オスライオンは歴戦の勇士(アフリカ縦断の旅、9月11日、ケニアの最終日)

ケニアの最終日は、西地区に出かけて、朝6時から8時30分までの、半日ゲームドライブでした。

お約束の朝日は、ライオン君が友情出演。この写真は当日ホテルで書いた日記にも掲載しました。

b0291402_22473264.jpg


最初に出会ったオスライオン。既に朝食が終わってるみたいで、お腹はプックリ、水を飲み始めました。

b0291402_22475403.jpg



身体に傷が多く、数々の戦いを勝ちぬいてきた歴戦の勇士のように見えます。

b0291402_22480276.jpg


この顔の擦り傷は、草食動物を倒す時でなく、恐らくライオンのオス同士で争った痕跡でしょう。

b0291402_22481628.jpg


別のもう1頭のオスライオンが登場。先ほどのオスと同じプライド(ライオンのグループ)のようです。

b0291402_22483674.jpg


立派なタテガミと、しなやかそうな身体は、先ほどのオスよりは若く見えます。
タテガミが黒くて多いと、メスライオンからもてると本に書いてありましたが、彼はもてそうです。

b0291402_22484626.jpg


メス1頭、オス2頭で行動してますが、3角関係??、ゲスな勘繰りはやめときましょう(笑)

b0291402_22485532.jpg


豪快なアクビ。やはり朝食が終わって、そろそろお昼寝タイムのようでした。

b0291402_22490929.jpg


ライオンは15,000年前には壁画に登場し、人類の次に個体数が多い大型哺乳類でした。
ローマ時代には奴隷と闘う見世物としても捕獲され、徐々に分布地域を減らした結果、今ではアフリカとアジアの一部でしか生息していません。
ここマサイマラでは、出かければ必ずライオンに会えますが、個体数の増加は、獲物である大型草食動物の増減にも関係するので、今後どうなるかは予断を許しません。

ケニアの6泊7日のゲームドライブで、見て撮った写真は、この日記で最終回です。最後まで見ていただきありがとうございました。
なおケニアの日記は「タグ」の「ケニア」で、検索できます。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-13 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26370731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-11-13 16:28
ボリュームたっぷりのケニアの記事、
とても楽しく興味深かったです。
臨場感に溢れた写真に驚いたり、興奮したり(^^)
威風堂々のライオン、最終回にぴったりですね。
今回の記事はこれで最後でも
きっとまた近いうちに新たな「ビッグ6」を求めて
旅立たれるのでしょう(^^)
Commented by ayayay0003 at 2016-11-13 16:29
こんにちは^^
ライオンは、15,000年前には、世界各地にいたのですネ(^^♪
乱獲が原因で今はアフリカとアジアの一部にしかいないのですか!
それは知らなかったです~ライオンくんの歴史が知れてよかったです(^-^)
顔に格闘の傷があるライオンくん、年輩かな?と私も見て思ってたらやはりそうでしたか?
家のトラさんも縄張りを死守するためなのか時々顔に怪我をしています(笑)
このライオンくんを見て思い出しました♪
雄2頭に雌1頭ですか(・・?人間の世界でも有りえるけど
複雑な関係?
若くてタテガミが黒くて多いモテ男のライオンくんと渋い大人のライオンくん、なかなか絵になる写真だと思いました(*^_^*)
もうケニアは終了ですか?ちょっと寂しさを感じます。
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-13 16:54
旅プラスさん(*´ω`*)
♀:♂=1:2 △ 乱れた関係か?!
週刊紙の見出しのような
ゲスの勘繰りで 神聖なるケニアの草原を
汚すのはやめますね★

歴戦の勇者。身体の傷なんていつか癒える。
大事なモノを守るために戦え、プライド達!
戦いの目的を忘れた人間より 格好いい。

6泊7日のアフリカの旅、とうとう最終回ですね。
なんだかアンニュイな気分です。
終わりはいつも寂しいですが、次の旅を待ってます。
モコ
Commented by otti468 at 2016-11-13 17:42
野生のライオンはさすがにK動物園のとは違いますね~
生気が伝わってきます~
生きることはすべて自分でやらなければ・・・の世界ですよね~
私は・・・野生動物失格ですね・・・(笑)~・・・汗;;
アフリカ日記はひとまず終わりでしょうか・・・
もちろん来年の”アフリカ日記”も期待いたしております~
たとえ仕事を割愛してでも(笑)お願いいたします^^;;~
Commented by tatuotoko0406 at 2016-11-13 18:16
こんばんはー
4枚目の、切られ与三郎ライオン! 迫力フェースですねえ。
今日から相撲が始まりましたが、白鳳に睨まれるより怖いかも^^;
さすが野生!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 20:15
butanekoさん、こんばんは

ケニアは3月の訪問が3泊、9月の訪問が6泊でしたが、6泊しても、
毎朝、今日はどんな動物と会えるかなと、ワクワクします。
これは船に乗って漁場に出かける時のワクワク気分と、同じかなと思います。

