ケニアの最終日は、やはり7匹のライオンの赤ちゃんたち(2月20日午前中のサファリ)

2月20日は、ケニアの最終日。
この日のゲームドライブは午前中の2時間半で、午後には軽飛行機でナイロビに戻りました。

お約束の日の出です。
もうじき陽が昇りますが、適当な動物がいなくて、サバンナだけになってしまいました。

b0291402_08303485.jpg


周囲が明るくなる頃にメス・ライオンを発見。

b0291402_08304507.jpg


あたりが明るくなると、おお欠伸。

b0291402_08305844.jpg


そして気持ちよさそうに伸び。まるでネコちゃんです。

b0291402_08310799.jpg


あまり遠くまではいけないので、グルグル廻っていると、カンムリヅル。

b0291402_08311736.jpg


木の上には獲物を探すソウゲンワシ。

b0291402_08312721.jpg


滞在中、毎日のようにお目にかかった7匹の赤ちゃんライオンたちと、この日も出会いました。

b0291402_08313735.jpg


ママライオンも大変ですが、親子のスキンシップも大切です。

b0291402_08314869.jpg


生後3・4ヵ月の赤ちゃんって、本当に可愛い。

b0291402_08320396.jpg


親子の肉球対決。

b0291402_08322246.jpg


最後の1枚は、しっかりとカメラ目線をくれたこの子。連れて帰りたい(笑)

b0291402_08361337.jpg


これで2月のケニア旅行の日記を終わります。
サバンナの野生動物たちが恋しいというケニア病にかかってしまい、はや1年以上。
昨年の訪問が3月と9月。今年が2月。そろそろ、次の訪問の予定を立てなければ(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-04-22 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26801714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BBpinevalley at 2017-04-22 16:57
ライオン赤ちゃん、娘に見せたら、”So cute! So so cute!" と、
そればかり言っていました。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-22 17:45
美しいサバンナの夜明け(^.^)
なんだか郷愁誘う音楽が聞こえそうです。
綺麗な空と地平線ですね。

カンムリヅル面白い風貌ですねー
ライオンのお子様はホントに可愛いらしい表情してますね。
お母さんライオンもゆったり良いお顔(^.^)

