私が好きな「くだもの」は「管物」と書く菊の花(亀戸天神と、湯島天神)

私が好きな花は、
梅は枝垂れ、桜も枝垂れ、薔薇はブルーと紫、朝顔は変化朝顔、菊は管物です。

最初はスパゲティー。これも菊の管物です。

b0291402_08155743.jpg


キシメン。

b0291402_08160753.jpg


アメ細工。

b0291402_08161789.jpg


これは「管物」ではありません。「厚走り」と書いてありました。

b0291402_08162627.jpg


菊は昔から栽培しやすいという特徴があるので、次々と新種が作られています。
ここまでは亀戸天神で10月29日に撮影しました。
ここから下は湯島天神での11月6日の撮影です。

花びらの内側が真紅、外側が黄金色の巴錦。

b0291402_08164695.jpg


管物にも種類がありますが、これは細管。

b0291402_08170130.jpg


文京区教育長賞を受賞した菊。

b0291402_08171159.jpg


最後の1枚は、私が勝手に選んだ優秀賞です(笑)
中学生の重野壱太君の作品で、菊の名前は「泉郷高峰」

b0291402_08172068.jpg


重野君、賞品は何もないけど、おめでとうございます。
ちなみに都内の菊は、これからが見頃の本番。亀戸天神、湯島天神以外では、浅草寺、日比谷公園、新宿御苑も菊祭りやっています。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-09 16:00 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26351162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-11-09 16:48
「管物」って菊の品種なんですか?
初めて耳にしました。
知らない事だらけですね^^;
中学生でもたいしたものですね❗
Commented by o-rudohime at 2016-11-09 16:51
菊も昔のイメージとはずいぶん違いますね。
管物 どれも美しくこの日の為に育てられたのが花一つ一つに見て取れます。
重野君の菊には「ゲーテ賞 若き青年の悩める心」を贈りたいですね。
Commented by roseyrosey at 2016-11-09 17:22
写真を始めてから、菊に目が行くようになりました。
それまでは盆栽と同じような存在で、渋いものという
カテゴリーの中にあるくらいで。。。
今ではレンズの向こうに見える花の美しさ、気高さ、種類によって
見せる表情もいろいろで奥が深い花だと知りました。
アメ細工の菊に惹かれました。
これは蕾が開く前の状態でしょうか?
手振れ補正のないマクロだとぶれぶれになっちゃいそうですね。
巴錦も素敵。。。つまみかんざしのようで素敵。
中学生で参加している重野くんの今後が楽しみですね^^
Commented by bulanchan at 2016-11-09 19:05
旅プラスさん☆こんばんは~。

綺麗ですね^^

何だか全部の菊が、和菓子に見えます(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 20:44
sakuramoonさん、こんばんは

管物って、おっしゃる通り、菊の品種です。
菊の品種でよく見るのは、大菊、厚物、厚走り、管物ですが、他には小菊とか、洋菊と呼ばれるものもあります。

菊祭りとか、菊花展とかに毎年行って観賞してると、最近は管物が流行ってるように思います。
やはりこの、全く花らしく見えない形状が好まれるんでしょうね。
こういう菊の栽培に中学生まで参加してるのが、菊愛好者の、裾野の広さを感じました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 20:53
himeさん、こんばんは

昔の菊は和菊と呼ばれたり、小菊と呼ばれたり。
私から見ると、どれも同じに見えるのですが、古典菊と呼ばれる江戸時代からの菊は
肥後・嵯峨、伊勢・美濃と場所によって、名前が付けられ大切に保存されてきました。
勿論、古典菊には、江戸菊もありますが、こういう菊祭りや菊花展に行ってもどれが古典の菊なのかは
見ても全くわかりません。

おお~~重野君にゲーテ賞ですか。
重野君にかわり、私からも御礼申しげます。
中学生が菊を育てて、こんな立派な菊を咲かせてるなんて凄いですよね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 21:08
roseyさん、こんばんは

私もそうですよ。菊が写真を撮るのに面白い花だと気づいたのは3年前でした。
奥が深い花だと思い、それからは毎年撮りに出かけてます。

この管物ですが、これはマクロレンズ向きですね。そして手振れ補正はあったほうがいいです。
あれば10枚中9枚はピントがしっかり合って、残り1枚は風のせいですから(^。^)

紅いのはまさにアメ細工です。ユニークですよね。
もうちょっと花が開いて、外側はダランとしますが、全体の形は、それほど変わりません。
重野君凄いです。来年はどんな菊を出展してくれるか楽しみです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 21:15
bulanさん、こんばんは

綺麗でしょう。
札幌では、菊を観賞する機会は、あまりありませんか。
東京は11月になると、猫も杓子もというと失礼ですが、本当にあちこちで、
菊祭り、菊花展が開催されます。

