ハヤブサの飛翔シーンに魅せられて(千葉県野田市、埼玉県吉見町)

3月19日、日曜日、埼玉県の気温は2度~18度の晴れ。少し風が強い1日でした。
出かけた先は、埼玉県の東松山に近い吉見町。3月6日に鷹匠の祭典を見て、すっかりハヤブサに魅せられ、再び出かけました。

写真はまず3月6日の鷹匠からです。
さあ、頑張って!!、しっかり飛ぶのよ!!

b0291402_07535855.jpg


ハヤブサは、後方のギャラリーたちが見つめてる方向に一直線。つまり大脱走。

b0291402_07540708.jpg


仕方ない、迎えに行きましょ!!

b0291402_07542112.jpg


この日の最後の鷹匠ですが、この方は本当に上手でした。

b0291402_07543218.jpg

b0291402_07544739.jpg

b0291402_07551609.jpg

b0291402_07552578.jpg



難易度の高い技も披露してくれました。

b0291402_07553258.jpg


このくらい自由にハヤブサをコントロールできれば楽しいでしょうね。
ハヤブサも楽し気に、ルアーへのアタックを繰り返してました。

そしてここからが昨日の、埼玉県吉見町です。同じく河川敷で、到着した時は既に競技が始まってました。

b0291402_07591215.jpg


おや、先日の達人が、ここにも参加してます。

b0291402_07591948.jpg


競技人口も少ないし、こういう祭典も少ないので、両方の祭典に出場する鷹匠が多いようです。

b0291402_07593096.jpg


相変わらず上手です。まさに達人。

b0291402_07594311.jpg


今回は2分間という制限も無かったので、このハヤブサは60回も、ルアーにアタックしました。
タフなハヤブサの雄姿です。ほぼ真下から撮りました。

b0291402_07595699.jpg


祭典も楽しいけど、飛んでるハヤブサが撮れるというのも、この祭典の魅力です。
次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-20 16:00 | | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26730565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-03-20 16:45
こんにちは♪
ハヤブサに魅せられましたか~(*^^*)
飛んでる鳥さん撮るというだけで魅力的ですね~♡
この方が優勝者でしたか☆
見るからにハヤブサの魔術師と言う感じですね(笑)
別の大会にも参加ですか(^-^)
60回もアタックするとは、若いハヤブサでしょうか(*^^*)
鷹匠の方も意外と若いかな?
まだ続きがあるとは楽しみです~♪
Commented by butanekoex at 2017-03-20 17:04
旅プラスさん、すっかり鷹匠の祭典の虜ですね♪
そのおかげで、珍しい競技のシーンを私達も見ることができるのですから
もっともっと、ハマッてくださいね(^^)
6日と19日、両方に参加されている達人ファルコナーさん、
同じ帽子と服ですね。
練習の時も、本番も、もしかしたら同じ服装なのかも・・・
なんて思いました。
Commented by o-rudohime at 2017-03-20 17:28
達人ともなれば鷹匠もハヤブサも舞を舞っているように感じます。
阿吽の呼吸が合ってこその成功でしょうね。
失敗は成功への道・・将来が楽しみな鷹匠に拍手です。
Commented by a-ki_la at 2017-03-20 18:27
すごいですね~(@_@)
演技の途中途中でホンモノのゴハン(何かの生肉ですよねぇ...)のご褒美があるのですか?

