ケニアの人気者が勢揃い。象、クロサイ、ライオン、チーター(到着して6日目・7日目のサファリ)

2月18日、2月19日に出会った動物をまとめてお届けします。

日の出前の一瞬、ピンンクに染まったサバンナを、象の親子がゆっくりと歩いていきます。

b0291402_11273346.jpg


ケニアの希少動物、クロサイです。

b0291402_11274361.jpg


過去に何回か、この日記にも登場した、ビッグママ花子の子供だそうです。こんなに近くで見たのは初めてでした。

b0291402_11275112.jpg


立派なタテガミのオスライオン。

b0291402_11281512.jpg


身体が大きくて、タテガミが立派だとメスにもてるとか。

b0291402_11282400.jpg


変わった鳥をご紹介しましょう。ミナミジサイチョウ。

b0291402_11283389.jpg


樹上ではなく地面で暮らしていて、昆虫やヘビなどを捕食して食べるそうです。
真っ黒だと思っていたら、白い羽根もあることを見せてくれました。

b0291402_11284226.jpg


ここからはタンザニアとの国境の近くを縄張りとするチーターです。

b0291402_11291012.jpg


サバンナで一番美しい肉食獣と言えるでしょう。彼女は7歳~8歳、メスのチーターです。

b0291402_11291998.jpg


身体はしなやかで、毛並みは美しく、チーター特有の綺麗なドット柄でした。

b0291402_11292896.jpg


90分にわたるご対面で、近くから撮ることができました。

b0291402_11341342.jpg


正面からのアップ。常に鋭い目つきで周囲を見渡してました。

b0291402_11342346.jpg


ケニアのサファリでは、サイ、ライオン、チーター、豹が人気者。出会えたら必死に撮ってます。
象、キリン、シマウマ、バッファローは、毎日何回も会えるし、川に行けば、カバもいます。なので「あ、またいたよ」って感じで、気が向けば撮ってます(笑)
でもサバンナの夜明けの景色を見て、光と風と空気を感じながらドライブしてるだけでも、じゅうぶんに楽しいです。
次回は最終回、主にライオンを中心にお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-08 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26774015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2017-04-08 16:18
朝の絶品の色に染まる光景から始まる動物たちとの出会い、素晴らしいですよね、サイは貴重だと思いますし、やっぱり、
チーターに会えたらバグースですね。
Commented by rui-studio2 at 2017-04-08 17:34
ミナミジサイチョウですか、個性的な風貌ですね。
マダガスカルの鳥の図鑑で見てみようかしら。

   残念ーーー見つからず!
Commented by ayayay0003 at 2017-04-08 18:00
こんにちは^^
1枚目のピンクに染まるサバンナ、
旅プラスさんのお写真だけでしか見たことのない世界ありがとうございます♡(^^♪
クロサイの花子ちゃんの子供ちゃん、立派ですね☆
そしてタテガミの立派なライオンはやはり奥様連れ~(^。^)
ミナミジサイチョウ、サバンナにはたくさんいる鳥でしょうか?
白い部分は扇子を広げているようにも見えて優雅です☆
何と言っても見栄えのするのはチ―ターですネ(^_-)-☆
しなやかな身体と長い脚、オシャレな模様にサバンナの女王様のような風格を感じます☆
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-08 18:02
ピンクのサバンナの夜明けですか?
美しいですね。
それぞれのアップ(^.^)素敵❗
ミナミジサイチョウ…恐竜時代の鳥みたいな風貌ですね。
チーター…スリムで素敵❗角度によっては眼光鋭い豹のような雰囲気もありますね。