次回の計画ですか?
羨ましいにもほどがあります(^_-)
Commented by roseyrosey at 2017-04-22 17:54
連れて帰りたい。。。。
そんな気持ちになっちゃいますね。
この七匹の子ライオンたち、今後も健やかに
育って欲しいなと思います。
一番可愛い盛りの頃の出会いでしたね。
動物のいないサバンナの夜明け、これはこれでグッと来ます。
テレビでしか見られない動物たち、目の前にいるそれだけで
大コーフンして初回は終わってしまいそう。
何回も訪問することで、いろんな撮り方もそしていろんな見方も
できるようになるのでしょうね。さあて、次回はいつかなあ?
Commented by umi_bari at 2017-04-22 17:56
素晴らしい朝の色から始まるサバンナでの
出会いですね。
ちびちゃん、たまりませんね、ケニア病に、
バグースです。
アラック、今年はバリ島病は諦めました。
Commented by ayayay0003 at 2017-04-22 18:05
こんにちは^^
何度拝見してもピンク色の夜明けに感動します~♡
サバンナの景色だけでも素敵デス~☆
メスライオンが加わると尚良いですネー(^-^)
サバンナにいる間毎日見てても見飽きることはないと思います♪
ライオンはネコ科ですから、しぐさのひとつひとつがネコそのものですね~(^^♪
旅プラスさんは、7匹のライオンの赤ちゃんのその後が気になって仕方ないことでしょう♫
今度行かれる頃にはもっと成長して逞しくなってることでしょうね~
逞しく育ってほしい!ってハムの宣伝にあったような?(笑)
ひとつ気になったのですが、毎日晴れてたと思うのですが、雨はあまり降らないのでしょうか?
時期によりけりなのでしょうね~すみません、初心者的な質問です(^-^)
Commented by hibikorekouji2-2 at 2017-04-22 18:26
ずっと眺めていたい朝空、
こんなにも美しい光景の中に身を置くことが出来たなら・・・。
夢の世界へと入り込んでしまいそうです^^
Commented by umitosora14 at 2017-04-22 19:12
サバンナの夜明けは、ほんとに美しいです
この景色が、毎朝繰り広げられるなんて。
なんかとっても贅沢です^^
ライオンの赤ちゃんの愛らしさ♪
つれて帰りたくなっちゃいますね~
でも、次に訪ねたら、ぐっと大きくなってるんでしょうね
また、見せていただけるの、楽しみにしてます♪
Commented by kaorunchoko at 2017-04-22 20:37
❤旅プラスさん こんばんは☆
やっぱりサバンナの朝焼けは最高ですね!
この色合いのグラデーションと木の影が、堪りません(*^^)v
おお欠伸をして、伸びをする猫、いや違ったメスライオン
ちょこもこんな風に欠伸して伸びますよ(笑)
ほんとネコ科の動物の子は、どれも可愛いです❤
実際にこの子達を見たら、連れて帰りたくなりますよね!
走り回る姿も、母親に甘える姿も、肉球も❤あぁ~見てみたい!!!
でも、取り敢えず、家にも1匹立派な猫がおりますので、ちょこで我慢です(笑)
ケニア病。。。次回も楽しみですね!
あっ!そうそうブリューゲルの「バベルの塔」来てますね!!!
GWに行こうと思ってるんですヽ(^。^)ノ
旅プラスさんは、もうご覧になりましたか???
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 20:53
BBpinevalleyさん、こんばんは
うわぁ^^、お嬢さんが、「SO CUTE」と言ってくれましたか。
でも、BBpinevalleyさんのお嬢さんの写真を拝見した時は、私が、「SO CUTE」と叫んでました(^。^)
是非、「SO CUTE」なお嬢さんにも、よろしくとお伝え下さい。
あとケニアに、いらっしゃれば、ライオンは毎日見れます。
でもこれくらいの小さな赤ちゃんを見れるチャンスは、少ないです。
できれば、乾季の冬がいいです。もし行ってみたいなんてなりましたら、いつでもご相談下さい。
3回通って、今ではマサイマラの達人ですから(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 21:04
sakuramoonさん、こんばんは
ここマサイマラでは、朝陽はサバンナから昇りますが、夕陽は山の方向に沈みます。
なので、夜明けの景色は最高なんですよ。
その6時半から7時の瞬間を、どこで迎えるかが大事で、一応作戦を練ってます(^。^)
その時間になると、撮り損じをしないようにと真剣になり、黙って何枚かシャッターを切ります。
1日の始まりの、一番大事な時間なので、音楽は聞こえませんが、宇宙からの神秘な音が聞こえるような気がします。
私の場合、年齢的には年金生活をしてても、いい歳ですが、ケニアに行くお金を稼ぐために、今も必死に働いてます(^。^)
