美味しくて安いミシュラン店を探すシリーズ(その6店目は東銀座の鯛茶漬け、うち山さん)

「東京」、「ミシュラン店」、「ランチ」、「料金は2000円以下」で探すシリーズの6店目です。

なに~、今まで5店もあったかな~という読者がいらっしゃったら、カテゴリーで「グルメ」を検索して下さい。でもリンク張りました。店名クリックで検索できます。
4月15日が赤坂の懐石料理、帰燕さん、4月21日が銀座の蕎麦さん、流石さん、5月24日は銀座の懐石料理、一二岐さん
7月18日は赤坂の日本料理、井ざわさん、10月5日が赤坂の魚料理、ととや魚新さんです。


本日の「うち山」さんの看板料理は、1,500円の鯛茶漬け。
2002年にオープンし、2008年にミシュランの星を獲得してから、8年連続で星を守ってます。

メトロ東銀座駅もしくは、銀座1丁目駅から徒歩5分ですが、住所は銀座2-12-3です。
前を通っても、いつも「本日はご予約のお客様のみとさせていただきます」の貼り紙があり、今回は1週間前から予約をして訪問しました。
店は裏通りの地下1階、この階段を下ります。

b0291402_20132223.jpg


カウンターは11席、座敷は二つで6席と8席。メニューは鯛茶漬け1,500円、緑高弁当2,500円、鯛茶弁当3,500円。
昼のコースは5,000円から15,000円まで4種類。夜は13,000円から25,000円までの4種類の懐石料理を提供する「和」の名店です。
幸い板前さんの真ん前の席だったので、鯛の準備をする包丁捌きを見学できました。

b0291402_20133276.jpg


ネームプレートが「狩野」さんだったので、「うち山」さんでは2番手の板前さんだと思います。
白木の分厚いカウンターの向こうで、盛り付けする狩野さんは気迫に溢れてました。

b0291402_20133982.jpg


さて、最初は青菜ときのこのお浸しに、焼き胡麻豆腐です。焼き胡麻豆腐は、外はカリカリ、中はトロトロの熱々で、「美味しい」のはるかに上の絶品です。
お酒は常温の「浦霞」をたのみましたが、錫製の「ちろり」に入れられて運ばれてきました。

b0291402_20134768.jpg


鯛茶漬けです。鯛は生臭く噛みにくいというイメージがありますが、エビのようにプリプリです。
胡麻ダレとの相性もよく、最初は切り身とごはんで、そのあと鉄瓶で供される煎茶をかけて鯛茶漬けで至福の時間を楽しみました。

b0291402_20135583.jpg


デザートはカボチャの豆乳寄せ。和風プリンみたいな食感です。

b0291402_20140830.jpg


器もよく、サービスもよく、料理も美味しくて、これで1,500円でいいの、というのが感想です。
匠の技と、日本の粋。期待を裏切ることはまずありませんので、ミシュラン店の鯛茶漬けに興味がありましたら、予約してからお出かけ下さい。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-17 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26480160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-12-17 16:16
鯛茶漬け、大好きです!
鯛の最も美味しい食べ方はお刺身ではなく、「ちゃんとしたお店の胡麻ダレでいただく鯛茶漬け」だと信じています(^^)
「ちゃんとしたお店の」と前置きしたのは、
自宅で作る鯛茶漬けは、どんなに頑張っても そこそこの味にしかなりません。
私の料理の腕がないだけともいいますけれど^^;
こちら、これで1,500円だとは!
このシリーズを見せていただくたびに、東京に住みたくなってしまいます(^^)
Commented by hidamaribenchi-me at 2016-12-17 16:34
旅プラスさん 
今日も更新お疲れさまでした^^
美味しくて安いミシュラン店も大好きなシリーズです。
しっかり締めていた財布の紐も12月は付き合いで紙幣がどんどん飛んでいく中、
魅力的な情報をいただきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
銀座でのランチならまぁ3000円でも仕方ないかというボーダーライン^_^;
しかし2000円以下といくのが旅プラスさん流のこだわりのご紹介ですね。
ご紹介いただいている5軒も申し分のない店構えに申し分ないお料理。
今日のお店はお腹に優しいお茶漬けコース。
板前さんが目の前でさばいてくれる鯛をその場でいただける、いいですね。
しっかり( ..)φメモメモさせていただきました。

