師走の色が鮮やかに映える羽子板市。今年の人気は真田丸か(台東区、浅草寺境内)

師走の風物詩「羽子板市」は、12月17日から19日まで浅草寺で開催中です。

境内の露店には歌舞伎役者や、浮世絵など色鮮やかな羽子板が所狭しと並びました。

b0291402_09241440.jpg


今年の人気は「真田丸」
2016年の世相を表す漢字は「金」が3回目の受賞で、「乱」を予想した私は、はずしましたが、菊人形も、羽子板も、今年の人気ナンバーワンは「真田丸」と予想してました。

b0291402_09251765.jpg


年々、羽子板から顔も衣装も飛び出して立体感が増し、最近は素材も金襴、友禅、正絹、手刺繍などの高品質な布地が使われてます。

b0291402_09252908.jpg


今年目立ったのは歌舞伎の襲名披露を祝った羽子板。
書かれた文字は、「親子4人同時襲名おめでとうございます、中村芝翫さん、橋之助さん、福之助さん、歌之助さん」。

b0291402_09280248.jpg


2018年1月の三代同時襲名は、二代目松本白鸚 ← 幸四郎、十代目松本幸四郎 ← 染五郎、八代目市川染五郎 ← 金太郎。

b0291402_09281208.jpg


華やかな羽子板市で、私が毎年撮らせていただいてるのが、こちらの看板娘さん。

b0291402_09282358.jpg


ちょっと笑い過ぎです!!、すまし顔のポートレートも撮らせていただきました。

b0291402_09283112.jpg


いつもいらっしゃる、はげ頭に飾り羽の、親父さんがいないので、うかがったら、この時間は休憩中とのこと。
今年は写真が撮れなかったけれど、お元気とうかがい安心しました。
この写真は2年前に撮らせていただいた看板親父です。

b0291402_09284993.jpg


なお、期間中の露店は30軒、訪問人数は30万人だそうです。
明日、月曜日が最終日ですが、混雑していても露店と露店の間の道は渋滞しておらず、羽子板を見ながらゆっくり歩けます。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-18 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26483747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tatuotoko0406 at 2016-12-18 16:31
こんにちはー
愛機はどうでした・・・? 何事もなければ良いのですが。

羽子板市!
昨日の夕方過ぎに軽く流してきました♪
あんだけたくさんあるのに、ムッシューと同じブツを撮ってましたよ。
上から2枚目と3枚目。
特に3枚目の左の子が好みです^^
最近のメインの女性は、山田五十鈴のような切れ長タイプでなく目の大きなぱっちりタイプが多いですねえ。

君の名は。の羽子板もあり楽しませてもらいました♪
手元不如意だったもので貢献できなかったのが、心残りです^^;
Commented by 3740s at 2016-12-18 16:43
江戸の町浅草
お嬢さんの笑顔と小粋な姿
素敵ですね。

いよいよ押し詰まった師走。
今年も野暮用が重なり行けないかも・・・・・??、

「tabi-toさん、ありがとうございます。」
Commented by kaorunchoko at 2016-12-18 16:44
❤旅プラスさん こんにちは!
↓ギリギリセーフの15:59でした!
送信してちょっとビックリしちゃいました(笑)