鷹はもちろん、鷹匠が振り回す疑似餌だって一定の動きではないでしょうから、
鷹とどちらを追従するか悩みそうです。
あまりカメラを振り回さずに鷹匠に近づいた瞬間から連写するのでしょうか。
それはそれで、反射神経が良くないと難しそうですね。
飛びモノで鍛えておられる旅プラスさんだからこそ、追いかけられるのでしょう。
なかなか見ることの出来ない貴重な妙技を見せていただきありがとうございます。
Commented by umi_bari at 2017-03-20 18:30
頻繁にイベントがあるんでしょうか、
ハヤブサさんも、厳しいでしょうね、なんてね。
これは、やっぱり一度は見てみたいと思います。
あ、レンズがありませんでした。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-03-20 20:02
真下から見上げたハヤブサはかっこいいですね~(*^^*)
レンズで追うのも体力と技術が入りますよね~⤴
鷹匠の迫力は実際見ないとわからないと思いますけど、達人の技は凄そうですね❗
ハヤブサは姿形も美しく素敵ですね。
アタックする勇姿は惚れちゃいますよね(^_-)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 20:49
アリスさん、こんばんは
はい、魅せられました。
上野動物園のハオコとか、旭山動物園のリヒト君とか、ケニアのライオンの赤ちゃんとか、豹の兄弟とか・・・。
簡単に魅せられてしまうのが、私の弱点です(^。^)
ハヤブサの競技は、最後までは見なかったのですが、この方の優勝と思います。
ずっと司会の方が、1回、2回と数えてましたが、間違いなく60回。
ハヤブサは風を捉えて、高く飛びあがっては急降下の繰り返しで、見応えがありました。
きっと鷹匠も、ハヤブサも若いと思います。印象としては達人というよりも魔術師みたいでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 20:59
butanekoさん、こんばんは
なんかすっかり魅せられてしまいましたが、次にこの祭典がいつあるのか分からないのです。
もしかしたら1年に2回で、それが2週間前と、昨日だったのかもしれません。
この競技自体が新しいので、まだ組織も、体制もあまり整ってないのかもと思いました。
そうそう達人さんの、青シャツはもうトレードマークです。
きっとハヤブサに覚えさせるために、いつも同じシャツを着てるのではないでしょうか。
千葉県の白鳥の郷で、1日に2回、餌を蒔く出山さんも、白鳥が警戒しないようにと、
25年間、同じ服装で、餌を与え続けてます(^。^)
次の祭典は、いつあるのやら。待ち遠しいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 21:07
himeさん、こんばんは
達人の演技と、ハヤブサで思いつくのはスペインの闘牛でした。
牛が突進してくるのを華麗にかわす技と、ルアーを見せながら、
ハヤブサがアタックをかけると、たくみにルアーがハヤブサに当たらないように避ける技が、
似てるように思います。
あの青シャツはやめて、金銀の刺繍が入った、マタドールの衣装を着たらどうでしょうね(^。^)
でも最後に牛を殺すとこは似てませんよ。演技を終わったハヤブサに、
その場で生肉のご褒美を与えてました。
この祭典、もうちょっとメジャーになって、都心でやってくれればいいのですけどね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 21:22
a-ki_laさん、こんばんは
この競技はルアーアタックといって、疑似餌を振り回して、ハヤブサにアタックさせますが、
ルアーなので、ご褒美を与えるのは、演技が全て終わって、ハヤブサが地上に着地してからです。
ハヤブサも、その御馳走が欲しくて、何回もアタックするパフォーマンスを繰り返してるのかなと思います。
よく水族館のイルカのショーでは、パフォーマンス毎に、イワシかなんかの魚を与えますよね。
あれみたいで、着地したあとにちゃんと肉を与えるので、本部席に戻ってインタビューに答えるのは5分後くらいです。
撮影は鷹匠にピントを合わせて、ハヤブサを待ちますが、どうしてもハヤブサも撮りたいので、
自分に近い上空に来たら、連写で空に向かってバシャバシャと、シャッターを切ってました(^。^)
もし興味がありましたら、次回の祭典に是非どうぞ。これ間違いなく面白いです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 21:32
umi_bariさん、こんばんは
祭典や、競技会は、頻繁にはないんですよ。
それほど、きっちりした組織や、運営本部があるような感じではなくて、
「やるよ~」と、案内すると、全国から鷹匠が集まるみたいです。
この大会にも、和歌山から車を運転してきて、今朝着いたという鷹匠さんが、参加してました。
面白いですよ~~~。一度是非、観て下さい。
レンズですか。パフォーマンスはすぐ近くで行われるので、標準ズームで大丈夫です。
あと、自分の出番が終わった、鷹匠さんは皆さんが、カメラマンからの撮影に応じて、
ハヤブサを撮らせてくれます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 21:41
sakuramoonさん、こんばんは
鷹匠は、どこでパフォーマンスをしてもいいのですが、だいたい広場の中央にいます。
ところがハヤブサは、風向きをみながら飛ぶので、時々観客席に飛んできて、
一番近い時だと、2mくらい上を飛びました。
勿論、ぶつからないように身を傾けて避けてます(^。^)
なので、近過ぎても撮れないし、遠いと鮮明な画像が撮れないしで、
10m上くらい上を飛んでくれる時に、シャッターを押してました。
自然界のハヤブサなら、こんな近距離で撮れるチャンスは、まずありません。
達人の技は見事でしたよ。やはり上級者は、マタドールみたいで、身のこなしも綺麗でした。
惚れちゃいますか(^。^)。私も正直、惚れちゃいました。
Commented by yocomilk at 2017-03-20 22:35
旅プラスさん、こんばんは!
またまた夢中になるものが増えたのですね!
お忙しいのに、さらに忙しくなりそうですね(^^)
ハヤブサ、真下から撮った写真、かっこいいです。
こんなふうに撮れるのは楽しいだろうな~~。
鳥は服装が同じだと安心するのでしょうか?
違う日とは思えない同じ服装なのですね(^_^;)
帽子とブーツはお決まりなのかと思ったら、
一人目の女性はかぶっていないので、自由なのかな??
そして鳥とは普段どんなコミュニケーションをしているのかな、
なんだか知らない世界なので色々興味が沸いてしまいます。
これからはこちらもシリーズで見られたら嬉しいです!!
Commented by kaorunchoko at 2017-03-20 22:49
❤旅プラスさん こんばんは☆
三連休も花粉の飛び交う中、取材お疲れ様でしたm(__)m
ハヤブサの競技会って、結構行われるんですね!
確かに競技人口は少なそうですね。。。
ハヤブサと鷹匠の動きのある写真!素晴らしいですね!
ハヤブサもルアーにアタックするのを楽しんでいるヽ(^。^)ノ
なるほど、楽しいから繰り返しチャレンジするんですね!
きっと若いハヤブサなのでは?と思います!遊び心が沢山あるんでしょうね!
真下からの写真、光に透けた羽が美しいですね♫