⬇お花見楽しそうですね~(*^^*)
私も夕べは無理矢理雨間を縫ってお花見してから、食事会へ繰り出しました🍺

電車やトラックの写真が面白いですね?
こんな風にも撮れるんですね(^-^)/
Commented by roseyrosey at 2017-04-08 19:21
ローズクォーツのような色の空。。。象の群れ
こんな夜明けを目の間で見たら、もう帰りたくなくなりますね。
アフリカに一度でも行くと、アフリカに魂掴まれて戻されるって言われますが
その通りですね。きっといろんな条件が許せばリピート間違いなし。
思わず、旅行会社、調べちゃいました笑 
そしてイケメンライオン、amazo○のCMに出てくるような
立派なタテガミ。。。これはモテそうですね^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 20:46
アラックさん、こんばんは
ホテルからサファリに出発するのが朝の6時。日の出が6時40分から50分。
どこで日の出を撮るかは、毎朝の重要な作戦なんです。
日の出だけでもいいけど、できれば前方に大きくて目立つ動物がいたほうがいい。
そして見つけたら、ゆっくりと動物からは西の方向に位置取りしながら、日の出を待ちます。
でも「やばい、太陽出ちゃった、動物いないよ、どうしよう」というケースが多いです。
サイも絶滅が危惧される希少動物なんですが、やはりチーターのが絵になりますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 20:57
ruiさん、こんばんは
ミナミジサイチョウに、好奇心ありですか。
アフリカにしか生息してない鳥で、ケニアよりも、南アフリカに多いそうです。
サファリカーでドライブ中には、実に多くの鳥に会いますが、あまり写真を撮ってません。
やはり同乗者の皆さんも、野生動物のほうに関心があって、鳥がいてもパスです。
ホテルのゲストリレーションの皆さんや、ドライバーはよく知ってるので、聞けば教えてくれるし、
停めてといえば、車を停めてくれます。
ただ、日本の野鳥とは全然違う大型の鳥が多いので、名前を聞いてもすぐ忘れてしまいます。
このミナミジサイチョウは、「まるまるサファリの本」という、ケニアと、タンザニアに特化した本で名前を調べました。
アフリカの鳥も面白いですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 21:07
アリスさん、こんばんは
このピンクの世界は、過去に何回か紹介しましたよね。
短い時間ですが、この日の出を見るためだけでも、ケニアに行く価値があると思います。
花子ちゃんは、もう5人の子供を育てて、その長女はさらに子供を産んだというので、おばあちゃんになっちゃいました。
20年弱の期間をかけて、本当に頑張ってますよね。マサイマラで人気者なのは当然と思います。
ライオンのオスの場合はタテガミの長さと、色で年齢の想像がつきます。歳をとるとタテガミも黒みを帯びてきます。
このオスライオンは、今れまでに見たオスよりは、かなり立派なタテガミでした。
ミナミジサイチョウは、今回初めて見たので、数は少ないと思います。南アフリカに多く住んでるそうですよ。
やはりチーターの容姿と風格は最高ですよね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 21:15
sakuramoonさん、こんばんは
ケニアの写真は、もう何回も、何回もアップしてるので、「しつこい」と言われそうですが、
でも毎回みていただいて、コメントもいただいて、、本当にありがとうございます。
ケニアの動物と、マサイ族の子供たちは、自分が元気な限りまた撮りに行きたいと思ってますが、
前回はヨーロッパまでが12時間、ケニアのナイロビまでが9時間、マサイマラへの軽飛行機が40分。
やはりしんどかったです。いつまでこの元気が続くやら。でも今年もあと1回か2回は行きたいなと思ってます。
お花見行かれましたか。雨が降った今日じゃなくて良かったですね。
流し撮りは、誰にでもできますから、もし興味がありましたらwikiの流し撮りで研究してみて下さい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 21:43
roseyさん、こんばんは
ローズクォーツの実物は見たことありませんが、写真を見ると綺麗な色ですね。
空気中に水分が多い夜明けは、もっとオレンジ色になって、空気が乾燥した夜明けはピンク色になるような気がします。
私が、今の会社を起業するまで、お世話になった航空会社の大先輩に、「沈まぬ太陽」のモデルになった方が
いますが、その大先輩もこの同じサバンナをご覧になって、魂を掴まれた1人です(^。^)
35年近く前に出張で、初めてナイロビを訪れた時に、お世話になりました。
彼が帰国してから、撮りためたフィルムの写真をスライドで見せていただきましたが、素晴らしい写真ばかりでした。
旅行会社を調べちゃいましたか。実はケニアまでは遠くて高いと思ってる方が多いと思いますが、遠くて安いです。
エコノミーの往復で11万円です。あとは3食、サファリ付きのホテルが、季節によって変動がありますが
1泊で340ドル。ツアーでヨーロッパ旅行に参加してるよりは安いかもしれません。
行けそう、なんてことになりましたら、問い合わせて下さいね(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-04-08 21:50
❤旅プラスさん こんばんは☆
わぁーーー!!!1枚目!最高の色ですねヽ(^。^)ノ
ピンクから紫のグラデーション、めっちゃ美しいです!!!
その中を象の親子、後ろの木も不思議な形で、この一枚めっちゃイイと思います。
オスのライオン、強そうですね!カップルの写真も素敵です。
ミミジサイチョウ、こんな顏した人いるような気がします(笑)
チーターと言えば先週のダーゥイン見ました!
いやぁ~凄かった!感動でした!これを目の当たりにしてる旅プラスさん!!!
やっぱ凄いですねヽ(^。^)ノ

