カメラマンは見た。大O航空が着陸に失敗した場面(成田国際空港)

成田空港で、何気なく飛行機を撮っていた4月上旬の昼下がり。
はるか遠くに、747ジャンボジェットが見えたので撮り始めました。
日本の航空会社が保有したジャンボは全て退役しましたが、海外の航空会社では、いまだに現役です。

b0291402_17031879.jpg


段々と近づいてきます。ジャンボジェットでも、最新で、一番大きな747-8型機です。

b0291402_17032764.jpg


エンジンはGE社の4基、ランディング・ギアが主翼に4基。
手前にゴチャゴチャと見えるのは、工事現場の資材のようです。

b0291402_17033513.jpg


手前の白い車が踏みつぶされそうですが、距離は離れているので大丈夫です。

b0291402_17034541.jpg


お待ちかねの白煙。機体が重いと、それだけ車輪と滑走路の摩擦が激しくなります。

b0291402_17035742.jpg


一番右のランディング・ギアがうまく下りてないように見えます。
タイヤが浮いてるので、ランディング・ギアは3基。合計で3基X4本=12本のタイヤで着地しました。

b0291402_17040596.jpg


あれ、ここで跳ねあがります。着陸時にドンと、跳ねることはありますが大丈夫でしょうか。

b0291402_17041675.jpg


再び着陸。やはり右側のタイヤは浮いたままです。

b0291402_17042458.jpg


普通なら、ここから逆噴射をかけて飛行機のスピードを落としますが、なんと全てのタイヤが浮いてます。

b0291402_17044146.jpg


これは離陸のようです。緊急時の「タッチ・アンド・ゴー」でしょうか。

b0291402_17045489.jpg


エンジンを最大にふかしてるので着地は失敗、後方排気による陽炎がユラユラと見えます。

b0291402_17105948.jpg


完全に離陸しました。地上から「タッチ・アンド・ゴー」を見たのは初めてです。
自分が乗ってる飛行機では、台風の暴風雨により2回経験しましたが、乗客にとっては恐ろしい瞬間です。

b0291402_17111892.jpg


パイロットの訓練で「タッチ・アンド・ゴー」はやりますが、混雑する成田で、やるわけないので、これは緊急事態です。

b0291402_17112642.jpg


ランディング・ギアをお腹に格納し始めました。

b0291402_17113562.jpg


そして何事も無かったように飛び立っていきます。

b0291402_17114603.jpg


フライトは、大O航空002便。ホノルル発の成田着で、3クラス使用なら座席数は467席。えらいこっちゃ、ちょっと心配です。
ジャンボ機が、しばらく戻ってこなかったので、自分は自宅に帰りました。
恐らくランディング・ギア3基で、強行着陸するので、消防車などの緊急車両を待機させてから着陸したと思います。
幸い、夜にネット検索してたら、この日の18時頃に駐機場にいるこのジャンボジェット機を飛行機写真家が撮ってたので、無事に着陸できたことがわかりました。
えらいこっちゃ、でも結果はやれやれでした。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-29 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(36)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26820321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-04-29 16:20
こんにちは^^
凄い瞬間を取材されましたネ(^_-)-☆
でもこれは、飛行機に詳しい旅プラスさんだからこそ
記事に出来たと思います!
私は、「タッチ・アンド・ゴー」の経験は勿論ありません!
ただし、大○航空の飛行機で金○空港からヨ―ロッパへ飛ぶ時に何回も空港の上を旋回して怖い思いをしたことが有ります!
燃料を消費して再び降りるのかと思いドキドキものでしたが何とかヨ―ロッパまで飛んでくれて大事に至りませんでした!^^;
あの時はどんなトラブルだったのか今も謎です(笑)
この取材も確かに右のランディング・ギアが上手く出てなくて浮いたままの着陸、ほんとにヒヤヒヤしたことでしょうね~
管制官のところからは、この様子が上手く見えたのでしょうか???
無事に着陸して何よりでした(*^_^*)
ヒヤヒヤものの取材お疲れ様でした♪
Commented by o-rudohime at 2017-04-29 17:14
本当に えらいこっちゃ ですね。
この様な場合乗客に説明があるのでしょうか?
詳細な説明と写真を見て居ると素人ながら大変だ!と言う事がよく解ります。
航空会社は資料としてこの様な写真を必要とするのではないですか。
Commented by BBpinevalley at 2017-04-29 17:31
こういうことって、結構あるんでしょうね。
私も、コロラドで2度、着陸失敗を経験しました。
強い風が飛行機を持ち上げて、落ちるかと思うほど揺れ動きました。
43年ほど前に、初めてジャンボでヨーロッパに行った際、帰りにエンジンが壊れて、ドイツに不時着。
3日間も足止めを食らったことも。
燃料を捨てたのに、ジャンボを治せる空港を探してさまよったのは、怖い経験でした。
私の友人は、クラッシュ専門のアヴィエーション・ロイヤーなので、いろんな事故の話をしてくれますが、ニュースにならないいろんな事故があるようです。
貴重な写真が撮れましたね。
Commented by tatuotoko0406 at 2017-04-29 19:06
こんにちはー
まさか、ナ◯ツ姫が・・・

