ケニアからタンザニアの先住民であるマサイ族の子供たち

ケニアからタンザニアにかけての地域で、昔ながらの放牧生活を守るマサイ族。
長年の放牧で鍛えた視力は最低でも3.0以上。中には6.0とか7.0の視力を持ち、1km先の自分の牛まで見分けることができる者が多いとか。
宿泊した「MPATAサファリクラブ」から歩いて行ける近くに、マサイ族の村があるので、ゲストリレーションの紀子さんに依頼して、
マサイの子供たちを取材させてもらいました。

旅行前に日本で友人と話した会話です。
自分 : マサイと聞いて、何をイメージする??
友人 : アフリカのサイでしょ。え、もしかしてアフリカの野菜。

自分 : マサイと聞いて、何をイメージする??
友人 : アフリカの先住民でしょ。
自分 : ピンポ~ン、で、マサイにどんなイメージがあるの??
友人 : ジャンプする人。

まあ、日本人がマサイ族に持っている平均的なイメージはこんなもんでしょうか。
マサイ村に関しては昨年4月8日の日記、「ケニアでは文明社会に背を向け、伝統的な暮らしを守り続けるマサイ族の村を訪問しました
彼らのジャンプは昨年11月2日の日記、「誰よりも高く飛ぶ男が、周囲から尊敬されるというマサイ族のジャンプ」をご覧下さい。

マサイ村のママに抱っこされたこの子はまだ赤ちゃん。背景はマサイの人たちが暮らす家です。

b0291402_07392857.jpg



もうちょと大きな子供です。男の子か女の子か分かりませんが、きっと女の子。

b0291402_07393846.jpg



マサイの子供たちの標準的な服装です。今は放牧はせずに、定住して農耕や観光で生計を立てるマサイ族が増えてきたそうです。

b0291402_07394843.jpg


子供たちは、裸足ですが、色彩豊かな衣装を着て、ファッショナブルです。

b0291402_07395889.jpg


マサイの男は、ジャンプが高ければ高いほど勇ましくて勇敢だと言われ、女性からもてるそうです。
「ジャンプできる??」、と聞いたら、披露してくれました。

b0291402_07400602.jpg


この子もマサイ族の子供ですが、たまたま売店にお使いで来てました。

b0291402_07401438.jpg


出会った子供たちはどの子も目がキラキラと輝き、笑顔が可愛かったです。
マサイ族の子供たちは、あと1回か2回続きます。


「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-02-28 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26684980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aaic5454 at 2017-02-28 16:45
あのね、ラオスの托鉢お坊さんの足のゆびが、長かったの!
そして、市場で売ってるサンダルの「足マネキン」
のゆびもやたら長い!!!
教授は「靴を履かないから、ゆびを押さえつけない、
という原理でないかい!」と言ってました。
纏足の反対?(^^;) ふ。。。む、
本来、足のゆびは、長いものなのかな?と思ったでん母
マサイの足ゆびは、いかがでしたか?
                   でん母
Commented by aryy2349 at 2017-02-28 17:20
どこの国の子供たちの笑顔は
最高ですね。
最後のカットいいですね。

幸せな気持ちになれました。
有難うございます。。。
Commented by umi_bari at 2017-02-28 17:23
子供たちの笑顔は素晴らしいですね、
そして眼が澄んでいますね、全然違う
気がします、自然な感じで撮影されていて
バグースです。
マサイ族でもジーンズやジャージが浸透して
来ているんですね。
皆、健康で育ってマサイの勇姿に、力強い
お母さんになってもらいたいと思いました。
Commented by 117nature at 2017-02-28 17:24
こんにちは

