪もしょっちゅう降るでしょうから、カマラマンはもっと大変でしょうね。
やはり次に行くとしたら、暖かくなる来年の春以降でしょうか。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 22:22
kaorunさん、こんばんは

「拙者」と、「若君」が良かったですか。
落語の台本や脚本なら、書けるでしょうか(笑)
でも、書いた台本のオチが、全くオチなかったりして(^。^)

はい、私は瓦版の編集長。町人の衣装が似合うかも。
八艘飛びはちょっとピントが甘かったです。
次に機会があったら、もうちょっと飛んだ瞬間を止めて、スマートに撮ってあげます。
その前に、カワセミの飛び込みを止めて撮れるか練習してみます。

リヒト君は初日のホテルで写真を3枚、帰宅してから写真9枚、8枚、9枚とお届けしましたが、
とうとうこれで種切れです。ご愛読ありがとうございました。
Commented by oomimi_usako at 2016-11-08 22:27
面白過ぎです。
お写真と台詞がこれまたぴったりで。
お書きになっていらして、楽しかったのでは?
六か月の若君のセリフが、
60歳の大殿のセリフのようなのには、
目をつぶることにいたしますけれど。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 22:36
yocoさん、こんばんは

可愛かったですか。ありがとうございました。
旭川のホテルで書いた初日の日記から、帰宅後の、その1、その2、その3まで、頑張りました(^。^)
頑張ったというか、しつこく粘りましたというか、そこそこ見れそうな写真の30枚を、なんとか全部お届けできました。

噛み噛みに、ママがあんなに大袈裟に痛そうなポーズをするとは思わなかったです。
親子が本当に愛情で結ばれてるんですね

ウルトラマンと、ゴジラにやられましたか。
もっと強い役になって、たまにはウルトラマンと、ゴジラを叩きのめさないと(^。^)
私はよく泣かしてしまい、カミサンから怒られてました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 22:48
モコさん、こんばんは

この写真は甘噛みらしいのですが、本気で噛まれたら痛そうですよ。
最近の中国のニュースで、パンダの檻に侵入した男が、彼女に自分の強いところを見せようと、
寝てるパンダに触ったら、パンダが怒って、足を噛んで離さず、ズボンをズタズタにされて足も怪我したとか(笑)
でもリヒト君は、6ヵ月でもジェントルマンみたいだから、きっと大丈夫でしょう。

男性の40歳下って、まだ赤ちゃん?、生まれてないんじゃないですか。
勿論、止めませんが、相手はオムツしてますよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-08 22:57
usakoさん、こんばんは

即興の脚本なんですが、楽しんでいただけましたか。
写真とブログにのめり込む前には、土・日にカメラを持って取材に出かけることもなく、
よく上野の鈴本亭で、落語を聴いて気分転換してました。

落語は好きですが、時々若手が「創作落語」に挑戦して、自分が考えて、作った台本で、落語をやってました。
ああいうのが、参考になりますね。自分ならオチはこうするのに、とか聴きながら考えますから。

若君のセリフは全然、浮かばなかったです。
やはり、これは殿のセリフでしたね(^。^)
もうちょっと研究してみます。
Commented by Sissy50 at 2016-11-08 23:47
はじめまして、こんばんは♪

芝居仕立てノ記事、とっても面白くてPC画面を見ながら思わずにやにやしてしまいました ^^
写真はどれも素敵ですが、特にどや顔!
もう可愛すぎです!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 07:48
Sissyさん、おはようございます

コメントありがとうございます。
あまりにも軽い日記で「このおじさん、頭の中は大丈夫??」なんてにやにやされたんじゃないでしょうか(笑)

まあ、日記は重くなく、できれば「ほお~~~」、とか「へえ~~~」、とか「にや~~~」が、
いいんじゃないかと思ってます。

同じ日に、同じ旭山動物園で撮ったアムールトラの双子の兄弟の日記も、近日公開予定です。
こんな日記ですが、毎日16時にアップしてますので、よろしければ、また見にいらして下さいね。
私もSissyさんの日記を訪問させていただきます。
Commented by umitosora14 at 2016-11-09 12:46
こんにちは^^
リヒトくん、ほんと可愛い~☆
ジャンプも、どや顔も、甘える様子も^^
セリフも最高です!
そうそう、甘噛み、きっとママは痛がるふりして、噛み加減を教えてもいるんじゃないのかなぁ
猫とか、兄弟とか親と一緒に育つと甘噛みの加減を覚えるから良いらしいですけど、
生まれてすぐに人が育ててしまうと、
加減を覚えてないから、悪気はないけど、血が出るほど強く噛んでくるそうですよ。で、それを大袈裟に痛がったりして、工夫して、加減を教えるのが大変らしいです。
リヒトくんシリーズ、終わりなんですね。。。
残念ですけど、
わたしの予想では、1歳、2歳ってリヒトくんの成長記録がご紹介頂けるかと(笑)
楽しみにしてます♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 14:17
umiさん、こんにちは

甘噛みも、親や、兄弟が教えないと、本人には分からないんですね。
成る程、そういうのを教える意味でも、群れで暮らすというのはいいことですね。
猛獣ではライオンが群れ(現地ではプライドと言ってました)で暮らし、ヒョウや、チーターは、
メスが1人で(1匹で)、子育てします。
なので、子供の生存率はライオンのが高く、ヒョウや、チータは成長する前に命を落とす子供も多くて、
絶滅危惧種として危ぶまれています。

はい、きっとまた取材に行くと思います。
安いホテルと、美味しいカニ料理の店も、覚えましたから(^。^)
来年の暖かい時期に1歳何か月かのリヒト君と、再会できたらいいなあと思います。
Commented by otti468 at 2016-11-09 16:49
ジャンプとはいいショットが撮れましたね~
頑張って遠くまで行かれた甲斐がありましたですね~
まさにどや顔ですね^^;;~
こういう素晴らしい画像は普段から一生懸命エールを贈っておられる心がリヒト君に通じたのでしょうね^^~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 20:34
ottiさん、こんばんは

同じリヒト君がテーマで、もう日記は3回目。
いくらなんでも「また、リヒト君なの」という声が聞こえてきそうなので、
今日は、セリフを中心に構成しました(^。^)

ジャンプはシャッタースピードが、遅すぎてぶれました。
どうせならISO感度をもっと上げて、シャッタスピードを稼ぐか、
TVモードにして、1000分の1秒のシャッタースピードに決め打ちして、まずはブレを防ぐべきでした。
もう1眼レフで5年も撮ってますが、未だに失敗ばかりです。

今回はリヒト君が、モデルとして活躍してくれました。
私の日記は写真が8枚かた9枚というのが多いのですが、堂々と3回も登場したのはリヒト君が初めてです(^。^)
<< 私が好きな「くだもの」は「管物... 今年の菊人形は大河ドラマの真田... >>