象と日の出。そしてチーターと90分にわたるご対面(旅記録その11、2月19日のサファリ)

2月19日は、前日のリベンジです。
チーターを探しに3日連続で、タンザニア国境に向かいました。
本日もドライバーは王子のヘンリー。ゲストリレーションからは、俳優ケビンに変わり、紀子さんが同乗してくれました。

夜明けのサバンナです。陽が昇る前は、草原がピンク色に染まります。

b0291402_04004648.jpg


さらに10分程進むと陽が昇り、親子連れの象が現れました。
太陽の光を浴びて、草原はオレンジ色に変わります。

b0291402_04015152.jpg


クロサイがいました。花子の子供のうちの1頭で、既にサファリカーが数台、集まってました。

b0291402_04021316.jpg


タンザニアへの道中で、ライオンの食事風景を、2回も見ました。
こちらは骨付き肉ではなく、キバ付き肉。この牙は、お気の毒ですがイボイノシシの牙です。

b0291402_04022956.jpg


タンザニア国境で、チーターを探すこと40分。ヘンリーが丘の上のチーターを見つけました。
若くもないし年寄りでもない、7・8歳のメスチーター。中年女性とでもいいましょうか。
身体はしなやかで、毛並みは美しく、チーター特有の綺麗なドット柄でした。

b0291402_04033673.jpg


ここで、チーターの動きを見ながら、90分間を過ごしましたが、車中で朝食も取りました。
写真は左の窓の外にチーター、右にチーターを観察しながら朝食のジュースを飲んでる紀子さん。

b0291402_04035565.jpg


チーターの写真だけで100枚以上は撮りましたが、後日お届けします。
やはり男が3人で乗ってても、シケてましたが、俳優ケビンでなく、紀子さんが乗ったせいか、夜明けの象、クロサイ、食事中のライオン、
チーター、と幸運の女神が微笑んでくれました。

「ほっ」と。フォトコンテスト



by tabi-to-ryokou | 2017-02-20 04:29 | 動物 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26665720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by momotomusasi at 2017-02-20 07:23
おはようございます、

朝から感激です♪
興奮してまっす!!

なんと綺麗な夜明けなんでしょう・・・
ピンク色に染まる大地も
オレンジ色の大地も どちらも甲乙つけがたいです。
被写体となった象の後姿が画になりますね。
う~~ん、やっぱり親子連れに一票でしょうか・・・

