「落ちつけ、落ちつけ」と自分に言い聞かせながら、10分間で撮ったサグラダ・ファミリアのステンドグラス(スペイン、バルセロナ)

今日のタイトル、長かったですね(笑)
サグラダ・ファミリアはエレベーターの予約が15分単位で、自分は9時15分までに乗らなければいけません。
塔を見学して、降りて来てからも写真は撮れますが、朝一番の光を受けたステンドグラスを撮りたかったので、先に聖堂に向かいました。
大聖堂の内部を見て、いかに感動して、いかに興奮したか、まずは写真をご覧下さい。

正面方向の祭壇。

b0291402_05320707.jpg


聖堂が完成した姿を見て、感激のあまり身体が震えました。
それでも、横画面を撮ったら、縦画面も撮らねばいけません。

b0291402_05321868.jpg


祭壇の反対側です。なんでしょう、この美しさは。

b0291402_05322914.jpg


やっと落ち着いて、ステンドグラスです。

b0291402_05324156.jpg


前回の訪問がが2008年12月ですから9年ぶり。

b0291402_05333434.jpg


あの埃だらけで資材置場として使われてたこの場所が、こんなに綺麗になってました。

b0291402_05334380.jpg


この朝の光を受けた赤いステンドグラスは、いつまでも見ていたくなります。

b0291402_05335139.jpg


赤系のステンドグラスと、青緑系のステンドグラスは、誕生から死までなのか。

b0291402_05340176.jpg


それとも「躍動」と「静寂」なのか。

b0291402_05341133.jpg


聖堂内は巨木が育つ森のようなイメージで設計され、ステンドグラスの明かりは神聖な中にも、華やかさと、賑やかさ、静けさを感じさせます。
グエル公園や、他の建築作品と同じように、ガウディの設計思想が反映された光の空間では、誰もが呆然と立ちすくむしかありません。
僅か10分程の撮影でしたが、遅れぬようにエレベーターに急ぎました。
聖堂内は、あと1回続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-26 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(38)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26743996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BBpinevalley at 2017-03-26 16:22
10分間の撮影会、大成功でしたね。
素敵に撮れています。
しばらく忘れていたバルセロナ、また行きたいなと思いました。
あの辺りは、今のところテロの被害がありませんね。
近頃のヨーロッパは、テロが怖くて。
今回ロンドンで亡くなったアメリカ人、友人の従兄弟でした。
何があるかわかりません…
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-03-26 16:30
素晴らしいですね❗
ガウディは数学者のような頭脳を持って、美意識の極致を極めようとしたのでしょうか?
その場に立ったら暫く動けなくなりそうです。
ステンドグラスの色で柱や壁の雰囲気が、随分変わりますね?
朝日と夕日を感じます(^.^)
Commented by kirmes327 at 2017-03-26 17:02
こんにちは。旅プラスさんの感動がとてもよく伝わってきます(^-^)
私もちょうど4年前に訪れました。この4年の間にもきっと大きな変化を遂げているのでしょうね。私も、素晴らしい建築や美しいステンドグラス、神々しい雰囲気に感激して立ち尽くしてしまいました。でも、何だか落ち着く感じがしたことをよく覚えています。
旅プラスさんのお写真で、また聖堂を見ることができて嬉しいです。ありがとうございます!
Commented by u-tan1114 at 2017-03-26 17:02
わぁ~中も凄いですねー
荘厳でデザインも素晴らしいです。
写真でも迫力ですが、実際はもっとでしょうね。
見せていただいてありがとうございます。
↓チーターもライオンも動物園では見られない
迫力ですね~ライオン、子だくさんなんですね。
百獣の王ですが、子供は可愛いですね^^
Commented by runa_yuzu_love at 2017-03-26 17:19
タイミングよく 写真を撮るのも大変ですよね
お疲れ様で〜す
ただ ただ 美しいの一言です(*´꒳`*)
Commented by aamori at 2017-03-26 17:36
綺麗です‼
私が行った時には、資材置き場で、
バルセロナは雨。もう一度行った方がいいようです。あちこち、行きそびれて、どこの国にも宿題残してます。
ところで、豹とチーターは、何てかっこいいの。
ライオンの子供はかわいい‼
何度でもアップしてくださいな‼
Commented by umi_bari at 2017-03-26 17:42
室内はもう完成ですものね、素晴らしい
芸術になっているんですね、バグースです。
綺麗ですね。
Commented by lily1406 at 2017-03-26 18:31
素晴しいですね~!
お写真を拝見しているだけでドキドキしてきました。
これは生きている間に見に行かなければ!
貴重なお写真ありがとうございました(*^^*)
Commented by gummi-choco-pine at 2017-03-26 18:33
旅プラスさんこんにちは!!

