茨城県の城下町、土浦の商家に伝わる変わった雛人形(茨城県土浦市)

2月4日、土曜日、ちょっと遠出して茨城県の土浦まで出かけました。

まちかど蔵「野村」さんの外観です。
おまわりさんがいますが、事件があったわけではありません。
このおまわりさん、夜道を歩いていても、これを付けてれば、光るから安全だという熊のオモチャをくれました。

b0291402_20162824.jpg


朝の一番に訪問したのですが、中に入ると茨城観光ボランティアさんも暇そうでした。

b0291402_20163613.jpg


どんな蔵があるのかと奥に廻ってみました。奥の蔵は、喫茶として使ってるようです。

b0291402_20164571.jpg


明治時代からの商家なので、富豪なんでしょうね。
再び表通りの蔵に廻ってみました。いよいよ中のお雛様を鑑賞します。
この地方、独特のお雛様で、、霞ヶ浦の「れんこん」の葉から作られた霞蓮雛人形。

b0291402_20165791.jpg


れんこんの葉ですが、模様が細かく描かれています。

b0291402_20170690.jpg


実はこれを見たくてはるばるやってきましたが、どうやって葉っぱに描いたんでしょうね。素晴らしい人形です。

b0291402_20171454.jpg


次は「タニシ」を使った伝統工芸品、「かすみ人形」のお雛様です。

b0291402_20172272.jpg


顔は「タニシ」の貝殻に描かれてます。

b0291402_20173279.jpg


蔵の中には、沢山の雛人形が、それぞれ飾りつけされてました。

b0291402_20174438.jpg


「まちかど蔵」のほか、周辺商店街約137店舗で、思い思いの雛人形を展示してますが、次回はもう片方の、まちかど蔵「大徳」さんをお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-05 16:00 | イベント | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26608348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaorunchoko at 2017-02-05 16:20
❤旅プラスさん こんにちは!
茨城と言えば「レンコン」生産量日本一ですもんね(^_-)-☆
2枚目のノボリ「茨城れんこん」もしやお土産用に売っていたとか???
レンコン大好きで~すヽ(^。^)ノ
蔵が喫茶店なんです。地元にも蔵を改装した喫茶店がありました。

蓮根の葉っぱで作ったお雛様ですか\(◎o◎)/!
初めて見ましたよ!お着物の柄は、植物を貼っているのかな?
細かい作業で、とっても手間がかかっていますね!
「タニシ」のお雛様は小さくて可愛らしいですね♫
地方ごとの特色を出した珍しいお雛様の紹介!
取材、お疲れ様でしたヽ(^。^)ノ
Commented by umi_bari at 2017-02-05 16:34
土浦市も素晴らしい歴史的な建物と文化財を
保存・公開しているのですね、地域の活性化でしょうか。
蓮根の葉やタニシの雛人形、聞いたこともないですね、
ご紹介を有り難うございます、バグースです。
小田原市は邸宅を公開していますが、地方公共団体は
工夫していますね。
Commented by o-rudohime at 2017-02-05 17:47
観光のない県ベスト3に入っているのが茨城県らしいですがこんな素晴らしい名産 名物があるのならもう少し宣伝するべきですね。
れんこんの雛飾り素朴ながら魅力があります。
実際に見たくなりますがこれって売り物?
タニシの雛飾りも可愛いし吊るし雛も個性的だし女子でなくとも見たくなるでしょうね。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-02-05 17:50
蓮根の葉ですか?
近づいて見ないとわかりませんね?
乾燥させて模様を描いてるのでしょうね?
描いてるというより植物を貼ってあるみたいにも見えますね?

タニシのお顔も素晴らしいですね(^.^)
色々な技術文化がありますねえ🎵

貴重なお雛様拝見出来て良かったです。
ありがとうございます🎵
Commented by ei5184 at 2017-02-05 18:24
雛人形、各地で色々特色がありますね!
レンコンとは、初めて知りました。
京都府向日市西国街道沿いにある「中小路家」のひな人形は
ここ数年の恒例にしていますが、2月末からの公開です。
多分今年も出かけて行くと思います(笑)
Commented by ayayay0003 at 2017-02-05 19:39
こんばんは^^
私も皆様同様、蓮根の葉で作られてるのは
初めて知りました!(^^)!
蓮根の葉は大きいから集めるのは容易だと思いますが
乾燥して破れないように加工するのが大変そうです~
蓮根には独特の香りがあるように思うのですが?
↑何故かというと蓮根茶は良い香りがしますので~
このお人形はどうでしたか(・・?
タニシのお人形も、タニシの形が味があるので可愛らしいですネ(^_-)-☆
珍しいお雛様の紹介ありがとうございます、続きも楽しみにしていますね(*^_^*)
Commented by asahinahikari at 2017-02-05 20:26
こんばんは
茨城の霞蓮雛初めてお目にかかります
とても味わいの有る色のお着物を召されたお雛様
是非見て見たいですね
蓮根の葉に描かれた立ち雛の衣装どう描いたのでしょうね
葉を乾かすと微妙に色々な色が出るのでしょか重ねて〜
あ〜実物を見たくなりました
明日までの SOGOの雛を見に行くつもりだったのですが
今日は朝から身体が筋肉痛でどうやら風邪を〜
変な言い訳ごめんなさい〜

Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 20:42
kaorunさん、こんばんは
茨城れんこん、売ってましたよ。
値段がよく分からないので、買わなかったです。
こういう時は、日頃スーパーで買い物をして、値段も知ってないと駄目ですね。

「霞蓮雛人形」で、ググってみたら、レンコンの花托や繊維、葉。ほかに野菜の種や木の実なども材料らしいです。
なので、こんな微妙な衣装が作れるんでしょうね。
「タニシ」のが、単純明快で分かりやすいです。
土浦独特の文化が芽生え、引き継がれてきたのだと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 20:52
アラックさん、こんばんは
土浦といえば、終戦に至るまでは海軍の町で、料亭や遊郭もあったそうです。
今回初めて土浦駅に降りましたが、大きな百貨店も無く、町はひっそりとした印象でした。
町おこしの役を担ってるのは、特産品のレンコンと、土浦全国花火競技会だそうです。

小田原も邸宅を公開してるんですか。
やはり町おこしの一環でしょうね。
レンコンの雛人形祭りもそうですが、市町村が競って工夫してくれるのは嬉しいですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 21:01
himeさん、こんばんは
観光のない県ベスト3ですか。
ベスト3と言われても、茨城県民は喜べませんね(^。^)

私なんかは、カメラ取材で結構、通ってますよ。
国営ひだち海浜公園のネモフィラとコキア、袋田の滝、筑波宇宙センター。
でも、それくらいしか思いつきません(^。^)

れんこんの雛飾りは、売り物じゃなかったです。
あ、でも売店を殆どのぞかなかったので、もしかしたら小さな人形を売ってたかもしれません。
もう一つの蔵にも、豪華な雛人形が沢山あって、何も無さそうな土浦市ですが、この期間中は楽しめそうです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 21:07
sakuramoonさん、こんばんは

> 描いてるというより植物を貼ってあるみたいにも見えますね?

ピンポン!!、おっしゃる通りです。
自宅に帰ってからググってみたら、レンコンの花托や繊維、葉。ほかに野菜の種や木の実なども材料らしいです。
なので、こんな微妙な衣装が作れるんですね。

レンコンも、タニシも、この地方独特の伝統工芸だそうです。
こういう素朴な伝統工芸のお雛様を、蔵に置いとくだけでなく、公開してくれてるのは嬉しいですね。
往復3時間かけて、行ってきた甲斐がありました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 21:14
eiさん、こんばんは
レンコンと言えば、茨城県土浦市が日本一の産地だそうです。
なので、お雛様もレンコンを材料としてたんですね。

「中小路家」のひな人形は、名前を聞いたことがあります。
きっと雅で、華やかな雛人形なんでしょうね。
土浦のレンコン雛は、カメラマンは私一人で独占状態でしたが、中小路家のひな人形は
開催期間中、ずっと混雑するでしょうね。
取材された写真を楽しみにしてます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 21:25
アリスさん、こんばんは

> 「乾燥して破れないように加工するのが大変」

おっしゃる通りですね。
暇そうなボランティアガイドさんがいたので、聞いてくればよかったです(^。^)

このお人形はもう香りは無かったです。
甘酒の無料サービスがあって、甘酒の香りはしてました(^。^)
タニシって、小さな巻貝で、食べるのにも苦労する貝だと思ってましたが、こんな使い道がありました。
タニシにも4種類あって、「オオタニシ」というのも生息してるらしいので、
このお人形は、そういうタニシかもしれませんね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-05 21:32
光さん、こんばんは
レンコンの雛人形は、材料がレンコンの葉っぱだけではなくて、
レンコンの花托や繊維、葉。ほかに野菜の種や木の実なども材料らしいです。
なので、こんな微妙な衣装が作れるんでしょうね。
きっと工程がいくつもあって、過去から伝わる伝統技法があるのではないかと思います。
土浦のひな祭りは3月3日までやってるそうですよ。

SOGOの雛人形ですか。
きっと主役は変わるかもしれませんが、来年もきっとありますよ。
トランプさんは、どうなってるか分かりませんが、小池知事、錦織圭選手、高梨沙羅選手は来年も活躍してると思います。
お身体、大事にして下さいね。
Commented by umitosora14 at 2017-02-05 23:16
今晩は^^
蓮の葉っぱで、お雛さま!
それは珍しいですね@@
タニシがお顔のお雛さまも、初めて見ました^^

土浦、去年のGWに茨城を訪ねた際に、通過しました(笑)
茨城って耳にすると、最近はとても親しみが^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-06 07:54
umiさん、おはようございます
茨城県の土浦市。昔は海軍の町として栄えたそうです。
料亭や遊郭もあったそうで文化も育ち、レンコンを材料にした雛人形も作られました。

そういえば千葉県北東部の佐原市(現在は合併して香取市)は利根川舟運で栄え、
水郷の町、地図の町として有名ですが、ここの古い町並みでもお雛様を見たことがあります。
昨年、umiさんが訪問した潮来市も水運が賑わい、文化も育ったところでしたね。
商いが繁盛し、文化が芽生え、伝統工芸品も育った町には歴史も感じます。

茨城県は国営ひだち海浜公園のネモフィラとコキア、袋田の滝、筑波宇宙センターでも有名です。
<< なんとも奇妙な花の体験型庭園「... カワセミと メタセコイアに シ... >>