第二段丸の内イルミ。ありがとうございました♪
昼と夜の顔を見せていただき、楽しかった時間を想い出しております^^
シャンパンカラーの大人のイルミ☆彡魔法の時間は2月までとは嬉しいですね。
東京駅界隈は本当に素敵です❤「日本夜景遺産」に認定されたのですか。
リコメに使わせてもらいます^^
Commented by oomimi_usako at 2016-12-17 17:09
こちらのお店、予約出来たためしがございません。
日にちが悪いのかしら。
tabiさまのお写真から念を送って、念願叶えたいと思います。
錫のちろりがいいですねえ。
Commented by ayayay0003 at 2016-12-17 19:36
こんばんは♪
こちらのお店、私の定宿さんから近くかも?(^-^)
でも一週間前に予約となると難しいです(^。^;)
旅プラスさんのお写真で食べたつもりに~☆
鯛茶漬けのそんなに美味しいものを今まで生きてきて食べたことがありません!
一枚目の下拵えの写真を見たら気合いの入り方が違いますね!!
いつか、と言うか、死ぬまでには、食べてみたいと思いました(*^^*)
デザートも美味しそうですね♪

Commented by hagukitchen at 2016-12-17 19:54
旅プラスさん すばらしい記事を、ありがとうございます。
これで1500円!主婦でも行けますね
ただし、ふふは出入り禁止ですけど^^;

焼き胡麻豆腐は絶品ですよね〜!
こちら何がかかってましたか?
いつか行ってみたいお店なんですよ〜
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 20:45
butanekoさん、こんばんは

胡麻ダレが、ポイントですよね。
おっしゃる通り、鯛茶漬けは、胡麻ダレが命と思います。
ここの胡麻ダレは、微妙な味なんですが、胡麻以外に何種類かのナッツが入ってるのかなと思うしっかりした味でした。

ちなみに。ここの胡麻ダレは売っていて、お土産としてお持ち帰りできるんですよ。
買わないので、値段も聞かなかったのですが、瓶に入っていて多分500円。
鯛だけでなくて、シャブシャブや、白身魚、アイスクリームにも相性がいいそうです。

もし東京でなかったら、1,200円かもしれませんが、夜は13,000円からという店が、
昼に1,500円で食べさせてくれるのは、嬉しいです。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-12-17 21:00
鯛茶漬け美味しそうですね〜
東銀座なら分かりやすいですね(^^)
ご紹介下さったお店も参考に来月のお出掛けの予定を考えまーす(^_-)
鯛茶漬けは予約必須ですね❗
イルミネーションも気になりますしー
私も従兄妹も道音痴なのが心配ですが(ーー;)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 21:03
つっちさん、こんばんは

このシリーズ、なんとか6店目までこぎつけました~~。
・・・が、2,000円以下がネックとなり、残りのネタが、あと僅かです(^。^)
あと何店か紹介できたら、次は「ミシュラン」という枠をはずすか、「2,000円以下」という枠をはずすか。
どちらにしても、月に1回くらい、こういうコーナーを続けられたらいいなと思ってます。

あとは学生時代のクラスの同級生12名と、1年12回の月次同窓会をやってますが、これは団体さん向け。
実は私は不動の「トリ」。つまり10年以上、12月の幹事役を死守しています(笑)
今年は12月27日で、赤坂のフレンチレストラン、コース料理に、飲み放題までついて会費は6,300円。
これも気合が入ってますので、年末にご紹介させていただきます。