わぁ~~~
( ̄∀ ̄)
ついに聖堂内が完成したんですね~
本当に綺麗だなぁ~

いいないいなぁ~
私アントニオガウディ~大好きなんですよねぇ~

私が数年前に行った時
1月1日だったから外からしか見れなかったんですよ~(T0T)

絶対もう1回行きたい!!
いやっ絶対もう1回行くぞ~~~(笑)
Commented by ayayay0003 at 2017-03-26 18:55
こんばんは♪
10分間の撮影、冷静によく撮られましたね~(*^▽^*)
いつも思いますが、撮影時間って短いと焦ってしまい
それでなくても下手な私は、焦って撮ると失敗しちゃいますが
旅プラスさんは、全体の構図といい、青系、オレンジ系と
ステンドグラスの美しさを最大限に表現されてますね~(^_-)-☆
私は、2009年の9月の訪問だったので旅プラスさんの前回と同じように
資材置き場でしたからお写真で拝見しただけで感動です~♡
Commented by emily1105 at 2017-03-26 19:19
こんばんは。
とても素敵ですねぇ。
サグラダファミリアは本当に1度行ってみたい場所です。
先日このステンドグラスが入ってきれいだとテレビで見ました。
確か日が昇る東に暖色系、西に寒色系のステンドグラスが入ってるって言っていたような・・・?(逆かな?)
直接ご覧になられて、羨ましいです(#^.^#)
Commented by aitoyuuki32 at 2017-03-26 19:25
すっ、すごい
圧巻の内部ですね

外はよく目にしますが
こうして内部を詳細に見たのは初めてです
木材の色あいがありますが
木も使っているのでしょうか
Commented by 3740s at 2017-03-26 19:57
こんばんは
圧倒的な美しさ・・・・・

