バッファロー、カンムリヅル、象の赤ちゃんたち(到着して5日目のサファリ)

2月17日の、タンザニア国境へのロング・ドライブです。
前回の日記でチーター、ライオン、豹をお届けしましたが、今日の日記は猛獣以外です。

日の出とともに、望遠レンズで太陽光線を狙って見ました。
一条の光の背景は、バッファローのグループです。

b0291402_08000229.jpg


カンムリヅル2羽と、自分との3ショット。

b0291402_08002053.jpg


小さな水溜りに集まってきたシマウマたち。空が真っ青でした。

b0291402_08003014.jpg


赤ちゃん象を見つけるたびに車を停めてもらい撮ってます。
生れたばかりの赤ちゃんは体重が90~120kg、背の高さが1mといいますから、この子は生後3・4ヵ月でしょうか。

b0291402_08011670.jpg


先ほどの赤ちゃんよりも、さらに小さな赤ちゃん。
大人の象たちが、周囲をガッチリとガードしてます。

b0291402_08012653.jpg


そして赤ちゃんが耳をパタパタとさせました。歓迎なのか、不安になったのかどっちでしょうか。

b0291402_08014053.jpg


国境付近でチーター、豹をに出会い、帰り道でライオンの親子にもあって、ホテルの近くです。
小学校から生徒たちが出てきて、手を振ってくれました。

b0291402_08004020.jpg


まだ授業中みたいで、砂を拾いに行くそうです。

b0291402_08004999.jpg


ここの子供たちは本当に愛想がよくて、車を見ると笑顔で手を振ってくれます。
もしかしたら、カメラを持ってる私に対してかもしれないので、私も手を振って、日本とケニアの友好・親善に務めてます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-31 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26755770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-03-31 16:21
こんにちは^^
日本とケニアの友好・親善ありがとうございます(^^♪
ほんとに可愛い子供達ですネ☆
笑顔が素晴らしいです~(^_-)-☆

6枚目の象の赤ちゃんのお耳パタパタのお写真、ほんとに可愛いくて好きです~♡
1mの象、ソウゾウ出来ませーーーん(笑)
自分より小さい象を見たことないからです(^。^)
カンムリヅル2羽と旅プラスさんの影とのツーショット、お見事でこのような撮り方もおもしろいと思いました♫
Commented by umi_bari at 2017-03-31 16:51
やっぱり、象の赤ちゃんがダントツで
可愛いですね、たまりませんね、バグースです。
しっかり守られていますね。
Commented by roseyrosey at 2017-03-31 17:17
子供達の手を振る姿、いいお写真ですね。
動物達を追うお写真はもちろんのことですが
旅プラスさんの旅写真の中で、現地で出会った人々を
撮ったお写真がとても好きです。
きっと旅プラスさんのお人柄が表れているからでしょうね^^

子象ちゃん、可愛いですね。人も動物も子供の姿には希望を感じます!!!
Commented by yocomilk at 2017-03-31 17:45
旅プラスさん、こんにちは♪
最後に、明るい子供たちの様子になんだか嬉しくなりました♡
日本とケニアの友好、親善、ありがとうございました!
子象の可愛さは格別ですね~。
お耳がなんともいえないです。
守られているのですね、愛ですね♡

私も今日は富士宮で、旅プラスさんを目指して猛禽類を撮りましたが・・
なかなか動体視力が追いつきませんでした(笑)

