アオバトには会えなかったけど、シメに出会えて、シメシメの午前中(葛飾区水元公園)

2週間ほど前になりますが、水元公園のかわせみの里に、アオバトがやってくるという情報を見つけて、さっそく出かけました。
アオバトはミネラル補給のために、 海水を飲むことで知られますが、かわせみの里に生えている 「ピラカンサス(トキワサンザシ)」の実を食べに来るそうです。

さっそく発見と思ったら、ビラカンサスの実を食べてるのは、「ヒヨドリ」でした。

b0291402_05180479.jpg


ビラカンサスを探しながら、ブラブラ散歩してたら、「オナガ」を見つけました。

b0291402_05181748.jpg


後からやってきた「アオサギ」を威嚇して追っ払おうとしてるみたいです。

b0291402_05182648.jpg


体格に勝る「アオサギ」は、平気の平左衛門(例えが古っつ!!)で無視してます。

b0291402_05183657.jpg


しばらく「オナガ」は威嚇してましたが、そのうちあきらめて、去って行きました。

b0291402_05184880.jpg


沼では頭のてっぺんが白い「オオバン」が食事中。
自宅に戻ってから、ネットで調べたら「オオバン」は、「カモ」の仲間ではなく、「クイナ」の仲間。
水中深く潜って水草を採ることができ、「幸せを運ぶ黒い鳥」とも言われます。「おおば~ん♪ こ~ば~んが♪ ざ~っくざ~っくざっくざく♫」、ですね。


b0291402_05190027.jpg



かわせみの里に戻ると、ちょうど「カワセミ」が来てました。

b0291402_05191175.jpg


ここは「デブ子」が縄張りとする不動池ではないので、別のカワセミです。
ダイブもなく、愛想無しで、どっかに飛んでいってしまいました。

b0291402_05192315.jpg


お目当ての「アオバト」は現れず、駐車場に戻ろうとしていたら、変わった鳥を目撃しました。
ブロ友さんの日記では時々見かけますが、私が出会ったのは生まれて初めて。
でもすぐに「シメ」だと、わかりました。「シメた~!!!」(笑)

b0291402_05193974.jpg


距離は15m、できれば嘴を閉じてくれたほうが可愛いいのに、なんて言っても無理ですね。
ネットで調べたら、「シメ」はスズメ目アトリ科の鳥。大きさは「スズメ」くらいです。
アオバトには会えなかったけれど、「〆」が、「シメ」で、シメシメの午前中でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-26 16:00 | | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26407449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2016-11-26 17:25
只今夕闇迫る時間「オバン」です。
オナガ鳥威嚇しているより舞を舞っているように見え美しいですね。
どの鳥を見ても肉眼ではとても見る事の出来ない美しさを見せて頂きありがとうございます。
Commented by a-ki_la at 2016-11-26 17:30
不覚にもタイトルを見た時点で笑ってしまいました。
オナガの強気っぷりには驚きです。
羽を全部広げるとさすがに大きく見えますね。
こんな枝葉の混み合ったところで、バッチリ捉えてあって素晴らしいです。