これしか言葉がありません。(美)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:13
BBpinevalleyさん、こんばんは
ありがとうございます。焦って、身体も、手も震えましたが、シャッターを押す時だけは、なんとかちゃんと撮れました。
バルセロナはテロは少ないのですが、25歳未満の若者の失業率は50%と高いので、街中でのスリに要注意です。
ロンドンはたまに大きなテロがありますね。 私が20年以上前にカミサンとロンドンにいた時に、
4ヵ所同時テロというのがあり、全交通機関が止まるというパニックがありました。
旅行者は、ああいう時に身動きとれなくなるので困りますね。
その御友人の従兄妹さんはお気の毒でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:23
sakuramoonさん、こんばんは
ガウディの設計には、数学の理論がいくつも入ってるそうですが、凡人の、私が見てもあまり分かりません。
でも左右・上下のバランスは、全て整合性がとれてるように思いました。
聖堂の真ん中に立ち、ステンドグラスを見上げて、口を開けたまま、動かない人がいました。
私も、その部類ですが、写真撮らなきゃという使命感があったので、多分口は開けてなかったと思います(^。^)
きっと、赤系が朝陽、青緑系が夕陽なんでしょうね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:29
kirmesさん、こんばんは
私の感動、伝わりましたか。
初めて見た時と違い、そのあまりの変貌と、美しさに、唖然・茫然・愕然でした(^。^)
kirmesさんが行かれた4年前には、聖堂は殆ど完成してたんですね。
エレベーターで上にも昇られましたか。
そしてkirmesさん、4年後くらいに再度の転勤がありますか。
9年後の完成時期に、この聖堂の外観がどうなってるか楽しみですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:38
u-tanさん、こんばんは
この大聖堂の中がどうなってるのか、たまにニュースや、写真で見ることはあったのですが、
やはり自分で中に入って見上げると、その素晴らしさ、美しさに感激しまくりでした。
本当に、インパクト強かったです。
野生の肉食動物は、動物園の肉食動物とは、迫力が違いました。
捕らえた獲物の食事風景なんかは、全員が血で、顔を真っ赤にして食べてます。これが野生動物の世界だと感じます。
でもライオンの赤ちゃんは、そこらのネコちゃんと似てます。ちょこちょこと動き回り、可愛いです(^。^)
Commented by shima_shima1225 at 2017-03-26 20:40
こんばんは。
なんて美しいのでしょう。。
言葉になりませんね。。
ステンドグラスの色合い、、気絶しそうです。笑
これは落ち着け落ち着けと心の内で唱えられるのも
わかります。。
外から射し込む光によってまた微妙に違った印象に
なるのでしょうか。。
ずっと見ていたい。。こんな私でも心神深い気持ちになりました。素敵なお写真ありがとうございます!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:45
るなりんさん、こんばんは
本当は、一度中に入ってしまえば10時間でも、中にいれるので、焦らなくてもいいのですが、
どうしても朝の光を撮りたいとか、夕方の光を撮りたいとかとなると、時間も意識せねばなりません。
夕方の光まで粘りたいのですが、中にはレストランも、売店もないので、撮影チャンスは1回だけでした。
でも観光客の中には、建物の外側でお弁当を食べてる人たちもいました。
日本人じゃなくて、隣国の方々でした(^。^)
美しいとおっしゃっていただけるような写真が撮れて、私も嬉しいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:53
ATSUKOさん、こんばんは
資材置場でしたか。私が1回目に行った時と同じです。
あの当時の聖堂は悲惨でしたね。本当に完成までにあと100年かかるかと思いました。
バルセロナにも、宿題ですね。その宿題を果たすのは、9年後の完成してからのがいいと思います。
そうすると、聖堂の内装だけでなく、外観も綺麗に完成してるはずですから。
豹と、チーターと、ライオンのアップですね。承知しました。
しばらくは関東の動物園でつなぎますが、
7月か、9月にはケニアに再訪して、あの赤ちゃんたちが、すくすく育ってるか見てきたいと思ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 20:58
アラックさん、こんばんは
聖堂はもう完成してます。
この美しい聖堂が完成したので、最近の1日の訪問客は、1万人らしいですよ。
サグラダ・ファミリアの毎日の収入も凄いことになってると思います(^。^)
なので、内部で写真を撮るのも一苦労。
どこを撮るにも、人が写ってしまうので、やはり朝一番で撮ったのは正解でした。
綺麗ですよ、ステンドグラスは芸術です。何回でも見に行きたいのですが、遠いのが難点ですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 21:28
yuhki*tomoさん、こんばんは
ありがとうございます。
感動のあまり、身体が震え、手も震えてたんですが、カメラをきちんと真正面に構えてみたら、
震えも止まり、いつもの自分に戻りました。
