サグラダ・ファミリア。階段を降りてから思い切って・・・・・・・(スペイン、バルセロナ)

3月11日の日記、「サグラダ・ファミリア。朝一番のエレベーターで地上50mに昇りました」、の続きです。

この階段を使って、ここまで降りてきました。
エレベーターで50mの高さまで昇ってから、まだ15分。なんかまだ勿体ないような。

b0291402_08422017.jpg


後続の見学者は、別の階段のルートに向かったのか、こちらに降りてくる見学者は僅か。
「ONEWAY」、の標識も無かったので、再び50mの高さまで戻ることにしました。
上から見学者が来たら、途中にあった踊り場で、やり過ごそうと、駆け足で階段を登ります。

b0291402_08423988.jpg


途中の踊り場で、5・6人の団体をやり過ごしました。あと20mくらい。

b0291402_08425067.jpg


その先では、降りてくる日本人女性と娘さんの親子に出会いました。「この下は何かありますか」、「この階段を降りるともう景色を観るとこないです」、
「じゃあ、私たちも戻ります」、というわけで、3人になり、再び登り始めました。

b0291402_08431487.jpg


無事に平らなところまで戻りました。双六でいうと「振り出しに戻る」(笑)
日が差してきて、遠くに地中海が見えます。

b0291402_08432126.jpg


真下を見ると、再び人間が豆粒。

b0291402_08433376.jpg


もう一つある階段の通路へと、迷いながら向かいます。この景色はまだ見てなかった。

b0291402_08470183.jpg


いかにもガウディらしい果物のオブジェと、バルセロナの景色。戻ってきて良かった!!

b0291402_08471678.jpg


そして再び階段へ。こちらの階段は手すりもないし急こう配。ちょっと怖いけど降りるしかありません。

b0291402_15202241.jpg


途中から、聖堂内部が見え、ステンドグラスの明かりもちょっとだけ見えました。

b0291402_08472563.jpg


ただこの階段は、あまり景色を見てる余裕もありません。足場も悪いので撮った写真もブレブレ。

b0291402_08473479.jpg


階段の下まで降りると、扉があり、そこを開けると大聖堂の1階でした。塔の見学も終了です。
どこをどう廻ってきたのか、方向感覚が分からなくなってしまいましたが、階段ルートの両方を降りたのは確かで、工事中の現場や、バルセロナの景色を楽しむことができました。
次回は聖堂内部をご紹介します。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-18 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26724881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-03-18 16:12
こんにちは^^
上りは、EVで、下りの階段は2か所あるわけですね~
勿論、階段は、階段から上る方もいるので狭い階段は避ける場所がないから、大変だと思います!
ピサの斜塔のことをどうしても思い出します~(笑)
あの階段が今まででは一番怖かったと思います!
でもサクラダ・ファミリアからは、素敵な景色が見れて良いですよ~
遠くに見える地中海とか素敵です☆
果物のオブジェとバルセロナの町も最高です☆
個人的に好きなのは、4枚目の緑の葉のようなオブジェの写真でしょうか♫
↑は、眼下に広がる風景も好きです(^_-)-☆
Commented by oomimi_usako at 2017-03-18 16:13
臨場感あふれるお写真、すてき!
良くテレビなどの映像で拝見するのとは、違う切り出しで、興味深く拝見しました。
未踏の場所ですのでそのうち一度はと思っていますが、
こちら、健脚のうちでないといけませんね。
Commented by mami-2013 at 2017-03-18 16:32
こんにちは~。
下から3番目の写真の階段もあったのですね。
これは怖そう
というより、怖い!

聖堂内部も期待しています。
私が行ったときは聖堂というよりも
工事資材ばかりが並べてあったような
記憶しか残っていないし写真も撮っていませんでした。
Commented by o-rudohime at 2017-03-18 17:29
サクラダファミリアのオブジェは見上げるのと見下ろすではずいぶん感じが違いますね。
らせん階段は方向音痴になるのは仕方ないですよ。
手すりがなく狭い階段 さぞや怖かったでしょう。
Commented by BBpinevalley at 2017-03-18 18:31
ああ、お写真で思い出しました。
登った時のこと。
良いショットばかりですね。