どうなったか気になりますよね^^; よく晩酌後に検索されました!

しかしワンボックス車にブルース・ウィルスが乗ってたら、まんまダイハードみたいっすね(笑)
グッシャッターチャンスです!
Commented by a-ki_la at 2017-04-29 19:08
こう見ると747って威風堂々としていてカッコいいですね。
さぞかし燃料喰いに違いないなぁ...
たぶん、ランディング・ギア3基で降りても
それほど大きくバランスを崩すことはないのでしょう?!
それでも、可能な限り準備をしてから臨むというのが鉄則なのでしょうね。
万が一、格納も出来なかったらどうしようって、
スクープ写真を最後までスクロールするのに、手に汗、握りました~
Commented by tajiri8jp at 2017-04-29 19:56
貴重な瞬間を捉えられましたね。見ごたえがありました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 21:27
アリスさん、こんばんは
着陸の時間なのに、上空で旋回ばかりして、理由のアナウンスがあればいいけど、ないと焦りますよね。
結局、何だったのか分からなかったことは、私も何回かありました。
このケースもアナウンスが無ければ、乗客は何故タッチ・アンド・ゴーをしたか分からないでしょう。
私が前職の頃は、パイロットからはランディング・ギアが、ちゃんと出てるかどうか、よく見えないので、
管制官と交信して、降りてるかどうか確認してもらってることがありました。
多分、管制官も分かっていて着陸させ、やはり降りてないので、やり直させたんじゃないでしょうか。
でもこのことを、事前にアナウンスしたら乗客は怖がるでしょうね。
今後「大O航空」の、747型機は、乗らないようにします(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 21:34
himeさん、こんばんは
本当に、えらいこっちゃでした。
乗客に説明するかどうかは、全て機長の判断に委ねられます。
事前に説明して、乗客がパニックになる恐れがあれば説明はしません。
実際に自分が乗客として乗っていて、タッチ・アンド・ゴーがあった時も、説明は無かったです。
管制塔の管制官が、全ての航空機の離発着は記録に残してます。
でも「大O航空」さんは、こんな写真をアマチュアが撮ってたと知ったら焦るかもしれませんね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 22:03
BBpinevalleyさん、こんばんは
コロラドで2回ですか。もしかしたらデンバー??
あそこはロッキー山脈が南北を貫いてるので、風も強いですからね。
エンジン壊れたんですか。ジャンボ機は、エンジンが3基でも飛べる構造になってますが、怖いですよね。
ニュースにならない事故は沢山あると思います。
実は私も家族4人でパラオ島に行く途中の、ヤップ島で台風に巻き込まれ、タッチ・アンド・ゴーが2回でした。
台風の中なので、空港も滑走路も何も見えず、突然10m下に滑走路が現れて、でも降りれずにゴー。
それが2回で、ヤップ島はフライオーバーしたので、ヤップに行く予定のお客さんは全員がパラオまで
強制的に連れていかれました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 22:12
オレさん、こんばんは
そうその通り。ナッツ姫の航空会社です。
飛行機マニアのサイトは充実してて、機体番号で検索すると、その飛行機の写真や情報が沢山登録されています。
747の8型機は、ジャンボでも一番でかいので、人気もあり、写真を撮る人も多くて、
たまたま同じ日の夕方に駐機中の機体を写真に撮った人がいました。
多分、その方は昼にこんなアクシデントがあったなんて知らずに撮られたんだと思います。
もしブルースウィルスがあの空港にいたら、車で追いかけてタイヤに飛び乗ったかもしれませんね(^。^)
なんか現実的ではない光景だったので、映画の1シーンみたいでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 22:27
a-ki_laさん、こんばんは
747は、燃費効率悪いし、機体に炭素繊維を使ってないので重たいです。
787と単純に比較しても、燃料は25%以上余計に必要という計算になります。
おっしゃる通りで、ランディング・ギアが3基でも降りられるし、
タイヤが半分パンクしても降りれます。