少ない時間でしたが、東・西・南・北をそれぞれおさえてから、ステンドグラスの美しい壁面も撮って、
その段階で大きな深呼吸をして、もう一度、聖堂をゆっくり眺めたというのが、
9時から9時10分までの行動でした。
人生においても、こんな10分間って、過去にも無かったし、もしかしたら今後も無いかもしれません(^。^)
とても貴重な、凝縮された10分間でした。そりゃあ、生きてる間に、是非この感動の時間を経験して下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 21:37
cinnamonさん、こんばんは
え~~、本当ですか。バルセロナまで行かれて、サグラダ・ファミリアが外からだけ!!
それはいくらなんでも、勿体ないです。
もしその旅行が、ツアー会社のツアーだったら、文句言わなければ(^。^)
今なら、バルセロナのツアーは、全部聖堂の見学が入っているみたいですよ。
個人手配でも、日本からネットで、簡単に予約ができます。
個人手配の場合は、私が泊まった、サグラダ・ファミリア・ビューのホテルもご紹介します。
そして、そのホテルのすぐ近くの、シーフードレストランも、まとめて紹介させていただきますので、声をかけて下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 21:49
アリスさん、こんばんは
今思うと、聖堂に足を踏み入れた瞬間は、冷静では無かったのです。
なんかジワジワと、感動と、嬉しさがこみあげてきて・・、でも泣いたりはしてませんよ(^。^)
カメラを自分の正面に構えた瞬間には、「あと10分で、できるだけ撮ろう」と、ちょっと落ち着きました。
自分にとっては、あの10分間は、緊張と感動で、忘れられない10分間となりました。
ホテルに戻って、PCに入れてから見たら、失敗が1枚も無かったので助かりました。
あの埃が舞うような資材置場を見てると、今の聖堂に入った時は、目がウルウルすると思いますよ。
それぐらい変貌して、美しい聖堂になってますから。
スペインに再訪する機会がありましたら、美しく生まれ変わった聖堂との再会を楽しんで下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 21:59
emilyさん、こんばんは
テレビでも放映してましたか。残念!!、見逃しました。
おっしゃる通りです。午前中に日があたるほうに、暖色系のガラスが多くて、
恐らく西日になるだろうという壁面は、寒色系が多かったです。
当日は曇り空で、1時間に4・5分くらいしか、太陽が顔を見せなかったのですが、
ステンドグラスは、曇り空でも、明かりを取り込んで、聖堂の床に、映り込みを落としてました。
ただ、映り込みが床に落ちてるはずなのに、人が多すぎて殆ど床まで投影はされませんでした。
設計したガウディも、「まさかこんなに人が来るとは思わなかったよ」と、がっかりしてると思います(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 22:12
aitoyuukiさん、こんばんは
聖堂の内部は、あまりテレビでも取り上げられてませんよね。
私は旅番組を、よく録画して、食事の時間に観てるのですが、この聖堂の内部はまだ見てません。
「世界ふしぎ発見」とか、日曜6時からの「世界遺産」でやってくれればいいのですけど(^。^)
この聖堂は、全部石で造られてるそうです。
石も4種類くらい使われていて、柱とかの構造部分は花崗岩とか玄武岩とか。
彫刻がなされてる石は、もうちょっとソフトな石なのかなと思います。
ヨーロッパのゴシック教会って、高い教会になると、石だけで100mは積み上げますから、凄いなあと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 22:19
パテオナベさん、こんばんは
ありがとうございます。
本当に素晴らしい大聖堂でした。
1日に1万人もの観光客が訪れるというのに、これがまだ完成してなくて、工事中というのが、
不思議な気がしますが、これが現実でもあるわけです。
そして完成してるこのステンドグラスですが、これは文句なしに美しいです。
まるで交通事故で亡くなったガウディの魂が、宿ってるかのようでした。
スペイン、そしてバルセロナは素晴らしいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-26 22:28
shimaさん、こんばんは
サンドイイッチと、コーヒーを持って、入場して、できれば1日、中にいたかったです。
入ってしまえば、何時間でもいれますから。
ただ、レストランも、売店もないので、ツアー客も、一般客も、だいたい2時間くらいで外に出てるみたいです。
もし1日、中にいれたら、夕方の光で、聖堂内がどう変わるかも見たかったですね。
そして自分で「落ちつけ、落ちつけ」なんて唱えなくても、1日いるなら、ゆっくり撮れましたよ(笑)
見物客の中には、口を開けて、ポカ~~ンと、感動してる人もいましたから、
もしかしたら気絶してる人がいるかもしれませんね(^。^)
Commented by umitosora14 at 2017-03-26 22:30
今晩は^^
素晴らしいお写真ですね!
聖堂の内部は、4年前の頃にはほぼ同じ感じで出来てましたけど、
こんなに綺麗な写真は撮れて無いです><
まだ写真を撮り始める前だったので、
下手な写真ばかり^^;
(って、今行っても綺麗に撮れるか自信無いですけど 笑 )
樹木のように林立する柱、降り注ぐ光りに、
包み込まれるような不思議な感覚になったことを覚えてます
ガウディって、凄いですよね!
