ソーン君とナージャちゃん、バトルはあっても兄・妹の麗しき愛(ソーン君とナージャちゃんの最終回、旭山動物園)

旭山動物園の双子のアムールトラ、ソーン君とナージャちゃんは11月2日に特集しましたが、その後半で、今回が最終回です。

生後6ヵ月のソーン君がちょっと大きくて男の子、ナージャちゃんはちょっと小さい女の子。
ソーンはロシア語の「夢」、ナージャはロシア語の「希望」。合わせると、夢と希望の兄妹です。

ナージャが、樹の枝を折って遊ぼうとしてます。

b0291402_08464005.jpg


折角、ナージャが手に入れた枝で遊ぼうとしていると、悪役のソーンがオレによこせと喧嘩を売ります。

b0291402_08464968.jpg


昼寝してるママのザリアの上でも、おかまいなく駆け上がったり、飛び乗ったり。
バトルが続きますが、それでも起きないザリアは、肝っ玉かあさん。

b0291402_08465912.jpg


形勢は妹のナージャが上で有利。ここは身体が小さくても、ソーンには譲れません。

b0291402_08471321.jpg


ソーンの反撃が少なくなり、「あれ、どうしたの」、と手を緩めて、顔をのぞき込むナージャ。

b0291402_08472204.jpg


お互いに放飼場を駆けまわったので、疲れて眠くなったみたいです。

b0291402_08473382.jpg


先に寝てしまったのが、妹のナージャ。兄のソーンが見守ります。
妹をいじめる悪役ソーンと思っていたら、さすがお兄ちゃん。優しい一面もありました。

b0291402_08474419.jpg


これでアムールトラの双子の兄妹の写真は終わりです。
同じ生後6ヵ月でも、ユキヒョウのリヒトくんよりは、はるかに身体が大きく、泥だらけになりながらも放飼場を走り回ってました。
アムールトラって名前の、「アムール」はロシアの州なので、寒さには強いと思います。

ソーン、ナージャ、リヒトを合わせると、夢と、希望と、光。
いつになるかわかりませんが、北海道の夢と、希望と、光に、また会いに行きたいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-19 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26387109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-19 17:12
旅プラスさん(*´ω`*)
アムールはロシアの州名でしたか。
アムール=amourは仏語では愛ですね(*^^*)
夢と希望がじゃれあう姿が可愛らしい♪
喧嘩しながら絆が生まれるんですね。

男女の双子ではないけれど私は女の双子。
あんなに口を利かない時期が何年もあったけれど
今日は実家で双子の姉が職場の諸問題について
唾を飛ばしながら話すのを、うんうん、と聞きました。
正義の基準は同じなんですよ。

素でいられる兄弟姉妹は 安心ですね。
なんだか旅プラスの目線がパパみたいになってますよ。
リヒトくん元気かしら?寒さには強そうですが、
もうしばらく会えないなんて寂しいです。
モコ
Commented by ayayay0003 at 2016-11-19 17:44
こんばんは^^
アムールトラだから寒さには2頭とも強いのですネ(^_-)-☆
アムールはロシアの州と以前の日記にも書かれていたような?
旭川の動物園は彼らには合う気候かもしれないですね☆
生まれて6カ月と言えば人間なら赤ちゃん、トラだから大きいもののまだまだ無邪気で可愛いですね(^-^)
お母さんのザリア、起きないのは流石です~(笑)↓
「夫婦げんかは、犬も食わないじゃない、兄弟げんかは・・・」なんでしょうか(^。^)
まだまだ可愛い盛りの幼い兄弟、取材したくなるのは解る気がいたしますが、遠いのが残念ですね~(・。・;

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-19 21:08
モコさん、こんばんは

アムールはロシアの州名でもあり、アムール川は中国からロシアに流れる世界でも8番目に長い川。
アムールの語源はアモル(ラテン語)、アムール(フランス語)、アモーレ(イタリア語)なので、
アムール州は、愛の州なのですが、ロシア語の「アムール」は情事という意味なので、
ロシアで、アムール、アムールと、あまり言わない方がいいそうですよ(笑)

双子の姉上と、真面目な議論をするなんて、なんか不思議な気もしますが、
年が同じだとそういうことは、よくあるでしょうね。
旅プラスの目線がパパみたいですか。そりゃあ、北海道の夢と、希望と、光には愛情を感じてますから。

次は21日ですね。プロとプロ、火花を散らして頑張って下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-19 21:23
アリスさん、こんばんは

アムール州は、ロシアでも東の方の州なので、意外と日本にも近いのですが、南は中国と国境を接しています。
冬は寒いので、「シベリア」という言葉がぴったりですが、そんなとこでも、獲物を捕えながら生きてるので、
アムールトラは寒さに適応したトラだと思います。
なので、旭川は彼らにも過ごしやすいんじゃないでしょうか。

動物の子供は常に危険にさらされてるので、成長して身体が大きくなるペースが速いです。
6ヶ月でもう、親の半分くらいの大きさだし、走り回って、取っ組み合いの喧嘩もしますから、
人間の赤ちゃんとはだいぶ違います。