本当にどの子も笑顔が良いですね。
表情が皆可愛いです。

わたし、動物もお花もよいけれどやはり
人物を撮るのが夢なのです。
こんなふうにさりげない様子を撮れたらイイナァと
思っているのですが、、、

本日浜離宮公園に行きました。
黄色の景色と甘い香り楽しめました。
ありがとうございます。
Commented by cafe-moco-cafe at 2017-02-28 17:34
旅プラスさん♪ヽ(´▽`)/
7.0の視力で海や山を見てみたいです。
どんな感覚でしょうか?
1km先の自分の家畜の顔まで見分けるなんて
愛情がわきますね、きっと。
幸せの定義はないのだろうと写真を見て感じます。
キラキラした目でいたいものです。
モコ
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-02-28 17:37
可愛い笑顔ですね~(*^^*)
色彩豊かな衣装が良く似合ってますね🎵
みんな目がイキイキしてて楽しそうにジャンプしてますね🎵
最後の写真…モデルになれそうな少年ですね?
おかあさんも美しい❗
Commented by butanekoex at 2017-02-28 18:02
マサイ族の視力、すごいですね!
0.1もないド近眼にくわえて、ここ数年は老眼にも悩まされている我が身には、羨ましいの一言です。
それにしても、皆様おっしゃっていらっしゃるように、笑顔が最高ですね^^
澄み切った目と心が笑顔に現れているのですね。
汚れきった私の心も洗われた気がします(*^^*)
Commented by minibears at 2017-02-28 19:26
旅プラスさん
いい笑顔の子供たちですね♪
オシャレもしていて可愛いなぁ。
旅先でこうして現地の方々と話せたり、いろいろ触れ合えるのはすごく憧れます。
続きのレポを楽しみにしていますね。
Commented by u-tan1114 at 2017-02-28 19:36
マサイの子供たちのポートレート最高です。
笑顔が自然で引き込まれます。
ジャンプしているところも楽しそう♪
野生動物もいいですが、子供も魅力的ですね~!
いいショットを撮られましたね。
Commented by momotomusasi at 2017-02-28 20:51
こんばんは
どの子も 素敵な笑顔ですね~。
きらきら輝く瞳も印象的です。
マサイの子供たちの笑顔に癒されました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 21:41
でん母さん、こんばんは
確かに、靴を履かないと、足は大きくなるし、指も長くなると思います。
写真では一番最後の男の子が、足の指も見えてるのですが、普通でしょうか。
でも、どの子の足も細くて、長くて、東京マラソンを2時間3分台で走った、ケニアの選手みたいにスラリとしてました。
ラオスのお坊さんも、彼らのしなやかな足には負けるでしょうね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 21:46
しょうさん、こんばんは
あ、やはり最後のカット良かったですか。
ありがとうございます。
「こっちおいでよ」とスワヒリ語も話せる紀子さんが声をかけてくれたのですが、
恥ずかしがって、家の中から出てきてくれなかったんですよ。
でも、なんか笑顔を見せてくれたので、2・3枚シャッターを切りました。
毎日、動物ばかり撮ってたのですが、こんな写真が撮れて、自分も、ほっこりとした気分になりました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 21:53
アラックさん、こんばんは
ありがとうございます。
訪問したマサイ族の村は、ここに定住してる人たちなので、牛を近所で放牧したり、野菜を育てたり、
観光客相手の仕事についてたりします。
なので、子供たちは裸足で、色んな恰好をしてますが、小学校には通ってます。
実に素朴で、日本の子みたいにピースなんてしないし、常に自然な笑顔なんですよ。
この先、彼らがどういう生き方をするのか分かりませんが、逞しく育ってほしいですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:01
117natureさん、こんばんは
可愛いでしょう。本当に自然に、ニコニコしてます。
カメラをあまり見てないようで、写真を撮ると「見せて、見せて」と寄ってきて、あっという間に7・8人に
囲まれたりして、ちょっと見せてあげると、皆さんが大笑いして喜んでくれます。
宿泊したホテルのご協力もあり、こんな写真を撮れましたが、普通に観光客で訪問したら、
こんな笑顔は撮れなかったと思います。
浜離宮、楽しめましたか。いい写真も撮れましたか。
次の週末は、北区の無量寺の枝垂れ梅を撮ろうと思ってますが、観光地じゃないので、
どれだけ咲いてるかの情報が全く無し。でも2年前の3月に行って感動したお寺です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:09
モコさん、こんばんは
7.0の視力があって、車に乗れたら、ここマサイマラでガイドができますよ。
お客さんが全く見えなくても「あそこに豹がいます」なんて教える仕事です(^。^)
最初はなんで、この人に見えて、自分に見えないのか不思議でしたが、視力7.0と、視力0.7では
見える世界が全く違うということに気づきました(笑)
そうですね。何でも揃う日本で塾に通ってる子供が幸せなのか、ここで布の手作りのボールを
サッカーボールに見立てて、裸足で走り回ってる子が幸せなのか、分からなくなってきます。
Commented by umitosora14 at 2017-02-28 22:12
今晩は^^
どの子も、キラキラした瞳です♪
子どもらしい子ども^^
のびのびと真っ直ぐな気持ちが伝わってくるようなお写真。。。
とても素敵な写真ばかりですね!
とても生命力を感じます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:19
sakuramoonさん、こんばんは
可愛いでしょう。来てる服はボロボロなんですが、なんか色彩が豊かで、お洒落なんです。
上から4枚目、下から3枚目の写真なんて、こちらから笑ってなんて一言も言ってないのですが、
殆どの子が笑顔なんですよ。
特に左の2人の子の笑顔なんて最高です(^。^)
最後の子も可愛い少年でした。はにかみやで、「おいで」と言っても、ここまでしか来てくれなかったです。
でも我々に興味があるようで、いい笑顔をくれました。
あ、1枚目のママさんですね。テーマを子供に決めてたので、このママさんの写真は残念ながら1枚だけでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:28
butanekoさん、こんばんは
0.1ないですか。そりゃあ大変です。大事にして下さいね。
釣り上げた魚が見えなくて、また海に戻したりしたら勿体ないです。
マサイ族には眼鏡をかけてる人は1人もいなかったです。
もともと6.0から、7.0とか見えて、最低でも3.0というと、眼鏡も、コンタクトも必要ないんですね。
子供は笑顔が可愛いですよ。こちらから「笑って~」とか、「ハイチーズ」なんて言ってないのですが、
全員が、もう嬉しそうに、ニコニコ、ニコニコ!!
いえ、butanekoさんのピュアーな心は、彼らと一緒ですよ。
私なんかは腹が黒いし、心臓に毛が生えてるし、もう手遅れです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:36
marukoさん、こんばんは
オシャレしてるようですが、これが普段着みたいです。
なので元々の色彩感覚が優れてるんでしょうね。
シャツも、ズボンもボロボロなんですが、なんかコーディネートされてるようなオシャレさん、ばかりでした。
今回はもう訪問が3回目なので、ホテルのゲストリレーションの紀子さんに相談してみたら、
こんな機会を作ってくれました。
前回訪問した時は、大人は正装してるし、子供たちは1ヵ所にかたまって、座ってるだけだったし、
これといった写真は、撮れなかったのですが、今回は子供たちが、自発的に歓迎してくれたので、
写真が何枚も撮れました。残りの写真が、あと10枚くらいありますので、続きます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:45
u-tanさん、こんばんは
ありがとうございます。
マサイ村まで出かけて、撮ってきた甲斐がありましたよ。
日本の子供たちだと、知らないおじさんが、カメラを持って来たら警戒すると思うのですが、
彼らはジャンプしたり、サッカーしたりと、近所のおじさんに見てもらいたいというように
はしゃぎながら、接してくれました。
本当に純粋で、笑顔が絶えない明るい子たちでした。
毎日、弱肉強食の野生動物を撮ってましたが、ホッと息抜きができ、癒された時間でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 22:52
momoさん、こんばんは
そうでしょう。
1枚目の赤ちゃんは別として、2枚目から5枚目は、こちらから笑ってなんて言ってないのですが、
自然と笑顔がでてくるみたいで、皆さんが笑顔でした。
上から4枚目の7人の子供がいる写真なんかは、誰もカメラを意識してないのですが、
あっち向いたり、こっち向いたりと、それぞれがバラバラに笑顔でした。
こんなの見ると、ついこちらもニコニコしてしまいます。
momoさんが、癒されたなら、私も撮ってきた甲斐がありました(^。^)
Commented by kogechatora at 2017-02-28 22:59
視力6とか7って何が見えるんでしょう??