ただ、飛行機は離陸時と、着陸時が一番事故も多いので、万全を期したのだと思います。
私も手に汗を握りましたが、ほんの一瞬だったので、「おい、おい、お~~い」
「今の大丈夫かい、えらいこっちゃ」でした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 22:35
tajiriさん、こんばんは
コメント、ありがとうございます。
偶然なんですが、こんな写真が撮れました。
成田空港は、4分か5分毎に、離発着があるので、全機を撮影するわけではないのですが、
たまたま、遠くからでもジャンボ機だと、わかったのでずっとシャッターを押しながら見てました。
でもまさか、ランディング・ギアが故障とは思いもしませんでしたよ。
あの飛行機の乗客ではなくて良かったです。
そして夕方には戻ってきて、ちゃんと駐機してたので安心しました。
Commented by cedar-rose at 2017-04-29 22:37
こんばんは~♪
すごいですね!手に汗握ります。
見てるだけでハラハラドキドキなのに
乗っていたら生きた心地がしないでしょうね、離着陸時は危険大ですね。
何事も無くて良かったです。
Commented by Sissy50 at 2017-04-29 22:49
こんばんは。
この写真は凄いですね!!
写真見ているだけでドキドキしてきてしまいました^^;
もう乗客は心臓ばくばくでしょうね…
私もけっこう飛行機には乗る方で、悪天候の中乗ったのも1度や2度ではないですが、さすがに「タッチ・アンド・ゴー」は経験したことはありませんし、今後も経験したくないものですね。
何はともあれ無事着陸できたなら良かったですが。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-04-29 22:52
飛行機に詳しい旅プラスさんは、びっくりヒヤヒヤされたでしょうね?
乗客の皆様は更にびっくりヒヤヒヤされたでしょうね。
飛行機は大きな事故に繋がるので整備はしっかりお願いしたいですね(^_^;)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 23:11
cedar-roseさん、こんばんは
小さい飛行機なら、あまり目立たないアクシデントだったかもしれませんが、
なんせ747ジャンボ機でも一番大きな、747-8型機だったので、目だったし、驚きました。
ジャンボなので、遠くに見えた時から撮り始めたというのもあって、こんな連続写真が撮れました。
乗客は機内アナウンスがあっても、なくても着陸したと思ったら、また飛び立ったので、驚いたと思いますよ。
地上で見てた私だって、びっくり仰天ですから。
はい、結果的には何もなくて良かったです。
次に飛行機を撮りに行く時も、ジャンボ機を重点的に連写します(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 23:19
Sissyさん、こんばんは
先程は、同時にコメントを書き込んでましたね(^。^)
あらためまして4周年、おめでとうございます。
ドキドキされましたか。乗客はもっと驚いたでしょうね。
地上で見てた私も、のけぞるくらい驚きました。
「タッチ・アンド・ゴー」は、2回経験しましたが、やはり怖いです。2度と経験したくはありません。
まあ、事故にもならず、最終的には無事に着陸できて良かったです。
飛行機に乗る時には、いつも窓側に乗って、外の景色を見てますが、
こういう時は何も見えない真ん中のほうが、いいかもしれませんね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-29 23:31
sakuramoonさん、こんばんは
ジャンボが降りてくる時は、車輪も正常に見えたので、故障してるとは思わなかったのですが、
ド~ン、ド~ンと、跳ねた時に、「あ、ランディング・ギア」だと気づきました。
そして次の瞬間には「タッチ・アンド・ゴー」に入ったので、驚きましたが、
「お、お~~」「えらいこっちゃ」って、感じでした(^。^)
乗客の皆さんも、ド~ン、ド~ンで、「やばい」と体感したでしょうね。
747は、日本での初飛行が1970年ですから、本当はもう退役してもいい旅客機です。
なので、日本の航空会社は既に使っていませんが、この航空会社さんは、まだ当分使うみたいです。
なんか恐ろしいですね。
Commented by haru2721 at 2017-04-29 23:39
こんばんは~