〆のシメ、初見初撮りおめでとうございます☆
カラーリングはモズに似てますね。
目の周囲が歌舞伎の隈取りみたいで、ちょっと怖いです。
Commented by ei5184 at 2016-11-26 17:44
好いタイミングで鳥たちに出会えますね~
未だもう少し動き回って撮影をしようと思いますが、
ボチボチ鳥屋の準備も・・・と?(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-11-26 17:44
こんばんは^^
アオバトに会えなくて残念でしたね~
でも水元公園の鳥の種類の多さは嬉しいことですね☆
オナガは、美しい鳥さんですね(^^♪
威嚇するのが必死なのでしょうけど、ほんと美しく舞うようで瞬間を連写とはいえ綺麗に撮れていて素晴らしいです!
撮りたいのですがこういう瞬間はブレブレになり難しいです!
今日は、オフレコはなかったのですネ!チョット残念!
「おおば~ん♪ こ~ば~んが♪ ざ~っくざ~っくざっくざく♫」のオオバンさんの上に水滴がのってるのが黒い羽なのでキラキラして美しいと思いました。
このレンズは、かなり細かいところまで写るので楽しいですね(^-^)
Commented by butanekoex at 2016-11-26 19:06
さすが、動物写真家さん。
野鳥にもお詳しい。
オナガの飛翔格闘シーン、最高です!
私は以前、オカメインコを飼っていたのですが、飛んでいる最中の足の形が大好きだったんです。
そして、今回はオナガの飛翔中の足の形がハッキリクッキリ(*´艸`*)
よく見たら、カワセミの飛翔中の足もよく見えます。
ツボがたくさんで 嬉しいなぁ^^
次は、オオバンの水中の足も撮影願えないでしょうか(笑)
Commented by GreenKetty at 2016-11-26 20:19
私も鳥が好きで、時々双眼鏡を持ってバードウォッチングに行きます。
一枚目、ヒヨドリはあまり人気のある鳥ではないですが、赤い実と一緒に素敵な写真になっていますね(^ー^)
そうそう、2年ほど前に京都御苑でアオバトを見て感動したのを覚えています。
オナガもとってもきれいですね。
鳥って、ちょこまか動くのでなかなか撮れないのに、きれいに撮られますね。シメもすごいアップできれいです^^
さすがです҉٩(*´︶`*)۶҉
Commented by cafe-moco-cafe at 2016-11-26 20:27
旅プラスさん(*´ω`*)
毎晩晩酌される旅プラスさんとは違い私はたまに。今夜は今夜はMOËTハーフをやりながら、小鳥ちゃんたちを眺めています。そして、【関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 スウェーデン】を観ています。心底幸せです。酔っぱらいのコメントですので、ご容赦くださいm(__)m

ここ数日、ずっと考えていることがあります。
それは、旅プラスさんの視力の事。
小鳥を見つけたり、紅葉の一葉を探すとき
ファインダー越しなのですか?裸眼で?眼鏡?
見つけたい気持ちが強いからでしょうか?

小鳥さんたちも縄張りがあるのでしょう。
威嚇したり、羽を広げてみたり、楽しそう。
今日もご注文品を仕上げていました。
小鳥になって羽ばたきたいな~( ☆∀☆)
モコ

Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 20:35
himeさん、こんばんは

夕闇迫る時間「オバン」に座布団5枚を差し上げましょう(笑)
夜に池に行くことはありませんが、オオバンも、オバンには寝るんでしょうね。
子供のオオバンも、オジンのオオバンも、オバンのオオバンも(^。^)
この鳥は、比較的よく見ることができる鳥ですが、白と黒のツートンカラーなので、
パンダや、シャチを思い出します。

オナガは羽が美しいので、羽を広げてる写真を2枚、掲載してみました。
この格好で1m以内に来られたら、私なら退散しますが、アオサギは全く無視でした。
自然界には、よくわからない不思議なことが沢山あります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 20:54
a-ki_laさん、こんばんは

タイトルで不覚にも笑っていただき、ありがとうございます。
大勢の方々に見ていただくために、タイトルはいつもアンダーではなく、オーバーにしてます(^。^)
きっと騙されて観に来て「なんやこれ」と思われた訪問者も多いはず(笑)

オナガが羽を広げると美しいというのは、初めて見て、初めて知りました。
30mか40mくらいの遠くでしたが、換算では560mmで撮りました。
しかも測距点は1点のピンポイントにしてたので、手前の枝にも蹴られずにピントが合いました。

鳥を撮ってるブロ友さんが、何人かいらっしゃって、鳥の種類や形は写真で見て、自然と覚えました。
シメって、もっと可愛いと思ってたのですが、初めて会ってみると、意外と怖い面構えでした。
確かに歌舞伎役者みたいですね。水元公園は車で20分の距離なのでまた会えると思いますが、
今度は、もうちょっと可愛く撮ってあげたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 21:08
eiさん、こんばんは