最終日に会えたのは、このライオンたちですが距離はメチャメチャ近いですよ。
3枚目から6枚目までは5m以内です。
車の屋根から身体を半分出して撮ってるので、安全なんですが、やはり彼らの迫力にビビリました(^。^)

はい、来年も行きます。butanekoさんが、もしアフリカに行こうかな、なんて時期が来たら
なんでも私に相談して下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 20:32
アリスさん、こんばんは

ヨーロッパの地中海沿岸の国や、島々に昔から残る邸宅には、床にタイル細工が残っていて、
その絵の中には、よくライオンが出てくるんですよ。
2000年以上前から、タイルにもライオンが登場してるので、古代ローマ帝国は勿論ですが、
その他の地域でも、ライオンは一般的に野外闘技場のスターだったと思われます。

トラさんも顔に傷して戻ってきますか。トラさんも歴戦の戦士ですね。
アリス家のお庭は、トラさんの縄張りだから、そこだけは死守しなさいと、伝えていただけますか(^。^)

ライオンのプライドも様々です。母ライオンと、その子供らしいメス3頭とか、
プライドから追い出されたらしい2歳のオス2頭だけのプライドとか。
もっと取材したいのですが、9月のケニアの写真はこれで終わっちゃいました。また来年撮りに行きます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 20:54
モコさん、こんばんは

ライオンの世界は婚姻届けとか必要ないし、一夫多妻は当たり前なので自由なのですが、
2夫1妻というのは、ちょっと珍しいのかなと思いました。
野生動物の世界は奥が深いので、もっと観察を重ねないと、なかなかわかりません。

幸い、ケニアのマサイマラは、草食動物も多いので、ライオンたちも獲物の確保には苦労してないように見えました。
でも、乾季になり、サバンナに野生動物の影が少なくなる時期は、苦労してるのかなと、ちょっと心配になります。

ケーキの試行錯誤が続いてますか。
でも注文をいただき、日常もまわしながらの、研究開発は、個人も企業も一緒。
そういう時期に、未来への投資もしておくというのは、ある意味、チャンスです。
頑張りどころですね。年内忙しいと思いますが、頑張って!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 21:09
ottiさん、こんばんは

動物園のライオンに比べると、野生のライオンは傷だらけです。
オスライオン同士の戦いにより負った傷で、死んでしまうライオンもいるそうですから、メスをめぐる争いも大変です。
wikiに書いてあったのですが、動物園のライオンは20年以上生きる例もあるけど、
野生のオスライオンで、10年以上生きるケースは稀だそうです。

野生動物失格ですか(笑)、そりゃあ、サバンナで生きろと言われても、ターザンでもない限り無理でしょう(^。^)

はい、来年はチャンスをうかがってまた訪問してみます。
2月までが乾季、3月から雨季なので、できれば乾季のうちに行ければと思ってます。
Commented by umitosora14 at 2016-11-13 21:17
今晩は^^
3枚目のライオンって、まっすぐカメラ目線ですよね@@
何か言いたげにも(笑)
ライオンと実は心が通じ合ってます??
さすが、動物写真家の旅プラスさんですね~
アフリカの地で、
恋しがられてるかもですよ~♪
あっ、でも、雄ライオンですね^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 21:20
オレさん、こんばんは

一の酉は行かれましたか。
私は入谷の駅まで行って、もう一度メトロに乗って南千住に帰ってしまおうかと思いました。
なんか雨も降ってたし、これじゃあ、寂しい酉の市だなと思ったのですが、行ってみたらびっくり、大混雑でした。

毎年、一の酉に行ってますが、オレさんも来てるんじゃないかなと、注意深くキョロキョロと廻ってました。
でも、あの混雑では待ち合わせでもしない限り、絶対に会えませんね。
もし会えたら、熱燗を一杯か2杯飲めたのに残念でした(^。^)

切られの与三さん、貫禄ありますよね。
こういう傷だらけのライオンは、さすが野生の世界で生きてきたライオンだなと思います。
車に乗ってると、あまり怖くはないのですが、距離は3mとか5mなので、やはりビビリます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-13 21:28
umiさん、こんばんは

オスライオンたちは、しっかりカメラ目線です。
だって距離は3mとか、5mで、目の前にサファリカーがいて、その屋根から私が覗いてるので、
どう考えても、彼らには目障りだったと思います(^。^)

私はライオンにテレパシーで、モデルポーズを要求してるのですが、彼らには私は石ころくらいにしか
見えてないような気がします(笑)
車がエンジンを止めて、動かないと、その1m横を悠然と通り過ぎていきます。