すごい瞬間を目撃、そして撮影されたんですね。
撮影しながらも、ひやひやされていたことでしょう。
「タッチ・アンド・ゴー」なんて、想像しただけでこわいです~~(゜゜)
ほんとなら、一番ホッとする瞬間ですものね。

しかし、素晴らしいです‼ この撮影‼
Commented by yumeyume828 at 2017-04-30 06:34
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー怖いです~
私、飛行機が得意じゃないので、こんなの見ると
かなりビビります!
凄い瞬間に遭遇しましたね~
やっぱり、あちらの飛行機には特に乗りたくないですね!
東京に行くのもビビってるのに旅プラスさんは世界中
飛行機で旅行していて私にしてみたら凄いって思います。
私だったら長時間飛行機に乗ってるだけでストレスがハンパないと思います(爆)
何はともあれ良かったですね^^
Commented by umi_bari at 2017-04-30 06:38
凄い瞬間の撮影にバグースです、
成田の、どの辺りで撮影出来るのでしょうか、
歩いては無理でしょうか、ああ、空港かな。
ここまで着陸して、タッチアンドゴーって
あるんですね、驚きました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 07:41
haruさん、おはようございます
偶然の、たまたまですが、タッチ・アンド・ゴーの全てが撮れました。
連写してたので、写真は、この倍くらい撮れてるのですが、似た場面が多いので、
1枚ずつはしょって、掲載は半分の枚数にしました。
着地して、バ~ン、バ~ンと跳ねて、また飛び立ったので、ひやひやというか、
ほんの一瞬の出来事でした。でもびっくりしましたよ。
この滅多にないアクシデントに、カメラを連写してたというのはラッキーでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 07:57
yomeさん、おはようございます
飛行機は苦手ですか。もし乗客として乗ってたら怖かったと思います。
私は航空会社で28年間、勤務したので、飛行機には慣れてるし、なんのストレスも感じませんが
タッチ・アンド・ゴーの時だけは、乗り合わせたくないです(^。^)
航空会社も選ぶべきと思いますが、できればその飛行機の機種が何かも選ぶべきと思います。
お薦めは勿論、日本の航空会社でJALとANA。安全性、定時性は世界の航空会社の中でもダントツです。
機種はボーイング787が最新型で、安全性、快適性が高いです。
787は、従来の飛行機が富士山の5合目の気圧なのに対して、富士山の3合目なので、快適性が違います。
空調もよくなり、乾燥もしないので楽ですよ。次に乗る機会がありましたら、是非お試し下さい。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 08:07
アラックさん、おはようございます
撮影場所は成田空港のA滑走路の北側に位置する「さくらの山」です。
ここは飛行機との距離が近いので、羽田よりも迫力ある写真が撮れますが、伊丹空港の迫力には負けます(^。^)
JR成田駅か、京成成田駅からバスが出てますが、本数が少ないので、行きはタクシー、帰りはバスというのが
効率もいいし、楽に往復できます。
パイロットは、ランディング・ギアの故障をずっと知ってたのか、着地の時に知ったのかどっちだったんでしょうね。
離陸の時は知らなかったはずですから、どこで気づいたかが気になります。
でも咄嗟の判断にしても、4分の3のタイヤで強行着陸するよりも、タッチ・アンド・ゴーで出直したのは
いい判断だったと思います。
恐ろしいですね。ファインダーを通してずっと見てたわけですが、背筋が寒くなりましたよ。
Commented by azu-azumy at 2017-04-30 13:53
旅プラスさん、こんにちは。
凄い瞬間ですね!!
旅プラスさんの解説をドキドキしながら読みました。
旅プラスさんは実際に経験されたことがあるのですね。
乗客だったら、これは怖いですよね。
私は、飛行中、普段と違う事があるとすぐドキドキ、緊張してしまいます。
Commented by marucox0326 at 2017-04-30 14:41
なに?!
こんな時に見てしもたやをん。
もう乗っちゃったらまな板の鯉状態ですもんね。