ここは葛飾区の水元公園なのですが、野鳥の楽園でもあります。
殆どのバーダーさんは、カワセミ狙いですが、森の中で三脚を立てて、野鳥を狙うバーダーさんもいます。
アオバトとか、サンコウチョーとかの希少な野鳥が出てくると、バーダーさんも突然増えて、
森の中が三脚だらけになることもあります。

eiさんは鳥を撮られることもあるんですか。
「鳥屋の準備」の意味は、私なら「焼き鳥屋に行く準備」になりますが、
eiさんなら「お茶屋に行く準備」という意味でしょうか(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 21:26
アリスさん、こんばんは

オナガは体長が35cmから40cmあるので、写真は撮りやすい小鳥ですが、
尾羽が体長の半分はあるので、身体の大きさだけなら、そこらによくいるムクドリくらいです。

羽を広げると美しいので連写しましたが、絞りが8.0、シャッタースピードは1600分の1秒でした。
登場する小鳥が多かったので、今回は粗筋が作れずセリフはカットでした(^。^)

オオバンは大きいので、撮りやすい水鳥ですが、距離が15mで、望遠を伸ばして換算560mmで撮ってます。
鳥を撮る日は、やはり望遠が命ですが、三脚がなくても撮れるという上限は100-400mmくらいです。
この間、水元公園の不動池で、500mmの大砲を使い、三脚無しで撮る若者を見かけましたが、あれは腕力・体力が必要です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 21:37
butanekoさん、こんばんは

野鳥はあまり詳しくないんですよ、
でも4人の野鳥専門のブロ友さんがいるので、日記を拝見してるうちに、ちょっとだけ名前も分かるようになってきました。

飛んでる時の足の形ですか。
ダランと下に下げてることが多くないですか。
私もジャンプの瞬間は、ダランと下に下げてます。
↑ え、私のことなんか聞いてない。そうですよね、失礼しました。

オオバンの水中の足ですか、水族館に行かないと撮れませんが、水族館にオオバンはいないです。
ペンギンが泳いでる時の足の形なら、よく見るので、きっと撮れます。いずれまたお目に掛けましょう。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 22:18
G.Kettyさん、こんばんは

バードウォッチングに行かれますか。
私は平均すると月2回くらいは行きますので、お仲間ですね。
狙いは半分がカワセミ、残り半分がその他大勢といった配分です。

ヒヨドリは20mくらい先で、暗くてよく見えず、ピントもイマイチでした。
ですが、背景が綺麗だったので、「えい載せちゃえ」と掲載しました。
アオバトをご覧になったのですか、ラッキーでしたね。カメラを構える時間はありましたか。
写真が撮れても、撮れなくても、滅多に見れないのがアオバトですから、よかったですね。

鳥の撮影はカメラの性能と、望遠レンズの長さが大きな要素をしめますから、
私なんてまだまだです。今後、成長する「ノリシロ」があるとも言えますね(^。^)
バーダーさんが、よくマイフィールドって、言葉を使いますが、私の場合葛飾区の水元公園がマイフィールド。
鳥の種類と個体数は多いので、これからも月2回はバーダーさんをやっていこうと思ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-26 22:31
モコさん、こんばんは

MOËTハーフですか、いいですね。
飲みやすくて美味しいでしょう。香りがこちらにも漂ってきます(^。^)

ファインダーを覗くと、視界が狭まって見つけられなくなるので、眼鏡無しの自分の目で探してます。
時々、隣のカメラマンがおとなしくなって、何かを撮り始めると、その望遠レンズの前方を見て探しますが、
鳥を撮る時のカンニングは、お互いに堂々とやってもいいことに、なってます(^。^)

今日もお仕事だったんですね。お疲れさまでした。
モコさんは、もうじゅうぶん羽ばたかれてると思いますが、さらに上にですね。
上昇気流に乗って、高く飛んで下さい。
Commented by otti468 at 2016-11-26 23:47
そろそろ鳥さんたちが元気になる季節ですね~
あ、鳥さんが元気になるのでなくて、鳥撮りさんが
元気になるのですね~
鳥を撮りに出かけてみたいのですが・・・
なかなか出会えません~
というかやたらに歩き回る癖が災いをしているようです~
旅プラスさんのように多くの鳥が撮れるように頑張ってみます~
Commented by umitosora14 at 2016-11-27 00:41
今晩は^^
鳥さんが、止まってる~!
羽ばたきの一瞬が、見事に捉えられてますね~
シャッター速度を、かなりあげて撮られてるんでしょうね?
こんな宙に浮いてる姿を撮るの、
憧れます♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-27 07:49
ottiさん、おはようございます

