日本各地からファルコナー(鷹匠)が集まり、日頃の訓練の成果を披露する珍しいお祭り(千葉県野田市)(その続編)

前回の日記でファルコナーの4人目までをご紹介しましたが、今日は5人目の方からです。

この方はベテランさんでした。
白いハヤブサは、彼のコントロール下にあって、アタックを繰り返します。

b0291402_17571001.jpg




上手な方は姿勢もいいです。ルアーの裁きも上手に決まってます。

b0291402_17564908.jpg


最後にハヤブサが高く飛んでしまいました。

b0291402_17565804.jpg


でも戻ってきて、無事着地です。

b0291402_17563221.jpg



白いハヤブサは恰好いいですね。

b0291402_17571846.jpg


大変だったのはここからで、6人目の方です。

b0291402_17573041.jpg


ハヤブサが慣れぬ景色に驚いたのか、大勢の観衆に驚いたのか、この後、遠くに飛んで行きます。

b0291402_17575189.jpg


競技場に戻ってくれず、2分間が経過してタイム・アウト。

b0291402_17580111.jpg


7人目はお嬢さんです。飛び立った途端にハヤブサがはるか遠くに飛び去ってしまい、実況中継では2km先の高さ70mを飛行中とか。
GPSを付けてるので居場所も生放送です。

b0291402_17581462.jpg


そして8人目の方は、司会の方によると、過去に優勝経験もあるベテランさん。

b0291402_17582642.jpg


ハヤブサが風を受けて飛んだと思ったら地面に着地。何か地面に見つけたんでしょうか。
この瞬間にあえ無く失格。

b0291402_18040613.jpg


国内最大級の猛禽類の祭典でしたが、ハヤブサを自由に操るというのは難しいというのが、見ていてよくわかりました。
出場者の皆さんには申し訳ないですが、観客からすると、サボタージュがあったり、脱走があったりで、これはこれで面白かったです。