あと一時間後には機上の人でぇす
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 15:43
azumyさん、こんにちは
飛行機に乗ってる時間は、やはり緊張することが多いですね。
私の場合は、お酒を飲むので、半分以上の時間は、ウツラウツラと寝ていて、
ドスンと着陸した時に目が覚めた、なんてことがよくあります。
タッチ・アンド・ゴーを経験したのはミクロネシアの、グアム→ヤップ→パラオのフライトで、ヤップへの着陸でした。
暴風雨の中、着陸準備に入っても、何も見えず、突然10m下に滑走路が見えたと思ったら急上昇。
無理せず、降りないでくれてよかったと思ってます。
ヤップで降りるはずの乗客たちは、「パラオまで連れてかれて、その後どうすんだ」と怒ってましたけど。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 15:49
marucoxさん、こんにちは
そろそろ機上の人ですか。今回はどちらへ。
大O航空じゃないですよね。そしてボーイング747でもないですよね。
ならば大丈夫ですよ。
でも、もしタッチ・アンド・ゴーがあったら、それは貴重な経験なので、
着陸時は、カメラを構えて外を見てて下さいね。
もし、タッチ・アンド・ゴーがあったとしても、marucoxさんの無事を祈ってます(^。^)
Commented by kogechatora at 2017-04-30 22:18
怖い怖い〜

昔むかし、平成になってまもない頃、
週1回の関西出張がある職場におりました。
毎週金曜日は123便に乗っていて、たまたまあの日だけ1本前に乗ったという単身赴任の上司がおりました。