東京は一日雨だったんですね。。。取材に出られず残念でした(+o+)
こちらは曇り空、リンパマッサージへ行き、帰りにジムへと思ったけど、
足が向かず、帰って来ちゃいました(>_<)またサボりですよ。。。トホホ。。。
桃山台で竹見台。。。地名がその土地を表してるんですね!なるほど!!!
Commented by a-ki_la at 2017-04-08 22:03
トップ画、なんとも云えぬ良い色ですね。
東京タワーの夕景をこんな色に加工してみたことがありますが(笑)、
実際に目にすることが(しかも海外で)出来るなんて、素晴らしいです。
動物のアップももちろん素晴らしいのですが、
野生動物が暮らす草原のその佇まいにも心惹かれます。
チーターのドッツ、綺麗ですね。草間さんもびっくりでしょう。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 22:56
kaorunさん、こんばんは
1枚目は太陽が昇る直前なんですよ。
この色になる日もあるし、もっとオレンジに近い色になる日もあります。
でもこの日は、象を見つけて、いい位置で撮れるように車で追って、前を通りかかるのを待ち伏せして撮りました。
タイミング的にはドンピシャでした。
ミナミジサイチョウには驚きました。目と喉だけが赤です。でもお目目はパッチリしてましたよ。
先週のダーウィンは勿論見ましたよ。チーターは頭脳派ですね。
今日は食卓に向かってるか、PCに向かってるか、ソファでごろんとしてるかで、
一歩も外に出れない1日でした。まあ、天気が悪いとこんな日もあります。
明日は晴れて欲しいので、テルテル坊主が必要です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-08 23:10
a-ki_laさん、こんばんは
太陽が昇る前に、この色になるのは何回か見ましたが、毎日ではないんですよ。
空気が乾いてる日にはこういうピンク系で、雨が降った翌朝とかはオレンジ系が強くなります。
空気中の水分によって変わるんでしょうね。
サバンナは、山に近いかどうか、川に近いかどうか、森があるかどうかで景色をかえます。
同じ場所でも、雨季か、乾季かにより草の高さがかわるので、景色もがらりと変化します。
あとはヌーがタンザニアから大移動してくると、そこらじゅうがヌーだらけなので、また景色がかわります。
いつ行っても明るさや、風や、匂いや、空気感が違うのはそういう諸々の要因ですが、車で移動してるだけでも爽快です。
ハ、ハ、ハ、草間さんに、このチーター君を、見せてあげたかったですね。
Commented by haru2721 at 2017-04-08 23:35
こんばんは~