私が行く葛飾区水元公園は1年中ですが、何種類もの鳥がいます。
カワセミなんかは留鳥なので365日、撮影チャンスがあり、365日通ってるんじゃないかと思う、
主みたいな常連さんもいらっしゃいます(^。^)

池がある公園で、大砲のようなレンズを付け三脚を立ててるカメラマンが2・3人いたら、そこは狙い目です。
自分で鳥を探すより、常連のバーダーさんを探すのが早道かと思います。

鳥撮りは機材が必要だし、知識も、技術も必要なので、奥が深いです。
私も最近始めたばかりで、まだ1年生ですが、常連さん達にはかなわないので、ボチボチとやってきます。
釣りと同じで、大漁で気分を良くする日も、1日待っても現れなくてがっかりする日もあり、
それがまたいいのかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-27 08:10
umiさん、おはようございます

オナガが止まってる写真は、Canonだと「TVモード」といって、シャッタースピードを固定して、
あとはカメラにお任せという撮り方です。
この時は、1600分の1秒に固定して撮ったので、羽も止まった画像になりました。

「TVモード」と同じ機能は、どのメーカーの一眼レフにもついてますから、簡単ですよ。
小さいスズメとかはピント合わせがむつかしいので、最初はカモメとか、ハトで練習するといいでしょう。

アオバトは、日本に留まる留鳥ですが、しばしば居場所を変えるようで、水元公園にちょっと立ち寄っただけみたいです。
最近の情報では、誰も会えてないので、もう水元公園から居場所をどこかに変えてしまったと思われます。
また次のチャンスがあると思うので、次回はもっと頑張ってみます。
Commented by kaorunchoko at 2016-11-27 12:18
❤旅プラスさん こんにちは!
ヒヨちゃんもオナガ君も我が家の庭の常連です!
でも、実際よく見えないし、私の車に糞を落とす憎っくき悪鳥め!って思ってましたが、
ヒヨちゃん可愛いですね。色合いはちょこっぽいし(笑)
オナガ君はこれまた美しい!そして勇猛果敢にアオサギを威嚇する姿\(◎o◎)/!
羽を広げた姿がこれまた美しいです!横からの姿バッチリでしたね(*^^)v
「オオバン」珍しいですね!鳥の模様って不思議ですね。
〆のシメは羽の質感がとっても綺麗に写ってますね!流石ですね~♫
今日は、>おおば~ん♪ こ~ば~んが♪&シメの〆でシメシメに
座布団5枚お願い致しますヽ(^。^)ノ

今、アリスさんの所へお邪魔したら、旅プラスさんお風邪を召したとか…
お見舞い申し上げます。お大事になさって下さいねm(__)m
今日は天気も悪いし、自宅待機でゆっくりし
美味しいランチ&赤ワインで風邪を吹き飛ばして下さいね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-27 15:26
kaorunさん、こんにちは

下町ではヒヨちゃんも、オナガも、滅多にお目にかからないので、見つけるとシャッターを押してしまいます。
オナガは翼を広げると美しいということ、そして自分より身体がでかい鳥にも強気というのが、
今回、取材してわかりました。
車に糞を落とすのは許せないけど(^。^)、自然の世界は面白いこと、不思議なことが沢山ありますね。
座布団を5枚も、ありがとうございます。

そうなんですよ。ちょっと風邪っぽいので今日は外出を見送りました。
風邪をひいたのは、オーロラの撮影をして帰国したら、肺炎と診断された昨年11月以来でしょうか(^。^)
でもずっと起きてて、PCで写真の現像もしてるので、全然大丈夫ですよ。
いつもお気遣いありがとうございます。
<< クラシックカー100台が、神宮... 紅葉は毎年撮ってますが、映り込... >>