その上司に
J○Lの747に乗る時は
乗る前に尾翼が壊れてないかちゃんと見るんやで〜
と脅かされたことを思い出しました〜
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-04-30 23:27
kogechatoraさん、こんばんは
123便、あれは大変な事故でした。
でも吹っ飛んだ個所はボーイング社が修理した機内の隔壁だったので、外からは見えないんですよ(^。^)
ただ、制御系統が全部やられると、グライダー状態で、機体を傾けることしかできないというのを知りました。
そうなると恐ろしいですね。
ハドソン川に不時着した機長のように、山の方向でなく、もっと水のある方向に行けなかったかなあなんて、
当時は思いましたが、どんどんと高度が下がるから無理な話でしたよね。
でもその上司の方は命拾いでしたね。
Commented by steinm at 2017-05-01 10:04
こんにちは。
撮影していてこのような現場に遭遇し、完璧に撮影されたこと、凄いことです。
大○航空にお送りしたらどうでしょうか^^
今月、B747-8に乗る予定です。
このようなことのないようにお願いしたいところです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-01 11:33
steinmさん、こんにちは
この写真は本当に偶然でした。
ジャンボ機だったので珍しいと思い、撮り始めましたが、まさかこんなタッチ・アンド・ゴーがあるなんて
120%、想像もして無かったです。
でもまあ、365分の1の日記に、こんな日記が掲載できて、毎日が野次馬の私にはラッキーでした。
大○航空さんには、送ってないんですよ。きっとあまり拡散してくれるなと思ってるでしょうから(^。^)
え、まさか、B747-8に乗られるんですか。
お気を付けて。地上より、ご無事を祈ってます(^。^)
Commented by 桜子 at 2017-05-01 13:05 x
衝撃的な場面でしたね。
たまに着陸に失敗した飛行機をニュースでみますが、素人の私には、着陸は難しいんだろうなくらいにしかわかりません。飛行機に乗っていて、私が怖いと思うのは揺れたときと着陸時です。揺れれば、もしかしたら落ちるのでは・・・と不安になり、着陸時はバウンドしないかな・・・などと考えてしまいます。
離着陸時に事故が多いとのことですが、離陸に失敗するということはあるのでしょうか。離陸にはあまり恐怖を感じたことはありませんが、技術的には(と言ったらいいのでしょうか)操作が難しいのですか。
昔、スチュワーデス物語というテレビが大好きで、スチュワーデスさんに憧れました。ですが、飛行機の揺れには全くダメな私です。当然ながら、乗務員の皆様は揺れても顔色ひとつ変えずに勤務していらっしゃいますが、訓練で慣れるのでしょうか。慣れなければ仕事になりませんものね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-01 16:15
桜子さん、こんにちは
本当に偶然なんですが、面白い写真が撮れました。
確かに着陸のが事故は多いですね。
パイロットによれば、離陸はパイロットが手動でやるけど、着陸は自動操縦なので、
我々がいなくても大丈夫なんて言ってます。
でも実際に危ないのは横風がある時の着陸だと思います。
そういう時はパイロットも、自動でなく、自分で操縦するそうですよ。
客室乗務員が酔ってたら仕事になりませんね。
船酔いする漁師が洒落にならないように、飛行機に酔う乗務員も洒落になりません。
皆さん、訓練期間中に慣れてくそうですよ。
でも乗客として乗ってると、客室乗務員も大変厳しい職業だなと感じます。
飛行機酔いが無くても時差がありますから。
やはり体力がある、若いうちだけの職業じゃないかなと思います。
Commented by oomimi_usako at 2017-05-01 22:55
遅コメで、失礼いたします。
これは本当にえらいこっちゃでしたね。
私も、岡山空港で、一度、タッチアンドゴーをされてしまい、
飛行機好きが、一瞬飛行機嫌いになるかと思った経験があります。お天気の問題もなく、バウンドなどの異常も感じず、いったいなんでそうなったのかわからなかったのですが、
tabiさんが捉えたこの機体は、ドスンドスンとなっていたように思うので、お客様は怖かったでしょうね~。
無事な到着なによりでした!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-02 07:41
usakoさん、おはようございます
理由なきタッチ・アンド・ゴーは不気味ですね。
岡山空港ですか。あそこはちょっとばかり山の上にあるので、風も強いかもしれませんね。
着地のタイミングが遅れて、このままでは滑走路の範囲内で止まれそうにない、なんて理由も多いです。
機窓を見てて、滑走路が真下に見えてるのに、なかなか着地しないと、「早く下りてくれ~」、
と心の中で叫んでることもあります(^。^)
日記のジャンボは、私の推測なんですが、パイロットはランディングギアーが1基降りないのに気付いた。
そして、滑走路にドスンと降りれば、その衝撃で、降りるのじゃないかと思い、
わざとバウンドさせた。しかも2回も。
でも管制官から、「やはり降りてない」という目視の連絡を受け、諦めて、タッチ・アンド・ゴーに切り替えた。
・・・なあんてことじゃないかなと思ってます。
まあ、最終的には無事に着陸できたようで、よかったです。
<< 浅草寺から裏浅草にかけて、街撮... 分福茶釜の寺として有名な茂林寺... >>