あ、鯛茶漬けでしたね。銀座にいらっしゃる機会がありましたら、是非どうぞ。
鯛茶漬けを食べたあとは、丸の内仲通りの散歩というのもお薦めです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 21:11
usakoさん、こんばんは

昼よりも、夜はさらに予約が取りにくいという話を聞いたことがあります。
かといって、昼もほぼ毎日、予約客で満席状態。
会席料理の店って、東京には山ほどあると思いますが、この店の人気は凄いです。
私が食べた火曜日も、予約なしのお客さんが、あとからお店に入ってきましたが、丁重に断られてました(^。^)

日本酒の品揃えも豊富でしたよ、多分10種類くらいはあったと思います。
私は常温の浦霞を頼みましたが、まさかチロリで供されるとは驚きました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 21:27
アリスさん、こんばんは

アリスさんの定宿からは、昭和通りを渡って1本目なので、歩くと3分です。
歌舞伎座からなら、そのまま1本目の路地を京橋方向に5分程歩きます。
実は、ここは私がよぶ、ミシュラン通り。
過去に紹介した銀座の蕎麦「流石」、銀座の懐石料理「一二岐」は、このお店から歩いて1分なんですよ。

もし日程が仮にでも決まったら、予約をとっておきますよ。
もしアリスさんの日程が変わって、来れなかったら、私がその人数分、社員を連れて行きますから。
もし1,500円の奢りで、社員が一生、感謝してくれるなら安いもんです(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 21:39
にこりさん、こんばんは

ふふちゃん。大丈夫かどうかわかりませんが、にこりさんが食べてる間、あずかりますよ。
近所に公園もありますから。
この話、以前にもしましたよね。あの「コメ返」、まだ生きてます(^。^)

焼き胡麻豆腐は、自分でお醤油をかけるか、かけないかを判断します。
私は最初そのまま、後から醤油をかけましたが、その醤油が普通の醤油では無かったです。
コクがあって、特製の醤油でしたが、私の料理経験では、とても表現できません。
そういえば、料理経験って書きましたが、私の場合、経験ゼロでした。謹んで訂正いたします(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 21:50
sakuramoonさん、こんばんは

来月の上京でしたね。
昼の食事で、使えそうなお店がありましたら、是非訪ねてみて下さいね。
そうか、画廊が多い銀座なら、sakuramoonさんは土地勘もあるんですね。

歌舞伎座の「初春歌舞伎」は、まだ席が取れると思います。
もし興味がありましたら、東銀座のついでにどうぞ。
私は25日の昼の部の席を予約しました。

そうそう、イルミネーションは、引き続き2月まで輝いてるのが多いので、昼も夜も楽しめます。
じっくり計画を練って下さいね。
Commented by yocomilk at 2016-12-17 22:11
こんばんは!
わぁ!
こちら、お友達と行きました♪
美味しくてごはんをおかわりしちゃいました。
お値段にも驚きました、その後のお茶の方が高くなってしまいましたよ(^_^;)
旅プラスさん、お酒も頼まれたのですね。
いいなぁ、また行きたいです。

あ、三越の地下にイートインがありますよね!
そちらは予約なしで大丈夫かといつか突撃しようと思っています。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-17 23:55
yocoさん、こんばんは

ここは銀座といっても、本当に東銀座のはずれですが、よくご存知でしたね。
昭和通りを超えて、あの界隈まで行くと、銀座よりも1割は安いような気がします。
なので週に1回か、2回は昭和通りを越えて行きますが、私がいう、イタリアン通りと、ミシュラン通りは
お得感ありますよ(^。^)