「ほっ」と。フォトコンテスト



by tabi-to-ryokou | 2017-03-13 16:00 | | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26713982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2017-03-13 16:54
ファルコナーがカッコいいと思っていましたがキャリアのある方でも大きなアクシデントが起きるのですね。
矢張り猛禽の本能は阻止できないのでしょうか。
新幹線のハヤブサは絶対と言ってもいいくらい正確に目的地に着くのですがね。
人の不幸に喜びを・・アクシデントがある方が盛り上がるのも致し方ないですね。
Commented by impact4642 at 2017-03-13 16:59
こんばんは(^-^)/
鷹匠のお祭りがあるなんて、知りませんでした‼︎
訓練された方でも、自在にとはいかないんですね☆
以前、情報番組で、鷹匠の訓練をしてる女子高生を取り上げていて、
自分のハヤブサに狩をさせ、捕まえた獲物に息があると、
女子高生が獲物の息の根を止めると言ってて、ビックリしました(;o;)
カッコいいだけじゃなく、厳しい世界なんだと思いました。
優勝経験者の方に、期待を膨らませてしまいましたが、
いきなり着地とかもあるんですね(^.^)
ちょっと、ほっこりしちゃいました♪
Commented by yocomilk at 2017-03-13 17:39
こんばんは。
花鳥園で猛禽ショーを見た事がありますが、こんなイベントがあるのは初めて知りました。
前の記事も、この記事も、読みながらハラハラドキドキしました。
旅プラスさんの毎日はドキドキの連続ですね!
パワーと若さの秘訣でしょうか。
ハラハラしたけど、GPSがついてるのは安心ですね。
野生動物はそうは行きませんものね。
いつも知らない世界を見せて頂けて楽しいです(^^)
Commented by ayayay0003 at 2017-03-13 17:41
こんにちは^^
5人目のファルコナーの方、白いハヤブサもカッコイイですがベテランさんらしい扱いもカッコイイですね~(*^^)v
もしかしなくても、この方が優勝したのでしょうか?
8人目の大ベテランの方が優勝かと思いましたが、いきなりの着地、何か獲物がいたのでしょうか?
鷹を完璧にコントロールすることは、難しいのでしょうね~
猛禽類の野生の本能が顔を出すと本能でしか行動出来ないのかもしれないですね~
そこが、この競技のおもしろいところなのでしょう♪
でないと毎回ベテランさんが優勝してしまいますものネ☆
最後の写真がなんだか可愛くて好きです♡
Commented by umi_bari at 2017-03-13 17:56
飼っているからと言っても、自然の動物ですからね、
失敗の方が多いのでしょうね。
それも、愛嬌があって面白いですよ、必ず最後は
帰ってくるんですからね。
白い隼、格好いいですね、もうバグースです。
Commented by butanekoex at 2017-03-13 18:07
ルアーアタック、面白いですね。
はじめて知った競技ですが、俄然興味が湧いてきました!
鳥の飛翔シーンは どんな鳥でも美しいと思うのですが、
猛禽類はとりわけかっこよく、ほれぼれしています。
ハヤブサって、姿は勇ましいけれどつぶらな目が可愛らしいですね^^
Commented by asahinahikari at 2017-03-13 19:07
実況中継も有って面白い大会の様子が旅プラスさんの
詳しい記事で堪能できました
遠くに飛んで行ったハヤブサ無事戻ったのでしょうが
飼い主の鷹匠さんハラハラした事でしょう
白いハヤブサの透けた羽が美しい綺麗ですね
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 20:24
himeさん、こんばんは
ベテランが必ずしも、上手くいくわけでもないというのが、この競技の難しいところでもありました。
今場所の初日みたいに、横綱が平幕に、コロコロ負けちゃうみたいな感じです(^。^)
最後のベテランさんは、大番狂わせで、あのハヤブサは地面に何を見つけたんでしょうね。謎です。
ハヤブサも、ハトも、ツバメも、遠い昔に乗った記憶がありますが、
現在の新幹線における現役は東北新幹線のハヤブサと、九州新幹線のツバメです。勿論定時運行で安全です。
なんか正月に行われる、浜離宮の放鷹術実演は、儀式のように、いかめしいのですが、
この競技会は、出場者も観客も笑いに溢れて、楽しかったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 20:36
インパクトブルーさん、こんばんは
ファルコナーというか、鷹匠さんが、腕を披露する大会だったのですが、私も初めてでした。
そして若い女性も出場して、華やかでしたが、半分は失敗で楽しかったですよ。
女子高生もそんな訓練をしてるんですか。女性が3人出場してましたが、その女子高生もこの大会に
参加してたかもしれませんね。
いやあ、あのベテランさん、まさかの失格でしたが、本人も自分の立場をお分かりで、
競技後に、平謝りで大変恐縮してました(^。^)
でも来年も出場すると、力強く宣言されてたので、来年が楽しみです。
大砲レンズのカメラマンの皆さんは、日頃猛禽類の飛んでる姿は撮影チャンスが少ないので、
それを撮りに来てた方が多かったようです。
今年、もう1回ありますが、もし興味があるようなら、日にちと場所を、鍵コメで連絡させていただきます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 20:51
yocoさん、こんばんは
あ、あの、掛川の花鳥園ですね。あそこは、フクロウとか、猛禽類が沢山いますもね。
私が見た時は、こっちから、あっちに飛ぶというショーでしたが、カメラマンにとっては猛禽の飛ぶ姿を
撮るチャンスは滅多にないので、楽しかったです。
ファルコナーの祭典は、筋書きのない競技会なので、ハラハラドキドキしました。
観客からも同時にため息が聞こえてきます(^。^)
こういう筋書きのない取材は面白いですよ。何がおこるか分からないですから。
ハヤブサが脱走すると、最初は皆さん心配顔でしたが、それが頻繁に起こると、
そのうち「まただよ」と笑顔!!
皆さん、競技を楽しんでました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 21:01
アリスさん、こんばんは
実は5人目の方で、優勝は決まりと思ってたのですが、最後に大逆転がありました。
つまりこの日記はさらに、もう1回あって、最終回となります(^。^)
遠かったので、往復の運転が大変でしたが、1回の祭典で、3回の日記ですから、
日頃ネタ不足で悩んでる旅プラスとしては、有難い祭典でした(^。^)
だって、筋書きもないし、ハプニングの連続。
「ただいま、2km先を飛行中です」、なんて、のどかな実況中継があった時には、みんなで笑っちゃいました。
あのハヤブサが飛びっ立った途端に着地したのは、写真でも調べたのですが、地上にはネズミはいなかったです(^。^)
あれは謎ですが、全員がずっこけました。
最後の写真はリアルでしょう。我ながらこの場面はよく撮りました(笑)
あと1回、続きがありますが、次回は本当の模範演技です。
Commented by tkytora at 2017-03-13 21:04
白いハヤブサ格好ですね(*^^*)

友達に聞いてみたら、今年はルアーパスは出場せずに。スカイトライアルに出てたそうです。
やっぱり練習どうりは行かないみたいですね。人や環境もですが、何より野生の子達も周りにいるので縄張りもあるでしょうから。襲われたりとかケガとかが心配で無理はしないように皆さん気をつけているようです。

今週末にも大会があるらしいですし、いつか観に行ってみたいです!

Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 21:09
アラックさん、こんばんは
本当に、ハヤブサは飼い主のいうことを聞きません。
「やぶさかではありません」なんて、ハヤブサは言わないんです(^。^)
毎日、ハヤブサに餌を与え、週に2回も3回も練習してる鷹匠にとっては、癪にさわるでしょうね。
しかしこれがハヤブサです(笑)
飛んで行ってしまったハヤブサは、鷹匠が追いかけていきますが、2kmも3kmも飛んでくと
追いかけるのも大変でしょうね。でも美味しいお肉をちらつかせて、最後は回収してくるようです。
こんな面白い大会だとは思わなかったです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 21:22
butanekoさん、こんばんは
私も初めて見学したのですが、楽しかったです。
鷹匠の予定通りにはいかないのが、さらに面白いんですよ。
猛禽類の飛翔シーンを撮るチャンスって、滅多にありませんが、
ここなら、鷹匠の意に反して、空を悠然と飛ぶ猛禽が多いので、
大砲レンズを三脚に乗せて撮ってるカメラマンも、飛翔シーンを堪能したと思います(^。^)
私が撮ったなかでは、白ハヤブサが綺麗でしたよ。そして目は真ん丸でした。
このすぐ横が利根川なのですが、日頃大きな川を見たことも無いハヤブサは利根川をみて、
心は舞い上がり、自分も舞い上がってしまうんじゃないでしょうか。
脱走犯は、利根川を目指す傾向がありました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 21:49
光さん、こんばんは
まさか実況中継で、今2km先を飛んでますなんて言うと思わなかったです。
爆笑ですよ。面白かったです。
飛んで行ったハヤブサは、鷹匠が必死に追いかけます。
GPSもあるから、その点は追跡も簡単です。
そして姿が見えるとこまで追いついたら、好物の肉をチラチラ見せながら誘います。
まあ、これには脱走犯も、ころりと改心して地上に下りてきます(^。^)
幸いというか、逆光側から撮っていたので、羽根も綺麗でしたよ。
また次の競技会も行きたいと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-13 22:00
takaさん、こんばんは
お友達はスカイトライアルでしたか。
ルアーパスに参加した3人の女性は、3人ともハヤブサが脱走したので、もしかして~~と・・・
と思ってましたが、スカイトライアルなら、いいパフォーマンスをされたんじゃないですか。
私は、お腹もすいたので、ルアーパスだけで、スカイトライアルはパスして帰宅しましたが、
できれば、どんな競技なのか見たかったです。
そうですね。会場の近くにもトンビが集団でいたし、危険は多いと思います。
東京の浜離宮恩賜公園でやる放鷹術の実演では、あの近所を縄張りとするトンビや、カラスが集結してきて、
鷹もオチオチ飛んでられない状況になります。
次の大会は開催場所が遠いので行けるかどうか。
でもルアーパス以外も見たいので、可能ならば行ってみたいです。
Commented by umitosora14 at 2017-03-14 07:30
白いハヤブサ、カッコイイですね~
光りに透けた羽も美しい♪
遠くに飛んでいってしまったり、
気儘な行動も、傍からは微笑ましくて^^
目新しい眺め、鳥さんにとっても心躍る眺めだったんでしょうね(笑)
でも、練習を積んでも、鳥さんの気まぐれに振り回されるのは、大変ですよね^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-14 10:22
umiさん、おはようございます
ちょうど逆光だったので、羽根が綺麗に見えました。
私がいた場所は逆光なので、カメラマンも少なかったのですが、
逆光も空全体が明るければ、それなりに写真は撮れます。
遠くに飛んでいってしまうハヤブサは多かったです。
お城の天守閣が見えて、反対側には利根川も見えますから、舞い上がりたくもなるでしょうね。
特に利根川の方向への脱走者が多かったです(^。^)
意思疎通という面では、まだワンちゃんや、ニャンコのが楽かもしれませんね(笑)
Commented by kaorunchoko at 2017-03-14 12:37
❤旅プラスさん こんにちは!
いくら訓練されたハヤブサとは言ってもやっぱ動物
地面に餌らしきものを見つけたり、
お城を見学して見たかったり
青空を思いっきり飛びたい気分なんだぁーーー!ってあるんですね(笑)
中々意思疎通は難しいんですね(^_^;)
それにしても5人目の方の白いハヤブサ、カッコいいですね!!!
ご主人様の腕にすくっと着地した姿は、何だか誇らしげに見えます(^^)v
「ドヤねッ!すごいやろ!えっへん!」って感じですかね(笑)
GPSで居場所は分かるにしても、飼い主さんはその付近へ行って
餌とか、合図の様な音?とかで呼び戻すんですかね・・・
次回の優勝写真楽しみにしてますね(^^)v
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-14 15:14
kaorunさん、こんにちは
そうなんです。もしかしたら、ミミズか、モグラでもいたんでしょうか。
でもハヤブサの共通の願望は、大空から景色を見たい、ということなのかと思いました。
私だって、もし羽根があったら、スカイツリーを真上から見てみたい(^。^)
5組目は、鷹匠も、ハヤブサも、ドヤ顔。
うまく演技できたので、意気揚々という感じで引き上げてきました(^。^)
ハヤブサも、「オレ、うまくやったよ」と分かってるんでしょうね。
脱走したハヤブサを呼び戻す時は餌で興味を引くのが多いけど、時々笛も鳴らしてます。
きっと笛が鳴ると、練習も終わりで、帰る時間だよと教え込んでると思います。
それでも空を飛んで、戻ってこないハヤブサもいるので、大変なんです(^。^)
<< 日本人はマグロが大好き。千住魚... 狩りに出かけるライオンは赤ちゃ... >>