今年も豪華な羽子板市!ホント素材の良さが写真からも伝わって来ますね!
先日、仲良しKちゃん家の葵ちゃんのお祝いに行った時にも、
玄関に総絞りのお着物を召した羽子板がありました。
今年はやっぱり真田丸でしたか(^_-)-☆今夜最終回ですね!
昌幸ロスだったので、徐々に気分が右下りになりイマイチなんですけどね(笑)
名胡桃城取材がまだ写真も整理出来ず。。。最終回に間に合いませんでした(^_^;)
看板娘さんの満面の笑み確かに。。。おすまし顏の方がイイかも(^_-)-☆
おやおや看板親父様ご不在でしたか。。。残念!でもお元気との事!良かったです。
あぁーー今年も残すところ2週間切りました!年賀状作らなきゃ(;一_一)
Commented by ayayay0003 at 2016-12-18 17:09
こんにちは^^
浅草の羽子板市、やはり例年通り賑やかでイイですね~☆
今年の人気者が主役、真田丸は当たりでしたネ(^_-)-☆
お座布団10枚でしょうか☆
そして歌舞伎の襲名披露を祝った羽子板には、メチャ、興味を持ってジーーーと見てしまいました!(^^)!
中村芝翫さん、若い時の感じのお顔かな?(笑)
素材が年々豪華というのは旅プラスさんのお写真見てても解るくらいですね~(^_-)-☆
いつものお店のおじさんがお元気で良かったです!
今年も、見せていただきありがとうございました♪
Commented by umitosora14 at 2016-12-18 17:33
羽子板市、風情がありますね~
真田丸が人気。。。
って、ことは、毎年、その年の人気のものを作ってるんですね
すごく、素朴な疑問ですけど。。。
この羽子板を買われていく方は、一般家庭の方?
それとも、店舗とかの方なんでしょうか?
羽子板って、我が家になくて、身近にも飾ってる話は聞いたことが無いんです^^;
幼い頃には、子ども用の簡単な飾りの羽子板が、
お正月にあった記憶はあるんですけど。
東京の下町では、お正月に飾ってるものなんでしょうか?
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-12-18 17:38
華やかですね~
粋ですね〜
年々立体感が増してるんですかぁ?
金襴、友禅、正絹高級ですね~
簪も鹿の子絞りの飾りも素敵❗
歌舞伎ものもカッコイイですね~
歌舞伎は実際の舞台は、一度しか見た事ありませんがまた見たいです(今回は従兄妹が興味無さげなので諦めます^^;…宝塚愛なので^^;…私はそれ程の愛はありませんが^^;)

看板娘さんのはじける笑顔がたまりませんねー❗
看板親父さんの手ぬぐいが粋ですね(^^)/
Commented by ei5184 at 2016-12-18 17:46
あれから1年ですね~
看板娘さん、覚えていますよ!
年の瀬の風物詩をありがとうございました。
Commented by minibears at 2016-12-18 18:15
こんにちわ。
ニッポンのお正月をかんじますね。
こんなに羽子板がそろうと華やかなんですね。
都内には、ホントいろんなイベント、いいお店があるのを旅プラスさの情報で見させて頂いています(#^.^#)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 20:36
オレさん、こんばんは

愛機は、自宅で色々試してみた結果、バッテリーの不調でした。
カメラの「充電マーク」はフルなのに、パワー不足でAFが効かないという現象で、
予備のバッテリーと交換したら、AFも効きました。
車のバッテリーも3・4年使ったら、そろそろ交換といいますが、このバッテリーは4年使ったので、寿命みたいです。
平均すると週に3回は撮って、充電をしてきたので、耐用期間を過ぎたのかもしれませんね。
カメラ本体の故障では無かったので、助かりました。

やはり撮るとこは殆ど一緒ですか。
羽子板女性は、浮世絵風から、アニメ風に変わりつつありますね。
山田五十鈴さんも、岸恵子さんも、もう見かけません(^。^)
「君の名は。」の、アニメの世界ですね。
Commented by arak_okano at 2016-12-18 20:41
こんばんは、アラックです。
縁起物ですからね、元気に豪勢に行きたいのですが、
一回も行ったことがないんです。
やっぱり、今年は真田丸が良いですね。
お嬢さんの笑顔&お父ちゃんのお洒落を見事に撮影されましたね、お見事バグースです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 20:48
パテオナベさん、こんばんは

この羽子板市が終わらないと、江戸に正月がきません(^。^)
江戸時代は「歳の市」といわれ、江戸では唯一の市場だったそうです。
今は羽子板の市になってしまいましたが、他にも飲食の露店もあって、100店近い店が賑わってました。

年末は忙しいですよね。
私の会社はソフトウェア開発なので、比較的新しい業界なのですが、
来週からは挨拶回りが本格的になります。
どうもどうも、来年もよろしくで、最長でも5分ですが、こればかりは、我が業界も伝統を引き継いでます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 21:20
kaorunさん、こんばんは

ハ、ハ、ハ、確かに15時59分でしたね。
ギリギリでも、いつもコメントありがとうございます。
総絞りのお着物を召した羽子板が飾ってあったんですか。
その羽子板を、羽子板市で買うと、ウン万円しますよ。豪華ですねえ(^。^)

ポートレート撮影は、経験無いのですが、あの場では頑張ってみました。
おすまし顔のほうなら、来年にお会いする時に届けられますね。
いつも撮らせてもらってるので、たまには写真も届けなければと思ってます。