この兄弟喧嘩というか、じゃれ合いは、放飼場にいる時間の半分は続きます。
母親もそんなの、かまってられないでしょうね。
またいずれは、北海道の夢と、希望と、光に会いに行きたいのですが、JALかANAのマイレージが
貯まってくれないと、そう簡単には行けないので、いつになることやら(^。^)
Commented by aitoyuuki32 at 2016-11-19 22:28
おお~、やっぱりトラは強い
寅年生まれの奥様には滅法弱い亥年生まれの私です^^;

寅年だけに酒のむと大トラに変身するようです

しかしこの大きさだと
ネコパンチいやいやトラパンチの威力はそうとうですね(^^)
Commented by otti468 at 2016-11-19 22:42
アムールトラの”夢と希望”ですか~
素晴しい名前ですね^^~
実は私も金曜日真如堂の紅葉の後、
近くの京都動物園に行き、アムールトラやライオン、
モモタロウー家、象の水浴び、とか撮ってきたばかりです^^~
まだ、アップしていませんが近じかアップ予定です^^~
Commented by tkytora at 2016-11-19 23:00
はぁ…
何度みても可愛いです(*^^*)

私もまた会いに行きたいです。
年パス買ったので(笑)
記念に!って思って買ったけど、本当に行こうかなってウズウズしてます♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-19 23:09
aitoyuukiさん、こんばんは

亥年と、寅年ということは奥様が3年下ですか。
そりゃあ、かなわないでしょう(^。^)
じっと我慢のイノシシで、耐え忍びましょう。

大トラに変身ですか。
葛飾柴又の帝釈天でお詣りすると、いいらしいですよ。
でも御利益は寅さんの、大トラ退治だけでなく、縁結びもあるそうです(^。^)

肉食獣のじゃれ合いって、パンチが武器みたいですね。
あとは「あま噛み」。
「あま噛み」の威力はわかりませんが、パンチはしょっちゅうで、腕も太いから強そうですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-19 23:17
ottiさん、こんばんは

上野動物園や、京都動物園では、モモコとか、コモモとか、モモタロウとか、和風の名前が多いのですが、
北海道は違います。リヒトはドイツ語だし、ソーンとナージャはロシア語。
なんか、北海道のが恰好いい名前が多いですね(^。^)

京都動物園に行かれたんですか。
羨ましいです。紅葉のシーズンだと、動物園はすいてるなんてあるでしょうか。
まだ一度も行ったことが無い京都動物園、そしてまだ一度もお目にかかったことがないモモタロウ一家。
もう、日記を楽しみにしてます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-19 23:41
takaさん、こんばんは

お帰りなさい。景色もよくて、楽しかったようで良かったですね。

確かtakaさんは、旭山動物園に4回も、行かれたんですよね。
私よりも夢と、希望と、光、を何回もご覧になったでしょうね。
私も一応、年パスは買ったのですが、1日目に6ヵ月組の3頭だけを集中的に1,000枚も撮ったので、
2日目はパスして、旭川観光をしてました。
なので、年パスの元が取れてません(^。^)
私もできれば、また行きたいですよ。

takaさん、チャンスがあったら、いつでも出かけて下さいね。
私も、もし彼らの、その後の成長の写真を拝見できたら、本当に嬉しいですから。
もし私が、先に行けそうだったら連絡しますね。でもマイレージを使ってしまったので、しばらくは貯める方に専念します。
Commented by kaorunchoko at 2016-11-20 01:00
❤旅プラスさん こんばんは☆
やったーーーヽ(^。^)ノ
ソーン&ナージャのバトルだ!!!
私が見た時も二頭でじゃれて、めっちゃ可愛かったです❤
ソーン君背中泥だらけ(笑)やっぱ男の子ですね!
でも、ナージャも負けてないんですね(*^^)vママのザリアはやっぱ大物だ!
ホント、ホント!肝っ玉母さんですね(笑)
顔を覗き込むナージャの姿がとっても可愛らしいです。
ソーンの上に顎を乗せ寝ちゃうナージャも可愛い❤
それを見守るソーン良い顏してますね(^_-)-☆兄妹仲良くね!
旭川、今頃は寒さが厳しいだろうし、観光客も減ってるだろうな。。。
北海道の夢と、希望と、光!素晴らしい名前を持つこの子達が
スクスクと成長し、次の世代を担ってくれる事を祈ります(^_-)-☆

今日はお山の陶芸教室でした!失敗ばかりでしたが、楽しかったですよ(笑)
次回12月でお山は終了なんです(^_^;)ちょっと寂しいな・・・
来年からは新工房!また頑張りますけどね(*^^)v
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-20 07:36
kaorunさん、おはようございます

ずっと見てると、ソーンとナージャは、面白いです。
追いかけっこして、バトルして、じゃれ合って。
身体の大きさが違うので、いつもナージャが負けるのかと思ったらそうでもないです。
結構、上からのしかかってたし、相手の反応がないと、おかしいなと覗きこんだリ。
遊び相手がママしかいない、リヒトが可哀想に思うくらいでした。

来年からは新工房なんですか。
産地直売の野菜が遠くなりますね。
今日の東京は、いい天気です。
シクラメンを買いに江戸川区の園芸農家まで行ってきます。
<< 蜷川実花さんの作品で彩られた美... 「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大... >>