朝から感動をいただきました。


Commented by yocomilk at 2017-02-20 07:27
おはようございます。
ピンク色の草原・・♡
綺麗です!!
その中の象の親子、なんて美しい~~(*^_^*)
ドラマチックですね。
朝から素晴らしいものを拝見しました。
Commented by cynchia at 2017-02-20 07:54
おはようございます、素晴らしいですね、
憧れのショットですよ‼
Commented by ayayay0003 at 2017-02-20 08:24
おはようございます^^
やはり、紀子さんが乗るサファリカーには
女神様が微笑みましたネ、素晴らしい方です~(^_-)-☆
1枚目のピンク色の朝焼けほんと素晴らしい写真ですネ☆
2枚目は、親子の像のシルエットが素晴らしいオレンジに映えています(*^_^*)
ライオンさんのお食事風景、イボイノシシの牙つき肉には、まいりました(・。・;
↑ライオンキングのプンバを思い出したからです~(>_<)
サバンナで生きることの厳しさを感じます~!
タンザニアとの国境の丘のチーター、しなやかな身体、素晴らしい模様、100枚にも及ぶお写真、楽しみにしています♪
チーターを見ながらの朝食、ちょっと憧れます☆
Commented by GreenKetty at 2017-02-20 08:25
素敵なショットに感激です。
朝日の中の像さん♡
こんな風景を自分の目で見えるなんて、なんて素敵!
動物の世界も愛がいっぱいなんですね〜
いつも楽しく拝見していますよ^^
Commented by umi_bari at 2017-02-20 08:54
朝はピンクから始まるのですね、驚きました。
今日もいっぱいありがとうございます。
やっぱりチーターを見たいです、バグースです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 10:39
momoさん、おはようございます
陽が昇る前と、陽が昇ってからでは、サバンナの色が全く違うんですよ。
ホテルを6時に出る時は真っ暗。段々と地平線のほうから、ピンクが増してきて、
6時30分から、6時40分くらいにピンクが一番濃くなります。
そして太陽が昇ると、ピンクは途端にオレンジに負けて、あっさりとひいていきます。
赤道直下なので、いつ行っても、同じ時間に、同じような色彩のショーがあります。
親子連れに1票ですね。私も好きな1枚です。ありがとうございました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 10:47
yocoさん、おはようございます
たまに地平線にまで雲がかかる日もありますが、ほぼ毎日この色彩のショーがあります。
太陽が昇るまでは、地平線のあたりがピンクに染まり、サバンナもピンクになります。
でも6時40分から、6時50分の日の出までの儚い命。
本当は首が長いキリンのが、シルエットも様になりそうなのですが、
キリンは寝坊で、この時間にはあまり平原に出てきません。
ちょうどいい具合に象が来て、思わず、「いいゾ~」と叫びました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 10:54
シンシアさん、おはようございます
いつもありがとうございます。
昨日は幸運に恵まれて、盛りだくさんな1日となりました。
ライオンの食事場面にも2回、遭遇しましたが、これだけは「もういいや」でした。
写真は撮れますが、ビジュアル的には、イマイチです(^。^)
彼ら、ナイフもフォークも使えないので、顔中を血で真っ赤にして食べますから。
食事風景でも、一番上品な(?)1枚を選びました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 11:11
アリスさん、おはようございます
紀子さんが助手席に座った日は、15日が豹の子供2匹とチーター。
17日がライオンの赤ちゃんと、チーターと豹。昨日が朝陽に象、そしてチーターとクロサイと大当たり。
逆に俳優のケビンが乗車した日は、葉っぱの影に隠れた豹の背中とお腹が見えただけ(^。^)
昨年9月はサバンナのいたるところにヌーがいたので、毎朝日の出を撮ってましたが、
昨日は象が歩いていたので、車で先回りして、いい場所に来てくれるのを待って撮りました。
沢山の写真を撮りましたが、マサイマラでのサファリも、今日の午前中が最終回です。
午後の軽飛行機でナイロビに戻り、1泊してからロンドン経由で帰国します。
ライオンキングとも、紀子さんとも、王子とも、俳優ともお別れ、木曜日からは日本の生活に戻ります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 11:40
G.Kettyさん、おはようございます
日の出前に象が見つかってラッキーでした。
実はこの写真は、偶然そうなったわけではなくて、象を見つけてから、
背景が太陽の方向、そして開けたサバンナである場所に車を走らせて、
象がやってくるのを待って撮ったんです。
動物園の象は歩くのがゆっくりですが、野生の象は人間よりも早く歩きます。
なので、どこなら待てるかの計算も必要で、実は苦労して撮りました(^。^)
11月から3月くらいは野生動物の出産も多いみたいで、子供連れが多かったです。
特にネコ科の動物の赤ちゃんや、小象は可愛いですよ。
いつも見て下さってありがとうございます。
今から2時間半のサファリに出ますが、今日も頑張ってきます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 11:46
アラックさん、おはようございます
そうなんですよ、サバンナで始まる一番最初の色はピンクです。
夜に雨が降った日は、空気中の屈折率が変わるのか、ピンクよりも、茜色に近い色になります。
でも陽が昇るとオレンジ色、そしてあっという間に明るくなってしまいます。