↓浅草寺の賑わい!スッゴイですね\(◎o◎)/!
金龍を見る前に、その人混みに圧倒されちゃいました(^_^;)
金龍!わぁー出た!縁起良さそう~♫
金龍舞い、ハヤブサ舞い、そして花粉舞う取材!お疲れ様でした~ヽ(^。^)ノ
Commented by umitosora14 at 2017-03-20 23:16
今晩は^^
旅プラスさん、すっかりハヤブサに魅入られちゃいましたね(笑)
私たちの楽しみもひとつ増えたってことで、
うれしいです!
ハヤブサの飛ぶ姿なんて、
こういう競技でもなければ、見ること出来ませんものね~
ハヤブサ、ほんとにカッコイイ♪
達人さんのハヤブサ、60回もルアーにアタック?
自由自在に操れるんですね@@
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 23:20
yocoさん、こんばんは
夢中になるのが、また増えてしまいました。
昔は女性全般でしたが、最近はケニアの動物か、日本の鳥(^。^)
惚れっぽい性格なんでしょうか。
ハヤブサの真下からの写真ですが、何回も、何回も、観客席のとこまで飛んで来てくれたので、
難易度は「極めて簡単」でした(^。^)
帽子も、服装も、ブーツも競技者は自前で、特に決まりはないようです。
鳥とのコミュニケーションは、毎週の練習と皆さんおっしゃってましたが、
いつか浜離宮で鷹匠さんのインタビューがあった時には、毎晩同じ部屋で寝てますという、
鷹匠(女性)さんがいて、びっくりしました。やはり、人間と鳥なので、信頼関係を築くまでは大変なんですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 23:33
kaorunさん、こんばんは
競技人口は少なくて、運営事務局が、どうなってるのかも、よく分からず、
まだこの競技は、黎明期なのかなと思いました。
どこにも情報が出てないので、次の祭典がいつあるのかも、分かりませんが、
私は参加してる鷹匠さんのホームページから情報を仕入れてます。
ハヤブサは、ルアーアタックが終わると、お肉を貰えるというのが分かっていて、
一生懸命やってるらしいのですが、散歩に行った犬が、広いところで駆け回るのと同じように、
ハヤブサはルアーアタックを楽しんでるように思います。
60回も真剣にアタックするハヤブサには、うたれましたよ。
この3連休は、金龍、ハヤブサ、カワセミ、花粉と、毎日忙しくて、きりきり舞いでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-20 23:44
umiさん、こんばんは
はい、ハヤブサが大好きになりました。ゴリラや、ユキヒョウや、ケニアの猛獣も好きなんですけどね。
競技に出てくるハヤブサも色んな種類があるし、アフリカ出身とか、南米出身とか多士済々なので、
自分も、もうちょっとハヤブサを勉強しなければと思ってます。
ハヤブサは、鷲や、鷹よりも急旋回がきくので、アタックも素早いし、しかも急降下で飛びかかります。
ファインダーを見ないで、ハヤブサの動きを直接見てても、その動きの速さと、正確さ、
それから美しさにはもう感心しっぱなしです。
本当に、達人のルアー捌きは、素晴らしかったです。
ルアーをハヤブサにぶつけないように操りますが、その身のこなしはマタドールでした。
青シャツじゃなくて、もっとキンキラキンの服装でもいいと思うのですが(^。^)
<< 向島百花園に春の訪れ(東京都墨田区) 浅草寺の境内で「金龍」が舞いま... >>