ただ、非常に安く行けますから、行きたくなったら相談して下さいね。
Commented by rui-studio2 at 2017-04-22 21:17
こちらへ伺うと、動物園に行きたくなります~
ライオンの愛らしさとは別に鳥たちのふてぶてしいほどの
姿が印象的です。
日本では見られないサバンナも堪能されてますね。
お安くいけるんですか?アフリカはどうしたってお高いですから、なかなか行けないんですがーーー
詳しいことは後日じっくり教えて下さい!
うちの夫も海外に行きたいから、
再就職した!でしたーーー
お給料を頂くのですから、しっかり頑張ってほしいものです。始まれば頑張って色々考えているようですが・・・
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 21:19
roseyさん、こんばんは
ありがとうございます。私も何回も出会った赤ちゃんたちなので、無事に育つことを願ってます。
次に行けるとしたら、株主総会が終わってからなので、7月以降になりますが、
2月で生後3ヵ月、もし7月だったら生後8ヵ月。もうかなり大きくなってると思います。
7匹が勢揃いしてるかどうかは、やはり厳しい自然界なので、微妙です。
何回かいって、多少は慣れた面もありますが、ホテルから丘をくぐり、ゲートを通って、サバンナに出ると興奮します。
なんか風と、サバンナの匂いと、光がいいんです。
ケニア病にかかる人は、動物だけじゃなくて、きっとサバンナの空気にやられてしまうんですよ(^。^)
最近、すっかり動物写真家になってしまいました。roseyさんの写真展に行って、
キラリと光る写真の刺激を受けてみたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 21:46
アラックさん、こんばんは
朝6時と、午後の3時にサファリに出かけるのは、日中は動物たちが昼寝してるからですが、
朝6時に出かけるには、朝5時には起きて、ロビーにおいてある、クッキーや、ビスケットを食べて、
コーヒーを飲んでという、ウォーミングアップがあります。
なので結構、眠いのですが、日の出タイムを逃すわけにはいかず、必ず朝サファリには参加してます。
サバンナの夜明けは、そのご褒美みたいなもんですが、日々、空の色が違うので楽しみです。
バリ島病は、今年は無しですか。残念ですが、京都病はしっかりとかかってたようなので、
写真で楽しませていただきました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 22:05
アリスさん、こんばんは
マサイマラでは、毎朝6時半から7時の間に、日の出があるので、今日の空はどんな色に染まるかなと、ウキウキしながら乗ってます。
手前に象さんとか、キリンさんがいれば最高なのですが、野生の動物はそう都合よくもいかず、
どこで撮ろうかと、車を走らせる日もあります。
転勤と引越しが多い人生だったので、ネコも、犬も飼ったことがないのですが、
ライオンの仕草を見て、こりゃあ、ネコちゃんもそうだろな、なんて想像したりしてます。可愛いですね。
常宿のムパタ・サファリ・クラブの、フェースブックが、毎日、動物の写真をアップしてくれるのですが、
たまにあの赤ちゃんたちが登場することがあり、喜んでます。
でも次に行けるとしたら7月。生後3ヵ月だったあの子たちも、生後8ヵ月。どんだけ成長してるでしょうね。
腕白でもいい、逞しく育ってほしい、は同感です。粗野でも、乱暴でもいいです(^。^)
ケニアは赤道直下なので、四季はなくて、雨季と乾季です。
乾季は12~2月、6~10月なので、その時期がベストシーズンで、できるだけ乾季に合わせて訪問してます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 22:14
hibikoreさん、こんばんは
ここの日の出は、6時30分から6時50分の間が、多いです。
ケニアは赤道直下なので、四季がなくて、日の出時間も、日の入り時間もあまり変動がありません。
東京に住んでると、地平線から昇る太陽なんて、見る機会はまずありませんが、
ここは毎朝、地平線。つまりサバンナの向こうから陽が昇ります。
その時の空の色が、刻々と変化するのですが、これは見てて素晴らしいです。
ドライバーのヘンリーと2人だけの日なんかは、ちょっと残念で、できれば女性がいたほうがいいですね(笑)
夢の世界に是非、いらっしゃって下さい。片道で24時間かかるのが難点ですが、行ってしまえば別世界ですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 22:25
umiさん、こんばんは
サバンナの夜明けは、なんかあり得ないような不思議な色彩です。
光学的な現象だと思うのですが、日の出前の一瞬は特に美しいです。