でも一つか、二つ観にいけばじゅうぶんです、菊を提供できる業者や個人が限られるので、
展示される菊の花は、殆ど一緒で、よく似てます。

最近の菊祭りは、和菓子コーナーもあるんですよ。
・・・というのは冗談ですが、美味しそうな菊が沢山並びます。
Commented by kaorunchoko at 2016-11-09 22:12
❤旅プラスさん こんばんは☆
「くだもの」シリーズですね(*^^)v
はい!私の好きな「管物」はアメ細工です!
何だか花びらの色合いや、質感、グラデーションがアメ細工を彷彿させますね!
咲いた所も、見てみたいなぁ~♫

管物以外でも良ければ、本日一番気になって、綺麗だなぁ~って思ったのは
巴錦です!凄いですよね!裏表違う色で、鮮やか!
品種改良の成果なんでしょうが、驚きました\(◎o◎)/!
中学生の壱太君の作品も、開いた所を見たかったですね(^_-)-☆
中学生からやっていたら、先が楽しみですよね(*^^)v
Commented by umitosora14 at 2016-11-09 22:42
今晩は^^
「くだもの」って、こういう感じなんですね
名古屋人としては、2枚目のきしめんに目が留まって^^
ほんと、きしめんみたい(笑)
サフランで色付けしたきしめんですね~
いえ、そんなのは見た事無いですけど(笑)
巴錦の色合い、見事ですね~
花びらの内側と外側が、見事に染められて!
どうしたら、こんな風に出来るんでしょう^^
菊、奥深いんですね@@
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 23:01
kaorunさん、こんばんは

本日のご注文は、アメ細工ですね。
特別にビールもお付けします。・・・・、なんて言ってみたいけど、これ食べれないんですよ(^。^)

咲いたらどうなるか。今は咲き始めなので、チャンスがあったら、もう1回撮りに行ってきます。
どちらの天神さまも車で30分あれば行ける、下町の天神さまです。

巴錦は、花の下に説明書きがあって、約200年前に加賀藩主前田公が「巴の菊」と名付け、
後に「巴錦」となった古典菊だそうです。葛飾北斎もこれを絵に描いたそうですよ。
菊の世界は奥が深いです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-09 23:12
umiさん、こんばんは

そうですよね。きしめんは、こんなに黄色くなくて白でした。
それにしても、形はきしめんに似てますよね。
そばつゆがあったら、箸でつまんで食べてみたい(^。^)

巴錦は、改良されて200年前から存在する花だと書いてありました。
葛飾北斎も、巴錦の美しさに驚いて絵を描いたそうで、その絵は、信州小布施の北斎館にあるそうです。

菊も奥深いし、面白いですね。
あともう1回、菊を観に行こうかなと思ってます。
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-09 23:38
旅プラスさん
くだもの…神秘的ですね 今にも動き出しそうです。
菊というと どうしてもお別れのイメージがあるのが白菊ですが、こんなにも種類があるんですね。キシメン、飴細工、中学生の男子の作品、一本一本開きだしそうです。(これ以上は開かないのでしょうか?)黒いバックに映えますね!そういえば、カメラマンさんのブログは黒が多い…かしら?

祖母が菊枝という名前でした。
菊はもちろん、牡丹やコスモス、ボケが大好きで育てていました。花を土で育てることが大切で、切り花にして花瓶に活けるのは命が可愛そうだと言っていたのを 思い出しました。

花は見られてなんぼ。凛としていても やっぱり写真にとられたり、周りにうっとりされると花だって嬉しいだろうな…と想像してしまいます。
モコ
Commented by mikarose at 2016-11-10 01:14
夜分に失礼します。
私最初のお写真がどうしてもエノキ茸に見えてしまて、
それから2枚目は、フェットチーネです。
お腹が空いてるからでしょうか?
マクロで見ると面白いですね。
管物って言うんですね。お勉強になりました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-10 08:25
モコさん、おはようございます

文中の「巴錦」という菊は、200年前からあって、葛飾北斎が絵を描いたというくらいですから、
菊の歴史は古く、種類も多いです。
最近はキシメンや、飴細工のような管物が、菊の園芸家の間でも流行してるようです。
背景の黒は、主役を浮き出させるときに使う方法ですが、これはレンズと絞りを工夫すれば簡単なんですよ。

祖母上、「菊枝」さんという名前でしたか。
うちの祖母の「松」さんよりは、可愛くて、いい名前ですね(笑)
アパートや、マンションなんかが無い時代は、皆さん花を大切に育ててました。
最近の都心ではあまり見ることができない景色になってしまい残念ですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-10 08:38
mikaさん、おはようございます

「エノキ茸」、と言われてみればおっしゃる通り。
「フェットチーネ」、パスタですね。確かに似てます。
私の乏しい想像力では、まずは「キシメン」が浮かび、第2の候補が「モンブラン」でした(^。^)

夜中の1時14分にお腹がすいてるんですか。
重たいものを食べると、もろに体重にきますから、果物でも軽く食べて、管物の夢でも見て寝ちゃいましょう(笑)

マクロレンズは、お花の撮影で重宝してます。
景色や、動物や、サンバの撮影時には、全く役に立ちません(^。^)
<< 富士山に太陽が沈む「ダイアモン... ジャンプを披露してドヤ顔のリヒ... >>