カワセミのささやかなジャンプと、ドヤ顔(葛飾区、水元公園)

1月15日、日曜日、寒波の襲来で東京の気温は、マイナス2度~+5度。天気は晴れでした。

カワセミのデブ子が縄張りとする不動池に出かけましたが、何故か常連のバーダーさんが1人もいません。
よく見ると不動池が結氷。小魚を獲れないのでカワセミもやってきません。
すぐに、「かわせみの里」に向かいました。ここは常に水が流れてるので結氷はありません。

さっそく出迎えてくれたのは、オスのカワセミ君。

b0291402_08410556.jpg


当日、カワセミが飛来した回数は、「水辺のふれあいルーム」のボードを見ればすぐ分かります。

b0291402_08411539.jpg



なんと朝から6回。これは期待できます。ちなみに昨日は9回でした。
日頃は分散してますが、今日は結氷してない池に集まってくるのかもしれません。

b0291402_08412450.jpg


カワセミが飛んでいってしまい、待つことしばし。
オオバンがやってきました。潜っては水底の藻のようなものを咥えてきて美味しそうに食べてます。

b0291402_08414627.jpg


次はツグミ。寒いので、何も来ないよりはましですが、早くきてくれカワセミ君。

b0291402_08415599.jpg


やってきましたカワセミです。上の方に写ってるのは、先ほどのツグミ。
さっきはいても良かったけど、今は背後霊みたいで邪魔な存在(笑)

b0291402_08420531.jpg


ここでカワセミが、ジャンプ!!

b0291402_08421480.jpg


ほんの10cmくらいなので、軽やかに着地も成功。

b0291402_08422449.jpg


たいしたジャンプでもないのに、こちらを見てドヤ顔。

b0291402_08423264.jpg


本当にささやかなジャンプでしたが、飛んでるカワセミも何枚か撮れたので、次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-16 16:00 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26559979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cafe-moco-cafe at 2017-01-16 17:59
旅プラスさん♪ヽ(´▽`)/
たった10㎝ほど飛んでドヤ顔!
こっちは 凍てつく中じっと待ってたんだ
もうちょい 派手にやってくださいよ!
(過去に遡り心を読んでみました。)

そうですね、私もカワセミ君みたいに
大したジャンプもしてないのにドヤ顔しない様
自重します(笑)ついつい見て欲しくなるので…

ちなみに、日記とは関連がありませんが、村上春樹さんの新刊・長編小説二巻のタイトルが発表されましたね。
楽しみです。
モコ
Commented by o-rudohime at 2017-01-16 18:40
わずかのジャンプをフォーカスされ「おぬし見たな」そんな目つきにも見えますが・・・
雄のカワセミは一段と美しいですね。
Commented by aaic5475 at 2017-01-16 18:52
散歩道の広瀬川でたまに見かけるカワセミは
あっという間に飛び去り、なかなかじっとモデルを
してはくれません。
しかも、いつも同じ場所に現れるとは限りません。
そして、たいてい私がデジカメしか持ってない時に
遠くに現れます。。。
「その公園に行こうかなぁ」
と本気で考える今日この頃^^;      でん母
Commented by nori_natural at 2017-01-16 20:03
参りましたm(_ _)m
大きく綺麗に撮られてますね〜
しかもパックの色が綺麗!
私とは大違い(>_<)
Commented by minibears at 2017-01-16 20:30
旅プラスさん
わぁ~!トリシリーズですね♪
カワセミの色がキレイです。
旅プラスさんはさすがですね~。ばっちり撮れてすごいです~(#^.^#)
私も近所だけではなく、どこかにトリを見つけに出かけようかなぁと。
でないと、1か月に1種類のトリが撮れなさそうです。
でも、2月はメジロちゃんが梅の花に来てくれることを狙います!
Commented by yocomilk at 2017-01-16 21:02
こんばんは~♪
旅プラスさ~ん、日曜日寒かったでしょう!?
鳥をじっと待って撮影、さすがです!
色がとっても鮮やかでシュッとしたカワセミさんですね。
どや顔、最高です(^^)
デブ子が見られなくってちょっと寂しいです・・。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 21:20
モコさん、こんばんは

確かにジャンプが10cmじゃあ、もの足りませんよね。
歌舞伎だって、10cmジャンプして見栄を切られても、拍手はしないし、
大向こうからの「かわせみ屋!!」、なんて掛け声はかかりませんよ(^。^)

どや顔は、最後の最後にとっておくのがいいと思います。
でもウェディングの時に、花嫁さんががピースをして、どや顔するのは許せます。

村上春樹さんの本を予約しませんかと、Amazonからメールが来ました。
仕方なく予約しましたが、過去に私が、毎回買ってるという情報がAmazonに残ってるみたいです。
今後、間違っても怪しげな本は買えませんね(笑)

Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 21:33
himeさん、こんばんは

距離は15mくらいなので、かわせみも私たちカメラマンが見えてると思います。
ええきっと、「おぬし見たな」と言いたい時もあるでしょうね。

カワセミの羽色が最も美しい時期は繁殖期直前の4月で、やはりオスのがメスより美しいといわれてます。
子育てはオスとメスの2羽でしますが、この時期は、絶えず狩りをして、子供たちに餌を運ぶので、
羽が擦り切れたり、抜けたり、色が落ちたりしてます。
そういう面では、今はちょうどいい時期です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 21:41
でん母さん、こんばんは

でん母さんの散歩道は広瀬川なんですか。綺麗な流れでしょうね。
歩いてると一曲、唄いたくなりませんか。
広瀬川流れる岸辺~~ 想い出は帰らず~~♫

カワセミを撮るのは本当に大変です。
ひたすら忍耐あるのみ。釣りとちょっと似てますね。
今度、上京の機会がありましたら是非どうぞ。
すぐに見れるとは言いませんが、1日いれば、数回は目撃できます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 22:10
noriさん、こんばんは

ごめんなさい(^。^)
この施設の名前は「かわせみの里」というくらいで、池の周囲270度から、
20m以内の距離で、かわせみが見れるんですよ。
なので、大きく撮れて当たり前。

自然の環境とはいっても、人工的にかわせみを呼ぶ施設なんです。
かわせみが止まってる木は全部、人が池に埋め込んだ木で、
小魚を見つけやすい高さにしてあります。
ここで、かわせみが撮れたといっても、そんなに自慢にはならないんですよ。
ただ、やはりブルーとイエローのコントラストが美しいので、何回でも出かけて撮りたくなります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 22:20
marukoさん、こんばんは

鳥シリーズでも、バーダーさんといわれる鳥写真愛好家に、圧倒的人気があるカワセミです。
背中がブルー、お腹がイエローで、本当に美しいツートンカラーです。
かわせみと呼ばずに、「翡翠」と呼ぶ地方もあるくらいですから、誰もがこの鳥のブルーの美しさを認めています。
↑ 突然、かわせみの宣伝部長(笑)

1ヵ月に1種類の鳥ですね。
苦しくなってきたら、葛飾区水元公園まで遠征して下さいね。
私はかわせみ狙いなので、森の中をあまり歩きませんが、森で撮ってるバーダーさんは、
1日で30種類の小鳥を見つけたなんていう、学者みたいなベテランさんもいるくらいですから(^。^)
ここにいらっしゃれば、何種類かは撮れると思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-16 22:31
yocoさん、こんばんは

日曜日寒かったです。
手が、かじかんでしまい、歩く時に首から下げたカメラがブラブラしないように、
ポケットに入れた両手で支えながら歩いてました。
つまり、こんな寒い日に手袋を忘れて、駐車場から車に乗って、水元公園に行ってしまったんですよ。
ほんま、アホやな~~自分!!、って、自分のドジを嘆きましたよ(^。^)

私が、かわせみの里にいた時間は90分くらいでしたが、そのうち30分くらいは、池のどこかにかわせみがいました。
こんなに長い時間、撮影チャンスがあったのは初めてのことです。
なので、カメラのダイアル設定も、色々変えながら、試し撮りができました。

3月の水ぬるむ季節にならないと、デブ子とは会えないかもしれません。
どこで小魚をさがしてるやら、ちょっと心配です。
Commented by kaorunchoko at 2017-01-17 12:52
❤旅プラスさん こんにちは!
今回のカワセミ君は、もしかしたら若い子かな!?
何となく羽が綺麗な気がします(*^。^*)
実物は一度だけしか見た事無いけど、小さいですもんね(^_^;)
いつも、綺麗に見せていただけ楽しみですヽ(^。^)ノ
これだけ目立つ色合い、狙われやすい気がしますが、大丈夫なんですかね。。。
カワセミの飛来時刻があるんですね!
バスの時刻表みたいに、この時間に来ますってのがあると良いな~(笑)
はい!ジャンプ成功のドヤ顔(笑)可愛いですね!
寒い中の取材、お疲れ様でした~(*^_^*)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-01-17 14:41
kaorunさん、こんにちは

彼は恐らく昨年、もしくは一昨年の誕生じゃないかと思います。
日曜日は、あまりに寒くて、小魚が表面に浮いてこないらしく、じっと水面を見つめても、ダイブができず、
狩りに成功して小魚を咥えたシーンを、最後まで見ることができませんでした。

まだカワセミが襲われてる場面は見たことありません。
カラスとかの、大きな鳥が来ると、すぐにカラスが入れない藪の中に逃げ込んでます。
まだ雛で飛べないうちに、蛇や、小動物にに狙われるのが、一番危険で、成鳥になれない確率も高いそうです。

かわせみの里の、スタッフは、かわせみが来ると書きだしてくれるし、中には固定式の望遠鏡もあるので、
カメラマンでない家族連れも楽しめます。
本当にね~、来る時間がバスみたいに正確だったら苦労が無いんですけどね。全く、いつ現れるのか見当もつきません(^。^)
<< 今が見ごろの冬ぼたん。今回は「... パイロットの顔を撮影しようと、... >>