また、いつか再訪したいところです^^
Commented by maxiah1818 at 2017-03-26 22:41
すごいです!
すごい!
いつも写真見れて幸せって思うのですが
ホンモノをを見てみたいと思いました。
Commented by momotomusasi at 2017-03-26 23:08
圧倒される美しさに 言葉もでません。
興奮しっぱなしで 手が震えたのでは・・・
見てみたいですね~。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-27 07:38
umiさん、おはようございます
4年前には聖堂内部は、ほぼ完成してたんですね。
訪問時は、写真を撮り始める前でしたか。そういうの私にもあります。
10年前からmixiに日記を書いてましたが、5年前に一眼レフを買うまでは、下手糞な写真ばかりでした。
今、思うと、もっと早くから写真を始めて、もっと早く一眼レフを買うべきでした(^。^)
やはり森のイメージですよね。そして光が降り注ぐ空間。
おっしゃる通り、ガウディは素晴らしいと思います。
9年後の完成した姿も見てみたいですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-27 07:46
あいさん、おはようございます
おっしゃる通りで、圧倒されます。
私の場合は、唖然・茫然という言葉が、あたってました。
10分で写真を撮らなければという使命があり、カメラを手に持ってたので、撮り始めましたが、
特に何も考えずに中に入り、カメラも持ってなければ、きっと10分以上は、唖然・茫然のままだったと思います(^。^)
そうですね、この聖堂内の光や、空気感は、写真では表現できないので、
現実には、聖堂の中に入ってご覧になるのがいいと思います。
唖然・茫然を通り越して、唖然・茫然・愕然かもしれませんよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-27 07:59
momoさん、おはようございます
手が震え、身体も震えました。
なんとなく聖堂内のイメージは持っていたのですが、その想像をはるかに超える巨大空間でした。
9時の開館と同時に入場できたので、観光客も少なく、不思議の森のようにひっそりとしてましたが、
その静寂も束の間で、あっという間に入場者が増え、騒がしくなってしまいました。
年間で300万人、土日や、ピークシーズンは1日に1万人の入場者があるといいますから、
ここでは「瞑想する静けさ」なんてとても無理でした(^。^)
是非、本物の光や、空気感をこの現場で感じて下さいね。
もし塔にも昇られるなら、階段があるので、足腰が頑丈なうちに行かれることをお薦めします(^。^)
Commented by yocomilk at 2017-03-27 08:08
おはようございます。
こんなにすごいものを見逃してました!
タイトルから私もドキドキしながら拝見しました。
壮大な美!
実際にここに立ったらどんな風に感じるのかな。
祈りたくなるかも。
なんとなく、そう感じました!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-27 10:36
yocoさん、おはようございます
タイトルで引き付けるのは、私がよくやる手(^。^)
引っかかっていただけましたか。
一応、内容を見て、ガッカリという誇大広告にならないようには気をつけてますが(^。^)
聖堂の内部ですが、結構凄いでしょう。
実際はもっと感動的なのですが、写真での表現は限界がありました。
実際にここに立ったら、祈りたくなるかもしれませんね。
でも、ブロガー兼カメラマンの習性で、カメラを持ってると、「どっから撮ろうか」なんて、
現実的なことを考えてしまいました。
Commented by kaorunchoko at 2017-03-27 13:18
❤旅プラスさん こんにちは!
わぁーーー!!!素晴らしい\(◎o◎)/!
本当に美しいです!サグラダ・ファミリアって凄いんですね!!!
これを目の当たりに見たら、感動でその場を動けなくなってしまいそうです。
正面の祭壇、幾つもの柱が美しく並び、空からの光が美しいですね。
祭壇の反対側は、静かな美しさで、厳かな気持ちになります。
ステンドグラスは、どれもみな、素晴らしい!
赤系も青緑系も!!!素晴らしいと美しい以外言葉が見つかりません・・・
何時か、私もここへ行って、実際に見てみたいと強く思いました。
ガウディの作品他にも色々ありますもんね!絶対バルセロナへ行こう!!!
頑張って働かねば<(`^´)>
中々見る事の出来ない写真、いつも見せていただけ、感謝ですヽ(^。^)ノ
続きも楽しみです~♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-27 15:39
kaorunさん、こんにちは
この聖堂の空間を初めて見たら、涙もろい人なら泣いちゃうかも。
私は昨日の稀勢の里の涙を見て、自分までウルウルしたくらいですから、涙もろいのですが、
この大聖堂に入ってからは、タイトルにも書いたように「落ちつけ、落ちつけ」と自分に言いながら
写真を撮りました(^。^)
涙は流さなかったけれど、もうそれくらい感動しました。
やはりガウディが設計した、光の巨大空間は、誰もを感動させます。
kaorunさん、まだ若いから、バルセロナに行ってくださいね。
階段もあるので、足腰もジムで鍛えておきましょう(^。^)
<< 雨だったので国立新美術館のミュ... 野生動物の宝庫マサイマラでも、... >>