恐らく、umiさんが出かけられたら、その滞在期間中は毎日が「一瞬をみつめて」ですよ(^。^)
次に7月に行けるとしたら、生後3カ月だった彼らも、生後8ヵ月、もう大きくなってると思います。
同じく2月に遊んでるところを見た、豹の子供たちくらいの大きさでしょうかね。
ママライオンたちは、彼らの食欲を満たすための狩りが大変だと思います。
はい、次はいつ行けるか、そろそろ気合いれて検討します。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 22:42
kaorunさん、こんばんは
今日はゆっくりできましたか。
恐らくは、怒涛の1週間だったでしょうから(^。^)
でも今晩は、料理日記のアップですね。明朝ゆっくり訪問させていただきます。
あの伸びは、ネコ科の動物の特徴なんですか(^。^)
なんかユーモラスで、面白かったです。
ちょこちゃんも、やはりネコ科ですもね。今度、その伸びの瞬間を撮ってみたらどうでしょうか。
ブリューゲルの「バベルの塔」が来ましたね。東京都美術館で7月2日までです。
2009年9月に、ウィーン美術史美術館で観たことがありますが、ここは撮影OKさったので、写真を撮ってきました。
懐かしいですね、すいてそうな日があったらまた観に行きたいです。
私はGW期間中でも、平日は有楽町にいますよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-22 22:53
ruiさん、こんばんは
ケニアでは、野生動物ばかり撮ってますが、鳥も沢山います。
でも変わった鳥が多いので、参考書を引っ張らないと、なかなか名前もわかりません。
おっしゃる通り、ここの鳥たちは、ふてぶてしいですよ。
サバンナは、隠れるところもあまりないので、ふてぶてしくなるのかもしれませんね(^。^)
ご主人の再就職、おめでとうございます。
やはり働ける体力があるうちは、働きたいですよね。
働いて社会との繋がりを維持するのも大事だと思います。
そして、海外に行ける体力は、将来いつまでも続くわけではありませんから、やはり行ける時には、行きたいですね。
私もバタンと倒れる前日までは、働き続けたいと思ってます。
Commented by rinkatu at 2017-04-23 11:44
旅プラスの日記
非日常の様子
厳しい自然界の様子
まず見れないはずのものがこうして身近に感じれ
ホントありがとうございます^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-23 17:35
rinkatuさん、こんにちは
コメントありがとうございます。
地球の反対側のアフリカまで来ると、確かにヨーロッパや、アメリカや、東南アジアほど観光客はいません。
そしてケニアの首都から、飛行機で1時間のサバンナまで来ると、もう東南アジア系の人も、見かけなくなります。
いるのは、野生動物だけ。究極の非日常を感じます。
そして野生動物が繰り広げる生存競争は、まるで異次元の別世界です。
魅力満載なのですが、なんせ日本から遠いです。
もうちょっと近ければ、もっと頻繁に行けるのですが、なかなかそうもいきません。
でも幸い、仕事の最前線からは退いて、休暇は取りやすくなったので、年に2回なら何とか行けます。
ここでの滞在で、写真という形で、何か残せないかと試行錯誤してますが、いつになるかわかりません。
そのうち、なにか形になるものを作りたいなと思ってます。
rinkatuさんも、もしお時間が作れるようなら、いらっしゃって下さい。
とても素晴らしい自然と、野生の世界が待っていてくれますよ。
Commented by tkytora at 2017-04-24 10:02
ケニア病(笑)恐ろしい病ですね…(*^^*)

私はまだまだ憧れです。
赤ちゃんも可愛いですがお母さんの優しい顔にもドキッとしました‼
アクビにノビにうちのトラと一緒です(ФωФ)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-24 10:58
takaさん、こんにちは
「ケニア病にかかったみたいです」、とマサイマラの宿泊ホテルで働く日本人女性に伝えたら、
「私は17年前からかかってる」、と返されました。
彼女は日本の一流企業を退職して、ここで働き始めて、もう17年になります。
私なんかは、まだ軽症ですが、上には上がいます(^。^)
ママさんライオンが2頭いて、合計7匹の赤ちゃんを育ててますが、いつも目を細めて赤ちゃんの相手をしてます。
子だくさんは嬉しいけど、世話も大変だなあ、と思いました。
あくびと、伸びが一緒ですか、可愛いでしょうね。
いつかケニアで、真打ちのあくびと、伸びも、ご覧になって下さいね(^。^)
<< ネコ好きにはたまりません。生ま... 売り場面積は銀座最大。松坂屋の... >>