人の心とかオーラまで見えるのかな〜

車に気をつけて歩く生活よりも
心を壊そうな案件を避けて歩く職場よりも
ライオンや毒蛇に気をつけて歩く暮らしのほうが楽しそうですね。


年度替りの時期、
協力会社さんの新人顔合わせには
日本のサグラダ・ファミリアと言われるプロジェクトから逃げてきた人が続いている今日この頃です〜
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 23:02
umiさん、こんばんは
今日の写真は、ケニアのマサイマラの写真でも、ちょっと意表をついてみようと、
計画して撮ってきた「隠し玉」でした(^。^)
マサイマラでは、3食を食べて、6時間のサファリがあって、あとは自由時間なので、
意外と時間もあるので、滞在期間中に、マサイ村は2回訪問しました。
ただ今日掲載した写真のが昼間の時間だったので、小さい子が多くて、笑顔も飛び切り可愛かったです。
もう1回は夕方で、牛がどんどん戻ってくる時間、大きな子も大勢いました。
それぞれの写真が撮れたので、続きもまた掲載しますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-02-28 23:17
kogechatoraさん、こんばんは
彼らは、何が、どう見えてるんでしょうね。
少なくとも、車を運転しながら、豹やチーターを見つけて、いいポジションに車を停めてくれるのですが、
私は運転してないで、目をこらしていても見えず、車を停めたあとも見えず、
「あの5本ある木の右から2本目のちょっと前にある藪の右の影」なんて教えられて、
ようやく見えるのですが、それでもよく見えない時があるくらいです。
もうドライバー兼ガイドの視力は「神ってます!!」(^。^)
日本からは、とんでもない地の果てですが、サバンナと野生動物以外は何もなくて素晴らしい気分転換になりますよ。
日本のサグラダファミリアですか。我が社の社員は参加してないプロジェクトです。
いろんなプロジェクトがありますね。我が社はもう3年がかりで「らくOん」さんの、キリマンジャロのような
プロジェクトに、どっぷり入ってます。
頂上には雪がなくて、イバラがありました(^。^)
Commented by yocomilk at 2017-03-01 07:05
おはようございます❤︎
衣服に目が行きました。
普段着なのですよね?
マントのような上着が、それぞれ鮮やかですね。
お母さんのは素敵な柄模様で、
ジャンプする子のものは無地でスーパーマンみたい(*^^*)
ジャンプ力と視力、分けて欲しいです。
私も0.1ないです( ; ; )
Commented by cafe-moco-cafe at 2017-03-01 10:56
旅プラスさん♪ヽ(´▽`)/