バルセロナは良い街ですよね。
オリンピック後は随分発展した感じでしたが、それでも「らしさ」が失われず、良かったです。
スペイン語も他のスペインとは違っていて、特別な文化を感じます。
デザイナーや建築家も優れた人が多いですよね。
メルカートには毎回通いました。
Commented by asahinahikari at 2017-03-18 20:01
スペインに行って見たいです〜
もう行く機会がないと思うのでしっかり見させていただきます
階段降りたり登ったりとその甲斐があってガウディの果物のオブジェとバルセロナの景色を素敵です〜
拝見して行った気分です
ジオラマみたいな人が点の景色を撮った時は怖かったでしょう
とても良いものを見させて頂いています
次の紹介も楽しみにしています
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 21:06
アリスさん、こんばんは
サグラダ・ファミリアが設計された時代には、1日に1万人の観光客が押し寄せてくるなんて、
夢にも想像してなかったと思うのですが、階段も1人しか通れない片道通行で造られてます。
ピサの斜塔は傾いてるから怖いとか、倒れたらどうしようというのがありますよね(^。^)
このサグラダ・ファミリアの階段は、傾いてないし、倒れそうにもないのですが、
写真下から3枚目で、階段の上から下を見下ろすと、結構怖いです(笑)
途中は、よいよい~♫、最後が恐い~~♫、でしょうか。
下から4枚目の緑の葉は「生命の木」と呼ぶらしいのですが、モチーフは糸杉です。
階段を再び登り、元に戻ると、バルセロナの景色も、工事中の現場も、一段と素晴らしい景色に見えました(^。^)
Commented by umitosora14 at 2017-03-18 21:13
今晩は^^
なるほど~一度下りた階段をまた上ってだったんですね!
おかげで、また素晴らしい景色を見せてもらえたから、
私たちもラッキーです♪
で、もう一つの階段は、怖すぎます@@
手すりが無くて、下も覗ける状態で、急勾配!
お写真みてるだけで、こわい!って感じちゃいます^^;
聖堂内部、楽しみです♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 21:14
usakoさん、こんばんは
私も2008年に、訪問してエレベーターで昇った記憶があるのですが、聖堂は埃まみれの資材置場でした。
なので、次回に日記で紹介しますが、こんな素晴らしい大聖堂になったと、驚きました。
大きな森をイメージした教会には、ステンドグラスからのやさしい光が床を照らします。
そんなんで、私もエレベーターで往復したので、階段は初めてでしたが、下から3枚目の写真のように
かなり怖い階段でした。
はい、健脚の時がお薦めですが、9年後の2026年に完成するので、その時を狙うのもいいかと思います。
私もそうなのですが、お互い足腰は鍛えておきましょうね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 21:27
mamiさん、こんばんは
恐らくmamiさんが行かれた頃は、階段で降りるという選択肢がなくて、
全員がエレベーターで降りたのだと思います。
聖堂は資材置場だったし、階段から降りてきた見物客が、聖堂を勝手に歩かれても困ったんでしょうね。
私が2008年に訪問した時もそうでした。
でも今は、階段ルートが二つもあるので、バルセロナの景色もよく見えるし、工事中の塔まで見えます。
「もう遅い」と、言われるかもしれませんが、今行かれると、もっと楽しめますよ(^。^)
ただし、あの階段は怖いです。間を開けずに、がっしりしたデブの男性のすぐ後ろに、ぴったりと付いて
周囲は見ないように下りたほうがいいです(^。^)
私がその先導役を務めてもいいのですが、スリムなので頼りにならないかもしれません(笑)
Commented by kaorunchoko at 2017-03-18 21:35
❤旅プラスさん こんばんは☆
振り出しに戻ってくれて!ありがとうございました~ヽ(^。^)ノ
なるほど!戻る勇気って必要ですね(*^^)v
途中からの眺めも、タイルやレンガが微妙に色々に組み合わさって、
やっぱりただの建物じゃないんですね!
塔のオブジェも木だったり、鳥だったりと、凄いですね!!!
そして塔のてっぺんにも果物のオブジェが色鮮やかにあるんだ\(◎o◎)/!
本当に素晴らしい眺めです!!!
帰りの階段は、まるで巻貝の中へ入って行く様ですね!
手すりもなく急こう配・・・こりゃ膝に効きそうだ(>_<)
ちらりと見えた聖堂内部、次回も楽しみで~す(*^^)v
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 22:00
himeさん、こんばんは
確かに地上から見上げると、フルーツのようなオブジェが見えるのですが、
それが何のフルーツか、下からでは判別ができません。
ちょうどエレベーターで50m昇ると、高さが同じくらいになって、よく見えるのですが、
なんか色とりどりの丸い飴玉のように見えました(^。^)
らせん階段は、やばいです。
足を踏み外したら、どこまで落ちることやら。
でも事故のニュースは聞かないので、皆さん安全に降りてるんでしょうね。
感想としては、次回はできればこの螺旋階段は避けたいです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 22:19
BBpinevalleyさん、こんばんは