チーターの模様は美しいです。豹のヒョウ柄も綺麗ですけどね。
その点、ライオンはただのベージュといいましょうか。傷も多いしあまり綺麗じゃないです。
チーターは沢山撮れたので、帰国後にアップします。
今から、今回の旅行のラスト・サファリです。
Commented by kaorunchoko at 2017-02-20 12:11
❤旅プラスさん こんにちは!
素晴らしいピンク色のグラデーションに感動\(◎o◎)/!
そしてオレンジ色のグラデーションにこれまた感動\(◎o◎)/!
凄いですね!!!こんなのが目の前に広がったらキャーキャー言っちゃいそうです(笑)
ピンクからオレンジへのショーは、一瞬の事なんですね。。。
今回も素敵な写真、見せていただき、感謝ですm(__)m
ライオン・・・やっぱりネコみたいに、食後にご馳走様するのかな?
ちょこも一応、前足で、顔を拭くんですよ(笑)
中年チーター♫スタイル良いですね~♫
いよいよラスト・サファリ!もう出発されただろうなヽ(^。^)ノ
最後まで幸運の女神様が微笑み続けます様に!!!
↓コメめっちゃ誤字変換・・・お恥ずかしい(>_<)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-20 17:58
kaorunさん、こんにちは
マサイマラでの1週間のサファリも全て終わりました。
今から、昼食を取り、首都ナイロビまで飛んでから1泊。
明日はロンドン経由で帰国の途です。
サバンナの夜明けは、日本では見れないような色彩に溢れます。
ピンクからオレンジへ、束の間ですがいつも美しいです。
ライオンは顔は拭かないけど、子供たちは、お互いに顔を押し付けてたり、ママにスリスリしたりして、
いつの間にかきれいになってます(^。^)
今日の午前中は、7匹のライオンベビーが、近距離で撮り放題でした。
最後のサファリも幸運の女神が微笑んでくれました。
誤字変換、もう私なんてしょっちゅうですよ。そして堂々と「それが、なにか??」と開き直ってます(^。^)
Commented by asahinahikari at 2017-02-20 19:35
こんばんは
サバンナの朝〜素晴らしい〜陽が上る前の色から上がった色の違いで気温も感じられますね
朝焼けの象の親子が微笑ましい〜
ライオンの食事風景〜自然の摂理雄々しいライオン目が凄いです〜美しい毛並みのチーター楽しみです
Commented by hibikorekouji2-2 at 2017-02-20 20:20
夜明けのサバンナ、幻想的で素敵ですね。
映画のワンシーンのようです♪
Commented by umitosora14 at 2017-02-20 23:13
今晩は^^
夜明け前のピンクに染まるサバンナ、
一頭の佇む象の姿、
美しすぎる光景です!
魅入ってしまいました♪
そして、今日は幸運の女神さまに微笑んでもらえたんですね^^
チーターは、しなやかで美しい姿ですね~♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-21 03:56
光さん、おはようございます
朝の光の変化を撮ってみました。
象は単独行動の象と、親子象で、それぞれ別ですが、時間差にしては10分くらいだったと思います。
朝も早くから、できるだけ涼しいうちに移動をするみたいです。
ライオンは草の丈が短いので、狩りに苦戦してるかと思いましたが、
どうも、まだ暗いうちに狩りを成功させてるみたいでした。
ライオンの目つきは、お昼寝時間を除いては、いつも鋭いです。
なのでオスライオンのでかいのが、サファリカーに近づいて来ると怖くてビビリます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-21 04:21
hibikoreさん、おはようございます
夜明けのサバンナは、地平線から直接、太陽が昇ります。
360度、遮るものが、なにもありませんから。
日の出までの時間は、地平線を中心にピンクの色合いが濃くなり綺麗ですよ。
ここの日の出は、映画のロケに良さそうですね。
でもサバンナでは、夜明けの狩りをしてる猛獣もいますから、地上での撮影となると、ちょっと危険です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-21 04:22
umiさん、おはようございます
ありがとうございます。
このピンクの夜明けは、サバンナに独特のものなのか、他所にもあるのか、よく分かりませんが、
綺麗なピンク色です。
でも太陽が姿を現すまでの束の間のピンクで、陽が差すと、あっという間にオレンジ色に負けます。
チーターは沢山撮りました。なんせ90分間もここで、観察しましたから。
後日、残りの写真もアップします。
Commented by lily1406 at 2017-02-21 08:53
旅プラスさん こんにちは~(^^)/
貴重なお写真の数々楽しませてもらってます。
象好きなので特に1枚目のお写真とっても心惹かれます~(*^^*)
素敵なお写真をありがとうございます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-21 13:56
yuhki*tomoさん、こんにちは
2月10日に出発した旅ですが、もう帰国の途です。
日本とケニアに時差が6時間なので、今は朝8時。ケニアの国際空港で搭乗待ちをしています。
旅はあっという間に終わってしまいましたが、これからロンドンまでが9時間、乗り継いで東京までが12時間。
帰国は明日の午後3時なので、やはりケニアは遠いです。
象がお好きでしたか、もっと色んな象をアップすればよかったですね。
ここでは1時間に1回か2回は、野生の象と出会うので、小象が、チビだったら撮ってました。
でも日の出の撮影に象がいてくれたのはラッキーでした。
撮りためた写真を帰国後もアップしますので、見て下さいね。
<< 7匹の赤ちゃんライオン(旅記録... 幸運はそう何日も続かなかった。... >>