前の記事の華むすめさん、桃色のお着物で初々しくて可愛かったです。
今年は行けそうにないので見せていただき堪能しました♪
Commented by berry0726 at 2017-03-31 19:23
手を振る子供たちの表情がいいですね!
きっと純粋なんでしょうね。
そして子象も本当に可愛らしいです。
ちゃんと大人が囲ってガードするんですね。
動物から学ぶことって多いです。
Commented by umitosora14 at 2017-03-31 19:44
今晩は^^
赤ちゃん象、可愛いですね~
耳をパタパタ、なんでしょうね、嬉しくてなのかも~♪
小学生の子どもたちも、人懐っこいんですね!
日本とケニアの親善にも貢献してますね~
小学校を訪問とかはされないですか?
友好関係がより深まって、もしかしたら、
このかっこいい人のいる日本に行って、
いろいろ学びたいって夢見る子がでてくるかも~♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 20:51
アリスさん、こんばんは
この写真の時は、私がファインダーから覗いてるので、生徒も控え目ですが、
顔を出してると、皆さんが手を振ってくれるんですよ。本当に可愛いです。
何故か、赤ちゃん象が耳をパタパタさせてくれました。
もし彼が「ダンボ」だったら、空を飛べるんですけど、なんせ重さ100kgですからね。
改心したカラスたちから魔法の羽を貰っても、飛べないでしょうね(^。^)
高さ1mの象は、ソウ ゾウできませんか。マサイマラにいたゾウ~、可愛いゾウ~(^。^)
カンムリヅル、ハ、ハ、ハ、変てこなスリーショットで恐縮です。
朝と夕方は、地平線から陽が差すので、影で遊べます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 20:58
アラックさん、こんばんは
象の赤ちゃん、可愛いでしょう。
動物園なら、赤ちゃんも撮影できますが、野生の像だと周囲を大きな象が取り囲んで移動するので、
なかなか赤ちゃん象を単独で撮るチャンスはありません。
それでも無理やり撮ったのが、本日の写真です(^。^)
今年の夏は、上野動物園でも赤ちゃん象が1頭生まれるそうですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 21:12
roseyさん、こんばんは
今回はマサイマラの3回目だったので、ホテルの日本人ゲスト・リレーションの女性に頼んで、
マサイ族の写真を撮る機会を増やしてもらいました。
サファリのロングドライブに出ても、6時~12時なので、午後からは暇ですから、撮影する時間はあるわけです。
なので、今回はマザイ族の写真だけで、200枚は撮りましたが、マアマアなのは僅か12枚でした。
この写真をもっと増やして、50枚以上になったら、なんかできないかなと思ってます。
この間、鑑賞した井上冬彦写真展でも、50枚の写真に59回、東アフリカに通ったと言いますから、
訪問3回の私は、まだまだ先ですが、なんか目標感を持って、長生きして、あと56回はケニアに通おうか
なんて夢想してます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 21:22
yocoさん、こんばんは
この子供たちとの出会いは、セッティングしてもらったわけでなく、偶然でした。
びっくりしましたよ。突然大勢の小学生が現れましたから。
でも写真を撮る時間があったので、ちょっと先回りして、彼らが向こうから歩いて来るのを待って撮りました。
象の赤ちゃんの、耳パタパタは可愛いでしょう。
「ダンボ」って、映画を覚えてますか、ラストシーンでは耳をパタパタさせて空を飛ぶんですよ。
猛禽類に挑戦ですか。動体視力はあったほうがいいですが、自分もあまりないです。
要は、経験、練習、経験、練習です。ただカワセミで、練習してると、猛禽類のがスローなので楽ですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 21:39
berryさん、こんばんは
今回は2回、マサイ村に訪問して写真も撮らせてもらいましたが、
子供たちは本当に純粋です。
恐らく子供たちの間には、競争社会も、受験戦争もないからでしょうね。
なかなかアフリカで、子供を撮るチャンスなんて、ないのですが、
今回は偶然に、こんな撮影チャンスにも恵まれました。
赤ちゃん象を大人の象が囲むというのは、習性なのか、DNAなのか、
いつ見ても、必ずきちんと、大人の象が赤ちゃんを囲んでます。微笑ましいのですが、自然の厳しさも感じます。
確かに小象がはぐれたら、一発でライオンや、ハイエナの餌食になってしまいますから、常に用心が必要です。
Commented by tkytora at 2017-03-31 21:49
赤ちゃん象、ため息出るほど可愛いですね~♪

そして、人の子も可愛い(#^.^#)

Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 22:16
umiさん、こんばんは
耳をパタパタが、嬉しさの表現だったらよかったのですが、この時は、1分か2分くらい、サファリカーが象の大群に囲まれました。
勿論、我々は道路に停車して撮ってたのですが、右からも、左からも象が、現れ驚きました。
自分たちが追いかけたわけでもなく、そこらじゅうが、突然象ばかり。
私はずっと、この耳パタパタの赤ちゃんだけをファインダーから狙ってましたが、
カメラを持ってなかった乗客は、かなり怖かったと思います。
それくらいの状況だから、赤ちゃんは、幼いながらも威嚇のそぶりを見せたのかも(^。^)
小学校の訪問ですか。手ぶらの訪問は難しいので、行くとしたら準備が必要です。
私の所属するNPO法人は、校舎とか、生徒の奨学金とかを贈呈してますが、訪問だけならサッカーボールとか、絵本でもいいかも(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-31 22:30
takaさん、こんばんは
この間の埼玉県吉見町の鷹匠の祭典ですが、気温が低く、風も強くて、まいりました。
凄い不便な場所なので、埼玉県の吉見町まで、自宅から運転していきましたが、2時間もかかってしまい、
着いた時には既にヨレヨレ(^。^)
ルアーパスは全員、見ましたが、そこで引き上げて、スカイトライアルは見なかったんです。
和歌山県から運転してきたという鷹匠さんもいましたが、次からは、もうちょっと都心でやってほしいです。
象の赤ちゃん、可愛いでしょう。恐らく生まれてまだ3ヵ月くらいですよ。
人の子供は、すれてなくて、純真なのがいいですね。彼らが手を振ってくれる笑顔には癒されました。
Commented by yumeyume828 at 2017-04-01 06:15
象さんかわいいですね♡
なんだか笑ってるようにも見えます^^
親子かな?ほのぼのします♪
手を振る子供達も良いですね☆
それにしても世界は広い!
こんなところもあればビルで覆われた世界もあるし・・・
旅プラスさんの写真を見ると自分が本当に一部の小さなところで生きてるって気がします。
いつも色々な世界を見せて頂きありがとうございます^^
生活
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-01 07:50
yumeさん、おはようございます
象の赤ちゃんの一番近くを歩いてるのが、たいていは母親です。
生れてから3~4年は、母親のおっぱいを飲むそうですよ。
グループに赤ちゃんがいると、全員で赤ちゃんを守るのが見えますが、とても微笑ましいです。
手を振る小学生ですが、全員が黒の半ズボンか、スカートで、上は赤いシャツ。
彼らにはとても似合ってます。アフリカには赤が似合います。
でも観光案内には、サファリカーに乗る時は、「赤い色は避けましょう」って、出てました。
野生動物から目立つからでしょうか(^。^)
これからも、アフリカに通って動物や、そこに住む人たちの写真を撮りたいと思ってますが、
遠いアフリカに出かけるという自分の体力が、いつまで続くやら。そこが心配です。
Commented by kaorunchoko at 2017-04-01 12:01
❤旅プラスさん こんにちは!
1枚目の一条の光!凄いですね~!
真っ直ぐに光が伸びて、怪獣をやっつけるビーーーム!って感じです(^_-)-☆
カンムリヅルとの3ショット!旅プラスさんが影なのが残念(笑)
赤ちゃん象!可愛いですね♫
大人がちゃんと子供を守っている姿が、本当に微笑ましいです。
お耳パタパタ姿は何でなんでしょうね???
可愛い仕草にナイスショットです(*^^)v
子供達も一生懸命手を振ってくれて、嬉しいですね!
砂を拾う???何をつくるんだろ?課外授業って所ですかね(^_-)-☆
そちらは、雨が上がって桜撮影へ行かれたかな~?
こちらは雨が上がったけど、寒いし、曇天・・・
ちょっとゆっくりな休日です(^_-)-☆
Commented by momotomusasi at 2017-04-01 16:40
こんにちは
赤ちゃん象の可愛さに 思わず笑みがこぼれました。 めちゃ可愛いです♪
現地の子供たちの笑顔は素敵ですね~
最高です。
日本とケニアの友好・親善 ^^
ありがとうございます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-01 17:05
kaorunさん、こんにちは
レーザービームは、簡単に作れるんですよ。
太陽が真横にある時に、露出を極端に絞って、カメラを太陽の方向に向けて撮ります。
ただ下手にやると目を傷めるので、良い子の皆さんは真似をしないようにと、お願いしてます(^。^)
「自撮り棒」というのがあると、リアルな3ショットが撮れますね。
「足が棒」なら、よくありますが、「自撮り棒」は恥ずかしいので持ってません。
今日は雨の中、傘を差して撮影してきました。
それでも小石川後楽園は凄い人数の花見客。
取り敢えず30分で撮って、引き上げてきました。
明日こそは六義園で、頑張ります(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-01 17:11
momoさん、こんにちは
赤ちゃん象、可愛いでしょう(^。^)
大きな象の陰にいるケースが多くて、なかなか撮れないんですよ。
ずっとファインダーで追いながら、ちょっと前か、ちょっと後ろに出てくれた時を狙って撮ってます。
子供たちとは偶然出会いましたが、なんか砂か、砂利かを拾いにいくそうです。
それを何に使うのかまでは聞けなかったのですが、みんな嬉しそうでした。
はい、友好・親善!!
・・・になってればいいのですが(^。^)
<< サグラダ・ファミリアでは、ガウ... 花桃が咲き乱れ、「華むすめ」が... >>