きっと、誰かと自分を比較しないなら
日本の子供もマサイ族の子供も
幸せなのかもしれませんね。
優越感・劣等感から解き放たれた時に
人は楽に幸せになれると感じます★
モコ
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-01 11:26
yocoさん、こんにちは
はい、普段着ですよ。
もしかしたら1枚目のママさんはアクセサリーもしてるし、ちょっとおめかしをしてるかもしれません。
でも、念のために他の日に訪れた時の子供たちを見たら、このマント風に羽織ってる1枚は、
着てる子がいなかったので、子供たちも、この撮影をした日だけは、ちょっとお洒落をしてたんですね。
今、気づきました(^。^)
おやまあ、0.1ないですか。美人薄眼でしょうか。
たまにはサバンナに来て、1km先の、ライオンや象を見つめるといいかもしれませんよ。
距離が1kmあれば追っかけられても逃げきれるでしょう(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-01 11:41
モコさん、こんにちは
マサイ族の男は、勇敢さや、ジャンプの高さ、時にはライオンと闘って槍を刺した回数、
大きくなると持ってる牛の数を競うそうです。
きっと今のマサイの子供たちは、サッカーが上手かどうかを競ってるんでしょうね。
塾には行かなくていいし、進学の問題もないだろうから、生活の不便さはあっても、きっと幸せだと思います。
大人になると、成功する人、そうじゃない人の差がでてくるので、多少の優越感・劣等感は
出てくるかもしれませんが、この広いサバンナで毎日、牛や羊を追ってたら
何もかもが、ちっぽけなことのように思えるんじゃないでしょうか。
ここの子供を見てると、物質的な面では無い、別世界の豊かさを感じます。
Commented by kaorunchoko at 2017-03-01 12:38
❤旅プラスさん こんにちは!
以前の記事も再度見直し、懐かしかったです(^^)v
視力7.0・・・うぅーーんじゃもう新聞なんて手元の物は全く読めないですよね!!!
それとも、ピント調節機能が素晴らしく、遠近両方めっちゃ良く見えるのかな???
なんて疑問を持ってしまいました(^_^;)
近眼の私は、最近都合の良い事に、眼鏡を外すと近くの物がよーーっく見えます(笑)
アフリカの方のお洋服はどれも、彩り豊かですね!
身に付けているアクセサリーも色々な色が混ざっていますよね!
子供達の笑顔は、万国共通!見ている人も笑顔になりますねヽ(^。^)ノ
素敵な取材でしたね(^^)v続きも楽しみで~す!!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-01 18:14
kaorunさん、こんにちは
新聞なんて手元じゃ見れないので、隣の家に貼って、5m離れた自分の家の窓から見ます。
冗談ですよ(^。^)、そもそも、彼らには新聞も、テレビもないですから。
電気も、ガスも無くて、水は川まで汲みに行きます。
ドライバーのヘンリー君は、マサイ族じゃないけど、視力は多分5.0くらいあります。
でも近くも、ちゃんと見えるみたいですよ。
チップのお札は、ドルなので同じ大きさですが、1ドル、5ドル、10ドルの区別は瞬時に見えてます(^。^)
子供は普段着だと、ずっと思ってましたが、あの上に羽織るマントのような1枚はお洒落に着るものみたいでした。
次回はサッカーで遊ぶ、マサイの子供たちを届けます。
Commented by o-rudohime at 2017-03-08 13:48
文明社会が必ずしも幸せではないと言う事を教えられた写真の数々です。
ファッションモデルさん並みに美形でスタイルもよくアフリカでも恵まれた国の様に感じます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-08 16:32
himeさん、こんにちは
子供たち、可愛かったですよ。
同じケニアでも、文明と共存してる部族が殆どなのですが、マサイ族だけは例外。
今も電気、ガス、水道が無い暮らしをしています。
でも子供たちは、こんなに元気!!
生まれた時から、それが当たり前なので、毎日毎日が楽しくて仕方ないみたいです。
幸せはお金や、物だけじゃないというのを、ここでは感じます。
<< マサイマラに行けば、まず出会え... 菜の花美女、ウメジロー、そして... >>