やはり、ここ登られましたか。通路も狭いし、下を覗くと怖いし、写真は撮りづらいとこでした。
でもブログの読者の皆様に、現在のサグラダ・ファミリアを見てもらおうと、頑張って撮ってきましたよ(^。^)
オリンピック後も、街の景色は殆ど変わってませんね。メルカートはイタリアでは市場ですが、スペインでも市場でしたか。
バルセロナでは、9年前ですが ランブラス通りの、サンジョセップという市場に行きました。
イカから、マグロから小魚まで種類は多かったです。これだけの品揃えがあると、日本人も暮らしやすいだろうなと思いました。
スペインはデザイナー、建築家、画家で、何人もの天才が生れてますが、マラガの近くをドライブしてた時に、
絵を描いてた小学生の、空の色が赤いのでびっくりしたことがあります。
天才を生む国は、絵も自由に描かせてるんだなと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 22:29
光さん、こんばんは
もう行く機会がないですか。
でも機会がありましたら、是非訪ねてみて下さい。
スペインはバルセロナだけではなく、セビリア、グラナダ、トレドなんかにも素敵な世界遺産があります。
私も段々と、周遊型の旅は億劫になってきましたが、まだ50mの階段を登れたので、
もう少し、好奇心を満たす旅を続けようかなと思ってます。
ジオラマみたいな景色は怖いですよね。あの写真だけはファインダーを覗かずに、
カメラを手すりの外に出して、「このあたりでいいかな」と、見ないでシャッターを押しました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 22:36
umiさん、こんばんは
本当は「一方通行」かなとも思いましたが、何も書いてなかったので大丈夫だろうと、
意を決して階段を登り始めました。
「火事場の馬鹿力」という言葉がありますが、階段を2階まで登るだけでも、日頃はヒーヒー言ってる自分が、
あの時だけは、「ヒ」とも言わずに、ひたすら登り切りました(^。^)
人間、その気になれば強いです。
あの下から3枚目の階段ですね。
怖いし、危ないので、ひたすら慎重に降りました。
写真なんてとても撮れません・・・・と、言いながら2枚だけ撮ってました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-18 22:50
kaorunさん、こんばんは
はい、強引に振り出しに戻しました。
入場者は1日に1万人もいるのに、エレベーターは1回に6人から8人しか乗れなくて、
しかも予約しておかないと3時間待ちとか、5時間待ちとか
書いてあって、
いざ昇ったて下まで降りたら、たったの15分。
そりゃあ、勿体ないですよね。
振り出しに戻った結果、まだ見てない景色も見れたし、道に迷ってウロウロもしたし、オブジェも見たし、
工事現場も見たし、もう悔いはないです(^。^)
あの巻貝の階段だけは、なんとかならないかと思います。
完成があと9年後なら、自分もかなりのシニアー。身体と足腰を鍛えておかないと次回は降りれません(^。^)
Commented by umi_bari at 2017-03-19 07:26
階段の景色はあまり良くないのですね、
そうですよね、覆われているのですからね、
振り出しに戻るに、バグースです。
外からのライトアップが綺麗そうですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-19 15:32
umi_bariさん、こんにちは
サグラダ・ファミリアって、設計が135年前ですから、1日に1万人の観光客が訪れるなんて、
想像もしないで、設計がされました。
ガウディも、自分がこんなに有名になるなんて、生きていた時には思わなかったでしょうね。
どちらにしても、観光客が塔の上に昇ったり、階段をウロウロすることは想定外なので、
景色は塔の隙間とか、階段の踊り場とか、変なとこから見るのですが、
まあ、外が見えただけでも、良かったです。
夜もホテルの部屋から見ましたが、スカイツリーみたいに光を受け止める金属ではないので、
ボ~~ッと暗黒色でした。
やはり煉瓦や石は、光を当てても反射しないので、イマイチでしたが、
夜空に浮かぶ巨大な漆黒は、それなりに見応えありましたよ。
行けるかどうか分かりませんが、9年後が楽しみです。
Commented by aaic5454 at 2017-03-20 15:17
おぉ、懐かしい!登った登った!!
高所苦手症の私は、主人と娘の陰から恐る恐る^^:
しかし、旅先では、必ず高い所に登ります。
フィレンツェ、ベニス、バチカン。。。(笑)
そして、川下りと市場巡りもたいてい加わります。
                  でん母
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 17:24
でん母さん、こんにちは
おお~~、懐かしの場所ですか。
いつ行かれたかにもよりますが、完成形に近づいてきて、すっかり変ったように見えませんか。
あと9年で完成するそうですよ。
フィレンツェ、ベニス、バチカンでは、フィレンツェが、一番大変だったのでは??
ヨーロッパって、高い立派な塔を建てるわりには、階段が狭くてグルグル回ってますからね。
私も高いところは必ず登り、市場も必ず行きますが、川下りはあまり経験無いです。
京都の保津川くらいでしょうか(^。^)
<< 浅草寺の境内で「金龍」が舞いま... 反動もつけずにヒョイと飛び、そ... >>