ミロが構想し、ミロの故郷に設立した、作品数が1万点超のミロ美術館(その前半)(スペイン、バルセロナ)

2月11日に、メトロと、バスを乗り継いで、ムンジュイックの丘にあるミロ美術館を訪ねました。
ミロの故郷に、ミロの作品を収める美術館は無かったのですが、友人たちの協力もあり、ミロを中心に現代美術1万点超を収蔵した美術館が1975年に開館しました。

b0291402_22565869.jpg


入り口ではミロの彫刻が出迎えてくれます。

b0291402_22585617.jpg


無償で設計を担当した友人のホセ・ルイ・セルトは、来館者が建物内を自然に進めるようにと中庭やテラスも設けました。

b0291402_22571880.jpg



ここからミロの作品です。(全作品の撮影がOKでした)

b0291402_22572995.jpg
b0291402_22575816.jpg
b0291402_22580862.jpg
b0291402_22581771.jpg
b0291402_22582823.jpg



屋内には外光が取り入れられており、柔らかな明かりがミロの絵画を引き立てていました。
全作品は撮れなかったのですが、ミロの代表的な作品は撮ってきたので、次回に続きます。

土曜・日曜は、ちょっと遠くまで取材に出かけますので、コメント欄は閉じさせていただきました。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-15 16:00 | 絵画 | Trackback
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26789346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ミロが構想し、ミロの故郷に設立... 撮りフライト君や、空見ちゃんは... >>