富士山に太陽が沈む「ダイアモンド富士」が、見えたような、見えてないような(文京シビックセンター)

東京都心の文京シビックセンターから「ダイアモンド富士」が、見える日は11月9日と10日。
木枯らしが冷たい昨日(11月9日)、16時頃に25階展望ラウンジに到着しました。
残念ながら富士山が見える都庁の方向は厚い雲に覆われ、富士山は見えません。
それでもカメラを持った先客は30人程。その端っこに陣取って、何枚か撮りました。

b0291402_08033199.jpg


どこに富士山??、って、そうですよね。実は私も含め周囲の誰も、肉眼では見えません。
ところが自宅で撮った写真を現像してみたら、右側の2本の塔(東京都庁舎)のてっぺんと、ほぼ同じ高さの左側に富士山の左側の稜線がかすかに見えてました。

下は太陽が隠れた時の写真です。こちらは富士山の頂上と右側の稜線がかすかに見えます。

b0291402_08034282.jpg


念のため2014年の12月22日に撮った写真をお見せしましょう。
天気がいい日の富士山はこのように見えるので、上2枚の写真と位置的には一致してます。

b0291402_08035157.jpg


殆どの人が雲しか見えないと思って引き上げました。
帰りのエレベーターホールで、知らない人たちが「今日は残念でしたね~」、「折角のチャンスだったのに」、「明日はどうなの」、「もっと雲が厚いらしいよ」
なんて話をしてました。

写真が3枚しかないので、ダイアモンド富士とは全く関係がない写真です。
題して「萌えるコキア」

b0291402_08040091.jpg


「萌えるコキアとサルビア」

b0291402_08040907.jpg


大宮花の丘農林公園、撮影は今年の10月10日でした。

b0291402_08041864.jpg


本日(11月10日)の関東地方は午後から雲に覆われると、気象予報士の依田司さんが言ってました。今日の富士山も姿を現さない可能性が高いです。

本人が気づいておらず、説明をしないとよくわからないダイアモンド富士でしたが、同じシビックセンターからの次のチャンスは、来年の2月上旬です。
「萌えるカメラマン」は、来年またリベンジします(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-11-10 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26366232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-11-10 16:23
太陽が隠れた写真 ステキです。
自然界は神頼みしてもどうにもなりませんね。
来年を楽しみにしていますよ。
燃えたつ様なコキア 夕焼け空にも負けない美しさです。
Commented by ayayay0003 at 2016-11-10 19:44
こんばんは^^
この日は、メチャクチャ寒い日でしたネ~(@_@;)
私は、冬用カーデガンの上にウルトラライトダウン着てました!
この時間には、日の出桟橋で水上バスを降りて、日の出駅へ向かう途中でした!
とてもお天気が良い日でしたが、富士山方面は雲が凄かったのですね~^^;
ダイヤモンド富士山、ブログでしか拝見したことがなくてよく知らないです!
ここからは、1年に何度見れるのでしょうか?
今回は残念でしたけど、一応写ってたというのが素晴らしいですね☆
「萌えるカメラマン」さん、少し前までは理解し難い感じでしたけど、今なら解りますよ~(笑)
マッターホルンの朝やけを待った時のドキドキ感と共通したものを感じます~(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-10 21:05
himeさん、こんばんは

実は写真は、超望遠レンズで撮ってるので、写真を見ると、「なんだよ、大きく見えてるじゃない」
となりますが、肉眼では、雲しか見えなくて、富士山の稜線なんかは、全く見えませんでした。

なので、天は我々を見離したか~~(八甲田山の北大路欣也のセリフ)と諦めて帰ったのですが、
実は見えてました(笑)

コキアは10月10日の撮影でしたが、コキアの紅葉は絵になります。
在庫一掃というわけではないのですが、今年のコキアもこの写真公開で終わりました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-10 21:25
アリスさん、こんばんは

そうそう11月9日の撮影ですから、まだ昨日のことです。
今日もチャンスの日だったのですが、関東はどんよりとした曇り空で、既に雨が降ってる所もあるそうです。

ウルトラライトダウンですか。それでも海の上は、風も強くて寒かったんじゃないですか。
船はヒミコでしたか、あとホタルナもあります。

ダイアモンド富士は1年に2回です。太陽が段々と移動してまた戻ってきます。
そうですよね、太陽や、山の風景を撮る時は100%、天候に左右されますから、自分一人が萌えても簡単ではないです。
でも、ドキドキしながらも萌えて待ってないと、天気の女神も逃げてくような気がします(笑)
また次回も、萌えて頑張ります。
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-10 21:56
旅プラスさん(*´ω`*)
萌え~大事なコトですね、何事にもこの『萌え』と『粘り』が成功の鍵ですよね。

順調な時はよい条件が偶然にそろってトントン拍子で上手くいきますが、悪い条件が重なった時が、本当の腕の見せどころ。プロでもアマでも逆境にあって、冷静な判断と萌え~なハートを持っているかが、別れ道。

今日の最初の一枚と、二枚目は、ムッシューの粘りの写真ですね。そして、キチンと過去データを保存し引き出せる能力にも脱帽。一日一日を記録する力を尊敬いたしますm(__)m

2014年6月あたりまで過去blogを読ませていただいております。なかなかのスローペースです(^ω^)トルコでの、【言葉を失った瞬間】の礼拝堂(名前を忘れました…蝋燭の火と床の模様一つが一人分のスペースだという寺院)に行ってみたいです。美しい立体を作り出すには、美しい建築・絵画を見なくては。自分自身に美貌はないのですが、常に美を意識していたいものです(^^ゞ、
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-10 23:33
モコさん、こんばんは