私は彼らが恋しいのですが、きっとこの気持ちは一方通行の片思いでしょうね。
心が通じるまで、また通って、テレパシーを送り続けようと思います(笑)
Commented by asahinahikari at 2016-11-13 23:00
沢山の野生動物を拝見させていただき最高でした
やはり動物園でのんびり育っているライオンやトラなど〜
顔付を見るだけでも精悍さが違いますね
今日のライオンの顔も目線も鋭いです
野生動物の撮影旅行こんなに素敵な旅行もあるのだと〜
撮影された一枚一枚的確なコメントで良いお写真を拝見できました〜ありがとうございます
Commented by arak_okano at 2016-11-14 05:44
酉の市の次が百獣の王のガオ~~~。
もう、ナショナルジオグラフィックですよ、バグースです。
アラックは小さく感じました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-14 08:17
光さん、おはようございます。

動物園の肉食獣も、よく写真に撮りますが、狩りの必要が無いので、のんびりしてます。
野生のライオンの寿命が10年とすると、動物園のライオンは20年。
その差が、野生動物の厳しさを物語ってます。

ケニアでは野生のライオンに毎日出会いました。
まだ狩りの瞬間を目撃したことは、ありませんがきっと、俊敏で、しなやかで、迫力があるだろなあと思います。
ですが歩いてるだけで、威風堂々、さすが百獣の王です。
貫禄があり、恰好もいいのでまた会いに行きたくなってしまいます。

鬼が笑いますが、来年になったら、またケニアに出かけようと思ってます。
それまでは動物園や、近所の池のカワセミで、カメラの腕を磨いておきます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-14 08:28
アラックさん、おはようございます。

熊手の飾り物から、ライオンまで、入谷からケニアまで、節操も無くなんでも撮ってます(^。^)
365日の日記と決めて始めてしまったので、今さら変更もできず、ひたすら撮り歩いてます。

ケニアは面白いし、驚きが多いし、被写体も多いのですが、なんせ遠いです。
でも、移動距離・移動時間の割には航空運賃は安いので、また来年も何回か行こうと思ってます。

私の中では、今年はアフリカが大ブレーク。目指せナショジオ!!
この余波は来年も持ち越しそうです(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2016-11-14 12:17
❤旅プラスさん こんにちは!
1枚目の写真、本当に素敵ですよね~♫
昇る朝陽と層を成す色合いが溜まりませんヽ(^。^)ノ
草原の木々は不思議ですよね。密集せず単独で立っていませんか?
草地にニョキッとそのシルエットも素敵ですね♫

身体に沢山傷を負ったライオンさん!生き残っているんだから勝者ですね!
本当に近くに感じますが、3~5mですか\(◎o◎)/!
支店長席にライオンかぁ。。。緊張感アリアリ!ですね(^_^;)
勇ましく歩くもう一頭のオス、確かにこっちの子の方がカッコいいですね❤
最後の大あくびは最高です!!!
歯石も無さそうだし、虫歯もOKね!歯茎の色もよし!
歯周病も大丈夫そうだし、よくお手入れされてますね~(^_-)-☆
ケニア取材、又見られそうですね!今から楽しみですヽ(^。^)ノ
Commented by A-HIMEKKO at 2016-11-14 12:34
至近距離からの迫力あるショット。
アフリカに恋しての旅プラスさん。
さすがーーーーのお写真ばかりにナイスです^^

ライオンさんの恋模様をさらに突き止めるべく、
次の取材旅の安全をお祈りします。
トラ好き阪神ファンの一人より。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-14 17:02
kaorunさん、こんにちは

サバンナは川の周辺を除いては、大きな樹木が育たないところですが、見えてる樹木は
想像ですが、水分を吸収する力が強いか、雨季まで水分を蓄えておく力があるんじゃないでしょうか。
なので、縄張りというか、ある広さでは1本しか育たないのだと思います。
ポツンポツンと生えてるので、景色としては最高です。

ライオンのオスは貫禄があって、迫力もじゅうぶん。
3~5mに、支店長がいらっしゃるんですか(^。^)
ワオオ~~なんて吼えたりします??(笑)。もし驚いても椅子から転げ落ちないようにして下さいね(^。^)
虫歯無しで、歯周病は大丈夫ですか。安心しました。
ここには歯医者さんもないですからね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-14 17:19
姫っこさん、こんにちは

ここでは車から降りて写真を撮ったりすると、罰金1万円、そして退場処分になってしまいます。
なので、至近距離から撮ってはいますが、一応は車の中なので、安全圏。
まさかウィンドーから、飛び込んでくることはないでしょうしね(^。^)
でも、ライオンは大きいので慣れるまでは、やはり怖かったですよ。

またこつこつ節約して、ケニア資金を貯めます。
次は乾季の2月上旬に行ければいいなと思ってます。
恋模様ですか、野生動物は求愛も、失恋も、不倫も多そうです、なにしろ感情、即行動型みたいですから(^。^)
私のケニア歴は1年なので、恋模様の徹底取材は、まだ難しいかもしれません(笑)
<< 「黄葉 紅葉まつり」の黄色い絨... 酉の市は「商売繁盛」景気よく(... >>