やはり日本料理の店で、板前さんの前に座ったら、日本酒を常温で飲むのが礼儀かな、と勝手に自分が思ってます(笑)
錫の「ちろり」ですから、美味しかったですよ。

そういえば、銀座三越にありますね。なんか4席しか見えなくて、いつも誰かが座ってるので、あの暖簾を
くぐったことがないです。
いつか暖簾の中が見えたのですが、板前さんは女性でした。ならば、絶対に行かなければ(^。^)
でもyocoさんから言われるまで、すっかり忘れてました。突撃してすぐに、座れればいいですね。
Commented by umitosora14 at 2016-12-18 00:48
今晩は^^
美味しそうですね~!
思わず、そのまま、ググッてお店のほうへ行ってしまい、
コメントが遅くなりました^^;
ここは、いつか、近くに予定があったら、
ぜひ行って見たいです
鯛茶漬けも、ほんとに美味しそう!
焼胡麻豆腐も、絶品のようですね~
東京には、素敵なお店がほんとにいっぱいですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 07:42
umiさん、おはようございます

お店のURLも見ていただけましたか。
店主の内山さんは、経営もやり手みたいで、おもたせ、仕出し、おせちに、料理教室までやってます。
あと料理へのこだわりも半端じゃないです。
昔ながらの「老舗の日本料理店」というだけでは、激戦区の銀座で戦えませんが、
内山さんは、チャレンジ精神が旺盛です。

次回に上京の機会がありましたら、是非いらして下さい。
昼のコースには5,000円から、15,000円までの懐石料理がありますが、
ここは軽く鯛茶漬けというのが王道でしょうか。
私が食べた日のカウンター席も、全員が鯛茶漬けでした(^。^)
Commented by arak_okano at 2016-12-18 10:27
目の前で板前さんの仕事が見られて、1500円とは
素晴らしいお店の紹介を有り難うございます、バグースです。
アラックには日本酒は必需品です。
東京のお店は全く知りません。
Commented by kaorunchoko at 2016-12-18 15:59
❤旅プラスさん こんにちは!
待ってました!ミシュランランチヽ(^。^)ノ
今日は1,500円ですか!有難い事ですm(__)m
白木のカウンターの向こうの狩野さん!はい!確かに気迫を感じます!
前菜の焼き胡麻豆腐、美味しそうですね。
周りに片栗粉付けて焼いてあるのでしょうか?トッピングは?
タレはお醤油だけじゃ無いですよね。。。あぁーー気になる!!!
なるほど青菜と茸のお浸しですか!イイですね~♫
深いぐい飲み系の器も、こうして使えますね。参考になりました!
鯛は胡麻だれなんですね!?甘めでしたか?美味しそうだな・・・
煎茶の器もめっちゃ素敵ですね。
雰囲気サービス、どれをとってもミシュラン店ですから最高ですね(*^^)v
美味しい写真、ご馳走様でしたm(__)m
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 20:56
アラックさん、こんばんは

そうなんです。
板前さんの仕事を、真ん前で見るのは楽しいです。
顔が本当に真剣で、迫力が凄かったです。
しかも包丁捌きは「匠の技」

この「技」というか、「職人芸」を、見れるだけでも、1500円はお得でした。
あと2店か、3店はこういう店を紹介できそうですが、
東京にいらっしゃった時に、まとめて食べて下さいね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 21:08
kaorunさん、こんばんは

前菜の「焼き胡麻豆腐」。
出来上がって器に入って出てきたので、調理工程は、よく分かりません。
他の店には、こういう料理が無いので、もしかしたら企業秘密かも(^。^)

写真は食べる前に自分が醤油を垂らしました。
でも、醤油を垂らしてない部分を先に食べて、あとから醤油の部分を食べましたが、どちらも熱々トロトロ。
やはり豆腐なので、私には醤油があった方が美味しいと思いました。

鯛の胡麻だれは、甘くはなくて、複雑で微妙な味。
もう私の表現力では、説明できません。
ここは一つ、お2人で食べていただくのがいいかもしれませんね。
そして胡麻だれが気に入ったら、瓶詰を買って帰ることもできますので、是非どうぞ。
<< 師走の色が鮮やかに映える羽子板... 丸の内仲通りの昼と夜、光と影(... >>