年賀状ですか。私は、さっき上が写真、下が文面の表を15分で完成させまました。
あとはPCのあて名印刷なので、もう「正月いつでも来い」です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 21:57
アリスさん、こんばんは

いやあ~~、座布団を沢山ありがとうございます。
でも真田丸なら、予想は簡単だったかも(^。^)
昨年の「アナ雪」も予想できましたが、錦織圭君とか、羽生結弦君とかの羽子板を見た時はびっくりしました。
今年は他に「君の名は。」の羽子板もあったんですよ。うっかり写真を撮るの忘れました。

羽子板なんで、わざと中村芝翫さんの若い顔を採用したのかも。
でも三田寛子さんならきっと、「私が買う」と言いそうですね。楽屋に飾るのもいいと思います。

毎年、写真撮ってると、変化が気になります。
必ずいるはずの親父さんがいないのは、心配してしまいましたよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 22:10
umiさん、こんばんは

そうなんです。
その年の人気者が登場するので、最近は「アナ雪」とか、「錦織圭」君とか、「羽生結弦」君が登場しました。
昔では「貴乃花関」とか、「荒川静香」さんも。

この羽子板を買うのは、主に一般家庭で、女の子が生まれるとその初正月に羽子板を買います。
でも我が家も羽子板は買わなかったです。置く場所も無かったし(^。^)

江戸時代は、贔屓の歌舞伎役者の羽子板が出ると、女性がこぞって買いに行ったそうですが、
その伝統が今も残っていて、歌舞伎役者の羽子板は人気です。
飾っておいて、毎年買い替える家庭もあるそうで、まるで酉の市の熊手ですね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 22:20
sakuramoonさん、こんばんは

最近は素晴らしく高価な羽子板が増えました。
金襴、友禅、正絹とかで飾った羽子板は数万円から10万円という話を聞いたことがあります。

実は、値札がついてないので、値段がよく分からないのですが、
店主が5万円・・、客が1万円まけてよ・・、店主がわかった4万円・・、となっても、
ご祝儀に1万円を加えて、支払いは5万円にするそうです。
縁起物ですから、酉の市の熊手と同じです(^。^)

おやおや、宝塚ですね。宝塚劇場の前は毎日凄い行列で、入り待ち、出待ちのグループもいて、
歌舞伎座よりも人気みたいですよ。従兄妹さんと楽しんで下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 22:39
eiさん、こんばんは

昨年の日記も覚えていていただけましたか。ありがとうございます。

下町には、朝顔市とか、ほおずき市もあって、どの店にも看板娘か、看板おばさんがいるのですが(^。^)、
このお嬢さんは、とびきり愛想がよくて、笑顔がチャーミングです。

東京の12月の風物詩もこれで終わりです。
日記のネタが、ますます乏しくなります(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 22:47
marukoさん、こんばんは

同じ浅草寺の境内で、朝顔市もあり、ほおずき市もありで、季節ごとの風物詩なんですが、
羽子板市が始まると、今年も終わりで、もう正月だなあと感じます。
私なんかは、羽子板市の取材が終わると、年賀状を書くんですよ(^。^)

東京のイベントと美味しい店を来年も届けます。
ブログ界の、「週刊文春」を目指して(笑)、独自取材で頑張ります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-18 22:53
アラックさん、こんばんは

私も東京に住んでながら、若い頃は全く行ったことがなくて、写真を撮り始めてからは、
毎年、浅草寺に通うようになりました。
1年に5回くらいは、この境内でイベントがありますが、先に泣いた赤ちゃんが勝ちという
「泣き相撲」もこの境内で行われるんですよ。

動物の顔写真はよく撮るのですが、お嬢さんのポートレートは全くチャンスが無くて、
こんな場所で、練習させていただきました(^。^)
Commented by en_dy at 2016-12-19 00:56
真田丸、凛々しくて格好いいですね。
さすがっ 
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-19 07:30
en_dyさん、おはようございます

真田丸、豪華な羽子板でした。
よく見ると、 真田丸の両脇から、両手が出てて、店の人が小さな羽子板を振ってます。
なんか人形芝居のようでした。

真田丸の隣の隣には、売れ残ったかのような「アナ雪」の羽子板。
時とともに、人気は移り変わりますね。
<< 青一色の光で表現されたイルミネ... 美味しくて安いミシュラン店を探... >>