企業経営も情熱(萌え)、努力(粘り)、あとは決断力と、仲間でしょうか。
他にも色んな要素がありますが、多少の「幸運」もあるといいですね(笑)

過去データはmixiでブログを始めた時だから、2006年の5月から。
自分がどこに行って、何を観て、どう思ったか、日記と画像が残ってます。
でも昔は、文章下手だし、写真もコンデジで下手だし、今となってはとても見せられない日記です。

言葉を失った瞬間というと、トルコでは何回もありましたが、ブルーモスクか、アヤソフィアか、
セリミエ・ジャーミーか、もしかしたらリュステム・パシャ・ジャーミーかもしれません。
もうトルコでは、息できず、言葉が出ず、無呼吸症候群の、失語症でした(^。^)
トルコも含めてですが、ヨーロッパの建造物や、その装飾は本当に美しいです。
若い時は、誰もがそう簡単には行けませんが、少しでも行けそうなチャンスがあったら、迷わず行くべきでしょう。
Commented by umitosora14 at 2016-11-11 00:07
今晩は^^
文京シビックセンター、この前、後楽園遊園地の観覧車とかを写されたところですよね
ここから、ダイヤモンド富士ですか@@
ダイヤモンド富士って、富士五湖の辺りからしか見えないって、思い込んでました^^;
考えてみたら、富士山が見えるところなら、見えるはずですね(笑)
ちゃんと、稜線も写ってますね~
さすが旅プラスさんです!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-11 07:48
umiさん、おはようございます

そうです。つい最近も富士山を撮りに出かけて、富士山が見えないので、観覧車とジェットコースターを撮りました。
今回も駄目かと思いましたが、かろうじて写ってました。

ダイアモンド富士って、富士山が見える場所からなら、1年に2回はあるはずですが、見えるかどうかは別問題です。
やはり富士山の近くのがよく見えるという面で有利ですが、あまりに近いと、富士山が高いので、
きっと3時とか4時に太陽が沈んでしまうのではないでしょうか。

昔は東京のどこからでも富士山は見えて、都内のあちこちに富士見坂とか、富士見町という地名が残ってますが
最近はビルの25階にでも昇らないと見えなくなりました。
Commented by arak_okano at 2016-11-11 09:21
ダイヤモンド富士、OKですよ、十分です、バグースです。
アラック、昨年の3月以来撮っていません、さて次のチャンスはいつかな。
Commented by otti468 at 2016-11-11 09:43
ダイアモンド富士は聞いたことはありますが・・・
多くの方が撮られているんですね~
関西には富士山がありませんし・・・
せいぜい明石海峡の夕日ぐらいでしょうか^^;;~
リベンジを期待いたしております^^~☆
~~京の何でも興味津津オトコ~~
Commented by kaorunchoko at 2016-11-11 12:52
❤旅プラスさん こんにちは!
富士山随分大きく見えるんですねヽ(^。^)ノ
ちょこ家地方の山からは、ほんのちょびっとしか見えませんでした。
確かに今日も曇り空。
ダイアモンド富士は来年に持越しですね!次回を期待しましょう!!!

過去写真の富士山、くっきり都会のビルと共演してカッコいいですね(^^)v
燃える、いや違った萌えるコキアとサルビアも良いですね~♫
最後の真っ赤なサルビア、背景のコキアのボケと相まってとっても美しいと思いました。
さぁ~あと半日で今週も終了!頑張りま~す<(`^´)>
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-11 13:28
アラックさん、こんにちは

アラックさんのご自宅からなら、ダイアモンド富士が見えるとか、見えないなんて、
誰も騒いでないでしょうね(笑)

文京区のシビックセンターは、1列目がせいぜい15人まで。
遅く来たカメラマンは2列目とか、3列目なんですよ。
2列目からどうやって撮るの、という状況ですが、皆さん騒がず、文句も言わず、
しかも肉眼では富士山は見えないのに、黙ってシャッターを切ってました。

文京区のシビックセンターは次が2月上旬ですが、見る場所によって、該当日は変わるそうです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-11 13:40
ottiさん、こんにちは

富士山、富士山と騒ぐのは東京から名古屋まででしょうか。
江戸時代は、富士登山と、お伊勢参りが、人気の旅行先だったらしいので、
今も江戸っ子は、富士山と聞くと血が騒ぐみたいです(笑)

明石海峡の夕陽もいいですね。観に行ったことあります。
そういえば天橋立も京都府ですね。あそこも絶景と思います。
もう高野山の疲れはとれましたか(^。^)
ゆっくり休養をとって下さい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-11 13:50
kaorunさん、こんにちは

富士山は肉眼では米粒くらいです。東京から100kmも先ですから。
でも望遠レンズで撮って、トリミングすると突然大きくなります(^。^)
群馬県から富士山だと180km~200kmくらいは、あるんじゃないでしょうか。
東京のがちょっと近いです。 ← 別に自慢じゃないですよ(笑)

コキアとサルビアは、在庫一掃大セールでした。
折角の写真なので、勿体無くて、写真が少なかった今日の日記に、掲載しました(^。^)
あとは、まだ朝顔の写真が残ってますが、これは来年に回します(笑)
今週も、あとちょっとですね。
<< カワセミ、デブ子のハンティング... 私が好きな「くだもの」は「管物... >>