一枚目の美しいピンク色に
おどろいています( *´艸`)
絵葉書にしてくださ~い♪
Commented by fumixparis at 2017-04-09 05:25
わ~一枚目のケニアの夕暮れ
とっても素敵ですね!!♡♡
動物もすごく綺麗に撮れていて
見ていて楽しいです♪
チーターだけに90分間ですか?
それだけゆっくり見られるなんて、贅沢ですね~♡
ドライブ自体はもっと長いんでしょうね。
羨ましいです^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-09 07:50
haruさん、おはようございます
1枚目を絵葉書に!!
全然OKですよ。
写真の上で、右クリックして、ファイル先をharuさんのPCのデスクトップか、ピクチャーにして、
ご自由にお使い下さい。
私の今年の年賀状は、やはり日の出の場面で手前はライオンでした。
来年の年賀状は、今のところですが、このピンクの空に象3頭が有力候補です(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-09 08:08
fumixparisさん、おはようございます
太陽が昇る直前の写真なんですよ。マサイマラのサバンナには車1台がやっと通れる道が、網の目のようにあるのですが、
日の出前に象を発見して、どの道のどのへんから撮るか見当をつけて追いました。
背景にケニアらしい樹木が何本かあることも必須条件。
先回りして待ち、前を通り過ぎる間に4・5枚撮って、そのうちで、左右のバランスがいいのがこの1枚でした。
時間との勝負だし、モデルさんが野生動物なので、結構この1枚を撮るのにも苦労しました(^。^)
豹は樹の上で昼寝するので探すのが難しいのですが、チーターは草原で昼寝するので、見つけやすく、
逃げて行ってしまうということもないので、撮りやすいです。
この日は朝6時から12時までの、6時間ドライブで、朝食は、このチーターが見える場所で
ホテルが用意してくれたお弁当を食べました。このチーターだけで100枚以上も撮ってしまいました(^。^)
Commented by 桜子 at 2017-04-09 15:17 x
お空の色がとてもきれいです。日の出や夕暮れは何度見ても飽きませんね。
動物のお写真もお上手に撮れていて、私まで現地にいるような気分になりました。
私はテレビの旅番組が好きですが、動物ものも好きで(ですが、蛇と蜘蛛は苦手です。蛇なんて図鑑で見るのも嫌です)ダーウィンが来た!は欠かさず見ています。テレビも旅プラス様も、野生の動物相手にどうやってあんなにうまく撮れるんだろう・・・といつも思います。
「しつこい」なんて全然思いませんよ。素晴らしいお写真をこれからも期待しています。
余談ですが、私も山崎豊子さんの沈まぬ太陽を読みました。この方の本が大好きで、多分全て読んでいます。塩野七海さんも好きで、「ローマ人の物語」をはじめ、作品はほとんど読んでいます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-09 17:45
桜子さん、こんにちは
日本の空と、ケニアの空は、やはり違います。
360度が地平線なので、ケニアは空がでっかいです(^。^)
雲に覆われた時の空は似てますが、ケニアの場合は雨季と乾季があって、自分は乾季に訪問してるので、
雨や、曇り空はあまり見たことがありません。
写真を褒めていただき、ありがとうございます。
2008年に一眼レフを買って、2011年からEOS写真教室に通い始めました。なので、授業料もかかってます(^。^)
ダーウィンが来たを見て、塩野七生さんを殆ど読んでるというのは一致してますね。
山崎豊子さんは「沈まぬ太陽」しか読んでませんが、映画も観に行きました。
当事者でもあるので、あの映画は「そこは違うでしょう・・・」とかあるのですが(^。^)
映画館で大勢のご婦人が涙をぬぐってるのを見て、フィクションとしては、いい作品なんだと思いました。
Commented by fumixparis at 2017-04-09 19:14
わ~日の出って書いてましたね!
ちゃんと見てなくてすみません(>_<)
一枚目のお写真の綺麗さに目を奪われてしまっていました♡
そして背後の木まで、きちんと計算されて撮影されているのですね!
素晴らしいお写真になるのがよく分かります^^

ドライブも6時間ですか〜!♡
動物達を目の前にして、その景色の中でのお弁当のお味は格別ですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-09 19:47
fumixparisさん、こんばんは
東京は桜が満開なのに、雨・雨の土・日でした。こんなことは記憶にある限り初めてです。
4月の上旬はいつも天気が良かったのですが、今年の天気は異変続きです。もっと桜を撮りたかったのですが、
ちょっと中途半端で物足りないシーズンになってしまいました。
いえ、いえ、そんな勘違いは、誰だって日常茶飯事。
自分は、日記の趣旨と、全然違うトンチンカンなコメントを書いたり、親父ギャグがすべったり(^。^)
ケニアのサファリも様々ありますが、私が宿泊するムパタ・サファリ・クラブはオーナーが日本人で、料理はフレンチ。
日本人スタッフもいて、明日のサファリは6時間のロングにするか、2時間半、3時間半の2回に分けて近場にするか
選択できるんですよ。6時間ドライブの時はシェフがパンを焼き、サンドイッチも作ってくれて、車に積んでおいてくれます。
なので、安全な場所なら草原に下りてゆっくり食べますが、そうでない場所では車の中で食べてます。
自分が昨年2月に初めてサファリを経験して、もう3回もケニアに通ってるのは、ホテルのサービスと、料理も大きな要因です。
パリからなら9時間ですよ。是非どうぞ、お出かけ下さい。
<< 桜が満開の週末に無情の雨。かわ... 江戸時代に徳川吉宗が整備した桜... >>